Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

藤ヶ谷太輔が“台本を超えて真に迫る”芝居を見せる

『そして僕は途方に暮れる』撮影現場レポート到着 場面写真&メイキング画像も公開

2022.10.25 17:00

2022.10.25 17:00

全ての画像・動画を見る(全3点)

2023年1月13日(金)より全国公開される『そして僕は途方に暮れる』から現場レポートと場面写真が公開された。

本作は主人公のフリーター・菅原裕一がほんの些細なことから、恋人、親友、先輩や後輩、家族……と、あらゆる人間関係を断ち切っていく、逃避劇。

メガホンをとるのは、『愛の渦』『娼年』などの衝撃作を世に送り出し、各界から注目を集め続けている三浦大輔。舞台から映画へと表現の幅を確実に広げながら唯一無二の世界観を創リ上げている。本作でも、自身が書き下ろしたオリジナルの舞台を、自ら脚本・監督を手掛け映画化した。そして、舞台と同じく主人公・菅原裕一を演じたのは、Kis-My-Ft2のメンバーとして活躍する藤ヶ谷太輔。ばつが悪くなるとすぐに逃げ出してしまうクズ男っぷりを見事に体現。藤ヶ谷の映画主演は6年ぶりであり、「あんな限界を迎えたことはない」と言わしめるほど、現場ではまさしく心身を削り撮影に挑んだ。

藤ヶ谷演じる「逃げ続ける」主人公・裕一と5年間同棲している彼女・里美役に前田敦子、親友・伸二役に中尾明慶が、舞台と同じ役柄で続投。映画から新たなキャストとして、裕一の父・浩二役、母・智子役に、日本映画界をけん引する俳優、豊川悦司、原田美枝子が名を連ね、姉・香役に香里奈、バイト先の先輩・田村役に毎熊克哉、大学の後輩・加藤役に野村周平らが集結。

さらに本作のエンディングでは、1984年に大ヒットを記録した大澤誉志幸の伝説の楽曲「そして僕は途方に暮れる」を起用。大澤本人が本作のための新アレンジで歌唱、この物語の余韻を心に刻む。

本作の撮影は、2021年の3月〜4月にかけて行われ、映画だからこそ実際に現地へと足を運んで撮影する──すなわちロケーションが各地で敢行された。原作となった舞台では、ロードムービー的な物語を舞台上でどう見せるかという工夫が施されていたが、映画は文字通りロードムービーとして、物理的に場所を移動して撮影していく。そして、藤ヶ谷演じる裕一が、追いつめられ帰る北海道の苫小牧は、三浦監督の生まれ育った地でもあった。

「そこに強い思いがあったかと言われると、実はそういうことでもなくて。さんざん見てきた景色だったから切り撮りやすかったというのが、正直なところなんです(笑)。とはいえ、苫小牧独特の空気感が滲み出るような映像は撮れたのかなと思っています。何より、藤ヶ谷くん自身が苫小牧へ行って、菅原の生まれ故郷を体感してバックボーンを蓄積したことによって、その後の芝居においても役立ったように感じているんです」と語る三浦監督。北海道での撮影は4月だったにもかかわらず、真冬のように寒かったという。

また、本作はシネマスコープのサイズで撮影されている。「シネスコの狙いはまず、作品全体を『映画というもので包む』という意図があったので、仕掛けとして必要だったんです。あとは、一見、はたから見たら、どうでもいいと思えるような些細な物語なので、それを敢えて、映画的に見せ切ることが、歪(いびつ)で面白いと思ったんです」と、監督はコメントした。

当初、小西啓介プロデューサーはシネスコサイズで撮ることに懐疑的でもあったようだが、終わってみれば監督の選択が賢明だったと称賛している。「前半は室内での会話シーンが多いのでシネスコサイズの効果がどれだけあるのだろうか? 現場は狭いし、色々大変なんじゃないかとスケジュール面への影響なども心配していましたが、北海道ロケやドローンで撮った映像を見て、前半の窮屈な世界感と後半のギャップは効果的だと思いました」。そういったテクニカルな面もさることながら、本作では、三浦監督の変化がいくつか見られたようだ。

「終盤のある大事なシーンの撮影のワンテイク目で藤ヶ谷さんが完全に裕一が乗り移ったかのごとく……感情が溢れ出す凄いお芝居をされたんです。それは凄く良かったのですが、そのシーンの狙いとはやや違っていたので、その後、結構な数のテイクを重ねていたことがありました。ですが、後の編集ラッシュで監督はワンテイク目を使って、裕一の感情に寄り添った劇伴までつけていました。私が知る限りでは演出家としての三浦監督は俳優さんのお芝居に引っ張られてシーンの狙いを変えることがこれまでほぼなかったような気がします。少しでも違うなと思うとテイクを重ねながら微調整して完成形に近づけていく。そのあたりの徹底ぶりは凄いものがあります。でも、結果的にそのシーンではワンテイク目を使った。シーンのニュアンスを変える程、藤ヶ谷さんの演技に心を動かされたのだと思いました。その点はすごく印象に残っていますね」と小西プロデューサーはコメントを残した。

現場での藤ヶ谷は、人間関係を断って逃げる役柄ということもあり、和気あいあいというよりは、裕一という役に向き合って黙々と芝居に臨んでいた。演出面で監督に追い込まれ、藤ヶ谷自身も敢えて自分を追い込んでいたようにも見えたという。撮影が進むにつれ、どんどんやつれて疲弊していったとのことだ。

全ての画像・動画を見る(全3点)


作品情報

『そして僕は途方に暮れる』

©2022映画『そして僕は途方に暮れる』製作委員会

©2022映画『そして僕は途方に暮れる』製作委員会

『そして僕は途方に暮れる』

2023年1月13日(金)TOHO シネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
原作:シアターコクーン「そして僕は途方に暮れる」(作・演出 三浦大輔)

製作:映画「そして僕は途方に暮れる」
製作委員会 制作プロダクション:アミューズ映像企画製作部 デジタル・フロンティア
企画製作・配給:ハピネットファントム・スタジオ

公式サイトはこちら

スタッフ&キャスト

出演:藤ヶ谷太輔
脚本・監督:三浦大輔

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • Curly Giraffeらとの演奏シーンを中心とした映像作品 藤原さくら「まばたき」MV公開、映画監督・松本花奈がディレクション

    2022.11.09 12:00

    藤原さくらが、本日11月9日に約2年ぶりにフィジカルリリースしたシングルEP『まばたき』より表題曲「まばたき」のミュージックビデオを公開した。 シンガーソングライターとしてはもちろん、現在オンエア中のTVドラマ『束の間一花』にヒロイン役として出演するなど、多彩な活動を行なっている藤原さくら。 同曲は、ABEMA『恋愛ドラマな恋がしたい in NEW YORK』の主題歌。MVは、レコーディングに参加したプロデューサーのCurly Giraffe(高桑圭 / Ba)、山本達久(Dr)、名越由紀夫(Gt)と藤原さくらによるゆったりとした演奏シーンを中心とした美しい映像が印象的な作品となっており、ディ<a href="https://bezzy.jp/2022/11/12760/">…

    #藤原さくら

  • 歌いながら倒れたファンを助けるように指示 The 1975のマット・ヒーリィ、ライブでメロディに乗せてセキュリティガードを叱る

    2022.11.28 19:00

    10月14日にニュー・アルバム『Being Funny In A Foreign Language』をリリースし、2023年には日本ツアーを開催することも話題になっているThe 1975。フロントマンのマット・ヒーリィがライブでセキュリティガードに歌いながら怒っている動画が話題になっている。 アリゾナ州フェニックス公演で、「I Like America & America Likes Me」を披露したThe 1975。音源のようにオートチューンをかけた状態で歌を披露していたがマット・ヒーリィは、ステージから倒れている観客を見つけたようだ。彼は歌の途中に、楽曲のメロディに乗せて、「誰かが<a href="https://bezzy.jp/2022/11/14294/">…

    #The 1975#マット・ヒーリィ

  • 初回盤は初の清水依与吏弾き語りCD付き back number、4年ぶり7枚目のオリジナルアルバム『ユーモア』発売決定

    2022.11.08 18:00

    back numberが、約4年ぶりとなる7枚目のオリジナルアルバム『ユーモア』を2023年1月17日(火)にリリースすることを発表し、ジャケット画像を公開した。 同アルバムには、前作『MAGIC』リリース後最初の作品として2020年10月に東野圭吾原作によるドラマの主題歌となった「エメラルド」、ストリーミング再生1億回を超える「怪盗」、2020年にYouTubeのみで発表しその1年後に配信リリースされ未だヒットチャート上位にチャートイン、ストリーミング累計再生数が3億を超える「水平線」、山戸結希監督によるMVも話題となった「黄色」、この夏公開された池井戸潤原作の映画『アキラとあきら』主題歌「<a href="https://bezzy.jp/2022/11/12701/">…

    #backnumber#ユーモア

  • 幼少期の思い出やテイクオフからの影響を語る ミーゴスのクエイヴォが故テイクオフに追悼メッセージを送る

    2022.11.14 18:20

    11月1日にテキサス州ヒューストンで撃たれ、亡くなったミーゴスのテイクオフ。ミーゴスはアトランタ出身のヒップホップトリオで、ヒップホップのサウンドを変えたと言われるほどの影響力を持ったグループである。クエイヴォ、オフセット、そしてテイクオフの3人は血縁関係にあり、血縁関係にある3人のメンバーから繰り出されるフロウとアドリブは多くのフォロワーを生み出した。この度、テイクオフの叔父にあたるクエイヴォがテイクオフに追悼メッセージを寄せた。 Instagramにてテイクオフへの追悼メッセージを投稿したクエイヴォ。彼は幼少期からの思い出を記載し、以下のように語っている。 「テイクへ、あなたはいつも俺と一<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13229/">…

    #クエイヴォ#テイクオフ#ミーゴス

  • 2023年グラミー賞では8部門にノミネート ケンドリック・ラマーが最新アルバムから『Rich Spirit』のMVを公開

    2022.11.17 18:00

    今年の5月13日にアルバム『Mr. Morale & the Big Steppers』をリリースしたケンドリック・ラマー。アルバムからは今までに「N95」と「We Cry Together」の映像が公開されており、後者は2023年アカデミー賞のアカデミー短編映画賞カテゴリーの候補に入ったと8月に報じられていた。 ケンドリック・ラマーが『Mr. Morale & the Big Steppers』から「Rich Spirit」のミュージックビデオを公開した。「Rich Spirit」のミュージックビデオはリル・ナズ・Xの「Old Town Road」を手掛けたCalmaticが<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13505/">…

    #Kendrick Lamar#Mr. Morale & the Big Steppers#ケンドリック・ラマー

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube