Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

対談では互いを称賛

メタリカ、『ストレンジャー・シングス』エディ役と「Master Of Puppets」を演奏

2022.08.01 17:00

Netflix公式Twitterアカウントから

2022.08.01 17:00

全ての画像・動画を見る(全2点)

世界で最も成功したメタルバンドであるメタリカの名曲、「Master Of Puppets」が人気ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン4の最終回でフィーチャーされたことが連日話題になっている。

この度、劇中でメタリカの「Master Of Puppets」を演奏したエディ役のジョセフ・クインが、ロラパルーザのバックステージでメタリカとセッションする動画が公開された。

メタリカのジェームズ・ヘットフィールドは「私はシーズン1からずっとストレンジャー・シングスのファンなんだ」とジョセフ・クインに伝え、「子供たちとの絆が深まった」と家族で『ストレンジャー・シングス』を見ていることを伝えた。ジョセフ・クインは「この2年間、この曲しか聴いていなかった。メタリカの皆さんと繋がっているように感じる」と、エディを演じるためにメタリカを聴き続けたと明かしている。

その後、メタリカとジョセフ・クインはバックステージで「Master Of Puppets」のジャムセッションを行っており、メタリカのドラマーであるラーズ・ウルリッヒは「君は採用だ!メタリカからアナウンスがある。メタリカは今から5人組だ」と冗談を言っている。また、メタリカのメンバーは、ジョセフ・クインにサイン入りのギターをプレゼントした。

ロラパルーザのステージでは、メタリカは『ストレンジャー・シングス』のエディが演奏するシーンの映像に合わせて「Master Of Puppets」を披露した。

全ての画像・動画を見る(全2点)


作品情報

メタリカ「Master Of Puppets」

「Master Of Puppets」ジャケット

「Master Of Puppets」ジャケット

メタリカ「Master Of Puppets」

1986年3月3日リリース

詳細はこちら

収録内容

1. Battery
2. Master Of Puppets
3. The Thing That Should Not Be
4. Welcome Home (Sanitarium)
5. Disposable Heroes
6. Leper Messiah
7. Orion
8. Damage, Inc.

ジェイムズ・ヘットフィールド (James Hetfield) (Vo, G)
ラーズ・ウルリッヒ (Lars Ulrich) (Ds)
カーク・ハメット (Kirk Hammett) (G)
ロバート・トゥルヒーヨ (Robert Trujillo) (B)

メタリカは、1981年にドラマーのラーズ・ウルリッヒとギタリスト兼ヴォーカリストのジェイムズ・ヘットフィールドによって結成された。彼らは音楽史上最も大きな影響力を持ち、なおかつ商業的にも成功を収めたロック・バンドの一つである。世界中で1億2,000万枚のアルバム・セールス、25億回以上のストリーミング再生数を記録し、文字通り7大陸すべてで何百万人ものファンの前で演奏を行ってきた。マルチ・プラチナムに認定されたアルバムには1991年の『メタリカ』(原題:METALLICA/一般的にはブラック・アルバムと称されている)も含まれているが、このアルバムは全米だけで1,700万枚近く売り上げ、サウンドスキャン史上最も売れた作品となった。2016年11月にリリースされた最新アルバム『ハードワイアード…トゥ・セルフディストラクト』(原題:Hardwired…To Self-Destruct)は32カ国のアルバム・チャートで1位を獲得した。
加えて、おびただしい数の賞や名声も手中に収め、これまでに9度のグラミー賞、2度のアメリカン・ミュージック・アワード、多数のMTVビデオ・ミュージック・アワードを受賞し、2009年にはロックの殿堂入りを果たした。2013年12月には南極大陸でコンサートを行うという画期的な試みをし、1年の間に7大陸すべてで演奏を披露した初のアクトとなって、ギネスブックにその名を刻んだ。2018年には世界で最も栄誉ある音楽賞のひとつであるスウェーデンのポーラー音楽賞を受賞した。

常に“メタル”という音楽にマジックを吹き込み続け、メタルを超えて絶大なる支持を得る現在最強のメタル・バンド。これまでに11枚のオリジナル・アルバムをリリースし、クラシックとの競演、他ジャンルとの積極的融解、映画制作、フェスティヴァル開催と自身の活動全てがロック・バンドの未来及び後続バンド達の見本となってきた。次に彼らが何を行うか、その一挙手一答足が全世界の注目を集めるモンスター・バンド。

(引用)https://www.universal-music.co.jp/metallica/biography/

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • オフィシャルInstagramもスタート 本日デビュー記念日のBUCK-TICK、「唄Ver.2021」ライヴMVを公開

    2022.09.21 12:00

    BUCK-TICKが、本日9月21日に発売したLIVE Blu-ray&DVD『魅世物小屋が暮れてから〜SHOW AFTER DARK〜 in 日本武道館』より「唄Ver.2021」のライヴミュージックビデオを公開した。 本日よりデビュー35周年のメモリアルイヤーがスタートしたBUCK-TICK。同映像作品からは9月14日に「BABEL」のライヴMVが先行公開されていた。 同時に、BUCK-TICKのオフィシャルInstagramも開設。最初の投稿はデビュー35周年にふさわしいメンバー5人の写真が投稿されている。今後、Instagramでも新たな情報や写真などを更新していくとのこと。 <a href="https://bezzy.jp/2022/09/9009/">…

    #BUCK-TICK

  • アルバムへのパスポートのような曲とコメント ビョークがニュー・アルバムから「Atopos」のミュージックビデオを公開

    2022.09.07 18:30

    10枚目のスタジオ・アルバム『fossora』を2022年9月30日にリリースするビョークが、先行配信曲「Atopos」のミュージックビデオを公開した。 アルバムの1曲目に収録されている「Atopos」のMVは、Viðar Logiが監督を務めており、インドネシアのデュオGabber Modus Operandiが参加している。また、バス・クラリネットのセクステットがフィーチャーされたダンスナンバーとなっている。 ビョークはTwitterにて、「アルバムへのパスポートのような曲」とコメントしており、パンデミックにインスパイアされた作品であることを明かしていた。前作『Utopia』とは違い、今作<a href="https://bezzy.jp/2022/09/7961/">…

    #Atopos#Björk#fossora#ビョーク

  • 豪華キャストと国際的キャストの鮮烈な演技に注目 役所広司主演 映画『ファミリア』特報映像&ティザービジュアルが公開

    2022.09.05 07:00

    1月6日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開される映画『ファミリア』から特報映像、ティザービジュアルが公開された。 本作は山里に暮らす陶器職人の父・誠治と海外で活躍する息子・学、そして隣町の団地に住む在日ブラジル人青年・マルコスの3人を中心に国籍や育った環境、話す言葉などの違い、血のつながりを超えて強い絆で“家族”を作ろうとする人々を描いたオリジナル作品。メガホンを取るのは人間ドラマの名手・成島出監督だ。 主人公・神谷誠治を演じるのは役所広司。約10年ぶりの成島組への参加となる本作では、息子の幸せを願う不器用な陶器職人を演じる。一流企業のプラントエンジニアとして海外赴任している誠治の息子・神谷<a href="https://bezzy.jp/2022/09/7636/">…

    #ファミリア#吉沢亮#役所広司#成島出

  • アルバム名はビョークが作った造語 ビョークのニュー・アルバム『fossora』に込められた思いとは?

    2022.09.02 20:00

    10枚目のスタジオ・アルバム『Fossora』を2022年9月30日にリリースすると発表したビョーク。アルバムからの1stシングル「atopos」も近日リリースされるとも明かしているが、そんなビョークが自身のInstagramにてアルバム『fossora』に込められた思いを語っている。  「どのアルバムも、感覚から始まる。そしてそれを音として形作ろうとする。このアルバムでは、地球に着地して、足で地面を掘り下げる感覚だった。(前作では、全部雲の中の島でベースがなかった。) そして“今”の経験も織り込んでいる。今回は70億人で一緒にやり遂げた。家にこもって自粛して、一つの場所にいて根を張った。新ア<a href="https://bezzy.jp/2022/09/7614/">…

    #Björk#fossora#ビョーク

  • 「この主人公は私そのもの」と本人語る ちゃんみなの新曲MV「TOKYO 4AM」公開、ワンオクTakaや平成フラミンゴら友人多数出演

    2022.09.02 00:00

    現在配信中のParaviオリジナルドラマ『-50kgのシンデレラ』の主題歌として、ちゃんみなが書き下ろした新曲「TOKYO 4AM」のミュージック・ビデオが公開された。 先日開催された「SUMMER SONIC 2022」で初披露され、恋に揺れる心を表現した歌詞とポップかつロックなサウンドで会場を沸かせた同曲。 MVには、ONE OK ROCKのTakaや平成フラミンゴなど彼女の大切な友人をはじめ、ファンクラブ会員(ROYAL FAMILY)たちなどが随所に登場し、エモーショナルでハートフルな映像に仕上がっている。監督は「Never Grow Up」や「ハレンチ」でもタッグを組んだ大久保拓朗が<a href="https://bezzy.jp/2022/09/7521/">…

    #ちゃんみな

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube