Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

SERIES

パンサー・菅の若者に教えたい遊び 第2回

スーパーポテト――秋葉原で触れる遊びの原点

2022.09.09 12:00

2022.09.09 12:00

全ての画像・動画を見る(全18点)

パンサー・菅の若者に教えたい遊び、第2回目で紹介するのは秋葉原のレトロゲームショップ『スーパーポテト』さん。
秋葉原はここ何十年かで街が生きているかの如く、一定のラインからはブレずに進化を続けていてとても興味深いエリアでございます。

元々僕はゲーム漫画アニメなどのカルチャーが好きなので、比較的若い頃からよく秋葉原には遊びに行っていました。ここ最近「Y2Kファッション」という2000年代に流行ったファッションがまた盛り上がってきているとシソンヌの長谷川君が言っていましたし、僕たちからしたら懐かしいの代表である「カセットテープ」が逆に新しいと言ってラジカセで音楽を聴いてみたりしているなんて話も聞きます。

そう、流行りは繰り返す。だったら僕は教えたい、自分達の原点の「カセット」を。

僕は80年代生まれなのですが、この年代が音楽のカセットより早く手にするカセットは、今回紹介する“レトロゲー”と呼ばれるジャンルのものなのであります。今やゲームは基本的に「ゲームソフト」という名称で呼ばれていますが、僕たちの時代はカセットという名称で呼ばれていました。このスーパーポテトにはファミリーコンピューター・通称ファミコンやその進化版であるスーパーファミコンは勿論、ありとあらゆるレトロゲーが揃う世界中のゲームファンが訪れる名店でございます。

店内に入ると、所狭しとゲームやグッズが並べられていて心地よい雑多感。僕にとっては一気に懐かしい!にトリップするのですが、若い世代には新しいものだらけで逆に新鮮に映ることでしょう。

ここからさらにオススメのゲームなど書いていくと文字数が全然足りなくなってしまうので割愛させてもらいますが、見るだけでは意味がないので是非どんなレトロゲーでもいいので手に取ってプレイして頂きたい。このジャケットかわいい!とかでもいいんです。それがとんでもない名作であるかもしれないし、“クソゲー”である可能性も勿論ありますが、それを含め楽しいのがレトロゲーの魅力なので。

僕らが子供の頃は情報がなさすぎて、ギャンブル感覚で買ってクソゲーにぶち当たった時は文字通り号泣していました。それが怖い人は事前にググってくださいね。

さらに今回行かせていただいた秋葉原店さんは5階にゲームセンターと駄菓子コーナーも併設されていて、秋葉原散策の休憩にもぴったり。

フラッと寄れて新しい、または懐かしい世界にどっぷりハマれる。自信を持ってオススメできる遊びスポットでございます。

店舗情報

スーパーポテト 秋葉原店
住所:東京都千代田区外神田1丁目11-2 北林ビル3F〜5F
営業時間:平日 11:00〜20:00/土日祝 11:00〜20:00(年中無休)
公式HP公式Twitter

全ての画像・動画を見る(全18点)


RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 渡辺みり愛のソラ模様 私は水族館に住みたい

    第6回 2022.09.24 17:00

    今回は水族館!私の愛してやまない水族館 ずっと応援してくださっている方は私が水族館好きな事は知ってますかね?ウミガメが好き過ぎてグッズ作ったりしてるくらいだから流石に分かりますよね!笑 さて水族館ということで今回はすみだ水族館にお邪魔しました。これ言っていいのか分かりませんが1番通ってる水族館です(いや言うんかい) 水族館をいつから好きになって通うようになったのか定かではありませんしそれこそウミガメもいつからこんなに愛しているのか本当に覚えてなくてでも何年も前から愛してるから(なんかきもい)時期というのははっきりは言えないんですけど。 水族館に1人で行くようになったのはここ1、2年の話ですね。<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9287/">…

    #渡辺みり愛#渡辺みり愛のソラ模様

  • チャラン・ポ・ランタンのキッチン・カー 地獄の仮免技能試験〜怒涛の連続三回落ち〜

    第4回 by もも 2022.09.15 12:00

    何回落ちるのか。何回落ちれば受かるのか。私は一生免許取得に辿り着けない地獄にいる。 一発試験は難しいと聞いた。聞いてはいたが出来ないものなどこの世には存在しないと思った。ましては、私は誰よりも負けず嫌いであり、頑張り屋さんであり、めげずに踏ん張る力を持っていると自負している。私は私を褒めながらここまでやってきた。しかしどうだろう。何回落ちるんだろう。何回試験を受けて何回試験に落ちるんだろう。私はこれでも私を褒められるだろうか。自分が試されている。何があっても褒めてきた。そうして自分のモチベーションとやらを思いっきり上げてきた。ここまで保って来たのだ。飽き性で落ち込みやすい自分と付き合ってきたん<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8535/">…

    #チャラン・ポ・ランタン#チャラン・ポ・ランタンのキッチン・カー

  • 渡辺みり愛のソラ模様 1人ディズニーなんかしちゃって

    第5回 2022.09.10 12:00

    さて今回のテーマはなんとディズニーです。 まさかのみり愛ちゃんってディズニーファンなの…? そう思われる方も多いかと思いますが、残念ながら違います。(なにが残念なの) 私はとびきりディズニーに関して詳しい訳でもなく、めちゃくちゃ通いつめてるわけでもない本当に普通の人間です。 そんな私が何故今回「1人ディズニー」を試みようかと思ったきかっけはただ「1人〇〇」がしたくて、その第一弾としてディズニーを選んだ。というわけです。 1人カラオケ、1人寿司など、結構1人行動を得意としている私。ハードルが高いやつをいつかやりたいなあと思っていまして、それで選ばせていただきました。 いざディズニーシーへ!!Yo<a href="https://bezzy.jp/2022/09/7995/">…

    #渡辺みり愛#渡辺みり愛のソラ模様

  • 関根勤のマニアック映画でモヤモヤをぶっ飛ばせ! 現代社会に通じるテーマの不朽の傑作『切腹』

    第5回 2022.09.18 12:00

    関根勤が偏愛するマニアックな映画な語る連載「関根勤のマニアック映画でモヤモヤをぶっ飛ばせ!」。第5回目は1962年に公開された映画『切腹』。舞台は1630年。幕閣の中枢として活躍を認められていた井伊家の江戸屋敷門前に、老いた浪人(仲代達矢)が突然訪ねてくる。生活苦の末、生き恥を晒していくのも何なので、武士らしく切腹して死のうと思うから、その場所にお宅の庭先を貸してくれ、という要件だった。これを聞いて不審に思った家老の斎藤勘解由(三國連太郎)は彼を家にあげ、つい先日全く同じことを訪ねてきて切腹をした若い浪人の話を聞かせる……。滝口康彦の小説『異聞浪人記』(1958年)を原作に、小林正樹監督が撮っ<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8846/">…

    #仲代達矢#切腹#関根勤#関根勤のマニアック映画でモヤモヤをぶっ飛ばせ!

  • 木﨑ゆりあの“昨日の自分を愛せるか?” 「バレエを習う日」

    #3 2022.09.17 12:00

    唐突ですが、バレエを習いたい!! そうです。お気づきの通り現在バレエブームが到来中です。 私は若干影響されやすいタイプでして、最近はキッチンで爪先立ちしてみたり、ジャンプして移動してみたり、なにも無いところでターンしてみたり、もう日常がバレエ一色。 というのも実は最近、マシュー・ボーン演出の『白鳥の湖』を観まして、これはトミー賞も取った傑作なのですが、なんと言ってもお目当てはアダム・クーパー!!!! もう彼が凄いったらありゃしない。スターとは彼のためにある言葉、手足の長さはもちろん、筋肉のバランスの良さ、背中から漂おうオーラ、目鼻立ち、表情、もうどこをとっても、いつ、どこから、誰が見ても完璧す<a href="https://bezzy.jp/2022/09/7989/">…

    #木﨑ゆりあ#木﨑ゆりあの昨日の自分を愛せるか

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube