Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

SPECIAL

イナズマロック フェス 2022 特集 第4回

今年のイナズマを振り返る──温かい愛で包まれた2日目、強い結束で来年へ

2022.10.19 17:00

2022.10.19 17:00

全ての画像・動画を見る(全26点)

(取材・文/庄村聡泰)

凱旋レポ、2日目である。初日に強固で温かな西川の地元愛に触れた事は先述(初日のレポ)の通りであるが、2日目の途中で台風の接近に伴う3日目の中止の発表があった。そこから感じた事は、強固で温かなオーディエンスのイナズマロックへの”愛”であった。初日はビールを飲んだ事をスカパラ兄さんのせいにする事としたが、この日にビールを飲んだ事はそんなオーディエンスの愛が余りにも強固で温かくて美しかったからである。そして当記事を目にする読者の方も勿論イナズマロックへの愛を持っている方々であろうと推察されるので、とどのつまり筆者がビールを飲んだのは皆さんの愛のせいという事なのである。みんな輝いておりましたぞ!

生憎の空模様であった2日目。会場に到着すると前日同様、関西圏のラジオDJによるリレー形式の前説であるイナズマロックレディオの真っ最中。それぞれが3年ぶりの開催における思いを語り、来場者、演者、そして演者の幕間を盛り上げる芸人、そして本日も前日も実質的にはオープニングアクトを務めてくれたDJ陣も全て引っくるめて、みんな開催を心待ちにしていたんだな。イナズマロックは愛されているんだなと言う事を改めて実感させてくれる。定刻になり登壇するは草津市長の橋川渉氏。被っていたハットを投げるわ(3年ぶりと言う事で3個)着ていたジャケットも投げるわ(同伴していた草津市公認マスコットキャラクターの”たび丸”くんが顔でキャッチ)と言う沢田研二や郷ひろみを連想させるパフォーマンスにて開会宣言。

ラインナップは初日以上に驚異の振れ幅

2日目の1発目を飾ってくれたのはDISH//。ボーカルの北村匠海は金髪のスパイキーヘアで登場。俳優としての輝かしい活動でも知られる彼であるが、出立ちからして今回は完全にバンドマンのモードを纏う。そのまま「僕たちがやりました」でライブをスタートさせ、爽やかな「沈丁花」、熱のこもった「勝手にMY SOUL」、疾走感溢れる「No.1」と楽曲を畳み掛けていく。”野外でライブすると毎回雨が降るんですよね……”と自虐気味に語りつつ、ラストは「猫」。むしろ雨で良かったと思うくらい、メロウな気持ちに浸れるパフォーマンスを観せてくれた。

DISH//

続いての登場は何とこれまた異色のブッキングである、アイドルマスター SideM。本人たちからもロックフェスへの出演は勿論初めてで、普段は夜、そして屋内でペンライトなどを振りながらのライブが中心である事などが語られるが、真っ昼間の野外ライブの新鮮さを存分に楽しんでくれている模様であった。本編(ソーシャルゲームからスタートし、様々なメディア展開が行われている)の登場人物を想起させる色とりどりの衣装に身を包んだ総計12人のユニット体制での出演。ロックフェスにはぴったりの「バーニン・クールで輝いて」や”サイドMポーズ”のレクチャーなどを挟み、ラストには初期から大切に歌われ続けている「DRIVE A LIVE」を披露。オーディエンスの1人として、こうしてまた新たな音楽に触れられる事がとても嬉しい。

アイドルマスター SideM

“生活密着型ラウドロック”を掲げ他に類を見ない形での共感性に富んだ楽曲の数々で名を馳せる打首獄門同好会。”岩下の新生姜”がテーマ(企業公認との事)の「New Gingeration」、西川貴教を”音楽界を代表する筋肉”としてそちらへ「筋肉マイフレンド」を捧げ、こちらではオーディエンスと共に会場一体となったスクワットが行われる。何だこりゃ(笑)。運動の後にはカルシウムだと言わんばかりの「牛乳推奨月間」や日本人はとにかく魚が大好きと歌われる「島国DNA」など、昼メシ時に繰り出される飯テロソングとも言える楽曲の数々。ああ、腹が減った。ご飯食べたい…と存分に思わされた挙句にプレイされたのは代表曲と言えるであろう「日本の米は世界一」。

大澤敦史(打首獄門同好会)
junko(打首獄門同好会)

この後筆者は辛抱たまらずフードエリアの吉野家へ駆け込み、チーズ牛丼とねぎ玉牛丼をオーダーしたのであった。

次のページ

ロックフェス王道アクトが次々と登場

全ての画像・動画を見る(全26点)

イベント情報

イナズマロック フェス 2022

イナズマロック フェス 2022

日程:2022年9月17日(土)、18日(日)、19日(月・祝)
会場:滋賀県草津市 烏丸半島芝生広場 (滋賀県琵琶湖博物館西隣 多目的広場)
開場/開演/終演:12:00/13:30/20:00 (各日とも予定) ※雨天決行(荒天の場合は中止)

出演アーティスト:(50音順)
■9月17日(土)
<LIVE AREA・雷神STAGE>
●ARTIST:OWV、櫻坂46、Da-iCE、東京スカパラダイスオーケストラ、西川貴教、Fear, and Loathing in Las Vegas、04 Limited Sazabys、ももいろクローバーZ
●PERFORMER:JP、スーパーマラドーナ、ツートライブ、丸亀じゃんご、ミサイルマン、吉田たち、隣人
<FREE AREA・風神STAGE>
Wienners、音武者、カネヨリマサル、ザ・リーサルウェポンズ、SUPER★DRAGON、HAND DRIP、Finally、リアクション ザ ブッタ、わーすた、鈴木龍二[from17LIVE]

■9月18日(日)
<LIVE AREA・雷神STAGE>
●ARTIST:アイドルマスター SideM、打首獄門同好会、UVERworld、THE ORAL CIGARETTES、T.M.Revolution、DISH//、Vaundy、MY FIRST STORY
●PERFORMER:アキナ、ソマオ・ミートボール、たくろう、テンダラー、もも、モンスターエンジン、ランジャタイ
<FREE AREA・風神STAGE>
I Don't Like Mondays.、ASH DA HERO、ES-TRUS、Kanna、クボタカイ、電音部、ビレッジマンズストア、Bloom、mahina、Swagcky[from17LIVE]

■9月19日(月祝) ※台風接近に伴い中止
<LIVE AREA・雷神STAGE>
●ARTIST:OCTPATH、ClariS、T.M.Revolution、西川貴教、Novelbright、布袋寅泰、モーニング娘。’22、Little Glee Monster
●PERFORMER:ガクテンソク、ギャロップ、スマイル、Dr.ハインリッヒ、パーティーパーティー、ヘンダーソン、ラフ次元
<FREE AREA・風神STAGE>
OKOJO、CYNHN、Bye-Bye-Handの方程式、ピューロガールズ、豆柴の大群、mistress、moon drop、友希、Neighbors Complain[from17LIVE]

お問い合わせ:キョードーインフォメーション 0570-200-888(11:00~16:00/日祝休)

イナズマロック フェス 2022

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 今原電気監督が4人のゲーム姿を通し“死神達の悪戯”描く THE YELLOW MONKEY、本日リリースした10thアルバム『Sparkle X』より「罠」MV公開

    2024.05.29 08:00

    THE YELLOW MONKEYが、本日5月29日(水)にリリースした10thアルバム『Sparkle X』より「罠」のミュージック・ビデオを公開した。 THE YELLOW MONKEYらしい疾走感のあるロックナンバー「罠」のミュージック・ビデオは、“死神達の悪戯”がコンセプト。ボードゲームを囲み実際にゲームをするメンバー4人の姿をまるで映画のワンシーンのように収めているほか、メンバーソロの演奏シーンで楽曲の勢いを表現している。なお、ボードゲームや映像内の美術品、4体の猿のコマは、これまでのTHE YELLOW MONKEYの楽曲や「罠」の歌詞から着想を得て本映像のために作られたオリジナル<a href="https://bezzy.jp/2024/05/45037/">…

    #THE YELLOW MONKEY

  • クリエイティブはメンバーの佐々木集と森洸大が主導 MILLENNIUM PARADE「GOLDENWEEK」MV公開、“混沌東京”の世界をフル3DCGで制作

    2024.05.24 21:00

    常田大希率いるMILLENNIUM PARADEが、1stシングル「GOLDENWEEK」のMusic VideoをYouTubeにて公開した。 今作から海外大手レーベルとの契約し、グローバルマーケットに本格進出するMILLENNIUM PARADE。「GOLDENWEEK」はPlayStationの手掛けるPULSE Elite™ワイヤレスヘッドセットの北米キャンペーンソングに起用された楽曲で、millennium paradeからの改名後第一弾シングルとして5月10日(金)にデジタルリリースされた。 「GOLDENWEEK」のMusic Videoは、今作からMILLENNIUM PARA<a href="https://bezzy.jp/2024/05/44876/">…

    #millennium parade#常田大希

  • 当初はクインシー・ジョーンズの曲になる予定だった ウィル・スミスが俳優デビュー作でテーマ曲も担当した経緯を明かす

    2024.06.07 19:20

    1986年にDJジャジー・ジェフ&ザ・フレッシュ・プリンスのラッパーとしてデビューし、1990年にシットコム『ベルエアのフレッシュ・プリンス』で俳優に転向したウィル・スミス。このドラマはマイケル・ジャクソンの『Off The Wall』『Thriller』『Bad』などを手掛けた音楽界のレジェンド、クインシー・ジョーンズがプロデューサーを務めており、ウィル・スミスのキャリアを大幅に飛躍させた作品となった。 主演だけではなくテーマ曲もウィル・スミスが担当した同ドラマだが、当初はクインシー・ジョーンズが制作した曲がテーマになる予定だったようだ。先日アメリカのラジオ番組Hot 97に出演したウィル・<a href="https://bezzy.jp/2024/06/45500/">…

    #Will Smith#ウィル・スミス#クインシー・ジョーンズ

  • 計測時の質問は「あなたのなりたい、アーティスト像とは?」 櫻坂46『自業自得』全ジャケット公開、メンバーの脳波から“それぞれの花”を生成

    2024.06.10 11:30

    櫻坂46が、6月26日(水)に発売する9thシングル『自業自得』全5形態のジャケットアートワークを公開した。 今作のクリエイティブディレクション・アートディレクションを手掛けたのはクドウナオヤ、柴谷麻以、辻岡翔、番匠遼大。櫻坂46とは6thシングル『Start over!』と8thシングル『何歳の頃に戻りたいのか?』に続く、3度目のタッグとなる。 アーティストビジュアル・アートワークのコンセプトは“それぞれの、開花”。このワードはレギュラー番組・テレビ東京『そこ曲がったら、櫻坂?』のCMで先日放送されたティザー映像でも使われていた。 今回はクリエイティブテクノロジストの九鬼慧太の加入により、撮<a href="https://bezzy.jp/2024/06/45636/">…

    #櫻坂46

  • ツアーではサビで手を左右に振る動きが定番化 サバシスター、なちの独特の発想と感性から生まれた「よしよしマシーン」MV公開

    2024.06.07 20:00

    サバシスターが、3月8日(金)にリリースした1stフルアルバム『覚悟を決めろ!』の収録曲「よしよしマシーン」のミュージックビデオを公開した。 Vo/Gtなちの「頭をよしよししてくれるマシーンがあったらいいな」という発想と感性から生まれた本楽曲は、曲全体に帯びた独特のテンションと自在に変化していくリズムが相まって、アルバムの中でも一際個性を放っているナンバー。アルバムを引っ提げて現在開催中の「覚悟を決めろ!ツアー」でも大人気で、サビでは会場中が一体となってよしよしするように手を左右に振る動きが定番となっている。 自身最多となる全23公演を実施する「覚悟を決めろ!ツアー」も後半戦。7月10日(水)<a href="https://bezzy.jp/2024/06/45509/">…

    #サバシスター

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube