Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

COLUMN

ヒップホップで社会を生き抜く! 第9回

ファレル・ウィリアムスにみる適材適所、3度クビにされたマクドナルドのために果たした大仕事

2022.11.27 16:00

©2022 McDONALD’S / By Frank Schwichtenberg - Own work, CC BY-SA 4.0

2022.11.27 16:00

全ての画像・動画を見る(全2点)

先日、今年で音楽活動30周年を迎えると発表したファレル・ウィリアムス。彼の音楽キャリアは、1992年にリリースされたニューヨークのヒップホップグループWreckx-n-Effectのヒット曲「Rump Shaker」から始まった。彼は当楽曲のプロデューサーであるテディー・ライリーのラップパートを書き、それが彼にとって初の商業的リリースとなった。

その後、チャド・ヒューゴとともにThe Neptunesのメンバーとして一つの時代を作るプロデューサーになり、ヒップホップだけではなく、ポップスターも多くプロデュースした。The Neptunesは1990年代後半から2000年代にかけて、手掛けた曲が24曲Billboard Hot 100にチャートインしており、2000年代前半を象徴するサウンドを作ったと言っても過言ではない。彼らはスヌープ・ドッグ、ブリトニー・スピアーズ、ジャスティン・ティンバーレイク、ジェイ・Zなどのアーティストの楽曲を手掛け、人気プロデューサーとして名を轟かせた。

自身のソロ名義では「Happy」などの大ヒット曲を世に出し、今では世界的に知られているファレル・ウィリアムスであるが、先日Apple Music 1のZane Loweの番組に出演した際に「神が自分に音楽の才能を授けてくれた」とコメントしており、自身の才能を他人に貶させるわけにはいかないと発言していた。ファレルはその「才能」に気がつくことができたので、現在も最高峰のプロデューサーとして活躍しているが、最初から自分の「適材適所」を見つけることができていたわけではない。

マクドナルドとファレル・ウィリアムス

ファレル・ウィリアムスはプロデューサーとして成功する前に、マクドナルドで働いていたとインタビューで明かしている。マクドナルドで働いていた彼は、3つの店舗をクビになった経験があるようだ。彼は「ボスにモップがけなどを頼まれても、店内で流れている音楽にノリノリになって仕事を放棄してしまうんだ」と語っており、マクドナルド3店舗を解雇されたと明かしている。しかし、彼はその後マクドナルドにとって重要な人物になるのだ。

2003年、株価が下がり新しいキャンペーンを模索していたマクドナルドは、世界中の14の広告代理店から新規キャンペーン案を募集した。「ヒップホップの要素を含む」という条件のもと、ドイツの「Heye & Partner」という広告会社がコンペを勝ち取った。そのときに提案されたキャンペーンが、かの有名な「I’m Lovin’ It」であった。ドイツの音楽制作会社Mona Davisが「バラッタッタタ〜I’m Lovin’ It」というジングルを制作し、そのジングルを中心にキャンペーンを打ち出す決断をしたマクドナルドは、ポップカルチャーに根づかせるためにゲリラ的な計画を練る。ラッパーのナズの元マネージャーであり、音楽マーケティング会社の代表であるSteve Stouteの本『The Tanning Of America』によると、マクドナルドの計画は以下のようなものであった。

① マクドナルドの広告ということを伏せた状態でアイコニックなアーティストに「I’m Lovin’ It」というフレーズが入った楽曲を作ってもらう
② マクドナルドの広告キャンペーンが開始される数ヵ月前にその楽曲をリリースし、広告より先に「I’m Lovin’ It」というフレーズをカルチャーに根づかせる

さらに、キャンペーンを開始した後には、ヒップホップの要素を使い、CMでスローガンを使用していく。この壮大な計画を実行するために、マクドナルドは当時NSYNCのメンバーとして絶大な人気を誇っていたジャスティン・ティンバーレイクを起用する。ジャスティン・ティンバーレイクは、ファレル・ウィリアムスとチャド・ヒューゴによるプロデュースのもと、楽曲「I’m Lovin’ It」を制作した。この曲は、マクドナルドの広告につながるということを伏せた状態でラジオに“流出”し、サビで「バラッタッタタ〜I’m Lovin’ It」を連呼することによって“マーケティング・スローガンをマーケティングするための楽曲”になったのだ。

この楽曲を皮切りに、マクドナルドは「I’m Lovin’ It」という広告キャンペーンを2003年の9月に全世界に発表し、ラッパーのプシャ・TがラップするCMも放映された。広告についての情報を発信するAdAgeによると、マクドナルドはキャンペーンを開始した年に、現在の日本円2,000億円ほどの予算をキャンペーンに費やしたようで、「I’m Lovin It」は結果的にマクドナルド最長のキャンペーンになった。マクドナルドを3回解雇されたファレル・ウィリアムスは、マクドナルド最大のキャンペーンの中心部分を担う楽曲のプロデュースを務めたのだ。

全ての画像・動画を見る(全2点)


RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 3人の真剣な表情とお茶目な表情が詰まった映像に MOMO SANA MINA from TWICEの新曲配信スタート、メイキング映像が公開

    2023.01.25 00:00

    TWICEの日本人メンバーMOMO、SANA、MINAの3人が歌う新曲「Bouquet」(読み:ブーケ)の音源配信が各種音楽サイトでスタートした。 3人よる楽曲リリースを電撃発表しファンを驚かせた「Bouquet」は 、テレビ朝日系で毎週金曜よるに放送中の山崎育三郎主演ドラマ『リエゾン-こどものこころ診療所-』の挿入歌用に書き下ろされた楽曲。 配信スタートに合わせ、TWICE日本公式YouTubeでは楽曲のMaking Music Video(short ver.)も公開。心を込めてレコーディングに励む真剣な表情と、お茶目で3人らしいキュートな表情の両方が詰まった映像となっている。 それぞれの<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17829/">…

    #TWICE

  • 限定盤はライブCDやオリジナルグッズ付き go!go!vanillas、昨年秋の日本武道館&大阪城ホール公演を映像作品化

    2023.01.24 20:10

    go!go!vanillasが、昨年9月に開催したキャリア2度目の日本武道館公演と初の大阪城ホール公演の模様を収録した映像作品『LIVE FILM -My Favorite Things-』を2023年3月22日(水)にリリースすることを発表した。 今作には、昨年9月に開催された東西アリーナワンマン「My Favorite Things」より超満員の日本武道館公演の模様が全21曲完全収録されるほか、メンバーによるオーディオコメンタリーも副音声として収録される。加えて、初の大阪城ホール公演より大阪のみで披露された「おはようカルチャー」含むセレクトライブ映像を全6曲収録。 さらに公演当日に至るまで<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17788/">…

    #go!go!vanillas

  • バンドに焦点を当てた「らしく」MVプレミア公開も決定 ヤングスキニー、メジャーデビュー日にTikTokでライブ生配信

    2023.02.01 19:00

    “嘘だらけで、矛盾だらけな日常を歌う”東京発の4ピースギターロックバンド・ヤングスキニーが、メジャーデビュー日の2月8日(水)20時よりTikTok LIVE配信プロジェクト「ヤングスキニー TikTok LIVE at SAIZEN」を生配信することを発表した。 結成から約2年半ながらも2022年夏に「RUSH BALL 2022」に出演、2023年春には「VIVA LA ROCK 2023」「ARABAKI ROCK FEST.2023」「JAPAN JAM 2023」といった大型フェスへの出演も決定しているほか、今まで開催してきた自主企画ライブを全公演ソールドアウトさせているヤングスキニ<a href="https://bezzy.jp/2023/02/18324/">…

    #ヤングスキニー

  • 3つの数字の意味は「ショーを体験すれば分かる」 星屑スキャット、4都市巡るツアー「023」開催発表

    2023.01.23 12:00

    ミッツ・マングローブ、ギャランティーク和恵、メイリー・ムーの3人からなる音楽ユニット星屑スキャットが、5月14日の大阪公演を皮切りに、東京、名古屋、福岡と4都市5公演を巡るツアー「023」の開催を発表した。 2022年末に竹内まりや作詞作曲の「駅」と、中森明菜の「TATTOO」をカバーした両A面カバーシングル『駅/TATTOO』をリリースした星屑スキャット。 このたび公開されたレトロポップなツアービジュアルにはツアータイトルになっている3つの数字が描かれており、その数字が何を意味しているかに対しメンバーは「ショーを体験すれば分かる」とはぐらかしつつも不敵な笑みを浮かべているとのこと。 結成18<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17704/">…

    #星屑スキャット

  • 活動復帰したmidoriko含む6人での初パフォーマンス ExWHYZ、初ツアーファイナルZepp DiverCity公演より「STAY WITH Me」ライブ映像公開

    2023.01.26 21:00

    ExWHYZが、1月12日(木)にZepp DiverCityで開催したツアーファイナルより、本編最後を飾った「STAY WITH Me」のライブ映像を公開した。 2022年6月に突如解散したEMPiREのメンバーであるyu-ki、mayu、midoriko、mikina、maho、nowの6名で結成されたグループ、ExWHYZ。11月2日には大沢伸一(MONDO GROSSO)、Denny White、Shin Sakiura、80KIDZなど国内外の様々なクリエイターが参加した1stアルバム『xYZ』をリリースした。 2022年11月3日から初の全国ツアー「ExWHYZ First Tou<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17959/">…

    #ExWHYZ

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube