Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

孫娘アーニャの手書き文字が浮かぶ

ブライアン・イーノが新作アルバムより先行シングル「We Let It In」リリック・ビデオ公開

2022.09.07 22:00

2022.09.07 22:00

全ての画像・動画を見る(全3点)

ブライアン・イーノが、10月14日(金)にリリースする17年ぶりのヴォーカル・アルバム『FOREVERANDEVERNOMORE』より、先行シングル「We Let It In」を配信スタートした。

今作はイーノ自身が全曲プロデュースを手掛け、2005年の『Another Day On Earth』以来、17年ぶりに本人がヴォーカルを担当した作品。イーノはこのアルバムについて、「私の声は変わり、低くなり、別の個性を出して歌えるようになりました。ティーンエイジャーのような歌い方はしたくないですし、メランコリックで、どこか後悔の念を感じられるようなサウンドが好ましいと思いました」とコメントしている。

配信が始まった「We Let It In」は、イーノのヴォーカルに合わせてイーノの娘ダーラの歌声をフィーチャリングした賛美歌のようなトラック。この曲の歌詞からインスピレーションを得たリリック・ビデオは、ロンドンを拠点に活動するマルチアーティスト、オルフェオ・タギウリとイーノが制作したもので、イーノの孫娘であるアーニャの手書き文字が映し出された作品となっている。

現在予約受付中の国内盤CDには、日本限定ボーナス・トラック「Breaking Down」が加わった合計11トラックを収録し、さらに日本語解説書も同封。なお、CDのパッケージには環境問題に留意したリサイクル素材と堆肥可能素材を使用している。

配信・ストリーミングでは現在、アルバムから「There Were Bells」と「We Let It In」の2曲が先行配信中で、デジタルキャンペーンも開催中。応募サイトからApple Music、Spotifyでアルバム『FOREVERANDEVERNOMORE』 のPre-Add/Pre-Saveを10月13日(木)23:59までに行うと、オリジナル画像が全員にプレゼントされる。

全ての画像・動画を見る(全3点)


作品情報

ブライアン・イーノ『FOREVERANDEVERNOMORE』

『FOREVERANDEVERNOMORE』ジャケット写真(Album Artwork by Nick Robertson)

『FOREVERANDEVERNOMORE』ジャケット写真(Album Artwork by Nick Robertson)

ブライアン・イーノ『FOREVERANDEVERNOMORE』

2022年10月14日(金)リリース
UCCS-1325 ¥3,410

購入はこちら

収録曲

1. Who Gives a Thought
2. We Let It In
3. Icarus or Blériot
4. Garden of Stars
5. Inclusion
6. There Were Bells
7. Sherry
8. I’m Hardly Me
9. These Small Noises
10. Making gardens out of silence in the uncanny valley
11. Breaking Down ※国内盤ボーナス・トラック

ブライアン・イーノ(ヴォーカル、プロデュース)
レオ・エイブラハムズ(ギター)[1, 3, 4, 6, 7, 9]
ダーラ・イーノ(ヴォーカル)[2, 8]
セシリー・イーノ(ヴォーカル)[4]
ロジャー・イーノ(アコーディオン)[4, 6]
ピーター・チルヴァース(キーボード)[4]
マリーナ・ムーア(ヴァイオリン、ヴィオラ)[5]
クローダ・シモンズ(ヴォーカル)[9]
ジョン・ホプキンス(キーボード)[9]
キョウコ・イナトメ(ヴォーカル)[10]

ブライアン・イーノ

アーティスト情報

ミュージシャン、プロデューサー、ヴィジュアル・アーティスト、アクティビスト。 70年代初頭にイギリスのバンド、ロキシー・ミュージックの創設メンバーの一人として世界的に注目を集め、その後、一 連のソロ作品や様々なコラボレーション作品を世に送り出している。プロデューサーとしては、トーキング・ヘッズ、 ディーヴォ、U2、ローリー・アンダーソン、ジェイムス、ジェーン・シベリー、コールドプレイなどのアルバムを手がけ、 デヴィッド・ボウイ、ジョン・ハッセル、ハロルド・バッド、ジョン・ケイル、デヴィッド・バーン、グレース・ジョーンズ、カール・ハイド、ジェイムス・ブレイク、そして実弟のロジャーとコラボレーションを行なっている。音楽活動と並行して、光や映像を使ったヴィジュアル・アートの創作活動を続け、世界中で展覧会やインスタレーションを行っている。 ロジャー・イーノとは、初の兄弟デュオ・アルバム『ミキシング・カラーズ』(2020 年) をリリース。これまでに40枚以上のアルバムをリリースし、ヴェネツィア・ビエンナーレ、サンクトペテルブルクのマーブル・パレス、北京の日壇 公園、リオデジャネイロのアルコス・ダ・ラパ、シドニー・オペラハウスなど、広範囲に渡ってアート・エキシビションを行なっている。長期に渡るスパンで文化的施設や機関の基盤となることを目的とする「Long Now Foundation」の創設メンバー、環境法慈善団体「ClientEarth」の評議員、人権慈善団体「Videre est Credere」の後援を務めている。 2021年4月には「EarthPercent」を立ち上げ、音楽業界から資金を集めて、気候変動の緊急事態に取り組む最も影響力のある環境慈善団体への寄付を行っている。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube