Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

初回盤には国際フォーラム公演映像&新録カバー収録

Uruが3年ぶりアルバム『コントラスト』発売、来年4月より全国ツアー開催

2022.11.12 19:30

2022.11.12 19:30

全ての画像・動画を見る(全3点)

Uruが、約3年ぶりの3rdアルバム『コントラスト』を2023年2月1日に発売することを開催中のツアー“Uru Tour 2022「again」“の新潟テルサ公演で発表した。

前作『オリオンブルー』以降リリースされたシングル「Break」(TVアニメ『半妖の夜叉姫』EDテーマ)、「振り子」(映画『罪の声』主題歌)、「ファーストラヴ」(映画『ファーストラヴ』主題歌)、「Love Song」(フジテレビ系ドラマ木曜劇場『推しの王子様』主題歌)、「それを愛と呼ぶなら」(TBS系日曜劇『マイファミリー』主題歌)、現在ABEMAオリジナルシリーズ恋愛番組『私たち結婚しました4』主題歌としてオンエア中の新曲「そばにいるよ」などが収録される予定。

通常盤に加えて、初回限定盤(映像盤)、初回限定盤(カバー盤)の3形態が制作され、映像盤には2021年11月に開催した東京・国際フォーラム ホールAでのライブ「To You」の模様をBlu-rayで収録。カバー盤には前作のアルバム以降にリリースされた「別の人の彼女になったよ(wacci)」、「ドライフラワー(優里) 」、「勿忘(Awesome City Club)」、「なんでもないよ、(マカロニえんぴつ)」のほか新録カバーが収録される。

また、アルバム購入者対象の店舗別の特典として、Amzonではメガジャケット、楽天ブックスではクリアポーチ、TSUTAYAではA4クリアファイル、セブンネットショッピングではアクリルコースター、Joshinディスクピアではポストカード、応援店ではB3ポスターが先着でプレゼント。

さらに、同アルバムを引っ提げて2023年4月より全国ツアー“Uru Tour 2023「contrast」”の開催も決定した。スケジュールやチケット情報等の詳細は近日中に公開されるとのこと。

全ての画像・動画を見る(全3点)


作品情報

New Album『コントラスト』初回生産限定盤[カバー盤]

『コントラスト』ジャケット

『コントラスト』ジャケット

New Album『コントラスト』初回生産限定盤[カバー盤]

2023年2月1日発売
CD+CD
AICL-4325~6 / 4,000円(税込)

購入はこちら

収録内容

全形態共通収録予定曲※順不同
「Break」(TVアニメ『半妖の夜叉姫』EDテーマ)
「振り子」(映画『罪の声』主題歌)
「ファーストラヴ」(映画『ファーストラヴ』主題歌)
「Love Song」(フジテレビ系ドラマ木曜劇場『推しの王子様』主題歌)
「それを愛と呼ぶなら」(TBS系日曜劇場『マイファミリー』主題歌)
「そばにいるよ」(ABEMAオリジナルシリーズ恋愛番組『私たち結婚しました 4』主題歌)


カバー盤CD収録予定内容
「別の人の彼女になったよ」(wacci)
「ドライフラワー」(優里)
「勿忘」(Awesome City Club)
「なんでもないよ、」(マカロニえんぴつ)

New Album『コントラスト』初回生産限定盤[映像盤]

New Album『コントラスト』初回生産限定盤[映像盤]

2023年2月1日発売
CD+BD
AICL-4323~4 / 6,000円(税込)

購入はこちら

収録内容

全形態共通収録予定曲※順不同
「Break」(TVアニメ『半妖の夜叉姫』EDテーマ)
「振り子」(映画『罪の声』主題歌)
「ファーストラヴ」(映画『ファーストラヴ』主題歌)
「Love Song」(フジテレビ系ドラマ木曜劇場『推しの王子様』主題歌)
「それを愛と呼ぶなら」(TBS系日曜劇場『マイファミリー』主題歌)
「そばにいるよ」(ABEMAオリジナルシリーズ恋愛番組『私たち結婚しました 4』主題歌)


映像盤Blu-ray収録予定内容
“Uru Live 2021「To You」” 東京・国際フォーラム ホールAでのライブ映像

New Album『コントラスト』通常盤

『コントラスト』ジャケット

『コントラスト』ジャケット

New Album『コントラスト』通常盤

2023年2月1日発売
AICL-4327 / 3,000円(税込)

購入はこちら

収録曲

全形態共通収録予定曲※順不同
「Break」(TVアニメ『半妖の夜叉姫』EDテーマ)
「振り子」(映画『罪の声』主題歌)
「ファーストラヴ」(映画『ファーストラヴ』主題歌)
「Love Song」(フジテレビ系ドラマ木曜劇場『推しの王子様』主題歌)
「それを愛と呼ぶなら」(TBS系日曜劇場『マイファミリー』主題歌)
「そばにいるよ」(ABEMAオリジナルシリーズ恋愛番組『私たち結婚しました 4』主題歌)

イベント情報

Uru Tour 2023「contrast」

Uru Tour 2023「contrast」

2023年
4月28日(金)埼玉・三郷市文化会館 大ホール
5月6日(土)新潟・新潟テルサ
5月12日(金)北海道・カナモトホール(札幌市民ホール)
5月28日(日)岡山・岡山市民会館
6月2日(金)愛知・日本特殊陶業市民会館・フォレストホール
6月16日(金)兵庫・神戸国際会館こくさいホール
6月22日(木)大阪・オリックス劇場
6月30日(金)神奈川・神奈川県民ホール
7月9日(日)愛媛・松山市総合コミュニティセンター
7月17日(月祝)宮城・東京エレクトロンホール宮城
7月22日(土)福岡・福岡サンパレス ホテル&ホール
8月11日(金祝)東京・LINE CUBE SHIBUYA
8月12日(土)東京・LINE CUBE SHIBUYA

Uru Tour 2023「contrast」

聞く人を包み込むような歌声と、神秘的な存在感で注目を集めるシンガー。

2013年 YouTubeチャンネルを立ち上げ、新旧問わず数々の名曲カバー動画を更新。楽曲の歌唱・演奏・アレンジ・プログラミング・撮影・編集など、そのすべてを一人で行い、メジャーデビューまでに100本に及ぶ動画を公開。
2020年5月時点でYouTubeチャンネルの総再生回数は2億回を突破。

2016年6月「星の中の君」でメジャーデビュー。映画『夏美のホタル』主題歌に抜擢される。同シングルに収録の「すなお」はNTT西日本「ビジネスコールセンター」WebCMソングに起用される。
10月には2ndシングル「The last rain」をリリース。同シングルに収録の「ホントは、ね」がCanon『PhotoJewel S』CMソングに、「Sunny day hometown」がCanon『ピクサス』CMソングに起用される。

2017年1月 MBS開局65周年記念の新春ドラマ特別企画『しあわせの記憶』主題歌として書き下ろした「娘より」を発表。2月にはTVアニメ機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』エンディングテーマとして3rdシングル「フリージア」、6月にはドラマ『フランケンシュタインの恋』挿入歌として4thシングル「しあわせの詩」、11月にはドラマ『コウノドリ 命についてのすべてのこと 』第2シリーズ主題歌として5thシングル「奇蹟」を連続リリース。12月には1stアルバム「モノクローム」をリリース。収録曲の「追憶のふたり」は映画『悪と仮面のルール』主題歌として書き下ろされた。

2018年4月 劇伴作家・澤野弘之のボーカルプロジェクトSawanoHiroyuki[nZk]にボーカリストとして参加し、TVアニメ「銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅」OPテーマを担当。9月 映画『劇場版 夏目友人帳~うつせみに結ぶ~』主題歌として書き下ろした6thシングル「remember」をリリース。12月にはドラマ『中学聖日記』主題歌として書き下ろした7thシングル「プロローグ」をリリース。先行配信時には自身最多となる11冠のデイリーランキング1位を獲得。オリコンデジタルランキングでも1位を獲得する。

2019年9月 TVアニメ『グランベルム』エンディングテーマとして書き下ろした8thシングル「願い」をリリース。

2020年1月 木村拓哉さんのオリジナルアルバム「Go with the Flow」へ「サンセットベンチ」・「I wanna say I love you」の2曲を楽曲提供。
2月には日曜劇場『テセウスの船』主題歌としてデジタルシングル「あなたがいることで」をリリース。オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキング1位を獲得。3月には2枚目となるフルアルバム「オリオンブルー」をリリース。発売開始とともにiTunesアルバム総合ランキング1位を、オリコン週間アルバムランキングでは自身最高位となる5位を獲得。さらに、オリコン週間デジタルアルバム1位を獲得。オリコン週間音楽ランキング史上、ソロアーティストとしては史上初のデジタルシングル(単曲)&デジタルアルバム同時1位を記録する快挙を達成。初のテレビ歌唱出演も果たす。カバー盤に収録の「Funny Bunny」は『「アクエリアス」2019秋冬キャンペーンTVCMソング』として話題を呼ぶ。

2020年2月 自身初となる両A面シングル「振り子/Break」をリリース。「振り子」は映画『罪の声』主題歌、「Break」はTVアニメ『半妖の夜叉姫』エンディングテーマとして書き下ろした。
第62回「輝く!レコード大賞」にて特別賞を受賞。

2021年2月 映画『ファーストラヴ』主題歌として書き下ろし同名タイトルをつけた「ファーストラヴ」をリリース。カップリングとして収録の「無機質」は挿入歌として起用された。1つの作品で主題歌と挿入歌の2曲を手掛けるのはこの作品が初めてとなった。
6月 デビュー5周年にあたり自身初のツアーUru Tour 2021「Punctuation」を開催。
7月 フジテレビ系木曜ドラマ『推しの王子様』主題歌として「Love Song」をリリースすることが決定。
11月 デビュー前より目標にしていた夢のステージ 東京国際フォーラム ホールA での単独公演Uru Live「To You」が決定。満員の会場で開催。

2022年4月 TBS系日曜劇場『マイファミリー』主題歌として「それを愛と呼ぶなら」を書きおろす。
6月 自身の楽曲をもとに紡いだ3つの物語を収録した初の短篇小説『セレナーデ』を発売。
7月 全国10箇所11公演にてホールツアーUru Tour 2022「again」を開催。
10月 ABEMAオリジナル『私たち結婚しました4』の主題歌としてデジタルシングル「そばにいるよ」のリリースを発表。

デビュー以来、リリースとライブを重ねるほどにその名前を浸透させている。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 10代当時の自己嫌悪について明かす ビリー・アイリッシュ、腰の怪我がいかに精神に支障をきたしたかを語る

    2023.01.06 19:30

    先月21歳になったビリー・アイリッシュが、Vogueのインタビューにて自身の怪我がメンタルに与えた影響を明かした。 ビリー・アイリッシュは13歳の頃に腰に怪我をしたことがきっかけで、精神にも影響を及ぼしたと語っている。彼女は後に過剰運動<hypermobility>症候群と診断されたと明かしており、「自分のことを嫌いな状態で10代を過ごした」と発言している。また、「その自己嫌悪の多くは自分の体に対する怒りから来ていて、体が私に与えた痛みに対して怒っていた。そのせいで多くのものを失ったことにも怒っていた」ともコメントしている。 彼女は2015年にリリースされたデビューシングル「Ocean Eye<a href="https://bezzy.jp/2023/01/16505/">…

    #Billie Eilish#ビリー・アイリッシュ

  • 「あんなに音を重ねる必要がなかった」とコメント クイーンのブライアン・メイがデビューアルバムのサウンドに納得いっていなかったと明かす

    2023.01.20 18:15

    1973年にリリースされたクイーンのデビューアルバム『Queen』。イギリスとアメリカでヒットし、全米で50万枚を売り上げた当アルバムであるが、ギタリストのブライアン・メイは、アルバムのサウンドに納得がいっていなかったと明かしている。 Total Guitar誌のインタビューに登場したブライアン・メイは、プロデューサーのロイ・トーマス・ベイカーと『Queen』を制作しているときの経験について以下のように語っている。 「ロイ・トーマス・ベイカーに“ロイ、これは私たちが求めているサウンドじゃない!”って伝えたのを覚えている。でも彼は“心配しないで、ミキシングで全部直るから”って言われたんだ。でもそ<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17535/">…

    #Queen#クイーン#ブライアン・メイ

  • STAYC Japan Debut!! 特集 STAYC初インタビュー はじめての日本で明かすフレッシュな野望

    第1回 2023.01.09 18:00

    昨年11月に待望の日本デビューを果たしたK-POPガールズグループ、STAYCの魅力をたっぷりとお届けする特集の第1弾では、デビュー直前に初来日した6人にインタビュー。日本の印象は? 日本でやりたいことは? などなど、はじめての日本にまだ慣れていない6人の初々しさ溢れる受け答えをお楽しみください。写真もすべて撮り下ろしの永久保存版、記事の最後にはプレゼントもあるので要チェック! このあと特集は3人ずつに分かれてのユニットインタビュー、そして過密スケジュールの合間で日本の伝統を楽しんだロケ企画(どちらも後日公開予定)へと続きます。お楽しみに! 長く長く活動したい ──まずは初登場ということで、S<a href="https://bezzy.jp/2023/01/16563/">…

    #STAYC#インタビュー

  • フェス創業者のアナグマ狩りを批判 クイーンのブライアン・メイが巨大音楽フェス「グラストンベリー」に出演しない理由を語る

    2023.01.30 19:30

    クイーンのギタリストであるブライアン・メイが、世界最大規模の音楽フェスティバル「グラストンベリー・フェスティバル」に出演しない理由を明かした。 The Sunのインタビューに登場したブライアン・メイは、過去にも「グラストンベリー・フェスティバル」の創業者マイケル・イーヴィスに対してコメントをしており、マイケル・イーヴィスのアナグマ狩りにおけるスタンスを批判していた。イギリスではアナグマが牛結核の媒介になる恐れから、アナグマの間引きがされており、ブライアン・メイはその件について声を挙げている。 「私がグラストンベリーに出演するかって?しないね。グラストンベリーの運営はよからぬ理由でアナグマを殺処<a href="https://bezzy.jp/2023/01/18171/">…

    #クイーン#グラストンベリー・フェスティバル#ブライアン・メイ

  • 令和5年度の高校音楽教科書への掲載も決定 くるりの代表曲「ばらの花」 22年の時を経てMVフルバージョンがYouTube初公開

    2023.01.24 18:00

    京都出身のロックバンド・くるりの楽曲「ばらの花」のミュージックビデオが、オフィシャルYouTubeチャンネルでフル公開された。 3月1日(水)に新作EP『愛の太陽 EP』をリリースするくるり。「ばらの花」は2001年1月24日にシングルで発売された楽曲で、矢野顕子やリーガルリリーをはじめ様々なアーティストによるカバーやリミックス音源が発表されている。また、教育芸術社が発行する『令和5年度 高等学校用教科書 音楽Ⅱ 高校生の音楽2』への掲載が決定しているなど、くるりの代表曲として語り継がれている1曲。 同楽曲のMVは福島県いわき市の海岸で撮影され、岸田繁・佐内正史が監督を務めている。これまでYo<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17785/">…

    #くるり#佐内正史

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube