Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

SERIES

関根勤のマニアック映画でモヤモヤをぶっ飛ばせ! 第4回

千葉真一から聞いた面白エピソードと共に振り返る『激突!殺人拳』

2022.08.26 12:00

2022.08.26 12:00

全ての画像・動画を見る(全7点)

関根勤が偏愛するマニアックな映画な語る連載「関根勤のマニアック映画でモヤモヤをぶっ飛ばせ!」。第4回目は1974年に公開された映画『激突!殺人拳』。

千葉真一演じる剣琢磨は、金を貰えば何でもやる男。非合法なビジネスを生業とする中である日、殺人犯・志堅原楯城の脱獄を請け負うことに。しかし、脱獄させたものの依頼主である志堅原の弟と妹が依頼金を払えないと知ると怒り、弟は乱闘の末に死亡、妹は剣によって裏社会に売り飛ばされ、香港のマフィアのもとで薬漬けになるという悪極非道っぷり。そんな剣に、マフィアが狙う石油社長令嬢の誘拐計画、志堅原楯城の恨みなどあらゆる思惑が絡んでくるアクション映画。

千葉が海外で「サニー千葉」の異名を獲得したきっかけでもある本作を、本人から聞いた思い出話を含めて振り返ってもらった。

第4回『激突!殺人拳』

千葉真一さんは『ボディーガード牙』とか『キイハンター』シリーズとか空手モノをやっていたんですよ。そんな時に1973年にブルース・リーの『燃えよドラゴン』が大ヒットしたことを受けて、東映の岡田茂さんが「これは千葉真一でできるぞ」となって、すぐ彼にオファーして作られたのが『激突!殺人拳』です。これがアメリカで大ヒットして、シリーズ三部作となりました。それで“サニー千葉”が生まれ、若き日のクエンティン・タランティーノやサミュエル・L・ジャクソンがそれを観てファンになった。スティーヴン・セガールやキアヌ・リーブスも大好きですからね、千葉さんのこと。そんなふうに、彼が世界に飛び出すきっかけになったのが本作とも言えます。

1970年代の千葉真一(写真:Everett Collection/アフロ)

岡田さんによるとブルース・リーは千葉真一さんのファンで、共演したがっていたみたい。でもそれを話した2ヵ月後に亡くなっちゃった。だから、もしかしたら二人が激突するシーンが見られていたのかもしれない。ジャッキー・チェンももちろん、千葉さんのこと大好きですからね。そういう同じアクション俳優から愛され、尊敬された存在でした。

千葉さんは東映のドラマ『新・七色仮面』でデビューし、『アラーの使者』、それから『キイハンター』などで名を馳せていました。当時、彼のブロマイドが人気ナンバーワンだったんですよ。2位がオックスとかザ・テンプターズとか、グループサウンズがすごかったのにアクション俳優がそれを抑えていた。今じゃまず考えられないですよね。

僕は千葉さんのことが元々好きでその前の『ボディーガード牙』も観ていたし、出演映画も全て観ていた。だから『激突!殺人拳』も楽しみにして映画館に足を運んでみたら、すごい迫力の作品でしたね。

千葉さんってそれまで青春スターみたいなところもあり、『キイハンター』ではコメディチックな役を演じていて、ようするに“いい役”をやってきた俳優なんです。爽やかな青年で、ちょっとコメディタッチで、悪いやつを倒していていくという役柄をずっと演じてきた。そして1973年に東映が実録ヤクザ路線にいって『仁義なき戦い』を公開すると、それがめっちゃ受けた。深作欣二さんの揺れるカメラワークが良くてね。そして第2作目『仁義なき戦い 広島死闘篇』は前作のスピンオフになりますが、その時に千葉さんもやはり翻弄される青年の役を演じることになり、台本を覚えて全部役作りをしていたんですって。そしたらこの『仁義なき戦い』シリーズで最も下品な大友勝利という役に決まっていた北大路欣也さんが台本を読んで「こんな下品なこと俺は言えない」、「千葉さんの役と変えてくれ」と言った。撮影の二週間前くらいのことですよ。「冗談じゃないよ、俺あんな役やるのかよ〜」って言われて千葉さんも「ええっ」って戸惑ったけど、深作さんが「千葉、やってみろ」って背中を押した。

北大路さんはね、市川右太衛門さん、つまり東映の重役の息子だから深作監督も文句言えないんですよ。ところが、これが逆に千葉さんにとって功を奏した。千葉さんは深作監督とデビュー作品が一緒だったこともあり、彼に色々教えてもらいながら守られてずっときていたので、彼には絶対の信頼を寄せて師匠として尊敬していた。だから、深作さんから「やってみろ」と言われた時に、「師匠に、『腕試しでお前どこまでやれるかやってみろ』って言われているような気がした」と言って承諾したと言っていました。
そして改めて役作りをし、木刀を持ってサングラスにジャンパー姿で暴れまくるわけですよ。彼、暴れるにしても肉体が鍛え挙げられているから迫力が桁違いにすごい。日本体育大学の体操部でオリンピック目指したものの怪我をして映画の世界に入ってきた人ですから。そしてアクションをずっとやってきたこともあり、彼の木刀の一振りも物凄いスピードなんですよ。テーブルにあるものを一瞬で全部吹っ飛ばして。初めての悪役、しかも相当に悪い役。とんでもない、手のつけようのない悪。そしたらその役が大当たりになった。それを経ての、1974年『激突!殺人拳』なんです。

『激突!殺人拳』なの剣琢磨って、僕のイメージではいい役だと思っていたんですよ。しかし、もう一度観返してみたら、なかなかに悪いやつなんですよね(笑)。大友勝利より悪いんじゃないかってくらい。金のために何でもやる裏の人間で、処理人です。ある女性を救うことを頼まれて、実際そうするから正しい行動はしている。しかし、彼はそれを正しい行いだからではなく、金のためにやっているんです。『戦国自衛隊』とか『柳生一族の陰謀』では千葉さんの背筋はピンとしているのに、剣は悪者だから猫背だとか、細かい役づくりも堪能できる。劇中、トレーニングをしているところにやってきた敵を、空手の息吹をしながらコテンパンにするシーンがありますが、あれで僕、千葉さんの息吹のモノマネをやっていたんですよ。そのモノマネがオーバーだとか言われていましたが、本家を見たら僕なんか7割くらいしか出せていない。体を鍛えているから迫力が違うわけです。

関根勤

剣が中国マフィアに売り飛ばした志堅原兄弟の妹の奈智を演じる塩見悦子さん(志穂美悦子)も、千葉さんが育てたアクション女優さんです。彼女もこの映画をきっかけに映画『女必殺拳』シリーズの主演に抜擢されて活躍していましたね。あと、志堅原楯城役の石橋雅史さん。あの人は極真空手七段で綺麗な受身をする。この映画のいいところは、本当の実践空手をやっているのが見られるところでもありますね。あと盲目の剣士、盲狼公も結構お気に入りのキャラクターです。演じた天津敏さんは僕が小さい時に観た『隠密剣士』で風魔小太郎兼良という悪役を演じていたんです。その時から彼が好きでした。あとね、キックボクシングの風間健も出ている。だから本作は、本当に強い人が集まっている映画なんですよ。

次のページ

千葉から聞いた忘れられない話の数々

作品情報

激突!殺人拳

『激突!殺人拳』DVDパッケージ

『激突!殺人拳』DVDパッケージ

激突!殺人拳

公開年:1974年
英題:The Street Fighter
上映時間:91分
製作・配給:東映

購入はこちら

スタッフ&キャスト

監督:小沢茂弘
脚本:高田宏治・鳥居元宏
出演:千葉真一、中島ゆたか、山田吾一、トニー・セテラ、遠藤太津朗、石橋雅史、千葉治郎、志穂美悦子、鈴木正文、川合伸旺、風間健、角友司郎、ユセフ・オスマン、風間千代子、大前均、天津敏、渡辺文雄
音楽:津島利章
撮影:塚越堅二
編集:堀池幸三

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 渡辺みり愛のソラ模様 私は水族館に住みたい

    第6回 2022.09.24 17:00

    今回は水族館!私の愛してやまない水族館 ずっと応援してくださっている方は私が水族館好きな事は知ってますかね?ウミガメが好き過ぎてグッズ作ったりしてるくらいだから流石に分かりますよね!笑 さて水族館ということで今回はすみだ水族館にお邪魔しました。これ言っていいのか分かりませんが1番通ってる水族館です(いや言うんかい) 水族館をいつから好きになって通うようになったのか定かではありませんしそれこそウミガメもいつからこんなに愛しているのか本当に覚えてなくてでも何年も前から愛してるから(なんかきもい)時期というのははっきりは言えないんですけど。 水族館に1人で行くようになったのはここ1、2年の話ですね。<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9287/">…

    #渡辺みり愛#渡辺みり愛のソラ模様

  • 渡辺みり愛のソラ模様 1人ディズニーなんかしちゃって

    第5回 2022.09.10 12:00

    さて今回のテーマはなんとディズニーです。 まさかのみり愛ちゃんってディズニーファンなの…? そう思われる方も多いかと思いますが、残念ながら違います。(なにが残念なの) 私はとびきりディズニーに関して詳しい訳でもなく、めちゃくちゃ通いつめてるわけでもない本当に普通の人間です。 そんな私が何故今回「1人ディズニー」を試みようかと思ったきかっけはただ「1人〇〇」がしたくて、その第一弾としてディズニーを選んだ。というわけです。 1人カラオケ、1人寿司など、結構1人行動を得意としている私。ハードルが高いやつをいつかやりたいなあと思っていまして、それで選ばせていただきました。 いざディズニーシーへ!!Yo<a href="https://bezzy.jp/2022/09/7995/">…

    #渡辺みり愛#渡辺みり愛のソラ模様

  • 関根勤のマニアック映画でモヤモヤをぶっ飛ばせ! 現代社会に通じるテーマの不朽の傑作『切腹』

    第5回 2022.09.18 12:00

    関根勤が偏愛するマニアックな映画な語る連載「関根勤のマニアック映画でモヤモヤをぶっ飛ばせ!」。第5回目は1962年に公開された映画『切腹』。舞台は1630年。幕閣の中枢として活躍を認められていた井伊家の江戸屋敷門前に、老いた浪人(仲代達矢)が突然訪ねてくる。生活苦の末、生き恥を晒していくのも何なので、武士らしく切腹して死のうと思うから、その場所にお宅の庭先を貸してくれ、という要件だった。これを聞いて不審に思った家老の斎藤勘解由(三國連太郎)は彼を家にあげ、つい先日全く同じことを訪ねてきて切腹をした若い浪人の話を聞かせる……。滝口康彦の小説『異聞浪人記』(1958年)を原作に、小林正樹監督が撮っ<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8846/">…

    #仲代達矢#切腹#関根勤#関根勤のマニアック映画でモヤモヤをぶっ飛ばせ!

  • × ナノカ × × サウナ ①

    第3回 2022.09.07 12:00

    第3回目になりました。タイトルの通り、今回は『サウナ』への想いを綴ろうと。しております。 企画の軸であるカメラマンとのコラボはどうなったんや?と、思われている方もいるかもしれません。 そちらも引き続きやります!!!そちらの計画も進んでおります! 撮影に関してはいいタイミングが重なった時に決行できる感じなので他にも色んなワタクシゴトを聞いてくださると嬉しいです。 そしてたまにくるカメラマンコラボ回も楽しみにしていてくださると嬉しいです。そんなわがままな私です。どうぞよろしくお願いします。 ということで!改めて今回は『サウナ』について。よく聞かれる事にも答えていきながら菜乃花的サウナへの向き合い方<a href="https://bezzy.jp/2022/09/7917/">…

    #× ナノカ ×#サウナ#菜乃花

  • 木﨑ゆりあの“昨日の自分を愛せるか?” 「バレエを習う日」

    #3 2022.09.17 12:00

    唐突ですが、バレエを習いたい!! そうです。お気づきの通り現在バレエブームが到来中です。 私は若干影響されやすいタイプでして、最近はキッチンで爪先立ちしてみたり、ジャンプして移動してみたり、なにも無いところでターンしてみたり、もう日常がバレエ一色。 というのも実は最近、マシュー・ボーン演出の『白鳥の湖』を観まして、これはトミー賞も取った傑作なのですが、なんと言ってもお目当てはアダム・クーパー!!!! もう彼が凄いったらありゃしない。スターとは彼のためにある言葉、手足の長さはもちろん、筋肉のバランスの良さ、背中から漂おうオーラ、目鼻立ち、表情、もうどこをとっても、いつ、どこから、誰が見ても完璧す<a href="https://bezzy.jp/2022/09/7989/">…

    #木﨑ゆりあ#木﨑ゆりあの昨日の自分を愛せるか

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube