Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

発売日は“レコードの日”、遊び心あるジャケットも公開

The BirthdayがEP『CORE 4』アナログ盤リリース、チバユウスケの音楽ルーツ語る著書は9月発売

2022.08.18 12:00

2022.08.18 12:00

全ての画像・動画を見る(全3点)

The Birthdayが、昨年CDリリースしたEP『CORE 4』の12インチシングルアナログ盤を、発売からちょうど1年後となる11月3日(木・祝)の「レコードの日2022」にリリースする。

CDのEP『CORE 4』は、2021年7月28日に発売された11枚目のオリジナルアルバム『サンバースト』の制作過程で生まれた新曲4曲に、「SUNBURST TOUR2021」序盤のライブ音源を加えてリリースした作品。

アナログ盤は、その中の新曲4曲を、45rpmの12インチシングルとしてアナログレコード化しており、ジャケットデザインは、CDジャケットの『CORE 4』の文字を『CORE 45rpm』へ変更する遊び心のあるものに仕上がっている。

また、チバユウスケは自身のレコードコレクションとともに音楽のルーツを語る著書『EVE OF DESTRUCTION』を9月に発売することも先日発表されている。

全ての画像・動画を見る(全3点)


作品情報

アナログ12インチシングル『CORE 4』

アナログ12インチシングル『CORE 4』ジャケット

アナログ12インチシングル『CORE 4』ジャケット

アナログ12インチシングル『CORE 4』

2022年11月3日(木・祝)リリース
価格:2,750円(税込)

購入はこちら

収録曲

Side-A
1. ある朝
2. ブラックバードカタルシス
Side-B
1. レイトショー
2. ヘッドライト

書籍『EVE OF DESTRUCTION』

書籍『EVE OF DESTRUCTION』

著者:チバユウスケ
発売:2022年9月13日前後
価格:本体 2,500円+税(2,750円)
仕様:160ページ/4C/並製本/B5変型判 ※7インチ・レコードのジャケットと同サイズの180×180mm。
ISBN:9784991221118
発行・発売:株式会社ソウ・スウィート・パブリッシング
デザイン・DTP:猪野麻梨奈
撮影:西槇太一

購入はこちら

Vocal & Guitar : チバユウスケ(7.10)
Guitar : フジイケンジ(3.08)
Bass : ヒライハルキ(6.20)
Drums : クハラカズユキ(4.03)

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 音博記念シングル「真夏日」の初解禁も決定 くるり、京都音博の1週間前に新曲「八月は僕の名前」MVを公開

    2022.09.29 18:00

    くるりが、先日配信リリースしたばかりの新曲「八月は僕の名前」のミュージックビデオを10月2日(日)の0時に公式YouTubeチャンネルにてプレミア公開する。 「八月は僕の名前」は、Prime Videoにて独占配信となっているAmazon Original連続ドラマ『モアザンワーズ/More Than Words』の主題歌となっている楽曲。ドラマ『モアザンワーズ/More Than Words』は、漫画家・絵津鼓による幻冬舎コミックスの漫画『モアザンワーズ』、その後日譚である大洋図書発行の『IN THE APARTMENT』というふたつの原作が織りなす、愛し合う男性同士とそれを見守るひとりの女<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9589/">…

    #くるり

  • 特別展「毒」のタイアップソングに BiSHが12ヵ月連続作第9弾タイトル発表、カップリングはチッチ作詞作曲

    2022.09.11 20:00

    BiSHが、9月21日(水)にリリースする12ヵ月連続リリース第9弾作品のタイトル含む詳細とアートワーク、アーティストビジュアルを公開した。 このたび発表された作品タイトルは『UP to ME』。表題曲「UP to ME」は作曲を松隈ケンタが、作詞を松隈ケンタとJ×S×Kが手掛けるパンクロックナンバー。同楽曲は11月1日(火)より国立科学博物館で開催される特別展「毒」のタイアップソングにもなっている。 また、カップリングの「YOUTH」の作詞作曲をメンバーのセントチヒロ・チッチが務めていることも明らかになった。メンバーが作曲した楽曲が収録されるのは、アイナ・ジ・エンド作曲・モモコグミカンパニー<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8297/">…

    #BiSH

  • 聞いたこともない金額をオファーされたと発言 The 1975のマット・ヒーリィがエド・シーランのツアー前座を断った理由を明かす

    2022.09.14 18:30

    10月14日にニュー・アルバム『Being Funny in a Foreign Language』をリリースするThe 1975のフロントマン、マット・ヒーリィがThe New York Times誌にて、エド・シーランとの交流について語った。 マット・ヒーリィは、エド・シーランにスタジアムツアーのサポートアクトを頼まれたが、断ったと明かしている。 「ここまでビッグになって、商業的に成功することに興味がないと言うのは難しいかもしれない。でも、今までの方法が間違えていないのであれば、変えなくてもいいというのもある。私たちは常に何をやるかわからない状態で、トライしようとしていたわけでもない。だか<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8573/">…

    #Being Funny In A Foreign Language#The 1975#エド・シーラン

  • ピョン・ヨハンとキム・ムヨルの激しいバトルアクションも 振り込め詐欺を描く韓国映画『声/姿なき犯罪者』メイキング映像が公開

    2022.09.28 13:00

    10月7日より全国公開予定の韓国映画『声/姿なき犯罪者』からメイキング映像が公開された。 近年深刻化する犯罪のひとつである振り込め詐欺を韓国で初めて描き、2021年9月に韓国で公開され、オープニング成績1位の大ヒットを記録したピョン・ヨハン主演のリアル犯罪アクションである本作。振り込め詐欺は進化し、SNSやスマホアプリ、メッセンジャーが使われ、手口が巧妙になりつつある。この日常に潜む犯罪を題材にし、韓国で初めて映画化したのは、『ホワイト:呪いのメロディー』(2011年)等を手掛けた双子の兄弟監督キム・ソン&キム・ゴク。実際に詐欺犯罪の捜査を担当する韓国警察の知能犯罪捜査隊に取材し、徹底したリサ<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9509/">…

    #キム・ソン&キム・ゴク#キム・ヒウォン#キム・ムヨル#ピョン・ヨハン#声/姿なき犯罪者

  • プロジェクトを成功させる感謝の心 DJキャレドが大物アーティストたち多数とコラボする秘訣を明かす

    2022.09.12 19:30

    8月26日にニュー・アルバム『God Did』をリリースし、Billboard 200で1位を獲得したDJキャレド。今作もドレイク、リル・ウェイン、カニエ・ウェスト、エミネム、ジェイ・Z、フューチャーなどのビッグネームが参加しているが、DJキャレドが大物アーティストたちとコラボをする秘訣をGQのインタビューにて明かした。 「私は実際に音楽を作ることよりも、人間関係を重要視する。音楽は祝いだから、全員が納得して幸せな状態であることを大切にしている。内容が痛みについてであったとしても、世界に公開したとき、それは色んな意味で祝いになる」 実際に自分で作曲/制作をしていない場合も多く、どちらかというと<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8364/">…

    #DJ Khaled#DJキャレド#God Did#ドレイク

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube