Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

INTERVIEW

映画『よだかの片想い』インタビュー 2/2

松井玲奈が語るコンプレックスとイメージ。 “視点を変えること”の重要さ

2022.09.15 12:00

2022.09.15 12:00

全ての画像・動画を見る(全6点)

9月16日より公開される映画『よだかの片想い』。本作で主人公の相手役を演じた中島歩に続き、主演の松井玲奈にもインタビューを行った。

今回松井が演じるのは、顔にアザがありながらもたくましく生きるなか、飛坂との出会いで“遅い初恋”を迎える主人公・アイコ。現実では女優、小説家など様々な顔を持つ彼女だが、今回の映画化にあたっては、松井自身が島本理生の原作小説を読み、長年映像化を熱望していたという。本インタビューでは、原作との出会いから、本作のテーマである“コンプレックス”について、そしてそのテーマを通して伝えたい作品の魅力を聞いた。

松井玲奈

──映画『よだかの片想い』は、2012年に島本理生さんが発表された恋愛小説が元になっています。松井さんが原作に惚れ込み、映画化に繋がったそうですね。

そうなんです。7年前、渋谷のヴィレッジヴァンガードにたまたま入ったら、なぜか天体コーナーに『よだかの片想い』の文庫本が置いてありまして。それがすごく異様な光景に見えたんです。きっとタイトルだけでここに置かれたんだろうなって(笑)。当時はちょっとだけ本から離れていたんですけど、不思議と引かれるものがあって。試しに買って読んでみたら、私のすごく好きなお話だったんです。

──どこに惹かれたのでしょうか?

これまで触れてきたラブストーリーは、エンタメ要素が強かったんです。ガラッと急に見え方が変わったり展開が進んだりする作品が多かった中、『よだかの片想い』で描かれている恋愛模様って、そういう作られた演出がなくて。日常と同じように、人と人との関係を積み重ねていく中で、劇的ではなく自然と変化が起きていく。それがとても魅力的に感じました。ある時「映像化したい作品はありますか?」と聞かれて「『よだかの片想い』です」と提案したんです。仮に私が参加できなかったとしても、この作品を映像で見てみたい、と思っていました。

──映画化が決まった時は、どんな気持ちになりましたか?

数年前から映画化に向けて動きつつ、一時期は止まっていたんです。本来、主人公の松井アイコは大学生の設定なんですけど、撮影が決まった時、私は28歳になっていたので「今、大学生役ができるだろうか?」という不安が最初にありました。

──映画では大学院生の設定に変わっていますね。

そこで1つ不安が解消されました。とはいえ、これだけ多くの方が力を貸してくれて、映画を作る土台を用意してくれた。そんな中で「皆さんの期待にちゃんと応えられるだろうか?」というプレッシャーはありました。

──理系大学院生のアイコは、幼い頃から顔にアザがある女の子です。松井さんはアイコの人間性をどう捉えて、お芝居に臨まれましたか。

私の中では普通の女性だと思って演じました。顔にアザがあることがウィークポイントであり、コンプレックスに捉えてしまう人がいるとは思うんです。もちろんそれも作品の大事な要素ではあるけど、本筋はアイコが中島歩さん演じる飛坂(逢太)さんと出会って、初めて抱く恋心の物語だから、そこを重点的に演じるようにしました。アザがあることを強く意識したり、「だからこういうお芝居をしなきゃいけない」というよりかは、シーンの中でその問題が持ち上がった時に、どう反応するかを大事にしましたね。

次のページ

松井が考える、コンプレックスとの向き合い方

松井玲奈のコミュニティはこちら

spica

spica

松井玲奈が日記のように、撮影現場であったこと、日々感じたこと、些細な日常を文字や動画で共有する公式ファンクラブ「Spica」
 

入会はこちら

作品情報

よだかの片想い

©島本理生/集英社 ©2021映画「よだかの片想い」製作委員会

©島本理生/集英社 ©2021映画「よだかの片想い」製作委員会

よだかの片想い

9月16日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国公開
配給:ラビットハウス

理系女子大生の前田アイコ(松井玲奈)の顔の左側にはアザがある。幼い頃、そのアザをからかわれ、恋や遊びには消極的になっていた。しかし、「顔にアザや怪我を負った人」のルポルタージュ本の取材を受けて話題となってから状況は一変。本の映画化の話が進み、編集者・まりえ(織田梨沙)の紹介で、監督の飛坂逢太(中島歩)と出会う。初めは映画化を断っていたアイコだが、次第に彼の人柄に惹かれていく。飛坂への片想いを自覚し、不器用に距離を縮めていくアイコ。しかし、飛坂の元恋人の存在、そして飛坂は映画化の実現のために自分に近づいたという疑心暗鬼が、アイコの「恋」と「人生」を大きく変えていくことになる……

公式サイトはこちら

スタッフ&キャスト

原作:島本理生『よだかの片想い』(集英社文庫刊)
監督:安川有果
脚本:城定秀夫
出演:松井玲奈、中島歩、藤井美菜、織田梨沙、青木柚、手島実優、池田良、中澤梓佐、三宅弘城
主題歌:角銅真実「夜だか」(ユニバーサル ミュージック)
音楽:AMIKO
企画協力:グリック、SPOTTED PRODUCTIONS
制作プロダクション:ダブ

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube