Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

劇中曲デモ音源にのせた稽古シーン動画が公開

cero荒内佑が高城れに主演『最高の家出』で舞台音楽に初挑戦、劇伴5曲を作曲

2024.01.26 16:00

『最高の家出』ポスタービジュアル

2024.01.26 16:00

全ての画像・動画を見る(全5点)

2024年2月4日(日)より上演されるパルコ・プロデュース2024『最高の家出』の劇伴をceroのメンバー荒内佑が担当することが決定し、劇中曲デモ音源と稽古シーンが公開された。

本作で主演を務めるのは、2023年に結成15周年を迎えたももいろクローバーZのメンバーで、今回単独での舞台初出演となる高城れに。共演には祷キララ、東島京、尾上寛之、また劇団ロロからは板橋駿谷、亀島一徳、篠崎大悟、島田桃子、劇団ロロ常連の重岡漠が名を連ねた。

高城が演じるのは、結婚生活に疑問を感じ、家出をした立花(たちばな)箒(ほうき)。道中、無一文になり途方に暮れていたところ、出会った藤沢港(東島京)に「住み込みの働き手を探している劇場がある」と聞き、劇場を訪れる。そこで与えられたのは、舞台上に作られた“模造街”で、ある役を演じる仕事だった。

その劇場では1人の観客のために7ヵ月間かけてひとつの物語を上演しているのだが、港が家出したせいで箒は代役を務めるハメになり、舞台の主演蒔時アハハ(祷キララ)と箒はチグハグな関係のまま芝居を続ける。演劇と現実の区別がつかなくなった男、眠りを忘れて働き続ける裏方、舞台上だけ雄弁な言葉を失った俳優など、箒は奇妙で愉快な面々に振り回されながら次第に劇場での暮らしに心地よさを覚え、アハハとの友情を深めていく。そんなある日、劇場に箒の夫・向田淡路(尾上寛之)が現れ、さらに港も戻ってきて、“模造街”の秩序が崩れはじめる。

それぞれの”家出”が重なり合う本作の演出を手がけたのは、2009年に劇団ロロを立ち上げ、古今東西のポップカルチャーをサンプリングしながら描く世界観がジャンルを超えて注目される三浦直之。近年はドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る。』や映画『サマーフィルムにのって』の脚本、舞台『SLAPSTICKS』の演出を担うなど活動の幅を広げている。なお三浦は今回の書き下ろし最新作がパルコ・プロデュース公演初登場となる。

『最高の家出』稽古シーン〜荒内佑(cero)作曲の劇中曲にのせて〜

また、ceroの荒内が演劇の劇伴を作曲するのは初めての挑戦となり、楽曲数は全5曲を予定。ceroはメンバー3人それぞれが作曲、アレンジ、プロデュースを手がけ、声優の坂本真綾などに楽曲提供、Remixも行うなど、幅広く活動をしている東京発のポップバンド。以前劇団ロロの公演アフタートークのゲストとしてメンバーの高城晶平が参加するなど親交が深く、今回初のコラボが実現した。三浦直之もceroのライブを観て「曲ごとの情景の立ち上がりや、ライブを通しての物語の浮かび上がり、いたく感動した」と語っている。

三浦の作り出す現実と虚構の”家出”が入り交じる不思議な世界観を、ceroの多くの楽曲で作曲も手掛ける荒内佑が音楽で盛り上げていく。

荒内佑(cero)コメント
本作は様々な家出をモチーフにしつつ、「故郷の喪失」が物語の大きな基盤になっています。そして、故郷がどこでもない場所になってしまう、という経験を私たちは様々なレヴェルで日々しています。再開発によって、市町村の統廃合によって、震災によって、紛争によって、などです。全く今日的なテーマだと思います。ですが、解釈に溺れる前に、みなさんが客席で多く感受するのは舞台に溢れるユーモアだと想像します。ユーモアがこの物語の大きな駆動力になっている、といってもいいかもしれない。それが三浦さんのスタイルなのだと思います。音楽は、その一助になれていたら幸いです。

作・演出:三浦直之 コメント
前からceroの音楽のなかで演劇をつくるのは夢のひとつだったので、今回ceroの荒内さんが参加することが決まりサイコーに嬉しいです。歪さと可笑しさと懐かしさが入り交じる音楽を早く劇場で聴きたい! スーパーストレンジな音のなか、俳優たちが彷徨う姿を是非目撃しにきてください。

全ての画像・動画を見る(全5点)

作品情報

パルコ・プロデュース2024『最高の家出』

パルコ・プロデュース2024『最高の家出』

【東京】紀伊國屋ホール
2024年2月4日(日)~2月24日(土)13:00開演/19:00開演
【高知】高知県立県民文化ホール オレンジホール
2024年3月6日(水)18:30開演
【大阪】森ノ宮ピロティホール
2024年3月9日(土)12:30開演/17:00開演
【香川】レクザムホール(香川県県民ホール) 小ホール
2024年3月14日(木)18:30開演
【宮城】電力ホール
2024年3月20日(水・祝)15:00開演
【北九州】J:COM北九州芸術劇場 中劇場
2024年3月23日(土)12:00開演

公式サイトはこちら

スタッフ&キャスト

作・演出:三浦直之(ロロ)
音楽:荒内佑(cero)
出演:高城れに(ももいろクローバーZ) 祷キララ 東島京 板橋駿谷 亀島一徳 篠崎大悟 島田桃子 重岡漠 尾上寛之
企画・製作:株式会社パルコ

1993年6月21日生まれ。2008年にももいろクローバーZ結成。担当カラーは紫。2015年以降毎年ソロコンサートを実施。2020年には、NHK総合「よるドラ」枠『彼女が成仏できない理由』にて、W主演。メンバー初となる連続ドラマの主演となった。舞台は2015年に『幕が上がる』、2018年『ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?』、2019年『座長・佐々木彩夏 大江戸娯楽活劇「姫はくノ一」』、2023年11月には『座長玉井詩織 大江戸ミュージカル「CHANGE THE FUTUREFUTURE!~未来を変えろ~」』に出演。2024年2月4日からは初の単独主演舞台となるPARCOプロデュース「最高の家出」の出演が控える。

10月29日生まれ宮城県出身。
2009年、日本大学藝術学部演劇学科劇作コース在学中に、処女作『家族のこと、その他たくさんのこと』が王子小劇場「筆に覚えあり戯曲募集」に史上初入選。同年、主宰としてロロを立ち上げ、全作品の脚本・演出を担当する。自身の摂取してきた様々なカルチャーへの純粋な思いをパッチワークのように紡ぎ合わせ、様々な「出会い」の瞬間を物語化している。2015年より、高校生に捧げる「いつ高シリーズ」を始動。高校演劇のルールにのっとった60分の連作群像劇を上演し、戯曲の無料公開、高校生以下観劇・戯曲使用無料など、高校演劇の活性化を目指す。そのほか脚本提供、歌詞提供、ワークショップ講師など、演劇の枠にとらわれず幅広く活動中。
2016年『ハンサムな大悟』第60回岸田國士戯曲賞最終候補作品ノミネート。
近年の舞台作品に『マジカル肉じゃがファミリーツアー』(18' KAAT 大スタジオ)『はなればなれたち』(19' アゴラ劇場)、『ロマンティックコメディ』(22’ シアターイースト)、『ここは居心地がいいけど、もう行く』(22’ 吉祥寺シアター)『BGM』(23'KAAT 大スタジオ)。また、「腐女子、うっかりゲイに告る。」(19' NHK NHK)「有村架純の撮休(第8話)」(20' WOWOW WOWOW)、「あなたのそばで明日が笑う」(21' NHK NHK)「とりあえずカンパイしませんか?」(23’TX TX)など、ドラマ脚本も多数手がける、今注目の作家であり、共同脚本を手掛けた、映画「サマーフィルムにのって」(21' 夏)がスマッシュヒット。

荒内佑(cero)

アーティスト情報

音楽家。バンド、ceroのメンバー。多くの楽曲で作曲も手がける。その他プロデュース、楽曲提供、Remixなども行っている。ソロ作に「Śisei」、ceroの最新作に「e o」がある。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube