Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

映画のアニメイラストで制作されたジャケ写も公開

eill、デジタルEP『プレロマンス/フィナーレ。』を9月7日にリリース

2022.08.08 12:00

『プレロマンス/フィナーレ。』ジャケット©2022 八目迷・小学館/映画『夏へのトンネル、さよならの出口』製作委員会

2022.08.08 12:00

全ての画像・動画を見る(全3点)

シンガーソングライターeillが、デジタルEP『プレロマンス/フィナーレ。』を2022年9月7日(水)にリリース。表題曲の一つ「プレロマンス」を8月24日(水)に先行配信することも発表した。

「フィナーレ。」は、9月9日(金)全国公開の映画『夏へのトンネル、さよならの出口』の主題歌として、「プレロマンス」は同映画の挿入歌として起用が決定している。「プレロマンス」は、8月8日(月)から全国のラジオ局にてオンエアが解禁。音楽プロデューサーとして活躍するm-floの☆Taku Takahashiがアレンジに参加しており、エレクトロなサウンドメイクが際立った疾走感のあるサマーチューンに仕上がっている。

また、EPのジャケット写真も公開。本作品のジャケットは、映画『夏へのトンネル、さよならの出口』のイラストで制作されており、主人公である塔野カオルと花城あんずが、一つのヒマワリを持って振り返る姿が美しく描かれている。

さらに、映画『夏へのトンネル、さよならの出口』公開を記念して、eillと本作の音楽を担当している冨貴晴美が登壇するトーク付き試写会の開催が8月19日(金)に決定。応募締め切りは8月11日(木)23時59分までとなる。

eillは、9月から自身初の全国9箇所を周るライブハウスツアー「eill “Solo Trip -9-” LIVE TOUR 2022」を開催。8月13日(土)10時から、チケット一般発売もスタートする。10月15日(土)・16日(日)に大阪城公園西の丸庭園にて開催される「Chillin’ Vibes 2022」への出演も発表。詳細はeillのSNSやオフィシャルホームページにて。

田口智久(監督)コメント
「片っぽ」はまるでこの作品のためにあるような曲だと思いました。とても美しく儚い、誰も誰かを求めているというあまりに普遍的であり、個人的でもあるこの曲はまさに『夏へのトンネル、さよならの出口』であったように感じました。「プレロマンス」は華やかにこの作品の色を強く引き立ててくれています。映画の彩度が、音楽によって一段も二段も引き上げられたように思います。青春の確かな輝きが音楽の力によってその輪郭を鮮明に浮かび上げてくれました。主題歌としてある「フィナーレ。」は作品テーマのアンサーにもなっている曲だと感じています。きっと映画を見ていただければその意味が分かるかと思います。

八目迷(原作)コメント
初めて「フィナーレ。」を聴いたとき、なんてまっすぐなラブソングだろうと思いました。何かと不器用な主人公ふたりの、本当に望んでいたものが、この曲に秘められているんじゃないかな。そう思わせてくれる曲です。そして挿入歌である「プレロマンス」も、夏の到来と淡いボーイミーツガールを感じさせてくれました。誰だって一度は、この曲に込められたドキドキを求めていたはず。夏の青空のような曇りのないロマンスを、ぜひ劇場で味わってください。

映画『夏へのトンネル、さよならの出口』公開記念 eill登壇の試写会開催

こちらの試写会に50組100名様をご招待します。

日時:2022年8月19日(金) 18時開場/18時30分開映
場所:神楽座(千代田区富士見2丁目13-12 KADOKAWA富士見ビル1F)
登壇:eill(主題歌)、富貴晴美(音楽)

ご応募・注意事項はこちらから
https://natsuton.com/news/?p=118
*応募期間:2022年8月11日(木)23時59分まで

*ご応募はおひとり様1回、2名様分までとなります。
*当選は当選メールの送付をもって代えさせていただきます。
*その他、応募フォームに記載のある注意事項をご一読の上、ご応募ください。
*試写会に関するお問い合わせ:tunneltosummer.info@gmail.com

全ての画像・動画を見る(全3点)


作品情報

デジタルEP『プレロマンス/フィナーレ。』

『プレロマンス/フィナーレ。』ジャケット©2022 八目迷・小学館/映画『夏へのトンネル、さよならの出口』製作委員会

『プレロマンス/フィナーレ。』ジャケット©2022 八目迷・小学館/映画『夏へのトンネル、さよならの出口』製作委員会

デジタルEP『プレロマンス/フィナーレ。』

2022年9月7日(水)リリース

配信はこちら

収録曲

1. プレロマンス
2. フィナーレ。
3. 片っぽ - Acoustic Version
4. プレロマンス - Instrumental
5. フィナーレ。 - Instrumental

劇場版アニメ『夏へのトンネル、さよならの出口』

©2022 八目迷・小学館/映画『夏へのトンネル、さよならの出口』製作委員会

©2022 八目迷・小学館/映画『夏へのトンネル、さよならの出口』製作委員会

劇場版アニメ『夏へのトンネル、さよならの出口』

2022年9月9日(金)全国公開

ウラシマトンネル――そのトンネルに入ったら、欲しいものがなんでも手に入る。ただし、それと引き換えに…。掴みどころがない性格のように見えて過去の事故を心の傷として抱える塔野カオルと、芯の通った態度の裏で自身の持つ理想像との違いに悩む花城あんず。ふたりは不思議なトンネルを調査し欲しいものを手に入れるために協力関係を結ぶ。これは、とある片田舎で起こる郷愁と疾走の、忘れられないひと夏の物語―。

公式サイトはこちら

スタッフ&キャスト

主演:鈴鹿央士・飯豊まりえ
原作:八目迷「夏へのトンネル、さよならの出口」(小学館「ガガガ文庫」刊)
キャラクター原案・原作イラスト:くっか
監督・脚本:田口智久
キャラクターデザイン・総作画監督:矢吹智美
色彩設計:合田沙織
美術監督:畠山佑貴 栗林大貴
撮影監督:星名工
CG:チップチューン
編集:三嶋彰紀
音楽:富貴晴美
音響監督:飯田里樹
制作プロデューサー:松尾亮一郎
アニメーション制作:CLAP
主題歌:「フィナーレ。」 eill (ポニーキャニオン)
配給:ポニーキャニオン
製作:映画『夏へのトンネル、さよならの出口』製作委員会

イベント情報

eill “Solo Trip -9-” LIVE TOUR 2022

eill “Solo Trip -9-” LIVE TOUR 2022

2022年9月10日(土) 埼玉・HEAVENS ROCK VJ-3 さいたま新都心
2022年9月11日(日) 宮城・仙台MACANA OPEN
2022年10月1日(土) 愛知・名古屋E.L.L
2022年10月2日(日) 大阪・梅田Shangri-La
2022年10月16日(日) 広島・広島CAVE-BE
2022年10月17日(月) 福岡・福岡DRUM Be-1
2022年10月23日(日) 神奈川・横浜BAYSIS
2022年11月3日(木・祝) 北海道・札幌cubegarden
2022年11月20日(日) 東京・渋谷WWWX
料金:4,950円(税込)
主催:スマイルカンパニー
企画・制作:para de casa
後援:ポニーキャニオン / テレビ東京ミュージック

eill “Solo Trip -9-” LIVE TOUR 2022

※オールスタンディング(整理番号あり)
※別途ドリンク代
※未就学児のみでの入場不可。4歳以上要チケット
※録音・録画機材(携帯電話)使用禁止
※転売/譲渡禁止

東京都出身のシンガーソングライター。15歳の頃から歌い始め、同時にPCで作曲も開始する。2018年6月にシングル「MAKUAKE」でCDデビュー。ソウルやR&Bなどブラックミュージックの要素が色濃く反映された楽曲やシルキーかつソウルフルな歌声が魅力。K-POPをはじめ、韓国カルチャーへの造詣が深く、テヨン(ex. 少女時代)やEXIDへの楽曲提供などでも知られる。2021年4月にテレビアニメ「東京リベンジャーズ」のエンディング主題歌「ここで息をして」でメジャーデビューを果たし、その後「hikari」「花のように」「23」と立て続けに配信シングルをリリース。また同年9月に配信された竹内まりや「プラスティック・ラブ」のカバーは、映画「先生、私の隣に座っていただけませんか?」の主題歌として使用された。2022年2月にメジャー1stアルバム「PALETTE」をリリースする。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • ヒダカトオルのプロデュース塾!! 神使轟く、激情の如く。――バンドでもアイドルでもないスタイルで戦っていける理由とは?

    第2回 2022.09.07 17:00

    ミュージシャン、そしてプロデューサー、ヒダカトオルです! 近年、DTMやDAWへの関心の高まりとともに「プロデューサーって何する人ですか?本当に必要なんですか?」という質問も増え始めているので、プロデュースとは一体何なのか……?この『プロデュース塾!!』では、そんな疑問を読者の皆さんと紐解いていきます! 今回は、自らプロデュースもこなす“神激”こと神使轟く、激情の如く。のメンバーを迎えて、またひとつプロデュースの真髄に迫っていきたいと思います!(ヒダカトオル/THE STARBEMS)

    #インタビュー#ヒダカトオル#神使轟く、激情の如く。

  • 第1期の再放送も日本テレビで開始 TVアニメ『EDENS ZERO』第2期が2023年4月に放送決定、ティザー映像も公開

    2022.09.16 12:00

    TVアニメ『EDENS ZERO』第2期が2023年4月に日本テレビで放送されることが決定。新シーズンのティザー映像も公開された。 週刊少年マガジンで連載され単行本が累計発行部数7000万部を超える漫画『FAIRY TAIL』の作者・真島ヒロによる最新作『EDENS ZERO(エデンズゼロ)』。2018年に週刊少年マガジン30号より連載が開始し、2021年4月よりTVアニメ第1期を放送、第2期の制作決定も報じられていた。 第2期では、夢の国・グランベルで機械たちと暮らす少年・シキが、100年ぶりの来国者となる動画配信者(B・キューバ―)の少女・レベッカと青猫のハッピーに出会う。すぐさま意気投合<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8741/">…

    #EDENS ZERO#真島ヒロ

  • 奇妙な世界観が癖になる映像 tofubeats、5枚目フルアルバムより「恋とミサイル feat. UG Noodle」MV公開

    2022.09.16 18:00

    神戸在住のトラックメイカー/DJのtofubeatsが、今年5月にリリースした5枚目のフルアルバム『REFLECTION』より「恋とミサイル feat. UG Noodle」のMVを公開した。 今作MVは映像制作チームのオタミラムズがディレクション及びアニメーション制作を担当。奇妙な世界観が癖になる作品に仕上がっており、本楽曲にて作詞と歌唱を担当した神戸市在住のシンガーソングライター・UG NoodleもMVに登場している。 tofubeatsは11月3日(木)のレコードの日に『REFLECTION』のLP盤をリリース。LP盤のためにtofubeatsが新たに選曲、エンジニアの得能直<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8752/">…

    #tofubeats#レコードの日

  • アルバムへのパスポートのような曲とコメント ビョークがニュー・アルバムから「Atopos」のミュージックビデオを公開

    2022.09.07 18:30

    10枚目のスタジオ・アルバム『fossora』を2022年9月30日にリリースするビョークが、先行配信曲「Atopos」のミュージックビデオを公開した。 アルバムの1曲目に収録されている「Atopos」のMVは、Viðar Logiが監督を務めており、インドネシアのデュオGabber Modus Operandiが参加している。また、バス・クラリネットのセクステットがフィーチャーされたダンスナンバーとなっている。 ビョークはTwitterにて、「アルバムへのパスポートのような曲」とコメントしており、パンデミックにインスパイアされた作品であることを明かしていた。前作『Utopia』とは違い、今作<a href="https://bezzy.jp/2022/09/7961/">…

    #Atopos#Björk#fossora#ビョーク

  • 主催イベント「フラ924ス」を開催 庄村聡泰を突き動かすマインド「壁があるなら、絵を描いてデザイナーを気取ればいい」

    2022.09.22 18:00

    2021年までロックバンド[Alexandros]に在籍し、ドラマーとしてバンドの躍進を支えた庄村聡泰。当メディアではレギュラーコラム「オタズネモノ」や、最近では西川貴教へのインタビュー、FUJI ROCK FESTIVAL ’22のレポートなど多数の取材記事を担当するライターとしてお馴染みの彼が、9月24日に東京・新代田FEVERにて主催イベント「フラ924ス」を開催する。 そこで初演を迎えるのが、庄村が[Alexandros] “勇退”後の活動の軸のひとつとして発表し、制作総指揮(プロデュース)を手がける謎の音楽集団「不楽足ル」だ。昨年3曲のシングルを発表して以降、須くコロナ禍<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9066/">…

    #不楽足ル#庄村聡泰

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube