Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

T$UYO$HIは「プライベートな歌声を楽しんで」とコメント

2012年に急逝したPay money To my PainボーカルKの未発表音源が配信開始

2023.01.04 16:10

2023.01.04 16:10

全ての画像・動画を見る(全3点)

2012年12月30日に急逝したロックバンドPay money To my Pain(PTP)のボーカル、Kの未発表音源4曲を収録したEP『Orange Ave.』が本日1月4日より配信スタートした。

PTPは「Mr.ラウドロック」としてシーンを牽引し、数多くのアーティストに影響を与えたロックバンド。ボーカルKの急逝に伴い、2013年12月30日にK不在で行われたライブ「From here to somewhere」をもって活動を休止。2020年に行われたcoldrain主催「BLARE FEST. 2020」にて一夜限りの復活ライブを行った。

本EPはKがLA在住時に知り合ったギタリストのAKIと制作した宅録音源で、全面アコースティックギターによる優しい曲調とKの好きだったR&Bの要素を散りばめた作品。「Still」は同じくアメリカでの時を共にしたSupeのKIHIROもフィーチャリングで参加している。

また、Kの命日でもある2022年12月30日にPTPのTwitterでティザー映像が投稿され、2023年に映画作品が劇場公開されることが発表された。

Kの没後10年を経て突然の配信となった今回のEPに関し、Pay money To my PainのメンバーT$UYO$HIが下記のコメントを寄せている。

T$UYO$HI(Pay money To my Pain)コメント
今年で没後10年となるPay money To my PainのボーカリストK
彼がLA在住時に知り合ったギタリストのAKIと制作した宅録音源を発掘。
M4:Stillでは同じくアメリカでの時を共にしたSupeのKIHIROも.feat
全面アコースティックギターによる優しい曲調とKの好きだったR&Bの要素を散りばめた
PTPとはまた異なる肩の力を抜いたプライベートな歌声を楽しんで欲しい。

Pay money To my Pain -2022.12.30-

全ての画像・動画を見る(全3点)


作品情報

K『Orange Ave.』

『Orange Ave.』ジャケット

『Orange Ave.』ジャケット

K『Orange Ave.』

2023年1月4日(水)リリース

配信はこちら

収録曲

1. Aquarius
2. Flavor Of Shadow
3. All I Know About You
4. Still feat.KIHIRO

Pay money To my Pain

アーティスト情報

2004年結成。へヴィロック級バンドの始祖として現在のラウドロックシーンの礎を築く。メンバーの圧倒的な存在感と心をえぐるリリックとボーカルのKの声、楽曲のスケール感とふり幅が話題を呼ぶ。

若手でリスペクトするバンドやフォロワー多数。サマーソニックの常連でもあり、2012年には全米1位アーティストEvanescenceやSuicidal Tendenciesなどの海外大物アーティストの共演を果たし、まさにラウドロック日本代表的なポジションを築いた。

新世代ラウドバンドの興隆が著しかった2010年頃新世代と上の世代の谷間にいてどちらのマーケットも飲み込むポテンシャルをもっていた。2011年AIR-JAMにも出演しハイスタ難波氏とAA=上田剛士氏とのコラボ曲にKがfeaturingで参加。

BUCK-TICKトリビュートや、BUCK-TICKとの2マンやフェスの参加も実現し、更なる飛躍が期待されていたがK(Vo)が2012年末逝去。

2013 年、制作中であったアルバムでK がボーカルを収録していなかった楽曲にTaka(ONE OK ROCK)、KYONO(THE MAD CAPSULE MARKETS)、JESSE(RIZE)、Masato(coldrain)らが参加し、4thアルバム『gene』が完成。2013年12月30日の「From here to somewhere」@ZEPP東京にてバンド活動を休止。

2020年2月2日、coldrain主催「BLARE FEST. 2020」にて一夜限りの復活を果たした。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 不動の人気作2枚を全曲パフォーマンス a flood of circleが10年の時を経て鳴らす“今日のための曲” アルバム2枚再現ツアー東京公演レポート

    2022.09.22 22:00

    a flood of circleが、約10年前にリリースした2枚のアルバム『FUCK FOREVER』と『I’M FREE』の全曲を演奏するツアー「Tour “FUCK FOREVER & I’M FREE”」を2022年9月に名古屋、大阪、東京、札幌の4都市で全5公演開催した。 2012年12月5日にリリースされた赤い背景に中指を立てたイラスト写真がインパクト大のインペリアルレコード移籍第1弾ミニ・アルバム『FUCK FOREVER』、2013年7月17日にリリースされた移籍後初にして5作目のフルアルバム『I’M FREE』。この2作に収録された楽曲が、2022年にどう鳴り響くのか<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9067/">…

    #a flood of circle#ライブレポート

  • 5SOS5のAshton Irwinらとの共作曲 ONE OK ROCKニューアルバムより第2弾先行曲「Let Me Let You Go」配信&ライブドキュメンタリー映像公開

    2022.08.30 12:00

    ONE OK ROCKが、9月9日にリリースするニュー・アルバム『Luxury Disease』より先行シングル第2弾「Let Me Let You Go」を配信リリースした。 本楽曲は5 Seconds of SummerのメンバーであるAshton Irwinらとの共作曲。切ないメロディの中にも力強さと軽快さが融合しており、先行シングル第1弾として先日リリースした強靭でストレートなロックナンバー「Save Yourself」とは異なった魅力を持った曲で、アルバム収録楽曲の新たな側面を見せてくれる1曲となっている。 また、合わせて同曲のLive Documentary Videoも公開。ライ<a href="https://bezzy.jp/2022/08/7344/">…

    #ONE OK ROCK#ワンオク

  • 全国18ヵ所20公演のツアーも開催 BUCK-TICKが3作連続リリース発表、4月には2年7ヵ月ぶりオリジナルアルバム

    2022.12.29 22:00

    BUCK-TICKが3作品連続リリースを発表した。2023年第一弾シングル『太陽とイカロス』を2023年3月8日(水)に、第二弾シングル『無限 LOOP』を3月22日(水)に、オリジナルアルバムを4月にリリースする。 メジャーデビュー35周年のメモリアルイヤー真っただ中のBUCK-TICK。10月から開催してきた約3年ぶりとなる全国ツアー「BUCK-TICK TOUR THE BEST 35th anniv.」のファイナル公演を本日12月29日に日本武道館で行い、ライブ終演後に会場に設置された大型スクリーンで今回のリリースを発表した。 BUCK-TICKのシングルは2021年9月21日に発売と<a href="https://bezzy.jp/2022/12/16229/">…

    #BUCK-TICK

  • はじめてのフジロック〜SCHOOL OF FUJI ROCK〜 オーディエンスとして、前夜祭から4日間楽しみ尽くした「はじめてのフジロック」

    番外編 2022.08.15 17:05

    (取材・文/庄村聡泰) まあ正味なお話、いつか来るのではなかろうかと思って腹積りはしていたのだ。自身の執筆活動を「#ショウムライター」と銘打つ事として1年と数ヵ月。意外と早くにお鉢が回って来たもんだと、相手取るのは去る7月29、30、31日に開催されていたFUJI ROCK FESTIVAL ’22。こちら完全なる遊びの名目にて前夜祭含め4日間参加していたのだが、ここに記録として綴ることができるのが超嬉しい。 ちなみに筆者とフジロックとの関わりをざっくりと以下に記しておく。 ⚫︎2005年、前夜祭と初日(COLDPLAYからのFOO FIGHTERSという、今考えるととんでもない並<a href="https://bezzy.jp/2022/08/5973/">…

    #FUJI ROCK FESTIVAL#フジロック#ライブレポート

  • 初回盤には日比谷野音&Zepp Yokohamaライブ映像 PassCode、1年ぶりEP『REVERBERATE ep.』リリース決定

    2022.11.11 19:00

    ロックファンからアイドルファンまで幅広い支持を得る4人グループ、PassCodeが約1年ぶりのEP『REVERBERATE ep.』を2022年12月21日(水)にリリースすることを発表した。 今年2月に自身初となる日本武道館公演を完全ソールドアウトさせ、国内シーンでも存在感を放つラウドクイーンへと成長を遂げたPassCode。 同作のタイトルであるREVERBERATEという単語には「反響する」「鳴り響く」という意味があり、“世界中にPassCodeの音楽を響き渡らせる”という思いが今作には込められている。全て新曲の全4曲が収録され、2022年5月に初披露され夏のライブツアーでも鮮烈な印象を<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13022/">…

    #PassCode

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube