Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

ブリット・アワード2022最優秀新人賞に続く快挙

リトル・シムズが英国最高峰の音楽賞、マーキュリー賞を受賞

2022.10.19 18:30

リトル・シムズ

2022.10.19 18:30

全ての画像・動画を見る(全2点)

ジャンルを往来するサウンドと真摯なリリックで、ケンドリック・ラマーをはじめゴリラズ、アンダーソン・パーク、アブ・ソウル、ローリン・ヒルら錚々たるアーティストたちを魅了するイギリス出身のラッパー、リトル・シムズ。2019年にリリースしたアルバム『GREY Area』は、NMEをはじめとする様々なメディアで満点のレビューを獲得している。この度、リトル・シムズが2021年にリリースした『Sometimes I Might Be Introvert』がイギリス最高峰の音楽賞であるマーキュリー賞を受賞した。

現地時間の10月18日、英ロンドンのハマースミス・アポロで2022年度のマーキュリー賞授賞式が行われた。先月、世界的ブレイク以降初の来日公演を行なったリトル・シムズが、最新作『Sometimes I Might Be Introvert』で見事にマーキュリー賞の栄冠に輝いた。セレモニーでは、アルバム収録曲「How Did You Get Here?」のパフォーマンスも披露している。

2021年の年間ベスト・チャートを席巻するなど圧倒的な評価を獲得してきた本作だが、英国最高峰の音楽賞、マーキュリー賞にて最多4部門にノミネート。最終的に最優秀新人賞に輝いたブリット・アワード2022に続く受賞となった。マーキュリー賞の審査員はリトル・シムズについて以下のようにコメントしている。

「挑戦や困難が多かった1年というなかで、イギリスとアイルランドの音楽は今まで以上に活躍をしました。審査員たちは“Sometimes I Might Be Introvert”に大きく感心し、満場一致でした。この複雑でありつつも、多くの人が楽しめる作品は、常に自分を成長させようと前に進んでいる人による作品です。マーキュリー賞は長年価値が変わらず、真のアーティスト性を表現している作品に光を当てるもので、このアルバムにはそのどちらの要素もありました」

また、リトル・シムズの受賞に対し、多くの著名人が反応している。ロンドンの市長サディク・カーン氏は「インスパイアリングであり、素晴らしいリトル・シムズへ、マーキュリー賞受賞おめでとうございます!ロンドンにとって誇りです」とツイートしている。また、リトル・シムズが10代の頃に出演していたライブハウス、Roundhouseは「2010年に、16歳のSimbi AjikawoはRoundhouseにて行われた新人アーティストのコンテストに出演しました。そして今夜、リトル・シムズはマーキュリー賞を受賞しました。おめでとうございます!」とコメントしている。

全ての画像・動画を見る(全2点)


作品情報

『Sometimes I Might Be Introvert』

『Sometimes I Might Be Introvert』ジャケット

『Sometimes I Might Be Introvert』ジャケット

『Sometimes I Might Be Introvert』

2021年9月3日(金)リリース

配信&購入はこちら

収録内容

01. Introvert
02. Woman (feat. Cleo Sol)
03. Two Worlds Apart
04. I Love You I Hate You
05. Little Q Part 1
06. Little Q Part 2
07. Gems
08. Speed
09. Standing Ovation
10. I See You
11. The Rapper That Came To Tea
12. Rollin Stone
13. Protect My Energy
14. Never Make Promises
15. Point and Kill (feat. Obongjayar)
16. Fear No Man
17. The Garden Interlude
18. How Did You Get Here
19. Miss Understood

『Sometimes I Might Be Introvert』輸入盤LP

『Sometimes I Might Be Introvert』輸入盤LPジャケット

『Sometimes I Might Be Introvert』輸入盤LPジャケット

『Sometimes I Might Be Introvert』輸入盤LP

2021年9月3日(金)リリース

購入はこちら

収録内容

01. Introvert
02. Woman (feat. Cleo Sol)
03. Two Worlds Apart
04. I Love You I Hate You
05. Little Q Part 1
06. Little Q Part 2
07. Gems
08. Speed
09. Standing Ovation
10. I See You
11. The Rapper That Came To Tea
12. Rollin Stone
13. Protect My Energy
14. Never Make Promises
15. Point and Kill (feat. Obongjayar)
16. Fear No Man
17. The Garden Interlude
18. How Did You Get Here
19. Miss Understood

リトル・シムズ

アーティスト情報

ジャンルを往来するサウンドと真摯なリリックで、ケンドリック・ラマーをはじめゴリラズ、アンダーソン・パック、アブ・ソウル、ローリン・ヒルら錚々たるアーティストたちを魅了するアーティスト、リトル・シムズ。2019年にリリースしたアルバム『GREY Area』は、NMEをはじめとする様々なメディアで満点のレビューを獲得し、2021年にリリースした『Sometimes I Might Be Introvert』はマーキュリー賞も受賞した。女優としても活躍するなど、新たなカルチャーアイコンの一人としても大きな注目を集めている。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube