Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

COLUMN

ヒップホップで社会を生き抜く! 第8回

30代後半でグラミーに初ノミネート、フレディ・ギブスの軌跡から見る“遅咲き”のメリット

2022.10.30 18:00

Photo: Pat Martin

2022.10.30 18:00

全ての画像・動画を見る(全3点)

第63回グラミー賞で、凄腕プロデューサー・アルケミストとのコラボアルバム『Alfredo』がベストラップアルバムにノミネートされたインディアナ出身のラッパー、フレディ・ギブス。2014年にマッドリブとリリースしたコラボアルバム『Piñata』、そして2019年にリリースした『Bandana』が非常に高い評価を受け、今ではヒップホップ界に欠かせないラッパーとなった彼であるが、2022年の9月30日にニュー・アルバム『$oul $old $eparately』をリリースした。

リアルでハードなストリートラップと、低く特徴的な声で多くのラップファンに愛されているフレディ・ギブスであるが、彼はいわゆる「遅咲き」のラッパーである。若くから注目されるラッパーも多いなか、彼は10年以上アンダーグラウンドでインディペンデントな活動を続けた結果、30代後半で「咲いた」と言える。

アメリカンフットボールの奨学生として大学に通っていたが、退学になったフレディ・ギブスのラップキャリアは2004年に始まった。彼は活動1年目にミックステープ『Full Metal Jackit』をリリースし、ラップを開始してからわずか2年でメジャーレーベル〈インタースコープ・レコード〉と契約。しかし2006年に、デビューアルバムの制作中にレーベルとの契約を切られ、アルバムはお蔵入りになった。その後さまざまなメジャーレーベルとミーティングをしたが、全レーベルから拒否されたと明かしている。

レーベルから降ろされ、契約金も使い果たした彼は、さまざまな都市でドラッグディーラーとして生活をするようになる。そんななか、彼に寄り添ったのがフレディ・ギブスを〈インタースコープ〉に紹介したインターンLamboであった。当初は、インターン生の課題としてフレディ・ギブスを発掘し、レーベルに紹介したLamboであるが、彼も〈インタースコープ〉への就職が叶わず、困っていたのだ。〈インタースコープ〉からの支援がなくなった同士、Lamboはフレディ・ギブスのマネージャーを務めるようになり、二人三脚で活動するようになる。

その後、フレディ・ギブスはインディペンデントで複数のミックステープをリリースし、2011年にはアトランタのスーパースターであり、トラップの第一人者であったジーズィーのレーベル〈CTE〉と契約。しかし2012年にはレーベルから脱退し、フレディ・ギブスは再度インディペンデントに戻った。

ラップキャリアのほとんどの期間をインディペンデントに活動していた彼らは、地道にコラボやミックステープで名前を売っていったが、そのなかでも大きな要素となったのはツアーであると、マネージャーのLamboは語っている。彼らは10年もの間、ブッキングされたら、世界中のどこでもライブをという気概で活動していたようだ。マッドリブとの『Piñata』や、数々のミックステープと連動したツアーをロシア、イスラエル、カナダ、中国、ヨーロッパなどの国々で長年実施していた。そのため、世界各地でツアーを繰り返すことにより、地域に密着したロイヤリティの高いファンを作ることができたとLamboはDJBoothのインタビューにて語っていた。

インディペンデントに活動し、アルバム『Shadow of a Doubt』『You Only Live 2wice』『Freddie』をリリースしたフレディ・ギブスは数々の音楽メディアから高評価を得て、作品を出すたびにファンベースを増やしていった。メジャーレーベルから拒否されていたフレディ・ギブスであるが、ある日彼はメジャーレーベルから声がかかり、ミーティングに誘われたという。Lamboは、今まで拒否をしていたメジャーレーベルに呼び出されたときのことをこのように語っている。

「前にメジャーレーベルに呼ばれて、彼らが何かしらのオファーを提案してくれるんだと思ってたんだ。レーベルの偉い人たち15人ぐらいが座った会議室に案内された。ミーティングがはじまったら、“どうやってツアーをしているか、どのようにしてグッズを売っているか、どのようにしてライブを完売しているかなど、ノウハウを教えてほしい”という旨だった。俺らがどうやってその状況を長続きさせているかを教えてくれと言われた。彼らは驚いていた。

彼らは、業界や有名アーティストと繋がってないアーティストを下に見る。実際に実績ができた後じゃないと彼らは理解しようとしない。例えば新しいクレヨンの色を開発したくて、クレヨンメーカーに行くとする。新しい色を作るには、既存の色を混ぜたりもしながら、試行錯誤する必要があるが、彼らはそれを理解していない。だからずっと緑や黄色など、既存の色を同じように作り続けているようなものなんだ」

以前フレディ・ギブスのことを拒否したメジャーレーベルが、彼に活動の方法を教えてほしいと頼んできたと、Lamboは明かしている。以前はフレディの才能を信じていなかった人たちが、契約オファーをするのではなく、逆に参考にしようと連絡をしてきたと考えると、彼のインディペンデントでの活動は正しかったのだろう。

フレディ・ギブスは2019年に〈RCA〉、そして2020年に〈ワーナー・ブラザーズ〉と契約し、最新アルバム『$oul $old $eparately』を2022年にリリースした。以前インディペンデントラッパーとして巨大なファンベースを獲得したラッパー・ラスが「インディペンデントに成功することにより、メジャーと契約するときに有利な契約を結ぶことができる」と言っていたように、長年インディペンデントに活動し、成功していたフレディ・ギブスも有利な契約を結ぶことができたと予想ができる。インディペンデントに成功しつつ、メジャーに移籍した彼を批判しているリスナーに対して、彼は以下のように語っている。

「そういうこと言う奴らはクソくらえ。俺には子供もいる。外から見てると、どうやってビジネスを運営をするかって口では言うことができるけど、実際には何もわかっていない。もし誰もがわかっているなら、お前だってやってるはずだ。俺らは自分にとって何が一番いいかわかっている。このために何年も待ち、努力してきた。最高のレベルで、競争をする機会だ。小さくインディペンデントに活動してる奴らとは、もう勝負にならないほど俺は最高だ。俺はトップ層のラッパーたちとやり合いたい。俺が実際にトップラッパーだからな」

次のページ

フレディ・ギブスにとって“何が重要か”

作品情報

『$oul $old $eparately』

『$oul $old $eparately』ジャケット

『$oul $old $eparately』ジャケット

『$oul $old $eparately』

2022年9月30日(金)リリース

Spotifyはこちら

収録内容

1. Couldn't Be Done feat. Kelly Price
2. Blackest in the Room
3. Pain & Strife feat. Offset
4. Zipper BaRz
5. Too Much ft. Moneybagg Yo
6. Lobster Omelette ft. Rick Ross
7. Space Rabbit
8. Feel No Pain feat. Anderson .Paak & Raekwon
9. Rabbit Vision
10. PYS feat. Dj Paul
11. Dark Hearted
12. Gold Rings feat. Pusha T
13. Grandma's Stove ft. Musiq Soulchild
14. CIA Decoded feat. Scarface (BONUS TRACK)

フレディ・ギブス

アーティスト情報

フレディ・ギブス(英: Freddie Gibbs、本名: Fredrick Tipton、1982年6月14日 - )は、アメリカ合衆国インディアナ州ゲーリー出身のラッパー、ソングライター。別名ギャングスタ・ギブス(Gangsta Gibbs)としても知られており、ヒップホップグループStr8 Slammin'Clickのメンバーでもある。

多数のミックステープをリリースした後、2013年にデビュー・アルバム『ESGN』をリリース。その後『Shadow of a Doubt』 (2015年)、『You Only Live 2wice』 (2017年)、『Freddie』 (2018年)などのソロアルバムをリリースした他、MadlibやThe Alchemistとのコラボレーティヴ・アルバムなどを多数発表している。

(引用)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%82%AE%E3%83%96%E3%82%B9

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 新旧楽曲を織り交ぜた熱演の一夜 Superflyが3年ぶりの有観客ライブでみせた新境地、過去と未来を同時に照らした15周年記念公演

    2022.11.26 18:00

    来年6月17日から全国9ヵ所13公演のアリーナ・ツアーを開催することを発表し、ファンを狂喜させた3年ぶりの有観客ライブは、タイトルで「Superfly 15th Anniversary Live “Get Back!!”」と謳っているとおり、ライブも含め本格的な活動の再開をアピールするという意味で、Superflyのキャリアにおけるマイルストーンの1つとなった。 1万4,000人を集めた、そんな一夜限りの有明アリーナ公演は、360度観客に囲まれるようにアリーナの真ん中に作ったピースマーク型の円形ステージの中央で越智志帆(Vo)が「行くぞ、有明アリーナ!」と声を上げ、「Bi-Li-Li Emot<a href="https://bezzy.jp/2022/11/14077/">…

    #Superfly#ライブレポート

  • 初のホール単独公演をレポート Hakubiが到達した新たな景色、強さを纏った“生きる”ための音

    2022.11.10 18:00

    京都出身のスリーピース、Hakubi。近年の配信シングルでは新たなアプローチによりそのサウンドスケープに更なる進化を見せてくれており、そんなバンドのまた新たな試みとして、去る11月3日に自身にとって初となるホールでのワンマン公演を開催した。本記事ではその模様をお届けする。(取材・文/庄村聡泰) “Hakubi Noise From Here – HALL edition”と銘打たれた本公演。会場は普段Hakubiが主戦場としているライブハウスとは随分と趣の異なる”The Garden Hall”。所在地は恵比寿であり、渋谷区および目黒区が誇る恵比<a href="https://bezzy.jp/2022/11/12800/">…

    #Hakubi#ライブレポート

  • 小泉遥香の「出張!こいずみゅーじっく♪」 ビビっと来た💘ラブソング10選😳💭💓

    Vol.3 2022.11.09 12:00

    皆さんこんにちは😊 小泉遥香です!前回の記事、ご覧頂けましたか? まだ読んでない方はぜひ、初回と2回目の記事もぜひ読んでみてください🎶 さて、今回は、私が「ビビっと来た💘ラブソング10選😳💭💓」をご紹介します!恋をしたことがある方もない方も現在進行形の方もそうでない方も!ぜひこのプレイリストを聴いてキュンキュンしちゃってください!! ガールズルール/ドラマストア歌詞がとにかく可愛くてノリノリになれる曲!ゆらゆら揺れながら楽しく聞きたくなっちゃう恋のルンルン感を表している曲です♡ Cupid in Love/超ときめき♡宣伝部自分のグループの曲を宣伝してしまいますが!笑笑この曲は恋に落<a href="https://bezzy.jp/2022/11/12689/">…

    #出張!こいずみゅーじっく#小泉遥香#超ときめき♡宣伝部

  • 250曲以上の中から各時代の代表曲を中心に披露 MONKEY MAJIKが3年ぶりフルアルバム発売決定、ヒット曲ツアー開催発表

    2022.11.11 12:00

    宮城県在住の4ピースロックバンドMONKEY MAJIKが、13枚目となるオリジナルフルアルバム『curtain call』を2023年1月25日にリリースすることを発表した。 オリジナルアルバムとしては2020年にリリースした『northview』以来3年ぶりとなる今作には、先月リリースされたスマホゲーム『アークナイツ』イメージソング「Running In The Dark」をはじめ、『ゼロワン Others 仮面ライダー』主題歌「S.O.S」Frontier」などが全14曲が収録される。MONKEY MAJIKらしいジャンルにとらわれないカラフルなアルバムに仕上がっているとのこと。アルバム<a href="https://bezzy.jp/2022/11/12945/">…

    #MONKEY MAJIK

  • 会場は東京ガーデンシアター&ZEPP OSAKA BAYSIDE アークティック・モンキーズが9年ぶりの来日公演を発表

    2022.12.09 18:40

    UKの最高峰ロックバンドとも称されるアークティック・モンキーズが、9年ぶりとなる来日公演の開催を発表した。 10月21日にリリースした7枚目のスタジオ・アルバム『The Car』がグラミー賞にノミネートされたほか、オリコンデイリーチャートで洋楽1位、amazonのロックチャート1位、iTunesでは洋楽とオルタナティブで1位、Apple Musicでは洋楽とオルタナティブで2位、タワーレコードではロック/ポップスチャートの2位を記録したアークティック・モンキーズ。 本作をひっさげ、3月12日(日)に東京ガーデンシアターにて、3月15日(水)にZEPP OSAKA BAYSIDEにて来日公演を開<a href="https://bezzy.jp/2022/12/15019/">…

    #アークティック・モンキーズ

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube