Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

SPECIAL

イナズマロック フェス 2022 特集 第2回

西川貴教ロングインタビュー【後編】──イナズマで得た家族、共に突き進む未来

2022.09.11 18:00

2022.09.11 18:00

全ての画像・動画を見る(全8点)

言わずと知れた国民的アーティスト、そしてエンターテイナーである西川貴教が発起人となり、2009年よりスタートした『イナズマロック フェス』の魅力に迫る本特集。開催前に西川貴教のロングインタビューを、9月17・18日・19日の開催後には現地の模様をレポート記事としてお届けする。

先に公開したロングインタビュー「前編」では、「滋賀ふるさと観光大使」も務める西川から見た滋賀県の現状、また同フェスのこれまでの主要トピックや抱える課題について語ってもらったが、「後編」では、このフェスを立ち上げるに至った知られざる真意、西川が客観的に考える自身の立ち位置など、今や複合的なイベントへと進化を遂げた“イナズマ”の真髄、そして西川のよりパーソナルな部分に迫ってみた。(インタビュー/庄村聡泰)

西川貴教

140万人が家族

──西川さんにとっていつが転機だったんですか?どういうところに気づきの瞬間があったんでしょう。

2017年に母が亡くなって。これはもうオープンにしてるんですけど、もともとこのイベント自体、地域を元気にしたいという文脈ありつつも、僕の中では2007年、2008年のあたりで母が病気していることがわかって、なんとか顔を見に行きたいけど、このスケジュールの中で週末休ませてください、いつだったら休めますか?って正直言いづらくて。どうしたものかなと思ってたときに、じゃあ地元に仕事を作ろう、となった。ちょうど同じタイミングで観光大使に就任させていただいて。

そんな母が発症から10年待たずに亡くなりました。その翌年2018年がちょうどイナズマロックフェスの10周年だったんです。10年ってよく続けられたなとも思うし。母を想って始めた、本来の目的を失った形になってしまって。僕的には燃え尽きちゃったんですよね、2018年の10周年で。

──初の3日間開催だった年ですよね。

これまでで最大の集客数で、楽屋がみんな嬉しそうな顔してて。終わるならこのタイミングなんじゃないかって思った。僕の中で、10年よく続けられたよって。だって最初の4年は自分たちが100%出資ですから。銀行からすごい目で見られて。だから本当に、よくそこからここまでやって、きっともうお袋も褒めてくれるだろうと思って。終わって事後処理で関係各位にお会いしたり、ご挨拶したりしてたときにも、お会いする方々が口々に「来年楽しみにしてるからね」って言ってくれる。それでも動けなかった自分もいて……来年もこの場所で、と言えなかった。

そのまま年越えて、やる?やらない?てなったときに、地元で年配の方から、うちのイベントには多分来たことがない方なんですけど「がんばってくれてるな、ありがとう、応援してるで」と言っていただけて。母親は亡くしたんですけど、その代わりに約140万(※)の家族を迎えたみたいなイメージに自分の中で変わったのかな。僕は母親を失ったけど、140万人家族がいると考えようと。そうして2019年に向かうことにした。いざ腹を括って次だってときに、コロナだから。そういう意味では2018年からの流れっていうのは、大いに自分に変化をもたらしてくれたのかもしれないですね。
※滋賀県の総人口 1,408,378人(2022年8月1日時点)

──ある意味捧げるべき相手がいた10年と、それを失ったがためにもっと大きなものへの愛に気づいた。愛がスプレッドした状態とお呼びするのが適切か分かりませんが……。

あのまま母が生きながらえてくれていたら、そういう気持ちにはたぶんならなかったと思う。ある種、自分の中でも救いを求めていたのかもしれないですけどね。失ったものの大きさがすごく大きかったから、そこを何かで埋め合わせていく。血縁者以外の家族がいるからと奮い立たせることで大きく舵を取れた。これが14年やってきて一番大きい変化かもしれないですね。

次のページ

UVERworldとの関係

全ての画像・動画を見る(全8点)

作品情報

『SINGularity II -過形成のprotoCOL-』初回生産限定盤

『SINGularity II -過形成のprotoCOL-』初回生産限定盤ジャケット

『SINGularity II -過形成のprotoCOL-』初回生産限定盤ジャケット

『SINGularity II -過形成のprotoCOL-』初回生産限定盤

CD+DVD/ESCL-5696~7
¥4,000(税込)

購入はこちら

収録内容

【CD】初回生産限定盤・通常盤共通
01. Hyperplasia protoCOL
02. Crescent Cutlass(「Thunderbolt Fantasy 西幽玹歌」主題歌)
03. 一番光れ!-ブッチギレ- (オリジナルTVアニメ「ブッチギレ!」オープニング・テーマ)
04. Life’s Anomalies
05. Judgement(「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀3」オープニングテーマ)
06. 天秤-Libra- (TVアニメ「白猫プロジェクトZERO CHRONICLE」オープニングテーマ)
07. The Barricade of Soul
08. As a route of ray(「アズールレーン」CMソング)
09. Claymore
10. 慕情
11. Eden through the rough(日本テレビ系アニメ「EDENS ZERO」オープニングテーマ)
12. Dominant Animal
13. 鉄血†Gravity(映画「KAPPEI カッペイ」主題歌)

【DVD】※初回生産限定盤のみ
1.「鉄血†Gravity」Music Video
2.「一番光れ!-ブッチギレ-」Music Video

『SINGularity II -過形成のprotoCOL-』通常盤

『SINGularity II -過形成のprotoCOL-』通常盤ジャケット

『SINGularity II -過形成のprotoCOL-』通常盤ジャケット

『SINGularity II -過形成のprotoCOL-』通常盤

CD/EESCL-5698
¥3,000(税込)

購入はこちら

収録内容

【CD】
01. Hyperplasia protoCOL
02. Crescent Cutlass(「Thunderbolt Fantasy 西幽玹歌」主題歌)
03. 一番光れ!-ブッチギレ- (オリジナルTVアニメ「ブッチギレ!」オープニング・テーマ)
04. Life’s Anomalies
05. Judgement(「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀3」オープニングテーマ)
06. 天秤-Libra- (TVアニメ「白猫プロジェクトZERO CHRONICLE」オープニングテーマ)
07. The Barricade of Soul
08. As a route of ray(「アズールレーン」CMソング)
09. Claymore
10. 慕情
11. Eden through the rough(日本テレビ系アニメ「EDENS ZERO」オープニングテーマ)
12. Dominant Animal
13. 鉄血†Gravity(映画「KAPPEI カッペイ」主題歌)

イベント情報

イナズマロック フェス 2022

イナズマロック フェス 2022

日程:2022年9月17日(土)、18日(日)、19日(月・祝)
会場:滋賀県草津市 烏丸半島芝生広場 (滋賀県琵琶湖博物館西隣 多目的広場)
開場/開演/終演:12:00/13:30/20:00 (各日とも予定) ※雨天決行(荒天の場合は中止)

出演アーティスト:(50音順)
■9月17日(土)
<LIVE AREA・雷神STAGE>
●ARTIST:OWV、櫻坂46、Da-iCE、東京スカパラダイスオーケストラ、西川貴教、Fear, and Loathing in Las Vegas、04 Limited Sazabys、ももいろクローバーZ
●PERFORMER:JP、スーパーマラドーナ、ツートライブ、丸亀じゃんご、ミサイルマン、吉田たち、隣人
<FREE AREA・風神STAGE>
Wienners、音武者、カネヨリマサル、ザ・リーサルウェポンズ、SUPER★DRAGON、HAND DRIP、Finally、リアクション ザ ブッタ、わーすた、鈴木龍二[from17LIVE]

■9月18日(日)
<LIVE AREA・雷神STAGE>
●ARTIST:アイドルマスター SideM、打首獄門同好会、UVERworld、THE ORAL CIGARETTES、T.M.Revolution、DISH//、Vaundy、MY FIRST STORY
●PERFORMER:アキナ、ソマオ・ミートボール、たくろう、テンダラー、もも、モンスターエンジン、ランジャタイ
<FREE AREA・風神STAGE>
I Don't Like Mondays.、ASH DA HERO、ES-TRUS、Kanna、クボタカイ、電音部、ビレッジマンズストア、Bloom、mahina、Swagcky[from17LIVE]

■9月19日(月祝) ※台風接近に伴い中止
<LIVE AREA・雷神STAGE>
●ARTIST:OCTPATH、ClariS、T.M.Revolution、西川貴教、Novelbright、布袋寅泰、モーニング娘。’22、Little Glee Monster
●PERFORMER:ガクテンソク、ギャロップ、スマイル、Dr.ハインリッヒ、パーティーパーティー、ヘンダーソン、ラフ次元
<FREE AREA・風神STAGE>
OKOJO、CYNHN、Bye-Bye-Handの方程式、ピューロガールズ、豆柴の大群、mistress、moon drop、友希、Neighbors Complain[from17LIVE]

お問い合わせ:キョードーインフォメーション 0570-200-888(11:00~16:00/日祝休)

イナズマロック フェス 2022

1970年9月19日生まれ。滋賀県出身。
1996年5月、ソロプロジェクト「T.M.Revolution」としてシングル「独裁 -monopolize-」でデビュー。キャッチーな楽曲、観る者を魅了する完成されたステージ、圧倒的なライブパフォーマンスに定評があり、「HIGH PRESSURE」「HOT LIMIT」「WHITE BREATH」「INVOKE」など大ヒット曲を連発する。
2018年からは西川貴教名義での音楽活動を本格的に開始。2019年にはNHK連続テレビ小説「スカーレット」に俳優として出演。俳優、声優、地上波TV番組MCなど多岐に渡り新しい挑戦を続けている。
2021年5月にT.M.Revolutionデビュー25周年を迎え、ツアー「VOTE」(滋賀県内25公演/東京/大阪/宮城)と⻄川貴教名義での全国ツアー「Takanori Nishikawa LIVE TOUR 2022 “IDIOSYNCRASY”」を並行して開催。6月からはT.M.Revolution47都道府県ツアー「T.M.R. LIVE TOUR ’22 -VOTE JAPAN-」をスタートさせるなどライブも精力的に行っている。
故郷である滋賀県から2008年「滋賀ふるさと観光大使」に任命され、翌2009年より県初の大型野外音楽イベント「イナズマロック フェス」を主催、以降地元自治体の協力のもと毎年滋賀県にて開催している。令和二(2020)年度滋賀県文化功労賞受賞。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 新曲やアップデートした「Girl A (:D)」など収録 [Alexandros]、ニューシングル『SINGLE 1』収録曲&ジャケットビジュアル解禁

    2024.04.13 15:30

    [Alexandros]が、5月15日(水)にリリースするシングル『SINGLE 1』(読み:シングル ワン)の収録曲とジャケットビジュアルを解禁した。 約2年ぶりのCDシングルとなる今作には、新曲「冷めちゃう」のほか、経済ニュース番組『WBS』エンディング曲に起用されている「アフタースクール」、エレクトロのエッセンスを散りばめた「todayyyyy」、そして2015年発売のシングル曲をアップデートした「Girl A (:D)」まで全4曲をパッケージ。今の[Alexandros]のモードを感じることができる。 初回限定盤付属のBlu-ray/DVDには、昨年行われた対バンツアー「THIS SU<a href="https://bezzy.jp/2024/04/43286/">…

    #[Alexandros]

  • 明日からの「遊び場陣取り大合戦」加盟店の店内BGMに GANG PARADEが5thシングルを4月24日デジタルリリース、リード曲は「パショギラ」

    2024.04.05 21:00

    13人組アイドルグループGANG PARADEが5月22日(水)にリリースする5thシングルのリード曲タイトルを解禁し、CDに先駆け4月24日(水)にデジタルリリースすることを発表した。 解禁されたリード曲のタイトルは「パショギラ」。5thシングルでは本楽曲に加え、1月に先行配信されすでに “今”のGANG PARADEを象徴するような楽曲と言っても過言ではない「躍動」と「ROCKを止めるな!!」の3曲が、トリプルA面シングル『パショギラ / 躍動 / ROCKを止めるな!!』として配信およびCDリリースされる。 GANG PARADEは明日4月6日(土)・4月7日(日)に「遊び場陣取り大合戦<a href="https://bezzy.jp/2024/04/42867/">…

    #GANG PARADE

  • メンバーのマシロは2曲で作詞に初参加 Kep1erの日本1stアルバム『Kep1going』詳細公開、3人ユニット曲含む新曲クレジットも

    2024.03.27 00:00

    9人組グローバルガールズグループのKep1erが、5月8日(水)にリリースする日本1stアルバム『Kep1going』の収録曲順や日本オリジナル曲の詳細を公開した。 Kep1erの日本初アルバムとなる今作には、今まで日本でリリースした3枚のシングル‘FLY’シリーズを通して出会ったKep1erとKep1ian(ファンネーム)がこれからも一緒に夢に向かって走り続けたい!という思いをタイトルに込めた作品。 公開されたトラックリストによると、アルバムにはタイトル曲「Straight Line」をはじめ、初回生産限定盤Bにのみ収録のユニット曲「Celebrate」「Highlight」「Cruise」<a href="https://bezzy.jp/2024/03/42411/">…

    #Kep1er

  • リード曲が『月が導く異世界道中 第二幕』EDテーマに決定 前田佳織里の2nd EPが6月リリース、“世界征服”を企むパンクな新アー写公開

    2024.03.25 23:30

    声優・アーティストの前田佳織里が6月5日(水)に2nd EP『Grab the World』をリリースすることが決定し、新アーティスト写真が公開された。 タイトルの「Grab the World」には文字通り世界を手中に収め、“「世界征服」してやる”と言わんばかりの心意気で“既成概念を覆し、新たな時代を作っていく”というメッセージが込められている今回のEP。それに合わせ、新アー写も野心あふれるパンクかつキュートなビジュアルとなっている。
 EPは初回限定盤(CD+Blu-ray)と通常盤(CD only)の2形態ともに全4曲を収録。初回限定盤は3面デジパック仕様で、付属のBlu-rayにはミュ<a href="https://bezzy.jp/2024/03/42285/">…

    #前田佳織里

  • 「みんなの力で優勝しました」自信と感謝のコメントも到着 藤原さくらの5thアルバムが本日リリース、強い生命力を帯びた新曲「my dear boy」MV公開

    2024.04.03 20:00

    藤原さくらが、本日4月3日(水)にリリースしたニューアルバム『wood mood』より新曲「my dear boy」のミュージックビデオを公開した。 『wood mood』はドラマーの石若駿がトータルサウンドプロデュースを務めた藤原さくらにとって通算5枚目のオリジナルアルバム。ワールドミュージックをルーツに持つ藤原が、ジャズミュージシャンの仲間たちと作り上げた楽曲集になっている。 公開された「my dear boy」のミュージックビデオは「Close your eyes」のリリックビデオに続き、新進気鋭の映像監督である柚葉が担当。自然を力強く、大胆に捉えたミュージックビデオとなった。 そして4<a href="https://bezzy.jp/2024/04/42701/">…

    #石若駿#藤原さくら

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube