Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

今年のコーチェラではステージで共演

ゴリラズのデーモン・アルバーンがビリー・アイリッシュとのコラボ予定について語る

2022.09.28 16:30

By Henry W. Laurisch - Own work, CC BY-SA 4.0、By Raph_PH - BillieEilishO2160622 (19 of 45), CC BY 2.0,

2022.09.28 16:30

全ての画像・動画を見る(全1点)

ブラーとゴリラズのフロントマンとして知られるデーモン・アルバーンが、ビリー・アイリッシュとのコラボの可能性について明かした。

2022年のコーチェラ・フェスティバルで、ビリー・アイリッシュのステージにゲスト参加し、ゴリラズの人気曲「Feel Good Inc」を披露したデーモン・アルバーン。ビリー・アイリッシュはMCで、デーモン・アルバーンから受けた影響を明かしており、彼の音楽によって「人生が変わった」と発言していた。

そんなデーモン・アルバーンがビリー・アイリッシュとコラボする可能性について、9月27日のApple Music 1にて語った。「ビリー・アイリッシュとのコラボは実現するか?」と聞かれた彼は、「するよ。ずっとしようとしているが、スケジュールが合わないんだ」と答えており、サウンドに関しては「まだ誰も予想できないよ。小川のせせらぎのようなフォークになるかもしれないし、サタニックなメタルになるかもしれない」とコメントしている。

またデーモン・アルバーンは番組内で、ビリー・アイリッシュについて「素晴らしいし、大好きだよ。彼女のことは音楽のみを通して知った」と、絶賛していた。以前the LA Timesのインタビューに出演した際にも「とても興味深いソングライター」と称賛し、「ダークな部分もあり、マイナー調で不思議なんだ。彼女は特別だと思う」と、ビリー・アイリッシュの音楽性について語っている。

ゴリラズのニュー・アルバム『Cracker Island』は、2023年2月24日にリリースされる。

全ての画像・動画を見る(全1点)


作品情報

『Cracker Island』

『Cracker Island』ジャケット

『Cracker Island』ジャケット

『Cracker Island』

2023年2月24日(金)リリース

予約はこちら

収録内容

01. Cracker Island feat. Thundercat
02. Oil feat. Stevie Nicks
03. The Tired Influencer
04. Tarantula
05. Silent Running ft. Adeleye Omotayo
06. New Gold feat. Tame Impala & Bootie Brown
07. Baby Queen
08. Tormenta feat. Bad Bunny
09. Skinny Ape
10. Possession Island (feat. Beck)

フィクショナル・メンバー
2D(ボーカル、イギリス人)
ヌードル(ギター、大阪出身の日本人)
マードック・ニカルス(ベース兼リーダー、イギリス人)
ラッセル・ホブス(ドラムス、NY出身のアメリカ人)

ブラーのデーモン・アルバーンと、世界的なコミック・アーティスト、ジェイミー・ヒューレットによる≪架空のメンバー・キャラクターを作り上げ、音楽面をデーモンが、ヴィジュアル面をジェイミーが担当する≫という構成で活動を続けていく覆面プロジェクト。シンガーの2D、ギタリストのヌードル(Noodle)、ベーシストのマードック・ニカルス(Murdoc Niccals)、そしてドラマーのラッセル ・ホブス(Russel Hobbs)からなるカートゥーン・バンド。
ギネスブックにも「最も成功した架空バンド」として認定されている。

2001年にアルバム『ゴリラズ』でデビューし、シングル「クリント・イーストウッド」が大ヒット、アルバムは1年以上にわたってチャートインを記録、700万枚(当時)を超えるセールスを叩き出し、MTVヨーロッパ・ミュージック・アワードで「ベスト・ソング」と「ベスト・ダンス・アクト」の2部門を受賞。

2005年にはセカンド『ディーモン・デイズ』を発表、デンジャー・マウスをプロデューサーに起用し、数多くのゲストを迎えて制作された今作は、全英チャート1位を記録、全米でもチャートのTOP 5にランクイン、全世界で800万枚を超えるセールスを記録する。「フィール・グッド・インク」や「デア」といったシングル・ヒットを放ち、MTVヨーロッパ・ミュージック・アワードで「ベスト・グループ賞」を受賞した他、グラミー賞にも「レコード・オブ・ザ・イヤー」「最優秀ショート・ミュージック・ビデオ賞」のノミネートを受け、「最優秀ポップ・ヴォーカル・コラボレーション賞」を受賞、全世界的な人気を決定づけた。

2010年にサード『プラスティック・ビーチ』を発表、前作を上回る豪華なゲスト陣が参加したこの作品は、全英チャート、全米チャート共に2位を記録、ブルース・ウィリスが出演し話題となった先行シングル「スタイロ」のPVは、YouTube上で公開後24時間で90万回の再生数を記録し、当時の初日再生回数最高記録を更新した。

この作品で世界各国の大型フェスに参加し、のべ40万人以上のオーディエンスを前にパフォーマンスを披露していき、2010年10月から初のワールド・ツアーをスタートさせる。そのツアー中にiPadを使ってデーモンが制作した音源をアルバムとしてまとめた4作目『ザ・フォール』を2011年4月に発表、同年10月には『ザ・シングルス・コレクション 2001-2011』を発表した。

しばらく、長期の制作期間となっていたが、2017年1月、アメリカのトランプ米大統領就任式の前夜に「ハレルヤ・マネー(Feat. ベンジャミン・クレモンタイン)」(今作に収録される予定)が急遽公開されるなど話題を呼んだ。
アルバムリリース発表翌日となる3月24日に、ロンドン某所にて最新アルバム『Humanz』をフル再現するシークレット・ライブを行う予定で、更に2017年6月10日は自身がヘッドライナーを務める主催フェス≪Damon Dayz Festival≫を開催予定となっている。

(引用)https://wmg.jp/gorillaz/profile/

ビリー・アイリッシュ

アーティスト情報

2001年12月18日生まれの19歳、米国ロサンゼルス在住のシンガー・ソングライター。
2019年に発売したデビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』は英米を含め全世界18の国と地域で1位を獲得。同作は2019年に全世界で最も売れたデビュー・アルバムとなり、米ビルボード・アルバム・チャート(Billboard 200)の年間アルバム・チャートでは史上最年少で1位に輝いた。彼女の代表曲「bad guy」は、全米シングル・チャート(Billboard Hot 100)で1位を獲得し、2000年以降に生まれたアーティストとして史上初の偉業を達成。日本でも、日テレ系日曜ドラマ「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。」の主題歌に同枠初の海外アーティストとして抜擢され、2021年4月には、日本レコード協会のストリーミング認定開始以降、洋楽女性アーティスト初、さらに洋楽史上最速でのプラチナ認定(1億回再生)となった。

2020年の「第62回グラミー賞」で、史上最年少18歳で、年間最優秀レコード、年間最優秀アルバム、年間最優秀楽曲、最優秀新人賞の主要4部門に加えて合計5部門を受賞。
主要4部門の獲得は39年ぶりの史上2人目、最年少、初の女性という偉業を達成。2021年の「第63回グラミー賞」でも、2年連続となる年間最優秀レコードと、最優秀映像作品楽曲を受賞。グラミー賞で最も権威がある年間最優秀レコード賞を2年連続で受賞した、史上最年少19歳という記録を作った。

2021年10月に公開した映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』では、主題歌「No Time To Die」を最年少で制作、歌唱。
同楽曲は、ビリー初のUKシングル1位、初の女性シンガーが担当した007主題歌1位、そして2020年UK発売初週で最も売れた曲に。

待望の2ndアルバム『Happier Than Ever ハピアー・ザン・エヴァー』を、2021年7月30日に発売。全米・全英含む全15か国で1位を獲得した。

(引用)https://www.universal-music.co.jp/billie-eilish/biography/

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • トリオの要であったテイクオフを追悼 ミーゴスが音楽トレンドやファッションに与えた影響 故テイクオフが魅せたラップスキルも紹介

    2022.11.08 15:00

    11月1日にテキサス州ヒューストンで撃たれ、亡くなったミーゴスのテイクオフ。ミーゴスはアトランタ出身のヒップホップトリオで、ヒップホップのサウンドを変えたと言われるほどの影響力を持ったグループである。クエイヴォ、オフセット、そしてテイクオフの3人からなるミーゴスは、今までに2部門でグラミー賞にノミネートされており、2010年代で最もポップカルチャーに影響を及ぼしたグループのひとつと言っても過言ではないだろう。血縁関係にある3人のメンバーから繰り出されるフロウとアドリブは多くのフォロワーを生み出した。そんなテイクオフのトリビュートとして、ミーゴスの功績、そしてテイクオフのヴァースが特に光っている<a href="https://bezzy.jp/2022/11/12388/">…

    #Migos#テイクオフ#トラップ#ミーゴス

  • フジロックをダンスフロア化した男が再来日 ボノボが来年1月DJセットで来日公演開催

    2022.11.28 18:00

    これまで3度グラミー賞にノミネートし世界ツアーでは200万人を動員するなど世界的プロデューサー/アーティストであるボノボが、2023年1月13日に大阪・SUNHALL、1月15日(日)に東京・O-EASTにて来日公演を行うことを発表した。 ボノボは約3年半前の2019年LIQUIDROOMで伝説的DJセットでのライブを行い、2022年のFUJI ROCK FESTIVALでは熱狂した観客で満員のWHITE STAGEをダンスフロア化し、強烈な足跡を残した。 ライブセットも好評なボノボは、DJとしても先日自身主宰のレーベル〈OUTLIER〉からダンサブルなシングル「ATK」「Defender」を<a href="https://bezzy.jp/2022/11/14291/">…

    #ボノボ

  • ニプシーの幼少期から人生を描くシリーズになると明かす レブロン・ジェームズが故ニプシー・ハッスルのドキュメンタリーをプロデュースすると発表

    2022.11.16 20:00

    2019年3月31日に自身が経営するアパレル店「Marathon Clothing」の前で銃撃され、亡くなったニプシー・ハッスル。ラッパーとしてだけではなく、事業家、活動家、そしてコミュニティに投資を続ける地域のリーダーとして、今でもその活動が讃えられている彼の人生がドキュメンタリー・シリーズになる。 ニプシー・ハッスルのドキュメンタリー・シリーズのプロデュースを発表したNBAスターのレブロン・ジェームズ。ニプシー・ハッスルのプロダクション会社Marathon Filmsとパートナーシップを組み、幼少期からミュージシャンと活動家として評価されるまでの道のりを描くと明かしている。また、スヌープ・<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13424/">…

    #Nipsey Hussle#ニプシー・ハッスル#レブロン・ジェームズ

  • 250曲以上の中から各時代の代表曲を中心に披露 MONKEY MAJIKが3年ぶりフルアルバム発売決定、ヒット曲ツアー開催発表

    2022.11.11 12:00

    宮城県在住の4ピースロックバンドMONKEY MAJIKが、13枚目となるオリジナルフルアルバム『curtain call』を2023年1月25日にリリースすることを発表した。 オリジナルアルバムとしては2020年にリリースした『northview』以来3年ぶりとなる今作には、先月リリースされたスマホゲーム『アークナイツ』イメージソング「Running In The Dark」をはじめ、『ゼロワン Others 仮面ライダー』主題歌「S.O.S」Frontier」などが全14曲が収録される。MONKEY MAJIKらしいジャンルにとらわれないカラフルなアルバムに仕上がっているとのこと。アルバム<a href="https://bezzy.jp/2022/11/12945/">…

    #MONKEY MAJIK

  • 生パフォーマンスを聴いているような音楽体験 BE:FIRST、1st Album『BE:1』の360 Reality Audio&Dolby Atmos音源を配信開始

    2022.11.30 00:00

    2022年8月31日(水)にリリースされ、各種チャートを席巻したBE:FIRSTの1st Album『BE:1』の360 Reality AudioおよびDolby Atmos音源の配信が本日11月30日(水)よりスタートした。 360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)とは、ソニーの360立体音響技術を使った新しい音楽体験。全方位から音が降り注ぐ、アーティストの生パフォーマンスに囲まれているかのような、没入感のある立体的な音場を体感できる。 BE:FIRST『BE:1』360 Reality Audio/Amazon Musichttps://music.ama<a href="https://bezzy.jp/2022/11/14490/">…

    #BE:FIRST#BMSG#SKY-HI

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube