Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

COLUMN

三浦ジュンの「あなたに届けたい音と薬。」 #1

「書く仕事」

2022.07.04 00:00

2022.07.04 00:00

全ての画像・動画を見る(全2点)

初めまして。
私、三浦ジュンと申します。

ロン毛にサングラスの「みうらじゅん」さん、ではありませんので、悪しからず。

普段はテレビ局で働いていて、主に音楽番組を作っているのですがひょんなキッカケでコラムを書かせていただくことになりました。

コラム?エッセイ?
その違いもよくわからないまま引き受けてしまいましたが…
昔から文章を読むことや書くことが好きだったので「書く仕事」の依頼は、正直、驚き半分、喜び半分です。

「内容は好きに書いてください!」

と言われましたが…
人生の大半を「音楽」に捧げてきたと言っても過言ではなく、
音楽以外にほぼ興味がないので、やはり音楽について書こうと思います。

そう言えば、今から10年以上前に一度だけ「書く仕事」をいただきました。

先日、パソコンの書類を整理していたら『ソニー・マガジンズ WHAT’s IN?』に依頼されたアンケート企画の書類が残っていました。

「2011年音楽シーン総括」というテーマで音楽業界の人にアンケートをとった企画で、「テレビ局の音楽番組スタッフ」としてたまたま僕に声がかかったようです。
今、読み返しても驚くくらい面白いことは書いていませんでしたが…驚くくらい好きなものが今と変わっていませんでした。

その時書いたアンケートの回答がコチラです。

Q.2011年に発売された邦楽アルバムのうち、最も良かった作品を挙げてください。

A.『THE END』毛皮のマリーズ
アルバムを出す度に「最高傑作」を生みだし続けてきた毛皮のマリーズが、ラストアルバムにして最もビューティフルな
作品を生み出した。
愛に満ち溢れたこのアルバムのラストナンバー「ジ・エンド」は彼ら自身の物語の最後を飾るに相応しい、最高に潔くて、最高に彼ららしいロックナンバー。
日本のロック史に残る名盤。


というもの。

そういえば…この『THE END』というアルバム、リリース当日まで、ずっと隠されていた事があったのです。

このアルバムの情報解禁時は『毛皮のマリーズのハロー!ロンドン(仮)』という仮タイトルでした。ロンドンでレコーディングされたアルバムだし、その仮タイトルに何の違和感も抱きませんでした。
そして、その頃毛皮のマリーズのホームページには謎のカウントダウンが出ていました。
すでに武道館公演も発表されていましたが、カウントダウンの「Xデー」はその日でもない…その謎がアルバムのリリース日に明かされました。

アルバム発売当日、深夜0時を回ってから、志磨くんのラジオで、初めてアルバムのタイトルが『毛皮のマリーズのハロー!ロンドン(仮)』でなく、『THE END』だと発表されました。
それと同時に『毛皮のマリーズ・解散』という衝撃のニュースも報告されました…

そう、ホームページのカウントダウンは【THE END(解散)】までのカウントダウンでした。
アルバム発売ギリギリまでタイトルもジャケットも(解散も!)、全て【隠し】というものがまた、また志磨くんらしくて最高です。

この【隠し事】は正直、驚きとともにショックが大きすぎましたが、僕も人をドキドキさせたりワクワクさせたりするハッピーサプライズ的な【隠し事】は大好きです。

あ、今日のコラムのタイトル、覚えていますか?

【書く仕事】です。

タイトルが【かくしごと(隠し事)】になっていたの気づきました?

単なるダジャレです(笑)

毎回、面白いオチを期待されるとプレッシャーで面白いことを書けなくなるのでこんな感じの、ちょっとしたダジャレで毎回「クスリ」としてもらえたら嬉しいです。

そんなこんなで、僕のコラムは「クスリ」としてもらえるような、ほっこりした内容と、素敵な「音」を紹介します、という思いから「あなたに届けたい音と薬(クスリ)」というタイトルにしてみました。

また次回も「クスリ」としてもらえるような拙いコラムをお楽しみに。

♪オススメの「音」
「ビューティフル」毛皮のマリーズ

全ての画像・動画を見る(全2点)

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 初ワンマンツアーも4都市で開催決定 LAUSBUBが1stアルバム『ROMP』発表、収録全10曲には「Telefon」新録バージョンも

    2024.06.06 22:00

    岩井莉子と髙橋芽以からなるニューウェーブ・テクノポップ・バンドLAUSBUBが、1stアルバムのリリースと初ワンマンツアー開催を発表した。 2021年、高校生だった当時SNSに投稿された「Telefon」のライブ動画によって一躍注目を集めたLAUSBUB。待望の1stアルバムと初ワンマンツアーは、LAUSBUBのレギュラーラジオ番組であるAIR-G’「Far East Disco」内で発表された。 7月24日(水)に発売されるアルバム『ROMP』には、昨年リリースされた札幌PARCOのNEW&RENEWALキャンペーンソング「Michi-tono-Sogu」や札幌国際芸術祭2024テーマソング<a href="https://bezzy.jp/2024/06/45445/">…

    #LAUSBUB

  • 計測時の質問は「あなたのなりたい、アーティスト像とは?」 櫻坂46『自業自得』全ジャケット公開、メンバーの脳波から“それぞれの花”を生成

    2024.06.10 11:30

    櫻坂46が、6月26日(水)に発売する9thシングル『自業自得』全5形態のジャケットアートワークを公開した。 今作のクリエイティブディレクション・アートディレクションを手掛けたのはクドウナオヤ、柴谷麻以、辻岡翔、番匠遼大。櫻坂46とは6thシングル『Start over!』と8thシングル『何歳の頃に戻りたいのか?』に続く、3度目のタッグとなる。 アーティストビジュアル・アートワークのコンセプトは“それぞれの、開花”。このワードはレギュラー番組・テレビ東京『そこ曲がったら、櫻坂?』のCMで先日放送されたティザー映像でも使われていた。 今回はクリエイティブテクノロジストの九鬼慧太の加入により、撮<a href="https://bezzy.jp/2024/06/45636/">…

    #櫻坂46

  • 結果的にシンセサイザーのプリセット名を採用 ビリー・アイリッシュ、新アルバムのタイトルは当初人気ドラマのセリフだったと明かす

    2024.05.20 19:30

    5月17日に3rdアルバム『Hit Me Hard and Soft』をリリースしたビリー・アイリッシュ。同アルバムはリリース日にApple Musicアルバム・チャートにおいて日本を含む80の国と地域で1位を獲得し、Spotifyでは初日に全世界で7200万回再生された。ビリー・アイリッシュ史上最大となる記録を樹立し、過去最高傑作と評価するメディアも多いなか同作のタイトルにまつわるエピソードを紹介したい。 「ハードに、そしてソフトに叩いて」という意味合いのタイトルである同アルバムだが、彼女は当初は『Patheticville』というタイトルにする予定だったとローリング・ストーン誌のインタビュ<a href="https://bezzy.jp/2024/05/44721/">…

    #Billie Eilish#Hit Me Hard and Soft#ビリー・アイリッシュ

  • 会場は昨年最大動員数を記録したZOZOマリンスタジアム 櫻坂46「4th YEAR ANNIVERSARY LIVE」11月開催決定、特設サイトでは販売スケジュールも

    2024.06.16 21:35

    櫻坂46が、11月23日(土)と24日(日)に千葉県・ZOZOマリンスタジアムで4周年記念ライブ「4th YEAR ANNIVERSARY LIVE」を開催することを発表した。 6月15日(土)・16日(日)に2日間にわたり東京ドーム公演「4th ARENA TOUR 2024 新・櫻前線 -Go on back?- IN 東京ドーム」を開催した櫻坂46。その2日目公演にて4周年記念ライブの開催が発表され、合わせて特設サイトもオープンした。 なお、櫻坂46は昨年11月に3周年記念ライブ「3rd YEAR ANNIVERSARY LIVE」を4周年記念ライブと同会場のZOZOマリンスタジアムで開<a href="https://bezzy.jp/2024/06/46014/">…

    #櫻坂46

  • 監督は初タッグの田中裕介、振り付けは辻本知彦が担当 米津玄師、破れかぶれの日常をワンカットで捉えた「毎日」MV公開 ダンサー7人との競演も

    2024.05.29 07:00

    米津玄師の新曲で、日本コカ・コーラ「ジョージア」のCMソングとして書き下ろされた「毎日」のMVが公開された 「毎日」は米津玄師が自身の日常を一筆書きで描いた楽曲となっており、「毎日毎日毎日毎日 僕は僕なりに頑張ってきたのに」という切実な歌い出しからはじまり、「月曜火曜水曜木曜金曜土曜日曜」と曜日を連呼しながら跳ねるリズムでハイテンションに突き進むナンバー。順調とはいえない日常を、破れかぶれの空元気さながらアップテンポの軽快な曲調で表現している。 今作のMVはワンカットの映像となっており、米津玄師と7人のダンサーが登場。監督は米津玄師とは初のタッグとなる映像ディレクターの田中裕介が担当し、ダンサ<a href="https://bezzy.jp/2024/05/45054/">…

    #米津玄師

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube