Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

SERIES

関根勤のマニアック映画でモヤモヤをぶっ飛ばせ! 第3回

悪者を“軽く”演じるファン・ジョンミンの魅力が爆発『アシュラ』

2022.08.12 12:00

2022.08.12 12:00

関根勤が偏愛するマニアックな映画な語る連載「関根勤のマニアック映画でモヤモヤをぶっ飛ばせ!」。第3回目は2017年に公開された韓国映画『アシュラ』について語ります。

主人公の刑事、ハン・ドギョン(チョン・ウソン)は末期癌の妻の医療費のため、街の市長として利権を貪るパク・ソンべ(ファン・ジョンミン)が犯した犯罪の後始末をさせられていた。しかし、検事のキム・チャイン(クァク・ドウォン)と検察捜査官のド・チャンハク(チョン・マンシク)はそんな市長の悪事を暴き、検挙しようとドギョンに捜査協力を求める。悪い奴と悪い奴の板挟みになるドギョン。ラストに向けて悪が悪を食う壮絶な応酬が繰り広げられることに……。

まさに韓国ノワール映画に欠かせないサディスティックなバイオレンスと、悪い奴がとことん悪いというドギツさを兼ね備えた、韓国を代表する名俳優の夢の共演作。「とにかく悪い」奴らが魅力的な本作について語っていただきました。

第3回『アシュラ』

本作を一言で表すなら、「悪の巣窟」ですね。悪い奴らしか出てこない。主人公は刑事なんだけど、検事側と検察側と悪い市長の間でお互いの“犬”をさせられて、酷い目に遭う。普通の映画だったら凄く悪い登場人物って、大体一人ですよね。しかし、この映画はそれが“全員”なんですよ。この悪のオールスターぶりが、本当に酷い。そして怒涛のようにストーリーが進んでいき、信じられない結末が待っている。ラストに驚きすぎて、口を開けたまま映画館出ましたよ。人間の業について描く、すっごい映画ですね。市長が悪すぎて怖すぎたので、僕はもうどこからお話をいただいても議員になるつもりはありません(笑)。

『アシュラ』場面写真(写真:Everett Collection/アフロ)
(C)CJ Entertainment America /Courtesy Everett Collection

この市長を演じるファン・ジョンミンがね、悪いんだけどもそれを“軽く”演じるんですよ。「どうだ、俺悪いんだろ」じゃなくて、一見いい人に見える感じ。これね、『ソードフィッシュ』のジョン・トラボルタの悪役の雰囲気と似ていると思いました。『ダーティ・ハリー』の蠍座の男みたいな悪役じゃなくて、爽やかさを持ちながらも悪いっていうのが怖い。ファン・ジョンミンは『新しき世界』でファンになった俳優ですが、悪い役を軽く演じられる人って、素敵でね。僕、好きなんですよ。あと、クァク・ドウォンもいつもいろんな作品にいっぱい出ていて、良い人も演じるし、ダメなおじさんも弱い人も演じるけど今回はえげつなく悪い検察官を演じていたのが良かった。くわえて主人公を演じるのは『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソン。あの人すごくハンサムで背も高くて、僕らは「韓国の中村雅俊」って呼んでいる。彼も良い役からすごくえげつない悪い役もやるんですよ。せこい役も演じるし、選ばないの。そういう。いろんな役を演じるという意味では三國連太郎にも近い存在かな。彼の演じる刑事の挟まれ方が、とにかく息苦しくてね。あの板挟み、胃潰瘍になるよね(笑)。病気の奥さんのためっていうのもあって、結局本音は良い人なの。

いやあ、あれだけの悪さの羅列ってない。見事でしたね。今まで映画で観たことなかったですよ、あれだけ悪が重なって活躍してくるって。以前から韓国映画は後輩二人とよく観に行っていました。『アシュラ』は公開当時、都内は新宿武蔵野館の一館だけでね、そこに観に行った。やはり『新しき世界』でファン・ジョンミンを知っちゃったから、彼が出ている作品っていうので行ったんですよ。映画を観終わったら、みんなで「なんてすごい映画なんだ」ってね。ファン・ジョンミンがパンツ一丁になっているシーンがあって、彼、ケツを見せていたんですよ。見せる必要ないのに(笑)。あそこがみんなのお気に入りシーン。あれ、ファン・ジョンミンのアイデアでやったアドリブなんですよね。あのシーンに、彼の狂気ぶりが現れている。

次のページ

世界市場に躍り出た韓国映画のパワーとは

作品情報

アシュラ

映画『アシュラ』DVDパッケージ

映画『アシュラ』DVDパッケージ

アシュラ

公開年:2016年(韓国)/2017年(日本)
原題:아수라/英題:Asura The City of Madness
上映時間:133分(R15+)
製作国:韓国
配給:CJ Entertainment Japan

購入はこちら

スタッフ&キャスト

監督:キム・ソンス
脚本:キム・ソンス
製作:ハン・ジェドク、カン・ヒョン、キム・ジョンミン
出演者:チョン・ウソン、ファン・ジョンミン、チュ・ジフン、クォク・ドウォン
音楽:イ・ジェジン
撮影:イ・モゲ
編集:キム・サンボム、キム・ジェボム
製作会社:サナイピクチャーズ

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • チャラン・ポ・ランタンのキッチン・カー 地獄の仮免技能試験〜怒涛の連続三回落ち〜

    第4回 by もも 2022.09.15 12:00

    何回落ちるのか。何回落ちれば受かるのか。私は一生免許取得に辿り着けない地獄にいる。 一発試験は難しいと聞いた。聞いてはいたが出来ないものなどこの世には存在しないと思った。ましては、私は誰よりも負けず嫌いであり、頑張り屋さんであり、めげずに踏ん張る力を持っていると自負している。私は私を褒めながらここまでやってきた。しかしどうだろう。何回落ちるんだろう。何回試験を受けて何回試験に落ちるんだろう。私はこれでも私を褒められるだろうか。自分が試されている。何があっても褒めてきた。そうして自分のモチベーションとやらを思いっきり上げてきた。ここまで保って来たのだ。飽き性で落ち込みやすい自分と付き合ってきたん<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8535/">…

    #チャラン・ポ・ランタン#チャラン・ポ・ランタンのキッチン・カー

  • 木﨑ゆりあの“昨日の自分を愛せるか?” 「バレエを習う日」

    #3 2022.09.17 12:00

    唐突ですが、バレエを習いたい!! そうです。お気づきの通り現在バレエブームが到来中です。 私は若干影響されやすいタイプでして、最近はキッチンで爪先立ちしてみたり、ジャンプして移動してみたり、なにも無いところでターンしてみたり、もう日常がバレエ一色。 というのも実は最近、マシュー・ボーン演出の『白鳥の湖』を観まして、これはトミー賞も取った傑作なのですが、なんと言ってもお目当てはアダム・クーパー!!!! もう彼が凄いったらありゃしない。スターとは彼のためにある言葉、手足の長さはもちろん、筋肉のバランスの良さ、背中から漂おうオーラ、目鼻立ち、表情、もうどこをとっても、いつ、どこから、誰が見ても完璧す<a href="https://bezzy.jp/2022/09/7989/">…

    #木﨑ゆりあ#木﨑ゆりあの昨日の自分を愛せるか

  • パンサー・菅の若者に教えたい遊び スーパーポテト――秋葉原で触れる遊びの原点

    第2回 2022.09.09 12:00

    パンサー・菅の若者に教えたい遊び、第2回目で紹介するのは秋葉原のレトロゲームショップ『スーパーポテト』さん。秋葉原はここ何十年かで街が生きているかの如く、一定のラインからはブレずに進化を続けていてとても興味深いエリアでございます。 元々僕はゲーム漫画アニメなどのカルチャーが好きなので、比較的若い頃からよく秋葉原には遊びに行っていました。ここ最近「Y2Kファッション」という2000年代に流行ったファッションがまた盛り上がってきているとシソンヌの長谷川君が言っていましたし、僕たちからしたら懐かしいの代表である「カセットテープ」が逆に新しいと言ってラジカセで音楽を聴いてみたりしているなんて話も聞きま<a href="https://bezzy.jp/2022/09/7942/">…

    #パンサー・菅#パンサー・菅の若者に教えたい遊び

  • 関根勤のマニアック映画でモヤモヤをぶっ飛ばせ! 現代社会に通じるテーマの不朽の傑作『切腹』

    第5回 2022.09.18 12:00

    関根勤が偏愛するマニアックな映画な語る連載「関根勤のマニアック映画でモヤモヤをぶっ飛ばせ!」。第5回目は1962年に公開された映画『切腹』。舞台は1630年。幕閣の中枢として活躍を認められていた井伊家の江戸屋敷門前に、老いた浪人(仲代達矢)が突然訪ねてくる。生活苦の末、生き恥を晒していくのも何なので、武士らしく切腹して死のうと思うから、その場所にお宅の庭先を貸してくれ、という要件だった。これを聞いて不審に思った家老の斎藤勘解由(三國連太郎)は彼を家にあげ、つい先日全く同じことを訪ねてきて切腹をした若い浪人の話を聞かせる……。滝口康彦の小説『異聞浪人記』(1958年)を原作に、小林正樹監督が撮っ<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8846/">…

    #仲代達矢#切腹#関根勤#関根勤のマニアック映画でモヤモヤをぶっ飛ばせ!

  • 渡辺みり愛のソラ模様 私は水族館に住みたい

    第6回 2022.09.24 17:00

    今回は水族館!私の愛してやまない水族館 ずっと応援してくださっている方は私が水族館好きな事は知ってますかね?ウミガメが好き過ぎてグッズ作ったりしてるくらいだから流石に分かりますよね!笑 さて水族館ということで今回はすみだ水族館にお邪魔しました。これ言っていいのか分かりませんが1番通ってる水族館です(いや言うんかい) 水族館をいつから好きになって通うようになったのか定かではありませんしそれこそウミガメもいつからこんなに愛しているのか本当に覚えてなくてでも何年も前から愛してるから(なんかきもい)時期というのははっきりは言えないんですけど。 水族館に1人で行くようになったのはここ1、2年の話ですね。<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9287/">…

    #渡辺みり愛#渡辺みり愛のソラ模様

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube