Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

RELATED TOPICS関連記事

  • 不安そうなヨロコビたちを描いたティザーポスターも公開 新しい感情たちの特徴を映した『インサイド・ヘッド2』特報解禁、“感情の嵐”が訪れる様子も

    2024.04.10 08:00

    8月1日(木)に劇場公開されるディズニー&ピクサー新作『インサイド・ヘッド2』の特報映像とティザーポスターが解禁された。 本作は『トイ・ストーリー』『モンスターズ・インク』『リメンバー・ミー』など、数々の心温まる感動の物語を贈り届けてきたディズニー&ピクサーが、どんな人の中にも広がっている“感情たち”の世界を描いた物語。前作でも描かれた感情たちに加えて、本作では新たに大人になるために現れたシンパイ、イイナー、ダリィ、ハズカシの4つの感情たちが登場する。 主人公は思春期を迎え前作よりもちょっぴり大人になった少女ライリー。前作でも描かれた〈子どもの頃から見守る感情〉のヨロコビやカナシミたちは、転校<a href="https://bezzy.jp/2024/04/43022/">…

    #インサイド・ヘッド

  • 初回盤はメンバー8人のデジタルサイン入りメタルトレイ付属 BAD HOPが初ベストアルバムを5月29日リリース、メンバー厳選の全32曲を収録

    2024.04.11 22:30

    ヒップホップクルーBAD HOPが、グループ初のベストアルバム『BAD HOP FOREVER (ALL TIME BEST)』を5月29日(水)に発売する。 2014年に活動を開始したBAD HOPは、今年2月19日(月)に行われ約5万人を動員した東京ドーム公演で有終の美を飾り解散。今作にはキャリアの中からメンバー自身が厳選した全32曲が収録され、「Friends」「Suicide」「Hood Gospel」などの定番曲はもちろん、グループの代表曲と言っても過言ではない「Kawasaki Drift」「High Land」、そしてラストアルバム『BAD HOP (THE FINAL Edit<a href="https://bezzy.jp/2024/04/43198/">…

    #BAD HOP

  • 2部構成のイベントでMC川島葵と15周年を祝う 吉沢亮が公式ファンクラブ開設、パシフィコ横浜で単独イベント開催も決定

    2024.04.21 12:00

    吉沢亮が公式ファンクラブ「吉沢亮ファンクラブ」の開設を発表し、さらに2024年7月10日(水)に単独イベントの開催が決定した。 2009年15歳でデビューし、今年30歳を迎えた吉沢亮。デビュー15周年企画第1弾の写真集発売決定に続き、第2弾として開設される公式ファンクラブは、アミューズ所属アーティストの公式デジタルファンサービス「Amuse+(アミューズプラス)」内に6月21日(金)にグランドオープンする。ここでしか見られない吉沢のOFFな姿や、会員限定イベントなど、さまざまなコンテンツを今後展開していく。 さらに、第3弾として開催されるイベントは「吉沢亮 ~15周年記念~ トークイベントしり<a href="https://bezzy.jp/2024/04/43570/">…

    #吉沢亮

  • 知る人ぞ知るインディーズアルバムを“嘘告知” エミネムがエイプリルフールにファンを大いに落胆させる

    2024.04.02 21:50

    世界で最も知名度があるラッパーの一人として君臨しているエミネム。ドクター・ドレーのプロデュースで1999年に『Slim Shady LP』でデビューし、2000年代に最も売れたアーティストになった彼のエイプリルフールジョークが話題になっている。 エミネムは昨日4月1日に公式Instagramで新アルバム『More Infinite』を発表。“幻のインディーズアルバム”としてコアなファンに愛されている『Infinite』の続編のような作品としてアナウンスされ、多くのファンがエイプリルフールジョークだと気が付かずに歓喜したようだ。 エミネムが27歳でデビューするまでにインディーズでリリースしたのは<a href="https://bezzy.jp/2024/04/42702/">…

    #Eminem#エミネム

  • 「見たことの無い景色を目に焼き付けたい」現在も稽古に励む 横浜流星が映画『国宝』に出演決定、吉沢亮の親友でライバルとなる歌舞伎界の御曹司を演じる

    2024.04.10 05:00

    2025年に公開される吉沢亮主演映画『国宝』の新キャストが解禁され、主人公の親友でライバルとなる歌舞伎界の御曹司・大垣俊介役に横浜流星が決定した。 原作を手がける吉田修一は2002年『パレード』で山本周五郎賞、『パークライフ』で芥川賞、2007年『悪人』で毎日出版文化賞など数々の賞に輝く小説家で、中でも『国宝』は最高傑作との呼び声高い作品。2017年から朝日新聞にて連載され、歌舞伎界を舞台にした内容が話題となり、2018年に単行本化された。吉田修一自身が3年間歌舞伎の黒衣を纏い、楽屋に入った経験を血肉にし書き上げた渾身の作品となり、2019年には第69回芸術選奨文部科学大臣賞と第14回中央公論<a href="https://bezzy.jp/2024/04/43027/">…

    #吉沢亮#国宝#李相日#横浜流星

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube