Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

永野芽郁が新境地を切り開く主演作

映画『マイ・ブロークン・マリコ』ポスタービジュアル解禁、The ピーズ「生きのばし」がEDテーマに

2022.07.11 07:00

2022.07.11 07:00

全ての画像・動画を見る(全3点)

永野芽郁主演、タナダユキ監督による映画『マイ・ブロークン・マリコ』の公開日が9月30日に決定。同時に、映画の本ビジュアルが解禁され、エンディングテーマがThe ピーズの「生きのばし」であることが発表された。

『マイ・ブロークン・マリコ』の原作は、平庫ワカのコミック。2019年に無料WEBコミック誌「COMIC BRIDGE」で連載(全4回)されるやいなや毎話SNSでトレンド入りし、翌年出版された単行本(全1巻)では即重版が決定するなど爆発的な反響を呼んだ。また、「輝け!ブロスコミックアワード2020」大賞を受賞、「この漫画がすごい!2021年オンナ編」第4位にランクインしたほか、2021年に文化庁が主催するメディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞するなど、ほぼ無名に近い新人作家の初連載作にも関わらず異例の快挙を成し遂げた。

映画では、タナダ監督の力強さと繊細さを兼ね備えた演出、永野芽郁のこれまでのイメージを大胆に覆す役柄と演技、そして原作の持つ物語の力がひとつになり、人間の儚さと逞しさが優しく熱をもって描かれる。 解禁されたポスタービジュアルは、永野演じるシイノが奈緒演じる親友マリコを抱きしめ、見る者に強烈なインパクトを残す。彼女が大事そうに抱いているのは、今は亡き魂の片割れ、シイノの目にしか映らない骨になったはずのマリコの姿。どこか遠くを見つめるマリコの表情とは対照的に、シイノの瞳からは、親友を亡くした悲しみと、一人で逝かせてしまったことへの怒りと悔しさ、そして彼女のために何かをしようという確固たる意志が感じられる。ポスター右上にある「勝手に逝った、あんたのために。」というキャッチコピーが、2人の絆の強さを引き立てている。

そして、監督たっての希望でエンディングテーマにThe ピーズの「生きのばし」が決定。「昔、この曲を初めて聴いたとき、〈死にたい朝 まだ目ざましかけて 明日まで生きている〉という歌詞が脳天に来たというか、ダイレクトに心に響いてきて。クソみたいな日常で、クソみたいな思いを抱えながら、でも、死ぬ時まではしょうがないからなんとか生きていくしかないじゃん、という。この作品の世界観を表現できる曲として、これ以上の楽曲はないと思っています」と監督は語る。まさにシイノそのものを表現しているかのようなストレートな歌詞と力強くも爽やかなメロディが映画のラストに寄り沿い、胸に響く。

ほぼ無名に近い新人作家の初連載で異例の快挙を成し遂げた原作を、パワフルに、そしてエモーショナルに演じた女優・永野芽郁の圧倒的新境地。公開は9月30日より。

全ての画像・動画を見る(全3点)


作品情報

『マイ・ブロークン・マリコ』

『マイ・ブロークン・マリコ』本ビジュアル

『マイ・ブロークン・マリコ』本ビジュアル

『マイ・ブロークン・マリコ』

2022年9月30日(金)TOHOシネマズ日比谷ほかにて全国ロードショー
配給:ハピネットファントム・スタジオ/KADOKAWA
原作:平庫ワカ『マイ・ブロークン・マリコ』(BRIDGE COMICS/KADOKAWA刊)

公式サイトはこちら

スタッフ&キャスト

永野芽郁
奈緒 窪田正孝 尾美としのり 吉田羊

監督:タナダユキ
脚本:向井康介 タナダユキ
音楽:加藤久貴
エンディングテーマ:「生きのばし」Theピーズ(P)2003King Record Co.,Ltd.

エグゼクティブプロデューサー:小西啓介
コー・エグゼクティブプロデューサー:堀内大示 大富國正
企画・プロデューサー:永田芳弘
プロデューサー:米山加奈子 熊谷悠
共同プロデューサー:横山一博 岡本圭三 成瀬保則
撮影:高木風太
照明:秋山恵二郎
録音:小川武
美術:井上心平
装飾:遠藤善人
編集:宮島竜治
VFXスーパーバイザー:諸星勲
音響効果:中村佳央
スクリプター:増子さおり
スタイリスト:宮本茉莉
ヘアメイク:岩本みちる
キャスティング:山下葉子
助監督:松倉大夏
制作担当:村山亜希子
製作:映画『マイ・ブロークン・マリコ』製作委員会(ハピネットファントム・スタジオ/KADOKAWA/エキスプレス)
製作幹事:ハピネットファントム・スタジオ
制作プロダクション:エキスプレス
制作協力:ツインズジャパン
文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)独立行政法人日本芸術文化振興会

(C)2022映画『マイ・ブロークン・マリコ』製作委員会

『The ピーズ』

『The ピーズ』ジャケット画像

『The ピーズ』ジャケット画像

『The ピーズ』

2003年2月5日リリース
品番:KICS-991
定価:3,143円(税抜価格 2,857円)

購入はこちら

収録曲

1. 生きのばし
2. ゴーラン
3. ブリロー
4. サイナラ
5. ひとりくらいは
6. バースデー
7. 無力
8. ヒッピー
9. ギャンブル
10. 使いのこし
11. 喰えそーもねー
12. グライダー

80年代バンドブームの中、大木温之(Vo/B)、安孫子義一(G)らによって結成されたバンド、The ピーズ。初期はシンプルなバンドサウンドで、どこか投げやりで構えたところがない歌詞を気だるげに歌うスタイルがロックファンの心を捉えた。歌詞は次第にシビアな現実を反映した内省的なものとなり、サウンドもグランジ色を強め、無骨ながらも人懐っこく、味のある歌で根強いファンを獲得。
メンバーの脱退などを経て1997年に活動を休止するが、同業ミュージシャンやファンからの復活を望む声はやまず、2002年に the pillows の佐藤シンイチロウ(Dr)を迎えて再始動。以降、マイペースに活動を続け、結成30周年を迎えた2017年には初の日本武道館単独公演を成功させた。
その後、大木温之の食道がんによる活動休止期間を経て、現在は大木温之(Vo/G)、安孫子義一(G)、岡田光史(B)、茂木左(Ds)の4人体制で「ピーズ」として精力的に活動中。
2022年には結成から35周年を迎え、35周年記念ツアー「ピーズ35周年ありがとうツアー『解禁ヤッホー!?ドサクサまみれ記念 出かけっちまうかなー♪』」を敢行。6月8日(水)には東京・チームスマイル・豊洲PITにて35周年記念ワンマンライヴを開催した。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 初回盤には今年3月のオンラインライブ映像を収録 菅田将暉が全曲に作詞作曲で参加、『クワイエットジャーニー – EP』11月9日リリース決定

    2022.09.30 18:00

    菅田将暉が、10月より開催するツアー名をタイトルに冠したCD『クワイエットジャーニー – EP』を11月9日にリリースすることを発表した。 2017年から本格的に音楽活動を開始し、2019年リリースの「まちがいさがし」がストリーミング3億回再生を突破、同年末には『第70回NHK紅白歌合戦』への初出場のほか、『第61回 日本レコード大賞』特別賞を受賞した菅田将暉。2020年11月リリースの「虹」もストリーミング再生2億回を超え、2022年10月からはライブツアー「菅田将暉 LIVE TOUR 2022 “クワイエットジャーニー”」の開催を控えている。 同ツアー名を冠したEPには、菅田<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9666/">…

    #菅田将暉

  • 公開に先がけ安田顕ら20名の著名人がコメント インド滞在期のビートルズに迫るドキュメンタリー映画、ジョン・レノンの貴重な写真&エピソード公開

    2022.09.16 17:00

    ザ・ビートルズが最高傑作と言われるアルバム『ホワイト・アルバム』を生んだインド滞在の8日間を捉えた、ポール・サルツマン監督によるドキュメンタリー映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』が、9月23日(金・祝)よりヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺、新宿バルト9ほかで全国順次公開される。 1968年、「自分たちは何者で、どこに向かえば良いのか? 人生の豊かさとは何か?」を求めるジョージ・ハリスンの発案で、ザ・ビートルズの4人は超越瞑想運動の創始者マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーと出会い、インド北部のリシケシュにあるガンジス川を臨む丘の上のアシュラム(僧院)<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8758/">…

    #ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド

  • 特別展「毒」のタイアップソングに BiSHが12ヵ月連続作第9弾タイトル発表、カップリングはチッチ作詞作曲

    2022.09.11 20:00

    BiSHが、9月21日(水)にリリースする12ヵ月連続リリース第9弾作品のタイトル含む詳細とアートワーク、アーティストビジュアルを公開した。 このたび発表された作品タイトルは『UP to ME』。表題曲「UP to ME」は作曲を松隈ケンタが、作詞を松隈ケンタとJ×S×Kが手掛けるパンクロックナンバー。同楽曲は11月1日(火)より国立科学博物館で開催される特別展「毒」のタイアップソングにもなっている。 また、カップリングの「YOUTH」の作詞作曲をメンバーのセントチヒロ・チッチが務めていることも明らかになった。メンバーが作曲した楽曲が収録されるのは、アイナ・ジ・エンド作曲・モモコグミカンパニー<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8297/">…

    #BiSH

  • MVではゲームのイースターエッグが複数登場 リル・ナズ・Xが『リーグ・オブ・レジェンド』ワールドチャンピオンシップの主題歌をリリース

    2022.09.23 22:00

    人気ゲーム『リーグ・オブ・レジェンド』を運営するRiot Gamesと、楽曲「Old Town Road」が最多プラチナ認定という歴史的ヒットをなったリル・ナズ・Xが「Star Walkin’」をリリースした。 2012年には世界で最もプレイヤー数の多いPCゲームと発表され、アメリカではプロスポーツ選手用のビザが認定されるなど、世界で絶大なる人気を得ているゲーム『リーグ・オブ・レジェンド』。毎年10月から11月に開催される『リーグ・オブ・レジェンド』世界最強チーム決定戦、ワールドチャンピオンシップの今年の主題歌「Star Walkin’」がリリースされた。 リル・ナズ・<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9276/">…

    #リーグ・オブ・レジェンド#リル・ナズ・X

  • 日本コロムビア移籍第1弾作品 Charaがシングル『A・O・U』を11月リリース、サウンドプロデュースはmabanuaと大橋トリオ

    2022.09.07 18:00

    Charaが、30周年イヤーを締めくくる日本コロムビア移籍第1弾シングル『A・O・U』を11月1日(火)にリリースすることを発表、ニュービジュアルを公開した。 表題曲の「A・O・U」は、ドラマーそしてプロデューサーとして活躍するmabanuaがサウンドプロデュースを担当し、キュートでグルーヴ溢れるトラックに仕上がった。永久凍土の中に眠っていた約3万年前の植物の花が咲いたニュースにインスパイアされたCharaの決意表明的な歌詞となっている。 もう一方の収録曲「面影」は、大橋トリオがサウンドプロデュースを担当。大橋トリオによる演奏と編曲で上質でオーガニックなミディアムチューンが完成した。 マスタリ<a href="https://bezzy.jp/2022/09/7948/">…

    #Chara#mabanua#大橋トリオ

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube