Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

COLUMN

ヒップホップで社会を生き抜く! 第3回

〜文化を次世代へ〜 ヒップホップアーティストとスケートボードから学ぶポジティブのサイクル

2022.08.04 12:30

2022.08.04 12:30

全ての画像・動画を見る(全4点)

文化のサイクル

コモンやトラヴィス・スコットの家族のように、次世代を擁してポジティブなメッセージを伝えたからこそ、世界を変えるような偉大な人物が生まれたとも言えるだろう。少しニュアンスは違うかもしれないが、「文化」というものは、この「ポジティブのサイクル」から成り立っているようにも思える。物事を「文字化」するというように、「文化」というものは次の世代に伝え続け、残していくことである。その文化のサイクルというと、私が個人的に経験したスケートボード文化を例にとると伝わりやすいかもしれない。

私は南カリフォルニアで、スケートボード文化に属して育ったのだが、そこで文化における「ポジティブのサイクル」というものを感じた。南カリフォルニアでは、スケーターたちが始めたブランドがスケートパークを作る例もあり、そのような場所が子供たちの「居場所」になる。居場所を与えてもらった子供たちは、そのブランドの商品を買い、さらにお世話になったという意味でも大人になってからも商品を購入し続ける場合もある。その売上で、ブランドはスケーターをさらにスポンサーし、「プロスケーター」という職業が成立する。そのプロスケーターたちに憧れた子供たちがスケーターになり、同じようにスケートパークという「居場所」を見つける。そしてその居場所によって成長したスケーターたちが、プロスケーターやブランドオーナーになる。

その「次世代の居場所を作りたい」という想いが、結果的にブランドにも返ってきているのだ。そしてプロスケーターという職業に還元され、さらに次世代に託される。大げさかもしれないが、自分がスケーターとして育つ上で、そのような「サイクル」が成り立っている文化であると感じた。このような「ポジティブのサイクル」を作ることができるのか?それが文化を残していく上で重要なことだと、私はヒップホップとスケートボードから学んだ。

記事トップへ戻る

全ての画像・動画を見る(全4点)

1972年シカゴ生まれのラッパー/ミュージシャン/俳優/作家/活動家。1992年にコモン・センスという名義のアルバム『Can I Borrow A Dollar』でデビュー。1990年代後半までアンダーグランド・シーンで圧倒的な支持を得る中、その後タリブ・クエリ、モス・デフ、エリカ・バドゥ、ディアンジェロ、Q-ティップ、Jディラ、ビラルなどと共にソウルクエイリアンズの一員としても活動していく中で、ヒップホップ/ネオ・ソウルの一時代を築いたHIPHOP界重要人物の一人。2000年に4枚目のアルバム『ライク・ウォーター・フォー・チョコレート』でメジャー・デビューを果たし、これまで11枚のアルバムを発表。これまで3度のグラミー賞を受賞、2015年には自身も俳優として出演した映画「グローリー/明日への行進」のジョン・レジェンドと共作した主題歌「グローリー」でゴールデングローブ賞、アカデミー賞も受賞、2017年にはドキュメンタリー映画『13th』で使用された楽曲「レター・トゥ・フリー」でエミー賞も受賞、アメリカのエンターテイメント界で4冠受賞の唯一のラッパー。今年5月には著書”Let Love Have The Last Word”を発表したばかり。

(引用)https://www.universal-music.co.jp/common/biography/

チャンス・ザ・ラッパー

アーティスト情報

チャンス・ザ・ラッパー(Chance The Rapper、本名:チャンセラー・ベネット、Chancelor Bennett、1993年4月16日 - )は、アメリカ・イリノイ州シカゴ出身の男性ヒップホップアーティストである。レーベルと契約しない・音源を有料販売しないという従来の音楽ビジネスとは一線を画す活動形態ながらグラミー賞を受賞、音楽フェスティバルにヘッドライナーとして出演するなど大きな成功を収めている。

(引用)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%91%E3%83%BC

トラヴィス・スコット

アーティスト情報

トラヴィス・スコット(Travis Scott、以前の表記: Travi$ Scott、1991年4月30日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン出身のラッパー。本名はジャック・ベルマン・ウェブスター二世(Jacques Berman Webster II)。

2012年にメジャーレーベルのエピック・レコードと契約。同じ年の11月にカニエ・ウェスト率いるグッド・ミュージックと契約。そして2013年4月にT.I.が率いるグランド・ハッスルと契約した。2013年に初のフルレングス・ミックステープ『Owl Pharaoh』、2014年8月に2作目のミックステープ『Days Before Rodeo』をリリース。デビューアルバム『Rodeo』(2015年)からはシングル「Antidote」がヒット。2作目のアルバム『Birds in the Trap Sing McKnight』(2016年)は初の全米1位を記録し、シングル「Goosebumps」がヒットした。翌年にはMigosのQuavoとコラボレーション・アルバム『Huncho Jack, Jack Huncho』をリリース。3作目のアルバム『Astroworld』(2018年)は批評家から高く評価され、初の全米ナンバーワンシングル「Sicko Mode」が生まれた。2019年には自身のレーベルCactus Jackのコンピレーションアルバム『JackBoys』をリリースした。

(引用)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 2nd EP『Grab the World』に投影した内面と人生を語る “表現者”前田佳織里が目指すもの、経験値を糧にさらなる挑戦の未来へ

    2024.06.07 18:00

    「ジャンル前田佳織里」を目指している ──「常識外れヒューマン」はTVアニメ『⽉が導く異世界道中 第⼆幕』第2クールEDテーマです。トリッキーかつユーモラスでありながらギャグではなく、スタイリッシュさも兼ね備えているという絶妙なラインの楽曲だと感じました。 まさに自分が「そう受け取ってくれたらいいな!」と思ってたとおりです(笑)。一見混ざり合うことのない「かっこいい」と「面白い」を両立させたかったんです。そのためにどれくらいの温度感で歌うべきなのかを考えて、最終的に弾けるところは弾けて、クールなところはクールに引き締めるというメリハリを効かせたら聴きやすくなったかな。「シュールだけどかっこいい<a href="https://bezzy.jp/2024/06/45310/">…

    #インタビュー#前田佳織里

  • 特典会ではメンバー全員とのチェキ撮影会も実施 KARAが本格再始動、7月24日にニューシングル『I DO I DO』日本独自企画でリリース

    2024.06.18 13:00

    デビュー15周年を迎えて電撃復活したKARAが、ニューシングル『I DO I DO』を7月24日(水)にリリースする。 日本におけるK-POPムーヴメントの先駆けとして、大きなインパクトを残したガールズグループKARA。日本のみでシングル商品化される『I DO I DO』はメンバー別ジャケット5種類に加え、通常盤1種の計6形態で発売される。それぞれの形態には今回のシングルのために撮り下ろされた最新ビジュアルのトレーディングカードもランダムで封入。さらにUNIVERSAL STORE限定でメンバー別5形態が専用スリーブケースに入ったアクリルスタンド付きセットの発売も決定した。 また、シングル『I<a href="https://bezzy.jp/2024/06/46100/">…

    #KARA

  • 「劇情」と題し9月に東名阪で開催 クジラ夜の街が崎山蒼志との2マンツアー発表、初ファンクラブでチケット先行受付もスタート

    2024.06.21 21:00

    クジラ夜の街が、9月にシンガーソングライター・崎山蒼志との2マンツアーを東名阪3ヵ所で開催する。 本日6月21日はクジラ夜の街の結成日。それを記念してLINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)で開催された自身初のホールライブ“7歳”にて崎山蒼志との2マンツアーは発表された。 もともと年齢が近く交流もあったことから実現した今回のツアーは、SMA 50th Anniversary presents クジラ夜の街×崎山蒼志「劇情」と題し、両アーティストが所属する株式会社ソニー・ミュージックアーティスツの創立50周年イヤーに企画される様々なライブやイベントの一環として行われる。 また、クジラ夜の<a href="https://bezzy.jp/2024/06/46288/">…

    #クジラ夜の街#崎山蒼志

  • 赤レンガ倉庫フリーライブはYouTubeで生配信決定 Kroiのニューアルバムリード曲「Green Flash」MV公開、内田怜央はバイクで疾走

    2024.06.20 23:00

    6月19日(水)にメジャー3rdアルバム『Unspoiled』をリリースしたKroiが、リードトラック「Green Flash」のミュージックビデオを公開した。 今回のミュージックビデオはディレクターにKirk Wolfを迎えて制作。Vo.内田怜央は赤の衣装を身に纏い、今まで見られなかった印象的な姿で登場している。また、本編ではメンバーの演奏シーンと共に内田がバイクで疾走。ダンサーも出演するなど、スピード感のあるミュージックビデオとなっている。 さらに、アルバムのリリースを記念して6月22日(土)に横浜赤レンガ倉庫で開催される野外フリーライブ「Departure」の模様が全編YouTubeで生<a href="https://bezzy.jp/2024/06/46250/">…

    #Kroi

  • 2名の“超サポートメンバー”迎えたツアー追加公演も発表 ExWHYZ「Sweet & Sour」MV公開、“繋がる”をテーマに風力発電所で撮影

    2024.06.13 21:15

    ExWHYZが、7月31日にリリースする新作EPのタイトルトラック「Sweet & Sour」のミュージックビデオをプレミア公開した。 本楽曲は気鋭のクリエイターKBSNK(カボスニッキ)が楽曲提供を行った、甘く切ないPOPチューン。ミュージックビデオはEMPiRE時代から彼女達の作品を数多く手掛ける映像作家・大喜多正毅が「繋がる」をテーマにディレクションを担当し、茨城県神栖市にある風力発電所・波崎ウィンドファームの壮大なロケーションで撮影された。 さらにプレミア公開の最後には、現在全国19都市20ヵ所にて開催中の全国ツアー「ExWHYZ TOUR 2024 ‘Futura Free’<a href="https://bezzy.jp/2024/06/45846/">…

    #ExWHYZ

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube