Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

駆け出しのアーティストたちに応援メッセージも

ドレイク、100ドルのギャラでアイス・キューブの前座を務めた経験を明かす

2022.10.20 17:00

The Come Up Show CC BY 2.5

2022.10.20 17:00

全ての画像・動画を見る(全1点)

現在世界で最も売れているラッパーの1人であるドレイク。今では純資産が400億円ほどと言われている大物ラッパーであるが、Instagramにて自身が駆け出しの頃の経験をシェアしている。

トロントで過去に行われたクラブイベントやライブの情報を発信するアカウントThe Flyer Vaultによると、ドレイクは1stミックステープ『Room For Improvement』をリリースした2006年に、西海岸のラップレジェンドであるアイス・キューブのオープニングアクトを務めたようだ。当時、ドレイクは22時00から30分間ライブをしたようで、彼に支払われたギャラは100ドルであったと投稿された書類に記載されている。

ドレイクはその後、こちらの投稿を自身のInstagramアカウントにシェアした。彼は「今100ドルでライブをしているアーティストたちへ… 進み続けるんだ」と、駆け出しのアーティストたちにメッセージを送っている。

ドレイクのInstagram

Touring Dataによるとドレイクは2019年に、自身のツアー「The Assassination Vacation」の23公演で50億円ほどの収益をあげている。また、2018年にミーゴスと行われた「Aubrey & The Three Migos」ツアーは、54公演で150億円ほどの収益となった。

全ての画像・動画を見る(全1点)


カナダ、トロント出身、31歳。俳優としてカナダの人気ドラマ『デグラッシ ネクスト・クラス』に出演し、人気を確立。2006年以降ミックステープ等をリリースし、本格的に音楽活動を開始。2010年にデビュー・アルバム『サンク・ミー・レイター』をリリースし、いきなり全米チャート1位を獲得。以降ミックステープも含め、アルバムが8作連続で全米1位を獲得する。過去に3度のグラミー賞を受賞するものの、2017年は作品をグラミー賞の選考にエントリーしないなどで話題に。ドレイクの総資産は100億円を超え、音楽以外にアパレル等も手がける。
最新アルバム『スコーピオン』は全米4週連続1位を記録し、89の国と地域のiTunesで1位を獲得。アルバムは発売から1週間で10億回以上再生されるなど、ストリーミング史上初の記録を達成している。さらに『スコーピオン』のリリースによって、ドレイクの参加楽曲27曲が同時に全米チャートTOP100にランクインし、チャート全体の約3分の1を占めるなど、米シングル・チャート59年の歴史上初となる前人未到の偉業を達成。うちTOP10に7曲が同時ランクインし、ザ・ビートルズを超える新記録も達成している。

(引用)https://www.universal-music.co.jp/drake/

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube