Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

“付録”と題した限定CD付きのファンクラブ限定盤も

ゆず2年ぶりの新アルバム『図鑑』7月31日リリース、初回限定盤には昨年のホールツアー映像

2024.05.29 18:00

2024.05.29 18:00

全ての画像・動画を見る(全1点)

2⼈組アーティスト・ゆずが、7⽉31⽇(⽔)にニューアルバム『図鑑』を発売することが決定。収録曲の⼀部が発表されたほか、フラワーアーティスト・東信⽒の撮影によるアルバムのコンセプトフォトも公開された。

2022年発売の17thアルバム『SEES』以来、約2年ぶりにリリースされる18枚⽬のオリジナルアルバム『図鑑』には、昨年デジタルリリースされた「SUBWAY」や「Frontier」、⽇本⽣命CMソングの「ビューティフル」に加え、⾼橋⼤輔主演で6⽉8日から11⽇の4⽇間横浜アリーナで開催されるアイスショー「氷艶 hyoen 2024 –⼗字星のキセキ-」の主題歌として書き下ろした「⼗字星」、 5⽉15⽇に配信リリースされたばかりの新曲「Chururi」を収録。これまでのゆずの⾳楽遍歴を網羅しながらも、ジャンルレスなサウンドメイクや時代に左右されない普遍的なメッセージが“記録”された『図鑑』というアルバムタイトルに相応しい作品となる。

また、公開されたコンセプトフォトは「Chururi」のアートワーク・MVでもコラボレーションしている東⽒が、⾃⾝が主宰するクリエイション集団・AMKK(東信、花樹研究所)のオフィスでインスタントカメラを⽤いて撮影。これまでのゆずビジュアルから⼀新した、アルバム『図鑑』を紐解くキーとなる1枚となっている。

アルバムの初回⽣産限定盤に付属する特典映像には、2023年に敢⾏された全国ホールツアー「YUZU TOUR 2023 Rita -みんなとまたあえる-」より、6⽉2⽇に⾏われた⼤阪フェスティバルホール公演のライブ映像を全編収録。コロナ禍を乗り越え、公演中の声出しが解禁されたホールライブならではの熱狂とパフォーマンスを追体験することができる。

さらに、ファンクラブ限定盤として『図鑑 Visual Art Box』も発売決定。特殊パッケージ仕様となる同アイテムには、通常盤のCDアルバムに加え、限定ジオラマアクリルスタンド、36Pに及ぶ完全撮り下ろしアートフォトブック、さらに“付録”と題した限定CDも特別付属。“付録”には、今後⼀般向けに配信リリースされない書き下ろし曲が収録予定となっており、詳細は今後アナウンスされる。

アルバムの全収録曲、ジャケット写真アートワークは後⽇発表予定。『図鑑』は本⽇より各店舗・WEBサイトにて予約がスタートしており、併せて今秋より開催される全国アリーナツアーのタイトルも「YUZU ARENA TOUR 2024-2025 図鑑」に決定した。

作品情報

ゆず 18thアルバム『図鑑』初回生産限定盤

『図鑑』ジャケット

『図鑑』ジャケット

ゆず 18thアルバム『図鑑』初回生産限定盤

2024年7⽉31⽇(⽔)発売
⚫︎CD+Blu-ray
TFCC-81087〜81088/¥7,700(税込)
⚫︎CD+DVD
TFCC-81089〜81090/¥7,700(税込)

特設サイトはこちら

収録内容

【CD収録曲】
01. Overture -harmonics-
02. 図鑑
03. 伏線回収(テレビ朝⽇系ドラマ「南くんが恋⼈!?」主題歌)
04. Chururi(⽇産サクラCM ソング)
05. 花⾔霊
06. Frontier(NBA Japan Games 2022 公式ソング)
07. つぎはぎ
08. SUBWAY
09. ⼗字星(「氷艶 hyoen 2024 -⼗字星のキセキ-」主題歌)
10. Interlude -harmonies-
11. ビューティフル(⽇本⽣命CM ソング)

【特典映像】ホールツアー「YUZU TOUR 2023 Rita -みんなとまたあえる-」ライブ映像
公園通り/少年/栄光の架橋/遊園地/えん/灰皿の上から/またあえる日まで/いちご/命果てるまで/嗚呼、青春の日々/表裏一体/シシカバブー/友 〜旅立ちの時〜/サヨナラバス/Frontier/OLA!!/夏色/SUBWAY/陽はまた昇る

ゆず 18thアルバム『図鑑』通常盤

『図鑑』ジャケット

『図鑑』ジャケット

ゆず 18thアルバム『図鑑』通常盤

2024年7⽉31⽇(⽔)発売
CDのみ
TFCC-81091/¥3,300(税込)

特設サイトはこちら

収録内容

【CD収録曲】
01. Overture -harmonics-
02. 図鑑
03. 伏線回収(テレビ朝⽇系ドラマ「南くんが恋⼈!?」主題歌)
04. Chururi(⽇産サクラCM ソング)
05. 花⾔霊
06. Frontier(NBA Japan Games 2022 公式ソング)
07. つぎはぎ
08. SUBWAY
09. ⼗字星(「氷艶 hyoen 2024 -⼗字星のキセキ-」主題歌)
10. Interlude -harmonies-
11. ビューティフル(⽇本⽣命CM ソング)

ゆず 18thアルバム『図鑑』ファンクラブ限定盤『図鑑 Visual Art Box』

『図鑑』ジャケット

『図鑑』ジャケット

ゆず 18thアルバム『図鑑』ファンクラブ限定盤『図鑑 Visual Art Box』

2024年7⽉31⽇(⽔)発売
PPTF-8163〜8164/¥9,900(税込)
「ゆずの輪」会員限定販売/YUZU Official Store限定販売
・特殊パッケージ仕様
・通常盤『図鑑』CD アルバム
・ゆず限定ジオラマアクリルスタンド
・完全撮り下ろしアートフォトブック(36P)
・限定CD“付録” ※今後⼀般向けに配信リリースされない書き下ろし楽曲「付録」を収録

特設サイトはこちら

収録内容

【CD収録曲】
01. Overture -harmonics-
02. 図鑑
03. 伏線回収(テレビ朝⽇系ドラマ「南くんが恋⼈!?」主題歌)
04. Chururi(⽇産サクラCM ソング)
05. 花⾔霊
06. Frontier(NBA Japan Games 2022 公式ソング)
07. つぎはぎ
08. SUBWAY
09. ⼗字星(「氷艶 hyoen 2024 -⼗字星のキセキ-」主題歌)
10. Interlude -harmonies-
11. ビューティフル(⽇本⽣命CM ソング)

イベント情報

ゆず「YUZU ARENA TOUR 2024-2025 図鑑」

ゆず「YUZU ARENA TOUR 2024-2025 図鑑」

2024年
10月19日(土) 長野・長野ビッグハット
10月20日(日) 長野・長野ビッグハット
10月25日(金) 神奈川・ぴあアリーナMM
10月26日(土) 神奈川・ぴあアリーナMM
10月27日(日) 神奈川・ぴあアリーナMM
11月14日(木) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
11月15日(金) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
11月23日(土・祝) 東京・国立代々木競技場 第一体育館
11月24日(日) 東京・国立代々木競技場 第一体育館
11月30日(土) 三重・三重県営サンアリーナ
12月1日(日) 三重・三重県営サンアリーナ
12月7日(土) 福岡・マリンメッセ福岡A館
12月8日(日) 福岡・マリンメッセ福岡A館
12月21日(土) 広島・広島グリーンアリーナ
12月22日(日) 広島・広島グリーンアリーナ

2025年
1月11日(土) 大阪・大阪城ホール
1月12日(日) 大阪・大阪城ホール
1月18日(土) 愛知・Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)ホールA
1月19日(日) 愛知・Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)ホールA
1月25日(土) 福井・サンドーム福井
1月26日(日) 福井・サンドーム福井
2月1日(土) 岩手・盛岡タカヤアリーナ
2月2日(日) 岩手・盛岡タカヤアリーナ
2月8日(土) 北海道・北海きたえーる
2月9日(日) 北海道・北海きたえーる
2月18日(火) 神奈川・横浜アリーナ 【Shooting LIVE】
2月19日(水) 神奈川・横浜アリーナ 【Shooting LIVE】
2月22日(土) 神奈川・横浜アリーナ
2月23日(日) 神奈川・横浜アリーナ
2月24日(月・祝) 神奈川・横浜アリーナ

ゆず「YUZU ARENA TOUR 2024-2025 図鑑」

北川悠仁、岩沢厚治により1996年3月結成。

横浜・伊勢佐木町で路上ライブを行うようになる。
1997年10月、1st Mini Album『ゆずの素』をリリース。
万人を引きつけるキャッチーなメロディーと独特なハーモニー、飾らない共感性の高い歌詞が評判を呼び、翌98年6月にリリースした1st Single『夏色』で脚光を浴び、7月リリースの1st Album『ゆず一家』で一躍全国区となる。8月30日に行われた最後の路上ライブには、台風が接近する中およそ7,000人ものファンを集め、路上ライブが社会現象となるきっかけとなった。

その後、ライブはホールクラスからアリーナクラスへとステージを上げ、2001年には初の東京ドーム公演を行う。2005年7月23・24日には、ゆず史上過去最高のキャパとなる日産スタジアムで「YUZU STADIUM 2005 GO HOME」を行う。2007年にはCDデビュー10周年を迎え、10月に記念アルバム『ゆずのね1997-2007』をリリース、10周年感謝祭ライブを行う(全9公演)。

その後も精力的に活動を続けながら、15周年の2012年には、アニバーサリーイヤーを象徴する「ゆず15周年感謝祭 ドーム公演 YUZU YOU」を大成功に収め、同年10月には地元・横浜にて初の展覧会「ゆず展~15th Anniversary Exhibition~」を開催し、およそ2万人を動員。2013年に11枚目のオリジナルアルバム『LAND』を発売し、「第55回 輝く!日本レコード大賞」最優秀アルバム賞に選出。翌2014年、12枚目のオリジナルアルバム『新世界』を発売。

2015年の8月15・16日には、単独有料ライブとしてはおよそ15年ぶりとなる横浜スタジアムでの弾き語りライブ<二人参客>を開催。2日間で約6万人を動員する。9月9日には約14年ぶりとなるライブアルバム『二人参客 2015.8.15〜緑の日〜』『二人参客 2015.8.16〜黄色の日〜』を2枚同時リリースし、オリコン週間アルバムランキングで初登場1、2位独占の快挙を達成する。

2016年1月には2年ぶりとなるニューアルバム『TOWA』が発売。同7月には、自身のキャリア初となるアジアツアー<YUZU ASIA TOUR 2016 Summer NATSUIRO>を開催。台湾、香港、シンガポールで単独公演を成功に収めた。

11月26・27日の2日間、東京ドームにて<ゆず 20周年突入記念 弾き語りライブ「ゆずのみ」>を開催。2017年よりデビュー20周年イヤーに突入し、4月にオールタイムベストアルバム『ゆずイロハ1997-2017』を発売。40万枚超のロングヒットを記録する。5・6月には自身初の全国ドームツアー「YUZU 20th Anniversary DOME TOUR 2017 ゆずイロハ」を敢行し、夏には全国各地の夏フェスに多数出演し爪痕を残す。

秋には約5年ぶりとなる全国ホールツアー「YUZU HALL TOUR 2017 謳おう」を開催。
12月には20周年を記念した2大ドームライブ「LIVE FILMS ゆずのみ」、「LIVE FILMS ゆずイロハ」を同時リリースし、オリコン週間総合ミュージック映像ランキングで1位&2位を獲得。
12月22日には、毎年恒例で開催していたフリーライブ「冬至の日ライブ」ファイナルをカトレヤプラザ伊勢佐木屋上にて開催。長い歴史に終止符を打つ。
12月31日放送の『第68回NHK紅白歌合戦』では、初の大トリとして「栄光の架橋」を歌唱。アニバーサリーイヤーを華々しく締めくくった。

2018年4月には14枚目のオリジナルアルバム『BIG YELL』をリリース。そのアルバムを引っさげて、4月末より<YUZU ARENA TOUR 2018 BIG YELL>を開催。全国10カ所31公演で約33万人を動員した。2019年春には、日本音楽史上初となる弾き語りドームツアー<ゆず 弾き語りドームツアー2019 ゆずのみ〜拍手喝祭〜>を開催し、大成功に収める。

2020年.『SEIMEI』『花咲ク街』など豪華タイアップ曲を多数収録した15枚目となるオリジナルアルバム『YUZUTOWN』をリリース。さらなる音楽の可能性を追求しながら、シーンの第一線で活動中!

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • ジャケットに続きフラワーアーティストの東信とコラボ ゆず9ヵ月ぶりの新曲「Chururi」MV公開、音楽とアートの新たな融合を感じさせる映像に

    2024.05.16 21:10

    ゆずがオフィシャルYouTubeチャンネルで最新曲「Chururi」のミュージックビデオを公開した。 5月15日(水)に配信リリースされた「Chururi」は、昨年8月リリースの「ビューティフル」以来、ゆずにとって約9ヵ月ぶりとなる新曲。作詩は北川悠仁、作曲は北川とトオミヨウが担当した。今を生きる人々の日常に寄り添うような歌詩とカラフルなサウンドアレンジ、曲中で繰り返される合言葉のようなフレーズ“ちゅるり”が印象的な、ゆずの新たなポップソングとなっている。 公開されたミュージックビデオでは、今作のジャケットアートワークも手がけたフラワーアーティスト・東信氏とコラボレーション。東氏が主宰するクリ<a href="https://bezzy.jp/2024/05/44542/">…

    #ゆず#東信

  • 10月の長野を皮切りに来年2月まで全30公演敢行 ゆずが大規模全国アリーナツアー開催発表、新曲「Chururi」&2年ぶりアルバムリリースも決定

    2024.04.07 19:30

    ゆずが5月15日(水)に新曲『Chururi』(読み:ちゅるり)を配信リリースすることが決定し、さらに今夏に2年ぶりのニューアルバム発売、同アルバムを引っ提げた全国アリーナツアーの開催を発表した。 ゆずのアリーナツアーは、25周年イヤーに開催された2022年の「YUZU ARENA TOUR 2022 PEOPLE/SEES -ALWAYS with you-」以来約2年ぶり。今回発表された「YUZU ARENA TOUR 2024-2025」は、10月19日(土)の長野ビッグハット公演を皮切りに、年を跨いだ2025年2月24日(月・祝)神奈川・横浜アリーナ公演までの全国12ヵ所30公演を敢行<a href="https://bezzy.jp/2024/04/42956/">…

    #ゆず

  • 「ゆずの輪」会員限定アイテムは追加公演もパッケージ ゆずのKアリーナ横浜こけら落とし公演が映像作品に、DAY1とDAY2を2作同時リリース

    2024.02.08 08:00

    2人組アーティスト・ゆずが、4月17日(水)にBlu-ray&DVD『LIVE FILMS HIBIKI DAY1 BLUE ✕ FUTARI』『LIVE FILMS HIBIKI DAY2 RED ✕ ALL STARS』を2作同時リリースすることが決定した。 今作は、2023年秋に開催されたゆずによる世界最大級の音楽アリーナ「Kアリーナ横浜」こけら落とし公演を収めた映像作品。アンコール公演を含め全5公演計10万人を動員した同ライブから、北川悠仁と岩沢厚治の弾き語りスタイルでステージに立った9月29日(金)開催の「DAY1 BLUE ✕ FUTARI」、そしてフルバンドでライブを届けた9月3<a href="https://bezzy.jp/2024/02/40273/">…

    #Kアリーナ横浜#ゆず

  • “AGAIN AGAIN”と題し2020年の配信ライブを再構築 ゆず、多目的アリーナ「横浜BUNTAI」のこけら落とし公演を2Days開催

    2023.12.22 12:00

    ゆずが2024年4⽉6⽇(⼟)・7⽇(⽇)の2⽇間、神奈川・横浜にオープンする多⽬的アリーナ・横浜BUNTAI(旧・横浜⽂化体育館)のこけら落とし公演として「YUZU LIVE 2024 AGAIN AGAIN in 横浜BUNTAI」を開催する。 横浜BUNTAIは、⽼朽化により2020年10⽉に閉館した横浜⽂化体育館の敷地に新設されるアリーナ会場。約5000席の観客席を備え、今後は市⺠スポーツ⼤会をはじめプロスポーツやエンターテイメントなどのイベントが⾏われていく。ゆずはデビュー翌年の1998年に初めて横浜⽂化体育館でライブを⾏って以降、同所で複数回のコンサートを開催しており、コロナ禍の2<a href="https://bezzy.jp/2023/12/38307/">…

    #ゆず

  • こけら落とし公演を行う「Kアリーナ横浜」で撮影 ゆず、パフォーマー45人の躍動感で“人の美しさ”を表現した「ビューティフル」MV公開

    2023.09.14 20:10

    2⼈組アーティスト・ゆずが、配信中の最新曲「ビューティフル」のミュージックビデオをYouTubeで公開した。 「ビューティフル」は “新たなゆずの応援歌”。諦めずに前に進んでいく姿は“美しい”と肯定し、未来に進んでいく様を描いた歌詞と組曲のように展開される曲構成が特徴で、「FIBA バスケットボール ワールドカップ 2023」をサポートする⽇本⽣命のCMソングとしてもオンエアされ話題となった、 公開されたミュージックビデオは、横浜のみなとみらいエリアに新設され、9月29日から10月1日にはゆずによるこけら落とし公演が行われる約2万⼈収容の⾳楽アリーナ「Kアリーナ横浜」で撮影を敢⾏。開業前に同所<a href="https://bezzy.jp/2023/09/32563/">…

    #ゆず

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube