Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

SERIES

木﨑ゆりあの“昨日の自分を愛せるか?” #6

「さよなら2022年の自分」

2022.12.17 12:00

2022.12.17 12:00

全ての画像・動画を見る(全5点)

なんとなくいつも12月に入ると急に“自分は1年を通して何を成したのか?“という漠然としたテーマに押し潰されそうになり、残りのたった1ヶ月で1年の挽回をしようとしてしまうコスさが、私にはある。

1年前に決めたであろう目標なんて覚えていないのが現実で、私の記憶が正しければ、去年の年越しはIcho-enで3週間くらい地獄を味わい、実家にも帰れず、盛り無しでトイレの中で年を越した。だから来年は絶対に健康に生きるぞ!と、20代とは思えない目標を掲げていたはず、この調子で行けばコロナにもインフルエンザにも胃の風邪にもかからず割と健康な1年だったのではないだろうか?

まあ、この年になれば結婚でもしない限りそう激的な変化なんて無いのかもしれない、だからこそ1年で、自分が何に触れ、何を感じたのか、それが大事なのではないだろうか…と言うことで、今回は2022年に私を成長させてくれた作品たちを紹介したいと思います!!

今年は圧倒的に戦争や差別に関する映画が多くて、ドキュメンタリーやショートフィルムにもハマりました。あまり公にしてなかったけど、もう十分独り占めできたので皆さんにあるアプリを紹介したいと思います!“Samansa“というショートフィルム専門の動画配信サービス、これ、もしかしたらTikTokとかで見たことがある人もいるかも知れないが、本当に良き。1本が短いから電車とかちょっとした待ち時間にさらっと観れる、まだ新しいアプリなので不具合もまあ若干あるけど問題なし、長編映画が得意じゃない方にはもってこいで、2分で観られるものもあります、基本は5分程度で長いものでも20分とか、短いからこそ目立つ技術と斬新さがもう100点、コメディーとサスペンスに強い印象があります。ちなみに「スカイプCEO」「もしGoogleが人間だったら」「SAFETYセーフティ」「ミスタービスケッド」この辺りがおすすめです。全部観ても30分以内なの、天才。いいアプリに出会った。

そして木﨑と言えば漫画!!年齢を重ねて行くうちに漫画の趣味も少しずつ変わりまして、最近は日常系コメディにハマっているのですが、和山やま先生の作品が大好きで、こんな自分の好みどストレートな漫画を描いてくれる方と同じ時代を生きているだけで感謝なのに、今年また信じられないくらいタイプの漫画を描く方に出会ってしまいました。「矢野くんの普通の日々」という神漫画を描いている田村結衣先生、なんとこれが初連載らしい、はい、神です。日常系ピュアラブコメディをお描きになられています…日常系ピュアラブコメディですよ!!なにこの新ジャンル好きすぎる。

毎日ありとあらゆる怪我をして登校してくる主人公の矢野くんと彼のことが心配でたまらないクラス委員長の吉田さん、この2人がもうピュアすぎてたまらん。こんな心地のいいキュン漫画初めてです、しかもまさかの4巻まであります、ありがたすぎる、今すぐ本屋へ行ってください。

さぁ、最後はやっぱり映画ですよね。コスい性格の私が最近滑り込みで観て思いがけず号泣しエンドロールを立って終えた映画「これからの人生」Netflixです。

──自宅で子守をしているホロコースト経験者が、自分を襲った家なき子を引き取ることに。反発し合う2人だったが、共に暮らすうちに少しずつ心を開いてゆく。──

アカデミー賞受賞女優であるソフィア・ローレンが主演、何が凄いって彼女9年ぶりの現場復帰なんです、カッコ良すぎ。そして更に熱いのは監督がローレンの息子であるエドアルド・ポンティだと言うこと。女優だった母を、偉大なる母親像が題材であるこの作品に、女優として復帰させ、納得の1本にしたのが凄すぎる。

そしてなにより映画といえば音楽ですよ皆さん、この映画、音が本当に良い!それこそ#3のミッド・ナイト・スワン同様、サントラが欲しくて調べたくらい全編通して音楽が良かった。そしたら主題歌の「loSi(Seen)」がゴールデングローブ賞を受賞していました、そりゃエンディングで涙が出まくる訳だ。歌詞が本当に素晴らしい曲なんです、とてもバランスの良い映画だった、改めて、愛というものには正解がなく、無償の愛がどれだけ美しいかということを再認識しました。とにかく泣いても困らない日にでも、ぜひご覧ください。

こうやって振り返って見るとなんだかんだ良い1年だった気がする。今年の年末は久しぶりに忙しいのでこのまま走り抜けたいと思います。

12月24日〜31日まで新宿のシアターサンモールで「ニュー熱海国際ホテル」というパニックコメディを上演します、お時間ある方はぜひふらっと観に来てください。

そして年明け1月6日〜9日まで名古屋の大須にあるROOMCRIM NAGOYA conceptshopにて趣味であるフィルムカメラの個展をやります。いつもこのエッセイに添えている写真が壁一面に貼られて言葉と共に見て頂くことが出来ますのでこちらもふらっと遊びに来てください。

2023年は更に活発的に、ウサギみたいにぴょんぴょん飛んじゃいたいと思います。

PS.仲良しのチビちゃんの発表会の動画見せてもらって、来年が卯年だと知りました。

木﨑ゆりあのコミュニティはこちら

きざきさんち。

きざきさんち。

「きざきさんち。」では木﨑ゆりあが今感じていることを投稿やライブ配信でリアルタイムにお伝えしていきます。
いつでもここでおかえりなさいと言えるように、皆さんをお待ちしてます。

入会はこちら

全ての画像・動画を見る(全5点)


作品情報

舞台『ニュー熱海国際ホテル』

舞台『ニュー熱海国際ホテル』

<会場>シアターサンモール

<公演日・開演時間>
12月24日(土) 19:00☆
12月25日(日) 13:00☆/18:00☆
12月26日(月) 19:00☆
12月27日(火) 19:00★
12月28日(水) 19:00★
12月29日(木) 19:00☆
12月30日(金) 19:00★
12月31日(土) 13:00★/17:00★
☆花澤桃花 ★赤尾ひかる

<チケット>全席指定:8,500円(税込)
※イベント割対象(通常価格から20%OFF)

公式サイトはこちら

キャスト&スタッフ

出演:
谷佳樹
松本日向
高橋良輔
赤尾ひかる(Wキャスト)
花澤桃花(Wキャスト)
木﨑ゆりあ
アンゴラ村長(にゃんこスター)
瀬尾タクヤ
小林けんいち(動物電気)

脚本:北野貴章
演出:瀬尾タクヤ

音楽:西山宏幸

美術:多賀慧
照明:野口りさ(アルティプラノ)
音響:中島有城(mintAvenue inc.)
舞台監督:角田晃一(カラスカ)
宣伝美術:松谷ヒロキ
宣伝衣装:吉川佑香
ヘアメイク:aico
特殊造形:宮崎宏康
演出助手:平井隆也(吉祥寺GORILLA)
制作:瀬尾里奈

企画・製作:瀬尾タクヤプロデュース

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • チャラン・ポ・ランタンのキッチン・カー 免許とれる。予定。

    第8回 by もも 2023.01.12 17:00

    免許とれる。今月とれる。予定。もうすぐ取れる。もう取れる。予定。 前回からの大きな進み具合としましては、特定講習と呼ばれる、高速道路を走ったり応急処置の教習、危険予測教習を一日8時間くらいかけて学ぶやつをやって、そして本免許の学科試験に無事に合格しました。仮免の学科試験の時と同様、試験場の斜め向かいにある、いわゆる裏校と呼ばれる試験当日の朝5:30から鬼勉強させてもらえる素晴らしい塾その名も『サクセス』へ行きましたさ。それはもう文字通りの鬼勉強をして、無事一発合格。さすがのサクセス大先生のおかげで、スムーズな進みです。 たった今は、絶賛路上練習中。今月に本免技能試験があるので、いよいよ今月中に<a href="https://bezzy.jp/2023/01/16837/">…

    #チャラン・ポ・ランタン#チャラン・ポ・ランタンのキッチン・カー

  • 渡辺みり愛のソラ模様 全てが自分の手作り

    第11回 2023.01.28 17:00

    本日は!なんと!陶芸で作った自分のお皿3皿で料理を作ってみました!の巻(完成したお皿の写真は前回記事にて) 深い器のお皿にはラーメンも丼系も合うしおかずをドンと乗せるのもあり。中皿はおかずもいいけど小松菜のおひたしとかきんぴらごぼうとかお惣菜系だなあと思うしほんで湯呑みみたいなやつ(適当)はドレッシング入れにも使えるし普通にスープ系、おかずも全然ありね。 私の得意料理はかぼちゃスープと肉じゃがなので今回はその二つを作りました!肉じゃがを深い器のお皿に。そしてかぼちゃスープは黄色のお皿に盛り付けます。 あれ、もう一つのお皿は?どうするの?という声があちらこちらから聞こえてきます。ええ、ええ、分か<a href="https://bezzy.jp/2023/01/18077/">…

    #渡辺みり愛#渡辺みり愛のソラ模様

  • 久保田悠来の◯ける漫画 推せる──【推しの子】

    第4回 2023.01.30 17:00

    彼らは誰しもを惹きつける存在。 元来の意味するところは偶像。しかし今それは憧れの対象と意味を変え、彼、彼女たちに熱狂し、おかげで日々の生活に張りが出たり目標ができたり、心が潤い満たされる。何でもない毎日に彩りを与え、何でもない毎日を特別な日にすら変えてしまえる、日本の芸能史においてもジャンルを超越しどこでも活躍し燦然と輝く存在……そうアイドルである。そこで今回紹介する漫画『【推しの子】』である。 まず“推し”。 ひと昔前はアンダーグラウンドでどこかで肩身狭く世に潜んでいたこの活動が、今や市民権を獲得し大手を振って語られるまでに至った。推し活、推し事、先述した通り人々は毎日の糧にこれらの活動をし<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17938/">…

    #【推しの子】#久保田悠来#久保田悠来の◯ける漫画#横槍メンゴ#赤坂アカ

  • 関根勤のマニアック映画でモヤモヤをぶっ飛ばせ! なぜ、加山雄三が“若大将”と称されたかがわかる『エレキの若大将』

    第9回 2023.01.09 12:00

    関根勤が偏愛するマニアックな映画な語る連載「関根勤のマニアック映画でモヤモヤをぶっ飛ばせ!」。第9回目は1965年に公開された映画『エレキの若大将』。 主人公の“若大将”こと田沼雄一(加山雄三)は、京南大学のアメリカンラグビー部次期キャプテンに任命され、自宅のすき焼き店「田能久」で宴会を開いた。しかし、その帰りに酔った“青大将”こと石山新次郎(田中邦衛)が飲酒運転で事故を起こしてしまう。事故の被害者は、楽器屋に勤める星山澄子(星由里子)。雄一は石山の罪を被るが、事故の賠償金をどうするか途方に暮れてしまう。 昭和を彩った「若大将シリーズ」の第6作目であり、岩内克己が監督を務める本作。加山自身が作<a href="https://bezzy.jp/2023/01/16596/">…

    #エレキの若大将#加山雄三#関根勤#関根勤のマニアック映画でモヤモヤをぶっ飛ばせ!

  • 渡辺みり愛のソラ模様 私が作ったんだぜーうえーい

    第10回 2023.01.14 12:00

    さて!今回は前回の続きといたしまして陶芸体験の色塗り〜完成までお話していきたいなあと思います。 まずは焼き上がったお皿を見させてもらいましたが、すごい綺麗!!凄すぎる!本当にお皿になるのか!まだ砂っぽくざらつきがあるのでそれをスポンジに水を含ませて拭いていく作業から始めます。それがのちに色塗りに影響しないように丁寧に拭いていきます。 まずは色塗りから!自分の理想とするお皿の色を想像して選んで、その色をかき混ぜるところから!そのかき混ぜがね、何なら1番大変でした。底に沈殿しているのでそれを全て溶かすまで腕に力をたんまり入れかき混ぜます。途中で力もお借りしながら笑 そして綺麗に混ざった中にいよいよ<a href="https://bezzy.jp/2023/01/16934/">…

    #渡辺みり愛#渡辺みり愛のソラ模様

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube