Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

今後の音楽活動についてもコメント

ザ・ウィークエンドが俳優活動と“二足のわらじ”を履くことの弊害を語る

2023.05.09 19:45

(提供:https://twitter.com/theweeknd)

2023.05.09 19:45

全ての画像・動画を見る(全3点)

今年の2月にSpotifyで月間リスナー1億人を突破した史上初のアーティストになったザ・ウィークエンド。2019年にリリースされた「Blinding Lights」は2022年10月までBillboard Hot 100最長チャートイン記録を保持し、楽曲「Save Your Tears」は同年に最も売れたシングルになり、今では世界で最も聴かれているアーティストだが、俳優活動について語った。

ザ・ウィークエンドは6月4日に公開される『The Idol』にて、ポップスターである主人公ジョセリンを導く現代カルト教団リーダーのテドロスを演じている。彼はテドロスを演じることについて、先日登場したカルチャー誌W Magazineのインタビューにて以下のように答えている。

「ザ・ウィークエンドという服を脱いで、テドロスのウィッグを被って、ジョセリンと撮影して、またザ・ウィークエンドに戻らないといけなかったんだ。2つのキャラクターを行き来するのは難しかったよ。コンサートの後、声が出なくなってしまったんだ。

今まで一度もそんなことは起こったことがなかった。僕の持論だけど、歌えないテドロスというキャラクターを演じていたから、歌い方を忘れてしまったんだと思う。考えすぎかもしれないけど、恐ろしかった。ザ・ウィークエンドとしては、どんな状況でもライブを飛ばしたことはなかった。インフルでもライブをしたことあるし、僕は死ぬまであのステージに立つつもりだ。でもあのとき、何かとても複雑なことが起きていた」

『The Idol』の撮影とザ・ウィークエンドとしてのアーティスト活動を並行するなかで、声が出なくなったタイミングがあったと語るザ・ウィークエンド。彼はザ・ウィークエンドというペルソナを引退させ、本名のアベルとして活動する日がくるとも予想している。

「今とてもカタルシスを感じてる。ザ・ウィークエンドという章を閉じる準備ができている。まだ音楽は作り続ける。もしかしたらアベルとして。ザ・ウィークエンドとして続けるかもしれないけど、いつかはザ・ウィークエンドを辞めようと思っている。生まれ変われるように脱皮しようとしているんだ」

ザ・ウィークエンドがプロデュースと主演を務めた『The Idol』の予告編は以下から見ることができる。

The Idol | Official Teaser | HBO

全ての画像・動画を見る(全3点)


ザ・ウィークエンド

アーティスト情報

名前:エイベル・マッコネン・テスファイ (Abel Makkonen Tesfaye)
生年月日:1990年2月16日
出身地:カナダ、トロント

2010年にデモ音源をYouTubeにアップしキャリアをスタート。2011年に3作の無料配信ミックステープ『ハウス・オブ・バルーンズ』、『サーズデイ』、『エコーズ・オブ・サイレンス』を発表すると、音楽メディア「Pitchfork」で年間ベストアルバムに選出され、注目すべき若手アーティストの1人となった。2012年にメジャーデビュー。コンピレーション・アルバム『トリロジー』で全⽶チャート(The Billboard 200)初登場4位を記録、1stアルバム『キス・ランド』(2013) では初登場2 位を記録した。2014 年にはアリアナ・グランデのシングル「ラヴ・ミー・ハーダー」に参加し一躍有名となった。その後、シングル「キャント・フィール・マイ・フェイス」(2015) が⾃⾝初の全⽶No.1シングル(3週連続) に輝き、続く「ザ・ヒルズ」も6週連続1位をキープ。2ndアルバム『ビューティー・ビハインド・ザ・マッドネス』で全米1位を獲得し、完全にブレイクを果たした。2016 年に3rdアルバム『スターボーイ』を発表。2018 年にはEP『マイ・ディアー・メランコリー、』をサプライズ・リリースし、全⽶1 位を獲得。同年12 ⽉には待望の初来⽇公演を果たし、米津玄師と共演した。2020年3月に4thアルバム『アフター・アワーズ』を発売し、4週連続全米1位を記録する大ヒットとなった。また2021年2月7日にアメリカ・フロリダ州のタンパで開催された、第55回NFLスーパボウル、ハーフタイムショーでの圧巻のパフォーマンスは話題となった。
2021年3月13日付の米ビルボード“Hot 100”では、大ヒットシングル「ブラインディング・ライツ」が通算52週TOP10にランクインし、1958年8月4日に始まった同チャートの歴史の中で、1年間トップ10にランクインした初めての曲となり、ビルボードチャート史上初の快挙を成し遂げた。更にアルバム『アフター・アワーズ』から、3曲のシングルが3年連続米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で1位を獲得し、この快挙を成し遂げた史上2人目のアーティストとなる。
2021年のブリット・アワードにてインターナショナル男性ソロアーティス部門を受賞、ビルボード・ミュージック・アワードでは最多16部門にノミネートし、10部門を受賞した。

そして、2022年1月に約2年ぶり、5作目となるアルバム『Dawn FM』をリリースした。

(引用)https://www.universal-music.co.jp/the-weeknd/biography/

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube