Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

TENDREが実写ドラマ劇伴を初担当

阿部寛主演『すべて忘れてしまうから』エンディング情報解禁、全10組のアーティストがライブで飾る

2022.09.06 15:00

2022.09.06 15:00

全ての画像・動画を見る(全1点)

9月14日(水)よりDisney+(ディズニープラス)「スター」にて国内独占配信される阿部寛主演『すべて忘れてしまうから』のエンディング楽曲情報が解禁された。

話題の作家・燃え殻の原作エッセイを国内のトップクリエイターがドラマ化する本作は、ハロウィンの夜に突如姿を消した恋人“F”をめぐる、ミステリアスで大人の恋愛ならではのビタースイートなストーリーに重要なスパイスとして豪華アーティスト達の楽曲も加わった作品。

阿部寛が演じるのは物語の主人公となる“M”。主人公の行きつけでありハロウィンの夜に恋人“F”が消えた場所であり物語のキーとなる舞台 『Bar 灯台』のオーナーをCharaが演じる。Charaは1996年公開の『スワロウテイル』以来26年ぶりの演技となり、ドラマには初出演。また、同じバーで働く元バンドマンの料理人役を宮藤官九郎、さらに、“F”にまつわるキャラクターとして、“F”と何やら関係のある謎の美女役を大島優子、ある理由のため“F”を血眼で探す“F”の姉役に酒井美紀。“F”を誰が演じるのかはいまだ謎に包まれている。

そして本作では、全10組のアーティストが全10話それぞれのエンディングを担当するという異例の企画が実現。全曲ライブパフォーマンスで披露されており、登場人物たちが演奏に酔いしれる様子も映し出されていく。『Bar灯台』にセッティングされたステージなど劇中の舞台で演奏をする演出となっており、作品の世界観の中でそれぞれのパフォーマンスを堪能することができる。

ソロアーティストの奇妙礼太郎は自身の楽曲の中でも人気の高い「竜の落とし子」を、本ドラマにも出演するCharaは自身の人気楽曲「Junior Sweet(JEWEL ver.)」で参加する。TENDREは自身の数ある楽曲の中でも人気が高い「DRAMA」を歌い上げ、シンガーソングライター七尾旅人は「ドンセイグッバイ」、No Busesは書き下ろし楽曲「I’m With You」を歌唱している。さらに、ロックバンドのpaioniaは書き下ろし楽曲「わすれもの」を、ヒグチアイは書き下ろ曲「しみ」をピアノひとつで弾き語る。映画『ドライブ・マイ・カー』出演で注目を集める一方、歌手としても活躍する三浦透子は「おちつけ」、東京発の4人組バンドミツメは書き下ろし楽曲「メビウス」、ROTH BART BARONも書き下ろし楽曲「糸の惑星」をそれぞれ披露する。

今回の企画について、本作のプロデューサーは、「様々な日常を切り取ったエッセイを原作とした物語だったので、話ごとにテーマが違ってくると想定している中で、エンディングの味わいが違っていくのは面白いだろうし、この作品にマッチするのではないかと考えました」と、今回の構成だからこそ生まれたアイデアであること、また「みたことがないものにしたかった」と、新しさも意識していたとコメント。

また、岨手監督と見せ方について「舞台の一つを小さなライブスペースがあるBARにしよう」と話していたことを明かし、「だから必然的にライブパフォーマンスであるべきだと行き着いたのですが、同時に、このドラマを観ることで素晴らしいアーティストたちのここだけのライブを聴けるというのも、視聴者の満足度を上げると確信もしていました」と、これまでにない新たな形のエンディングの形が、作品とうまくかけ合わさることで生まれる化学反応へ自信をみせた。

本作ではエンディング楽曲も担当したTENDREが初めて実写ドラマの劇伴も担当。「登場人物の皆さんの息遣い、それぞれの場面や場所の匂い、作品自体が持つ温度感、そういったさまざまな要素に必要な感情の動きを、主にピアノをメインとして自分なりの手法で空間に描く。そんなイメージでつくりました」と、作品に寄り添いながらも独自の解釈も加えて制作したとのこと。さらに、「今作の音楽担当のお話をいただいた段階で、劇中で演奏できるというオファーを同時にくださったことにとても興奮したのをよく覚えております。すこしお手伝いしてもらったものもありますが、基本的には全曲ひとりで演奏させていただきました。今作をご覧になる皆さんと同じ様に、この世界の人々をやさしく見守るきもちで音楽を充てがっております」とコメントした。

本作はディズニープラスでは初の日本発オリジナルドラマシリーズとして配信され、順次世界配信も予定されている。なお、誰がどの話数でどのアーティストがエンディングに登場するのかは放送まで非公開。

【エンディング楽曲一覧】※50音順 
・奇妙礼太郎「竜の落とし子」(Victor Entertainment)
・Chara「Junior Sweet(JEWEL ver.)」(Ki/oon Music)
・TENDRE「DRAMA」(ユニバーサルミュージック)
・七尾旅人「ドンセイグッバイ」(SPACE SHOWER MUSIC)
・No Buses「I’m With You」(S.S.G.G.)
・paionia「わすれもの」(gsp)
・ヒグチアイ「しみ」(ポニーキャニオン)
・三浦透子「おちつけ」(EMI Records)
・ミツメ「メビウス」(mitsume)
・ROTH BART BARON「糸の惑星」(SPACE SHOWER MUSIC/BEAR BASE)

作品情報

『すべて忘れてしまうから』

(C) 2022 Disney and related entities

(C) 2022 Disney and related entities

『すべて忘れてしまうから』

9月14(水)よりディズニープラス「スター」で独占配信

【原作】燃え殻『すべて忘れてしまうから』(扶桑社刊、新潮文庫刊)

【ストーリー】
ハロウィンの夜に、彼女が消えた――阿部が演じるミステリー作家“M”は、5 年間付き合った恋人“F”とハロウィンの夜に些細なことで喧嘩をする。何となく連絡を取らないまま 3 週間ほ ど経った時、“M”は周囲から促され、突如失踪した彼女を探し始める。しかし周囲から語られる“F”は“M”の知る彼女とは全く異なるもので、次第に“F” の秘密があきらかになっていく...。あなたは、大切な人のことを全て知っていますか?どんなに近しい人にも、自分の知らない顔がある―消えた“彼女”の 謎が心を惑わす、ミステリアスでビタースイートなラブストーリーがはじまる。

Disney+はこちら

キャスト

出演:阿部寛、Chara、宮藤官九郎、大島優子、酒井美紀、渡辺大知、青木柚、鳴海唯、見栄晴、渡辺いっけい

奇妙礼太郎

アーティスト情報

大阪府出身。1998年より音楽活動開始。今年で活動25周年を迎える。
奇妙礼太郎トラベルスイング楽団、天才バンド、アニメーションズ等のバンドを経て、2017年ソロメジャーデビュー。
「FUJI ROCK FESTIVAL」や「RISING SUN ROCK FESTIVAL」等の国内フェスを含め、年間150本以上のライブに出演。
ボーカリストとして多数のCM歌唱も担当するほか、写真展も実施するなど活動は多岐にわたる。
2023年6月21日、音楽活動25周年記念アルバム『奇妙礼太郎』をリリース。菅田将暉、塩塚モエカ (羊文学)、ヒコロヒーらを客演に迎え、天才バンドでも活動してきた盟友Sundayカミデとタッグを組み、初めて自身が全曲作詞作曲に携わった。9月には初となる日比谷野音にてアニバーサリーワンマンライブを実施する。

1991年9月21日シングル『Heaven』でEpic Recordよりデビュー。オリジナリティ溢れる楽曲と独特な存在感により人気を得て、ファッションでも注目を集め 1992年の2ndアルバム『SOUL KISS』では、日本レコード大賞ポップ、ロック部門のアルバム・ニューアーティスト賞を受賞。1996年女優として出演した岩井俊二監督の映画『スワロウテイル』が公開され、劇中のバンドYEN TOWN BANDのボーカルとして参加。主題歌「Swallowtail Butterfly ~あいのうた」オリコン1位の大ヒットとなる。1997年のアルバム『Junior Sweet』もオリコン1位のミリオンセラーを記録。収録の「やさしい気持ち」もシングル大ヒットとなる。この頃からファッション、ライフスタイルを含めた新しい女性像としての人気を獲得し「Charaのような」と女性アーティストを形容するような個性を確立した。 近年では、それぞれ活躍する「HIMI」こと佐藤緋美(俳優・アーティスト)と「SUMIRE」(モデル・女優)の2人の母として、アーティストとして両立させてきたCharaのライフスタイルにも共感するファンの支持も厚く、新しい存在感を見せている。音楽活動においては、デビューより、一貫した拘りの音楽的探求を続け、各時代を担う気鋭のアーティスト、クリエーターとのコラボレーション作品や活動が数 多いことでも知られる。2019年、常田大希率いるTHE MILLENNIUM PARADEの「Stay!!!」ではボーカルを担当。2018年12月オリジナルアルバム『Baby Bump』をリリース。2020年2月にはYUKIとのユニット「Chara +YUKI」(チャラユキ)名義でミニアルバム『echo』リリースしている。2021年9月はデビュー30周年記念ライブとして”Chara‘s Time Machine : 30th Anniversary Live“をNHK大阪ホール、東京 LINE CUBE SHIBUYAで開催。大盛況のライブで30周年イヤーをスタート、Charaはステージ上で、レーベルの移籍を発表した。そのほか、Chara30th記念書籍刊行や、女優としてドラマ出演など活動も盛んな年となった。音楽的探求心による表現はクラシックにも及び、マエストロ栁澤寿男率いるオーケストラとともに、初の本格的シンフォニックコンサート「Chara 30th ANNIVERSARY Premium Symphonic Concert~Chara’s Time Machine~」を東京 オーチャードホール、兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホールで開催した。時代を超えて聞き継がれる名曲の数々を壮大なアレンジとともに披露。2022年11月日本コロムビア移籍第一弾シングル『A・O・U』をリリースする。

ベースに加え、ギターや鍵盤、サックスなども演奏するマルチプレイヤー、河原太朗のソロ・プロジェクト。

Charaや堀込泰⾏、三浦透⼦、坂本真綾といったアーティストへの楽曲提供・プロデュース、SIRUPやベニー・シングスとのコラボレーションなどを⾏う他、J-WAVE "TOKYO MORNING RADIO”では別所哲也⽒の代打としてナビゲーターを務めるなど、その活動は多岐に渡る。

2021年4⽉7⽇、EMI Records / UNIVERSAL MUSICよりメジャーデビューした。

98年のデビューのシンガーソングライター。パンデミックのなか放置された感染者や困窮者に食料を配送する「フードレスキュー」を継続しつつ完成させた2枚組ニューアルバム『Long Voyage』を9月14日にリリースする。愛犬家だが、犬に振り回されている。

2016年結成。近藤大彗(Vo./Gt.)、後藤晋也(Gt.)、和田晴貴(Gt.)、杉山沙織(Ba.)、市川壱盛(Dr.)からなるロックバンド。

福島県で生まれ育った高橋勇成(Vo/Gt)と菅野岳大(Ba)が中心となり、2008年にパイオニアを結成。そのバンド名はゆらゆら帝国の曲名に由来するとのこと。

ヒグチアイ

アーティスト情報

平成元年生まれ。シンガーソングライター。
生まれは香川、育ちは長野、大学進学のため上京し、東京在住。
2歳のころからクラシックピアノを習い、その後ヴァイオリン・合唱・声楽・ドラム・ギターなどを経験、様々な音楽に触れ、18歳より鍵盤弾き語りをメインとして活動を開始。

2016年、1st ALBUM『百六十度』でメジャーデビュー。
これまでに培った演奏力と、本質的な音楽性の高さが業界内外から高い評価を受け、「FUJI ROCK FESTIVAL」「RISING SUN ROCK FESTIVAL」など大型フェスへの出演も果たす。

2022年1月、TVアニメ「進撃の巨人」The Final Season Part2のエンディングに抜擢され『悪魔の子』を書き下ろし。圧倒的な説得力を持って迫る、歌うようなピアノとまっすぐに伸びるアルトヴォイス。ピアノと一体になった小さな身体から振り絞られる熱情が、時にたおやかな美しさを、時に心かきむしられる焦燥を、時に喪失の中の光を描く。独特の視点で綴る歌詞世界は、ありふれた日常の風景を短編小説のようにドラマチックに昇華させる。

1996年生まれ、北海道出身。
2002年SUNTORY「なっちゃん」のCMでデビュー。その後、映画、ドラマなどで本格的に女優としての活動を始める。映画『私たちのハァハァ』(15/松居大悟監督/主演)、『月子』(17/越川道夫監督/主演)、『素敵なダイナマイトスキャンダル』(18/冨永昌敬監督/ヒロイン)、オムニバス映画「21世紀の女の子『君のシーツ』」(19/井樫彩監督/主演)、『ロマンスドール』(20/タナダユキ監督)、『静かな雨』(20/中川龍太郎監督)、『架空OL日記』(20/バカリズム原作・脚/住田崇監督)、『スパゲティコード・ラブ』(21/丸山健志監督)、『余命10年』(22/藤井道人監督)、ドラマ「宮本から君へ」(18/真利子哲也監督)など今話題の監督たちの作品に出演し、注目されている女優の一人である。

2021年公開の『ドライブ・マイ・カー』(濱口竜介監督)ではヒロインを務め、同作で第95回キネマ旬報ベスト・テン助演女優賞、第45回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞。作品は第74回カンヌ国際映画祭 脚本賞ほか全4冠受賞、第79回ゴールデングローブ賞非英語映画賞受賞(邦画としては62年ぶり)、第45回日本アカデミー賞で最多の8冠受賞、そして第94回米アカデミー賞では4部門にノミネートされ、2022年3月28日(現地時間27日)に行われた授賞式で国際長編映画賞を受賞(同部門で日本映画が受賞するのは13年ぶり)する等、世界を席巻している。

最近では、NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』、NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』、主演舞台「Secret War-ひみつせん-」に出演する他、2022年12月公開の(not) HEROINE moviesプロジェクト第3弾作品『そばかす』にて長編映画単独初主演を務めることが発表されるなど、話題作への出演が後を絶たない。

音楽面では、2019年新海誠監督の長編アニメ―ション映画「天気の子」にボーカリストとして大抜擢され、その歌声にも注目が集まる。2020年5月に1st Mini Album『ASTERISK』、2021年にはテレビ東京ドラマ「うきわー友達以上、不倫未満ー」のEDテーマ『通過点』をリリース。今年3月18日にリリースした『私は貴方』、6月1日にリリースした『intersolid』をはじめ、天性のボーカル表現が輝きをみせているオリジナル作品は多方面で高く評価されている。

2009年、東京にて結成。nakayaan 大竹雅生 川辺素 須田洋次郎の4人組のバンド。
オーソドックスなバンド編成ながら、各々が担当のパートにとらわれずに自由な楽曲を発表し続けている。

ROTH BART BARON

アーティスト情報

ROTH BART BARON(ロットバルトバロン)は、シンガーソングライターの三船雅也を中心とする日本のインディーロックバンド。2023年よりクリエイティブの拠点をドイツ・ベルリンと日本・東京の2拠点として活動している。
海外ではビッグマウンテン(タイ)、PLAYTIME FESTIVAL(モンゴル)などフェスにも出演、日本では多くの音楽フェスに出演、2023年には二度目となる FUJI ROCK FESTIVAL にも出演した。
また近年はアルバムツアーに加え、年に1度、特別編成で演奏する単独イベント"BEAR NIGHT”を主催し、シリーズ第4弾は日比谷野外大音楽堂にて開催、後藤正文、佐々木亮介、Safeplane(タイ)も出演し大盛況のうちに幕を閉じた。
2020年、5th AL『極彩色の祝祭』収録のリード曲「極彩|IGL(S)」はテレビ朝日系「関ジャム∞完全燃Show」番組内にて音楽プロデューサー・蔦谷好位置の年間1位に選出。2021年はポカリスエットCMがきっかけとなったアイナ・ジ・エンドとの2人組アーティストA_oによる「BLUE SOULS」が話題に。2022年は、ベルリン国際映画祭でアムネスティ国際映画賞を受賞した映画「マイスモールランド」の劇伴音楽と主題歌を手掛けた。
2023年は、最新作『HOWL』東京ツアーファイナル公演を昭和女子大学”人見記念講堂”にて演奏、弦楽カルテットを加えた11人フル編成での公演を成功させ、この秋には6年連続となる8枚目のオリジナルアルバム『8』を発表、北海道札幌モエレ沼公園”ガラスのピラミッド”を含む13公演、全国ツアーを開催する。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube