Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

ジャニス・ジョプリンの音楽人生を舞台化

アイナ・ジ・エンド主演ミュージカル『ジャニス』主要キャストビジュアル公開 UA、藤原さくらら一同に会す

2022.07.12 14:20

左から、長屋晴子(緑黄色社会)、 UA、 アイナ・ジ・エンド(上)、 藤原さくら(下)、 浦嶋りんこ Photographed by Leslie Kee

2022.07.12 14:20

全ての画像・動画を見る(全10点)

アイナ・ジ・エンドがミュージカル初主演を務めるブロードウェイミュージカル『ジャニス』の主要キャストビジュアルが公開となった。

“亡くなる1週間前の、一夜のコンサート”をコンセプトに、伝説の女性ロック・スター、ジャニス・ジョプリンの音楽人生を舞台化したブロードウェイミュージカル『ジャニス』。今回が日本初上陸となる。

唯一無二の歌声でアメリカの音楽史を塗り替えた伝説の女性ロック・スター、ジャニス・ジョプリン役にはミュージカル初主演となるBiSHのアイナ・ジ・エンドが大抜擢。”ジャニスに影響を与えたシンガー”のキャストとして、アレサ・フランクリン役にUA、ニーナ・シモン役に浦嶋りんこ、オデッタ&ベッシー・スミス役に藤原さくら、エタ・ジェイムス役に緑黄色社会のボーカル長屋晴子が出演。 UA、藤原さくら、長屋晴子はミュージカル初出演となる。

この共演を実現させたのが、総合プロデューサーであり、バンドメンバーのベースとしても出演する亀田誠治。今回公開された主要キャストビジュアルは、レスリー・キーが担当している。

初主演を務め伝説的なロックシンガーを演じるアイナ・ジ・エンドは、「ジャニスに“あなたのやることがあなたのすべて”みたいに言われてる気がするので、精一杯やりきりたいと思います」と語る。

アイナ・ジ・エンド

UAは、自身のアイドル的存在であるアレサ・フランクリンを演じることについて「なんだか信じられない気持ちです。でも、運命の不思議というのか、自分の中ですごく当然のことのようにも思える部分もあります。両方の気持ちが存在してる感じで、ちょっと不思議な感覚です」とコメント。

UA

ベッシー・スミスとオデッタ二役を務める藤原さくらは「ずっとその当時の音楽を聴いて育ってきたので、すごく幸運な機会だなぁというか、出演させていただけるのがすごくうれしかったです」とオファー時の心境を語った。

藤原さくら

ニーナ・シモン演じる浦嶋りんこは、共演者とのパフォーマンスについて「このキャスティングでこういう作品を2022年に日本でやるっていうのは、 最初で最後なんじゃないかなっていう気がしてます、実は」と貴重な公演であることを強調した。

浦嶋りんこ

また、初ミュージカルでの出演にてエタ・ジェイムスを務める長屋晴子は「挑戦だなって思っています。これから起こることや経験することがすべて自分にとってプラスになってくれる気がしています。きっとこれからのバンドにも影響していくような気がしますし、新しい自分の扉を開く感じで、楽しみです」と新たなジャンルへ飛び込む期待を語っている。

長屋晴子(緑黄色社会)

なお、オフィシャルサイトでは、各キャストのロングインタビューが掲載されている。

ソロカットの大きな画像は「全ての画像・動画を見る」でチェック!

全ての画像・動画を見る(全10点)

作品情報

ブロードウェイミュージカル『ジャニス』

ブロードウェイミュージカル『ジャニス』主要キャストビジュアル

ブロードウェイミュージカル『ジャニス』主要キャストビジュアル

ブロードウェイミュージカル『ジャニス』

2022年8月23日(火)、 8月25日(木)、 8月26日(金)
場所:東京国際フォーラム ホールA
OPEN 18:00 / START 19:00(各日共通)
チケット:SS席 16,000 円(前方席保証)/ S席11,000円 / U-25席5,000円 ※全席税込
お問い合わせ:DISK GARAGE 050-5533-0888(平日12:00〜15:00)

公式サイトはこちら

キャスト&スタッフ

出演
ジャニス・ジョプリン:アイナ・ジ・エンド
アレサ・フランクリン:UA
ニーナ・シモン / ブルース・シンガー / ジョプリナーズ:浦嶋りんこ
オデッタ / ベッシー・スミス:藤原さくら
エタ・ジェイムス:長屋晴子(緑黄色社会)
ブルース・ウーマン / ジョプリナーズ / ザ・シャンテルズ:MARU
ジョプリナーズ / ザ・シャンテルズ:多和田えみ
ジョプリナーズ / ザ・シャンテルズ:菅谷真理恵
バンド:亀田誠治(Ba)河村"カースケ"智康(Dr)、 小倉博和(Gt)、 名越由貴夫(G)、 斎藤有太(Key)、 山本拓夫(Sax)、 西村浩二(Tp)、 半田信英(Tb)

STAFF
総合プロデューサー:亀田誠治
演出:藤倉梓
訳詞:森雪之丞
翻訳:丸山京子
振付:菅谷真理恵
歌唱指導:森大輔
演出助手 / 振付助手:柴崎咲子
へアメイク:山田信之介
衣装:金澤見映
宣伝:JOIND

ビジュアル撮影:レスリー・キー

脚本 / オリジナル演出:ランディ・ジョンソン
オリジナル振付:パトリシア・ウィルコックス

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 東京ドーム公演翌日に「サイン会」も開催決定 aespaの日本デビューシングル『Hot Mess』詳細公開、3曲全て日本オリジナル楽曲に

    2024.06.03 12:00

    aespaが、7月3日(水)にリリースする日本デビューシングル『Hot Mess』の収録曲やジャケット写真などの詳細を公開した。 韓国、日本、そしてグローバルで活躍するaespaはKARINA、GISELLE、WINTER、NINGNINGからなる4人組ガールズグループ。先日には韓国でフルアルバム『Armageddon』をリリースし、全世界で大ヒットを記録している。 そんな中満を持してリリースされる日本デビューシングルには、タイトルトラックの「Hot Mess」に加え「Sun and Moon」「ZOOM ZOOM」の3曲を収録。全て今作のために企画・制作された日本オリジナル楽曲となっており、<a href="https://bezzy.jp/2024/06/45232/">…

    #aespa

  • 転売ヤーに縋りつくバンドマンの興奮と欲望を描く 尾崎世界観3年半ぶりの中篇小説『転の声』が第171回芥川賞候補に、7月11日単行本発売

    2024.06.13 05:00

    クリープハイプ尾崎世界観による小説『転の声』が、第171回芥川賞候補作に選出された。 第164回芥川賞候補作となった『母影』以来、尾崎世界観にとって3年半ぶりの中篇小説(約230枚)となる『転の声』。「文學界 2024年6月号」掲載時から話題を集め、7月11日(木)には同作を収録した単行本『転の声』が文藝春秋から発売される。 舞台はライブチケットの転売が今よりも市民権を得ている社会。ロックバンドのフロントマン・以内右手は、長引く喉の不調が招く不安に追い詰められ、とうとうカリスマ“転売ヤー”に縋りついてしまう。 「俺を転売してくれませんか」と自分たちのチケットに“プレミア”が付いていく。高額取引<a href="https://bezzy.jp/2024/06/45812/">…

    #クリープハイプ#尾崎世界観

  • 複雑な感情をアイリッシュ風のメロディーに乗せる クジラ夜の街、新曲「祝祭は遠く」をサプライズ配信リリース&MV同時公開 

    2024.06.05 00:00

    クジラ夜の街が本日6月5日(水)に新曲「祝祭は遠く」をサプライズ配信リリースし、同時にMVも公開した。 「祝祭は遠く」はアイリッシュ風のメロディーに複雑な感情を歌詞に込めた楽曲。リリースに際してクジラ夜の街よりメッセージも届いている。 『周囲が楽しそうにしていて、自分だけ置き去り。人間ってそういう時が一番喰らっちゃいます。忌まわしい、そして愛おしい「祝祭」。今日も招待状が届かなかったあなたに、この曲をお届けいたします。』 また、前作『美女と野獣』で好評だったワンコインCDもファンからの継続希望の声に応えて、2nd EP『青写真は褪せない』(初回限定盤・通常盤いずれか)と『祝祭は遠く』ワンコイン<a href="https://bezzy.jp/2024/06/45346/">…

    #クジラ夜の街

  • オタズネモノ by 庄村聡泰 今好きなことをやる、Khakiという思春期生命体

    #8 2024.06.12 18:00

    どうも読者の皆々様方「オタズネモノ」こと庄村聡泰にございます。不定期ゆえに今回は随分とお早い当シリーズの第8回目となりまして、お越し下さいましたのは「イマーシブ・アートロックバンド」を標榜する5人組、Khaki。 その定型を無視、或いは拒否したかのような独特にして複雑な楽曲の成り立ち、そしてそれを作り出すメンバー同士の関係性、先日設立が発表された個人事務所「合同会社ア柿印」にも顕著であるセルフメイド的な活動のルーツ、思わず想像を広げたくなる楽曲名の数々の由来、ほかにも印象的なシャツ&タイの着こなしやバンド内にザッパ担当とマイルス担当がそれぞれいる話などなどを、東京は祖師ヶ谷大蔵が誇る「まるよし<a href="https://bezzy.jp/2024/06/44949/">…

    #Khaki#インタビュー#オタズネモノ#庄村聡泰

  • 前作は少し自信過剰になっていたと明かす ビリー・アイリッシュが前作と比べて新アルバムが特別な理由を語る

    2024.05.24 19:10

    5月17日に3rdアルバム『Hit Me Hard and Soft』をリリースしたビリー・アイリッシュ。同アルバムはリリース日にApple Musicアルバム・チャートにおいて日本を含む80の国と地域で1位を獲得し、Spotifyでは初日に全世界で7200万回再生された。ビリー・アイリッシュ史上最大となる記録を樹立し、過去最高傑作と評価するメディアも多いなか、ビリー・アイリッシュと兄のフィニアスが前作『Happier Than Ever』と比べて今作が特別な理由を語った。 先日、Appleが運営するラジオ放送局Apple Music 1の「Zane Lowe」に出演した2人は、前作と今作は“<a href="https://bezzy.jp/2024/05/44875/">…

    #Billie Eilish#ビリー・アイリッシュ

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube