Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

⺟と娘の視点から乳がんをテーマに描く

吉田美月喜&常盤貴子主演『あつい胸さわぎ』2023年公開 前田敦子、佐藤緋美も出演

2022.09.19 12:00

2022.09.19 12:00

全ての画像・動画を見る(全5点)

演劇ユニットiakuの横⼭拓也が、⺟と娘の視点から乳がんをテーマに描いた舞台を、 主演に吉田美月喜と常盤貴子をむかえて映画化した『あつい胸さわぎ』が2023年初頭に公開されることが決定。合わせて追加キャストとメインビジュアルが公開された。

乳がんを患った娘(吉田美月喜)と、子離れできない母(常盤貴子)の“一夏の恋の胸さわぎ”を“あつく”描いた本作。

千夏(吉田美月喜)の幼馴染で思いをよせる同級生役・川柳光輝を、映画『MOTHER マザー』で第44回日本アカデミー新人俳優賞、第63回ブルーリボン賞新人賞などを受賞した奥平大兼が演じ、千夏に影響を与える友人でもあり昭子(常盤貴子)の同僚役・花内透子を前田敦子が演じる。二人は“サーカス”を機につながり、物語に大きな影響を与え、千夏の胸さわぎのきっかけになる重要な役どころを担う。

また、舞台版にはないオリジナルストーリーキャストに、アーティストとしても多才な活躍をみせている佐藤緋美。その母親役に、本作のプロデューサーとしても参加している石原理衣。さらに、昭子が勤める工場に謎のある上司として赴任してくる男を三浦誠己が演じ脇を固めている。

加えて、監督と原作者からのコメントも到着した。

まつむらしんご(監督)コメント
3年前の夏、東京の小さな劇場で舞台「あつい胸さわぎ」を観たことが全てのはじまりでした。あまりにも理不尽な人生の試練に向き合う18歳の主人公に、客席からどうしてもエールを送りたくなってしまいました。「君は大丈夫だよ」。ただそれだけを言いたくて映画化を目指しました。そして、これ以上ないキャストが集まってくれたおかげで、僕にとって一生忘れられない映画をつくる事ができました。

横山拓也(原作者)コメント
舞台は、たった5人の登場人物と、抽象的な舞台セットでドラマが進行する。部屋の中、職場、サーカス会場、パン屋さんなど、観客の脳内で場面をイメージしてもらう。当たり前だけど、映画になれば、その全てが具体的な画として現れる。「そうか。登場人物たちはこんな風景を見ていたのか……」舞台を観てくれたお客様にも同じ体験をしてもらいたい。

全ての画像・動画を見る(全5点)


作品情報

『あつい胸さわぎ』

『あつい胸さわぎ』

2023年全国ロードショー
配給:イオンエンターテイメント/SDP
製作:映画『あつい胸さわぎ』製作委員会

公式サイトはこちら

スタッフ&キャスト

監督:まつむらしんご
脚本:髙橋泉
出演:吉田美月喜、常盤貴子ほか

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube