Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

転売ヤーに縋りつくバンドマンの興奮と欲望を描く

尾崎世界観3年半ぶりの中篇小説『転の声』が第171回芥川賞候補に、7月11日単行本発売

2024.06.13 05:00

2024.06.13 05:00

全ての画像・動画を見る(全1点)

クリープハイプ尾崎世界観による小説『転の声』が、第171回芥川賞候補作に選出された。

第164回芥川賞候補作となった『母影』以来、尾崎世界観にとって3年半ぶりの中篇小説(約230枚)となる『転の声』。「文學界 2024年6月号」掲載時から話題を集め、7月11日(木)には同作を収録した単行本『転の声』が文藝春秋から発売される。

舞台はライブチケットの転売が今よりも市民権を得ている社会。ロックバンドのフロントマン・以内右手は、長引く喉の不調が招く不安に追い詰められ、とうとうカリスマ“転売ヤー”に縋りついてしまう。

「俺を転売してくれませんか」と自分たちのチケットに“プレミア”が付いていく。高額取引の痕跡をファンのSNSで確認するたびに、湧き上がる後ろめたい喜び。エゴサ文学の到達点であり、まさに尾崎世界観にしか書けない虚実皮膜のバンド小説となっている。

作品情報

尾崎世界観『転の声』

尾崎世界観『転の声』

2024年7月11日(木)
定価:1,650円(税込)
判型:四六判 上製カバー装
ページ数:168頁
ISBN:978-4-16-391882-2

詳細はこちら

尾崎世界観

アーティスト情報

1984年11月9日、東京都生まれ。2001年結成のロックバンド「クリープハイプ」のヴォーカル・ギター。2012年、アルバム『死ぬまで一生愛されてると思ってたよ』でメジャーデビュー。2014年、初の日本武道館2Days公演を開催、2018年にも4年振りとなる日本武道館公演を成功させる。2021年12月に6thアルバム『夜にしがみついて、朝で溶かして』をリリース。2023年には幕張メッセ国際展示場・大阪城ホールというキャリア史上最大規模の会場にて、アリーナツアー 2023「本当なんてぶっ飛ばしてよ」を開催した。2024年で現メンバー15周年を迎える。
2016年、初小説『祐介』(文藝春秋)を上梓。その他の著書に『苦汁100%』、『苦汁200%』(ともに文藝春秋)、『泣きたくなるほど嬉しい日々に』。2021年1月に単行本が発売された中篇小説『母影』は第164回芥川賞の候補作に選出された。2022年4月に歌詞集『私語と』(河出書房新社)を刊行。

クリープハイプ

アーティスト情報

2001年結成。2009年11月に現メンバー体制となり、本格的に活動をスタートする。2012年、アルバム『死ぬまで一生愛されてると思ってたよ』でメジャーデビュー。2014年に初の日本武道館2days公演を開催、 2018年5月にも約4年ぶりとなる2度目の日本武道館公演「クリープハイプのすべて」を成功させる。2021年12月に6thアルバム『夜にしがみついて、朝で溶かして』をリリース。2023年3月には、新作EP『だからそれは真実』をリリースし、幕張メッセ国際展示場・大阪城ホールというキャリア史上最大規模の会場にて、アリーナツアー 2023「本当なんてぶっ飛ばしてよ」を開催した。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube