Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

SERIES

木﨑ゆりあの“昨日の自分を愛せるか?” #3

「バレエを習う日」

2022.09.17 12:00

2022.09.17 12:00

全ての画像・動画を見る(全3点)

唐突ですが、バレエを習いたい!!

そうです。
お気づきの通り現在バレエブームが到来中です。

私は若干影響されやすいタイプでして、最近はキッチンで爪先立ちしてみたり、ジャンプして移動してみたり、なにも無いところでターンしてみたり、もう日常がバレエ一色。

というのも実は最近、マシュー・ボーン演出の『白鳥の湖』を観まして、これはトミー賞も取った傑作なのですが、なんと言ってもお目当てはアダム・クーパー!!!!

もう彼が凄いったらありゃしない。スターとは彼のためにある言葉、手足の長さはもちろん、筋肉のバランスの良さ、背中から漂おうオーラ、目鼻立ち、表情、もうどこをとっても、いつ、どこから、誰が見ても完璧すぎて軽く恐怖。

そんな彼との出会いは、1本の映画でした。

当時の私は『ミッドナイトスワン』にハマっていまして、映画館に2回観に行きました。1回目は新宿へ、トランスジェンダーに関するストーリーだったし、予告で映り込む新宿の街並みを観て、どうしても新宿という街でこの映画を観たかった。

好きな映画や本は何回も繰り返し観る派だけど、やっぱり最初に得るものは特別だから大切にしたいと思う。

ただ悲しいことに、その日は隣で見ていたカップルが終始くすくす馬鹿にしながらお喋りをしていて、私は怒りで集中出来ないままエンドロールを迎えた。全てが終わった後、生まれて初めて他人に対して注意した。なぜなら、映画館で映画を観る態度ではなかったから。別にどう感じるかは自由だけど、作品はもちろん、同じ空間でお金を払って映画を見てる人たちに対して、あまりにも失礼すぎて「2度と映画館で映画を観ないで下さい。」悔しくてそう伝えた。その行動が正解ではないことは私にだって分かっていた、今の私ならどうしていただろうか。

その数日後、場所を変えて静かなところで2回目を観賞。内容が分かっていても自然と涙が出た。

作中で主人公の一果がオデットを踊っていて、強さの中に儚さが織り混ざったオデット……こんなに切ない表現がバレエにも存在することに感動した。(この作品は音楽も特に良くて、渋谷慶一郎のピアノは半端ないのでぜひ聴いてください。)

おそらく初めて自分の意思で購入したCDさま

それ以来、私の中でバレエブームが到来しました。

大好きな『ダンス・ダンス・ダンスール』という漫画を読み返し(これ本当に神漫画です。少し前にディズニープラスでアニメもやってます。)Netflixでもバレエに関連する作品を探していたら『リトル・ダンサー』という作品にたどり着いた。写真にはボクシングの格好をした少年がバレエ少女たちの中に混ざって、なんともいえない絶妙な顔をしている。

「なんだこれ良さそうだな、、観てみるか!」

恥ずかしながら名作中の名作に上から目線で再生ボタンをポチッと押し、開始早々、面白すぎて気がついたらスタンディングオベーション「なにこれやっべえええええ」って。主人公のビリーと共に飛び跳ねながら観る26歳。なんでこんな名作に今まで出会ってなかったんだ!!そう思わせてくれたのが彼、アダム・クーパーでした。

それは本当に一瞬で、でも惹かれるには十分すぎる時間だった。作中に流れていたチャイコフスキーが、さらにあの瞬間を特別にする要素だったに違いない。

すっかりファンになった私は、彼の姿をもっと観たい!そう思い、ネットで検索。1番上に白鳥の湖のDVDが出てきたので、何の迷いもなくAmazonへ行って購入した。

と言うのも、私、つかこうへいさんの舞台『熱海殺人事件』で水野役を演じたことがありまして、それ以来チャイコフスキーが大好きなのです。稽古中は電車で毎日聴いていたくらいに好き。

しかしながら、バレエをテレビの画面で観るってどんな感じなんだろう?

そわそわしながら観た白鳥の湖は本当に最高だった。分かりやすく表情を映してくれていて、初心者でもとても観やすいし、躍動感もしっかり伝わる。これは演出家であるマシュー・ボーンの才能かもしれないが、兎にも角にも、アダム・クーパー!!この白鳥の湖は男性しか踊らない、それがまた、切なさと強さを倍増させている気がして堪らなかった。

なんでわたしは幼少期にバレエを習わなかったんだ…と、夜な夜な枕を濡らし後悔している日々、絶賛、バレエにハマっておるのです。

身体は柔らかい方
(撮影:須田亜香里)

親友の須田亜香里曰く、バレエは何歳でも始められる!ということで。私がバレエシューズを履く日もそう遠くはないかもしれませんね。

PS. 前回のQoo10メガ割でシルクの枕カバーを2枚買ったら、2枚入りが4セット+おまけで2枚付いてきて、合計10枚届きました。なぜこんなことに、、、

木﨑ゆりあのコミュニティはこちら

きざきさんち。

きざきさんち。

「きざきさんち。」では木﨑ゆりあが今感じていることを投稿やライブ配信でリアルタイムにお伝えしていきます。
いつでもここでおかえりなさいと言えるように、皆さんをお待ちしてます。

入会はこちら

全ての画像・動画を見る(全3点)

作品情報

ミッドナイトスワン

©2020 Midnight Swan Film Partner

©2020 Midnight Swan Film Partner

ミッドナイトスワン

2020年9月25日(金)全国公開
2020年製作/124分/日本
配給:キノフィルムズ

キャスト&スタッフ

監督:内田英治
出演:草彅剛
服部樹咲、田中俊介、吉村界人、真田怜臣、上野鈴華
佐藤江梨子、平山祐介、根岸季衣
水川あさみ、田口トモロヲ、真飛聖
脚本:内田英治/製作:CULEN/音楽:渋谷慶一郎/撮影:伊藤麻樹/編集:岩切裕一

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 関根勤のマニアック映画でモヤモヤをぶっ飛ばせ! 何度観ても飽きない!ブラッド・ピット主演の傑作コメディアクション『ブレット・トレイン』

    第20回 2024.05.04 12:00

    関根勤が偏愛するマニアックな映画を語る連載『関根勤のマニアック映画でモヤモヤをぶっ飛ばせ!』。第20回は2022年に日本で劇場公開されたデヴィッド・リーチ監督作『ブレット・トレイン』。 殺し屋の男が自分の幼い息子に怪我を負わせた犯人と接触するために乗り込んだ、東京発、京都行きの夜行新幹線。そこにはロシアマフィアの大物ヤクザの息子と、その護衛にあたる2人組の殺し屋も乗っていた。そして、主人公である不運な運び屋もとあるスーツケースを盗む任務で乗車する。あらゆる登場人物の企みが交差し、カオスな殺し合いが新幹線という密室で始まるのだった。 ブラッド・ピット主演、伊坂幸太郎の小説『マリアビートル』を原作<a href="https://bezzy.jp/2024/05/44201/">…

    #関根勤#関根勤のマニアック映画でモヤモヤをぶっ飛ばせ!

  • パンサー・菅の若者に教えたい遊び 高田馬場で見つけた異空間、“カワイイ”を漬け込んだバー『あでぃくしょん』

    第9回 2024.05.17 19:00

    パンサー・菅の若者に教えたい遊び、今回紹介するのは高田馬場駅近くにあるコンセプトバー、ジビエ料理で有名な『米とサーカス』系列店のにゅ〜ニッポンバー『あでぃくしょん』でございます。 どんなコンセプトか簡単に言いますと『カワイイ』が大好きな19歳のバーチャル女子、パミンちゃんの部屋でございます。このパミンちゃん、公式サイトによりますとお菓子にサプリメント、服にアクセサリーにぬいぐるみ、コスメにギャンブルに大人のおもちゃなどの『カワイイ“廃棄物”』で溢れた部屋との事。カワイイのアンテナがパラボラ並みの混沌女子みたいですね、非常に素敵です。 そのこだわりの溢れたパミンちゃんの部屋に毎夜人が集まってくる<a href="https://bezzy.jp/2024/05/44077/">…

    #パンサー・菅#パンサー・菅の若者に教えたい遊び

  • 渡辺みり愛のソラ模様 萌え萌え…きゅん?

    第14回 2024.04.27 17:00

    本日は念願のメイドカフェです!!メイドカフェ実はお客様として行くのは初めてでずっと行ってみたかったんです。乃木坂46に所属していた時に一度だけ、お仕事でメイドさん体験をさせていただいた事がありました。 かと言ってプライベートで1人で行くにはハードルが高く感じてしまっていまして、「エッセイでいけるのでは…?」と何とも邪な考えをして、お願いしてしまいました!!!!笑 そんな私のわがままを聞いてくださり、スタッフさんが連れて行ってくださいました。「あっとほぉーむカフェ」さん。 入った瞬間からメイドさんの世界に取り込まれました。本物の「おかえりなさいませ♡お嬢様♡」が聞けました。ありがとうございます。<a href="https://bezzy.jp/2024/04/43884/">…

    #渡辺みり愛#渡辺みり愛のソラ模様

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube