Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

INTERVIEW

伝説的ギタリストを愛する2人の世代を超えたスペシャル対談

アンドレ・レリス×Katzuya Shimizu、映画『ランディ・ローズ』で呼び起こす自らの原点

2022.11.19 17:00

2022.11.19 17:00

全ての画像・動画を見る(全22点)

11月11日に劇場公開を迎えた映画『ランディ・ローズ』は、1982年3月19日に25歳の若さで他界した伝説的ギタリストの、あまりにも短い生涯を追ったドキュメンタリー作品である。オジー・オズボーンに選ばれた最初のギタリストであり、『BLIZZARD OF OZZ』(1980年)、『DIARY OF A MADMAN』(1981年)という彼の初期2作で美しくも鬼気迫るプレイを聴かせていた彼が、そこに至るまでにどのような日々を過ごしていたかを垣間見ることができるのみならず、その人物像についても伝えてくれる資料的価値のある作品に仕上がっている。

そして先頃、この作品を手掛けたアンドレ・レリス監督がプロモーションのために来日し、ランディからの影響を自負する八十八ヶ所巡礼のギタリスト、Katzuya Shimizuと対談をすることになった。世代も音楽的背景も異なる2人の会話が、ランディを共通項としながら熱を帯びていくさまが文面から伝われば幸いだ。

『ランディ・ローズ』予告映像

──まずはKatzuyaさんから自己紹介をお願いします。

Katzuya Shimizu(以下、Katzuya) 八十八ヶ所巡礼というバンドのギタリスト、Katzuya Shimizuと申します。

アンドレ・レリス(以下、アンドレ)  はじめまして。残念ながら僕にはそのバンド名をすぐには憶えられそうにないけども(笑)、いかにも重たい意味がたくさん含まれていそうな名前だね?

Katzuya いや、実は意味はさほど重視していなくて、むしろインパクト勝負というか。英語じゃない名前で印象の強いものにしたかっただけのことなんです。

アンドレ なるほど。最近はアメリカなどでツアーをしている日本のバンドもいるようだけど、君たちにもそういった経験があるのかな?

Katzuya いや、まだないんです。一度だけフランスでフェスに出たことがあるんですけど。

アンドレ 海外のバンドが日本に来た時に前座を務めたりという経験は?

Katzuya 残念ながら今のところそういった機会にも恵まれていなくて。

──さて、せっかくですからここで監督には八十八ヶ所巡礼のミュージック・ビデオを見ていただきましょう。曲は「攻撃的国民的音楽」です。

Katzuya なんだか審査されてるみたいですよね。変な汗かいてます(笑)。

アンドレ (映像をしっかりと最後まで見たうえで)クールだね! 素晴らしい。とても気に入ったよ。他にないスタイルの音楽だと思うし、とてもユニークだ。ベースの細かい刻みとかも面白い。バンドは東京を拠点に活動しているのかな?

Katzuya そうですね。ライヴは日本全国でやっていますけど。

アンドレ 欧米での可能性もあると思う。サウンド的にすごくいいし、端々から才能を感じるよ。欧米のバンドと明らかに違うのがいい。ただ、僕自身、日本語の歌詞のまま英語圏でやるとどういうことになるのかについては見当もつかないんだけども。

Katzuya 僕自身にももちろん海外でやってみたいという気持ちはあって、結構まわりからも海外展開したほうがいいと勧められたりもしてるんです。フランスに初めて行った時も、実際に現地のオーディエンスの反応を目の当たりにして、「ああ、確かに海外でやるのも自分たちには向いてるのかな」と感じましたし。

アンドレ 結成してからどれくらいになるのかな?

Katzuya 17年目になりますね。

アンドレ 君自身がまだ17歳ぐらいに見えるよ(笑)。すごく若く見える。

次のページ

Katzuyaが映画で特に感動したポイント

作品情報

ランディ・ローズ

©RANDY RHOADS: LEGEND, LLC 2022

©RANDY RHOADS: LEGEND, LLC 2022

ランディ・ローズ

11月11日(金)より新宿シネマカリテ、渋谷シネクイントほか全国ロードショー
2022年/アメリカ/5.1ch/92分/原題:RANDY RHOADS:Reflections of A Guitar Icon
字幕監修:上田慎也(ヤング・ギター)
提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム

公式サイトはこちら

スタッフ&キャスト

出演:ランディ・ローズ、オジー・オズボーン、エディ・ヴァン・ヘイレン、ルディ・サーゾ、フランキー・バネリ、ジョージ・リンチ、ゲイリー・ムーア、ダグ・アルドリッチ、ジョエル・ホークストラ、ブルース・キューリック、ドゥイージル・ザッパ
ナレーション:トレイシー・ガンズ
監督:アンドレ・レリス
脚本・編集:マイケル・ブルーイニン

八十八ヶ所巡礼

アーティスト情報

マーガレット廣井(Ba.と歌と主犯格)の必要以上に唸るベースと浮き浮きな歌唱が有り、
Katzuya Shimizu(Gt.と参謀と演技指導)の馬鹿なテクニカルギターが止むことなく降り注ぎ、
Kenzoooooo(Dr.と極道と含み笑い)のタフなドラミングがそいつ等を増幅させる。。

そんなちょっとやそっとじゃ想像できないロック音楽。
浮き浮きするプログレの端くれ。
それが『八十八ヶ所巡礼』だ。

アンドレ・レリス

アーティスト情報

90年代後半にFoxスポーツテレビのプロデューサーとしてキャリアをスタート、後にAmazing Movies、Lionsgateなどで映画配給を行う。その後、アパレル販売会社のVision Filmsのパートナーとなり、音楽専門部門Vision Musicを設立。
2010年には、ハリウッドを拠点とする映画製作会社VMI World Wideを設立、現在も多くの映画を製作し、全世界に配給している。近年では、北村龍平監督「THE PRICE WE PAY」(原題)、トミー・リー・ジョーンズ&アーロン・エックハート主演『WANDER』(原題)等を製作。2015 年に、アメリカの伝説的HIP HOPグループN.W.Aの真実を暴くドキュメンタリー『N.W.A & EAZY-E:キングス・オブ・コンプトン』で初めて監督を務め、本作が2作目となる。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • ファンから高い人気を誇る初期曲が作品化 君島大空が配信シングル『都合』をリリース、写真家 濵本奏手がけたMV公開

    2022.11.16 19:00

    君島大空が、配信シングル『都合』を本日11月16日にリリースした。 同曲は、今年8月10日に配信した1年4ヵ月ぶりのシングル曲「19℃」と並んで活動初期から演奏されているファンの間でも高い人気の楽曲で、このたびついに音源化されることとなった。前作に続き今作の演奏も君島大空合奏形態のメンバーが参加。ギターを西田修大が、ベースを新井和輝が、ドラムを石若駿が担当している。 また、楽曲配信とともにミュージックビデオも公開された。監督は今回初めてタッグを組んだ写真家の濵本奏が務めており、楽曲の新たな魅力を映し出す映像作品が完成した。

    #君島大空

  • 中心人物・MICHAELAに迫るライナーノーツ公開 TOGITO、即興セッションから生まれた新曲「Stay」本日24時配信

    2022.12.01 21:00

    シンガーソングライター”MICHAELA”を中心としたアート集団・TOGITO(トギト)が、新曲「Stay」を12月2日(金)に配信リリースすることを発表した。 今作は、制作中の楽曲が完成を迎えた日に別のアイデアが出たことをきっかけに、その場でプロデューサーのKITANOTAとセッションを開始。ビートを打ち込み、コードを決め、メロディと歌詞を付けて2時間ほどで完成したという。90’sのUK R&Bを彷彿とさせるブレイクビーツのビートを歌いあげるフローは、R&B、ジャズ、ロックと多様なジャンルを内包し、MICHAELAの音楽へと昇華されている。<a href="https://bezzy.jp/2022/12/14572/">…

    #TOGITO

  • 中居正広から引き継いだ役をどう演じるのか 高杉真宙が気弱なサラリーマンから一人前の金融屋に『ナニワ金融道』場面写真公開

    2022.11.18 12:00

    11月25日(金)から全3話3週連続公開される『ナニワ金融道』から場面写真が公開された。 1990年から1997年まで「モーニング」(講談社)で連載され、1992年講談社漫画賞、1998年手塚治虫文化賞マンガ優秀賞受賞の大阪を舞台に金融のダークサイドを描くマンガの金字塔として、今なお熱烈なファンがいる「ナニワ金融道」。主演を高杉真宙が務め、共演に加藤雅也、赤井英和、宇崎竜童らが出演。全3話からなる本作は、11月25日(金)に第一話 『ナニワ金融道〜灰原、帝国金融の門を叩く!〜』が、12月2日(金)に第二話『ナニワ金融道〜銭と泪と権利と女〜』が、12月9日(金)が第三話『ナニワ金融道〜大蛇市マネ<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13545/">…

    #ナニワ金融道#加藤雅也#宇崎竜童#高杉真宙

  • フジロックをダンスフロア化した男が再来日 ボノボが来年1月DJセットで来日公演開催

    2022.11.28 18:00

    これまで3度グラミー賞にノミネートし世界ツアーでは200万人を動員するなど世界的プロデューサー/アーティストであるボノボが、2023年1月13日に大阪・SUNHALL、1月15日(日)に東京・O-EASTにて来日公演を行うことを発表した。 ボノボは約3年半前の2019年LIQUIDROOMで伝説的DJセットでのライブを行い、2022年のFUJI ROCK FESTIVALでは熱狂した観客で満員のWHITE STAGEをダンスフロア化し、強烈な足跡を残した。 ライブセットも好評なボノボは、DJとしても先日自身主宰のレーベル〈OUTLIER〉からダンサブルなシングル「ATK」「Defender」を<a href="https://bezzy.jp/2022/11/14291/">…

    #ボノボ

  • 初回盤には国際フォーラム公演映像&新録カバー収録 Uruが3年ぶりアルバム『コントラスト』発売、来年4月より全国ツアー開催

    2022.11.12 19:30

    Uruが、約3年ぶりの3rdアルバム『コントラスト』を2023年2月1日に発売することを開催中のツアー“Uru Tour 2022「again」“の新潟テルサ公演で発表した。 前作『オリオンブルー』以降リリースされたシングル「Break」(TVアニメ『半妖の夜叉姫』EDテーマ)、「振り子」(映画『罪の声』主題歌)、「ファーストラヴ」(映画『ファーストラヴ』主題歌)、「Love Song」(フジテレビ系ドラマ木曜劇場『推しの王子様』主題歌)、「それを愛と呼ぶなら」(TBS系日曜劇『マイファミリー』主題歌)、現在ABEMAオリジナルシリーズ恋愛番組『私たち結婚しました4』主題歌としてオンエア中の新<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13114/">…

    #Uru

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube