Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

時代、国、性別を越えて真実の愛を追い求める物語

宮沢りえが一夜で女性に変身する美貌の青年貴族に、栗山民也演出『オーランド』7月上演決定

2024.01.11 17:00

2024.01.11 17:00

全ての画像・動画を見る(全1点)

2024年7月よりパルコ・プロデュース2024『オーランド』の上演が決定した。埼玉、東京を皮切りに、8月には愛知、兵庫、福岡と巡演する。

20世紀モダニズム文学の重鎮で最も有名な女流作家のひとりであるヴァージニア・ウルフの代表作『オーランド』。数奇な運命をたどるオーランドの人生を通じて、“真の運命の相手には時代も国も性別も関係なく巡り合えるはず!”という強いメッセージを奇想天外なストーリーの中で描く。映画『オルランド』(1992年)でも知られる本作が、演出家・栗山民也の原案、詩人・岩切正一郎の翻案で舞台化される。

16世紀のイングランドに生を受けた青年貴族オーランドは、エリザベス女王をはじめ、あらゆる女性を虜にする美貌の持ち主。しかし初めて恋に落ちたロシアの美しい姫には手ひどくフラれてしまい、ルーマニアの皇女からは力づくの恋を仕掛けられ、傷心のオーランドはトルコに渡る。その地で30歳を迎えた彼は、なんと一夜にして艶やかな女性に変身する。

オーランド役にはTVドラマ、CM、映画、舞台と多方面で活躍し、5度にわたる日本アカデミー賞主演女優賞や読売演劇大賞・最優秀主演女優賞など、数多くの映画、演劇の受賞歴を持つ宮沢りえ。2012年朗読『宮沢賢治が伝えること』以来、栗山と本格的に初タッグを組む。

オーランドが各時代で巡り合う共演者には、バラエティ番組やドラマと幅広く活動し、舞台『てなもんや三文オペラ』や映画『湯道』等でさらなる活躍を魅せたウエンツ瑛士。「りゅーとぴあ能楽堂シェイクスピアシリーズ」にて舞台『マクベス』や『ハムレット』等で主役を演じ、NODA ・ MAP番外公演『THE BEE』などにも出演し俳優としてだけでなく企画・演出と多方面で活躍するほか、ドラマ『VIVANT』にも出演した河内大和が決定。

さらにはCM出演・ナレーション・声優と多岐にわたる経験を持ちドラマ『VIVANT』『必殺仕事人』や舞台『ゲルニカ』等の舞台で活躍の幅を広げている谷田歩。大河ドラマ『鎌倉殿の13人』やドラマ『祈りのカルテ』等のドラマ・映画に出演、舞台『12人の怒れる男』『23階の笑い』で2度目の読売演劇大賞最優秀男優賞受賞し、旗揚げした演劇集団で演出としても活躍する山崎一の出演も決定。個性豊かな実力派キャスト達が年代や性別の異なる複数の人物を演じ分ける。

コメント一覧

案:岩切正一郎
オーランドの体には、英国における男性中心の社会から女性が自己表現者として鮮明に自立してゆく350年余りのプロセスが寓意的に折り畳まれています。それを劇として展開する翻案を任されました。ヴァージニア・ウルフが風刺的な物語の人物として創造したオーランドの体と意識は時を越えて広がり、今の日本や世界の状況を包み込んでいます。オーランドのプロットは演劇的なものを壊す要素でいっぱいです。それを逆手に取って、沈黙の襞の奥で響いているものを聴き出せるような台詞にできればと思っています。宮沢りえさんを始めとする素晴らしい俳優陣の演技と栗山さんの演出と一緒に、「オーランド」の中へ分け入ってゆく、秘境の探検隊の一員となったような気持ちで取り組んでいます。

演出:栗山民也
もう30年も前のことになるが、パリで夜ごと劇場に通い、饒舌に語り合うフランス人のように友人たちとカフェで飲みながら、今観た舞台について何時間も語り合った。そんな時カルチェラタンにある劇場の前で一枚のポスターを見た。その闇のような色彩のポスターはロバート・ウイルソン演出の「ORLANDO」。ウイルソン独特の光と影の舞台は、いつものようにマジックのようで鮮やかだった。その時の記憶が深く体のどこかに残っていたのか、宮沢りえさん主演で何かをとプロデューサーから言われた時、「ORLANDO」の淡く深遠な風景がすぐ心に浮かんだ。この物語と出会った時、なんとも不可解な世界に迷い込んだことを覚えている。答えを見つけるのではなく、幾度も問うことが求められた。不変を象徴する「樫の木」が360年生きた主人公とともに、ただ移りゆく時代の表情をじっと見つめているような印象。そんな詩のような、永遠を描く舞台になればと思う。

宮沢りえ
初めて栗山さんとご一緒できる事がとても嬉しいです。
そして台本を頂き、無限の怖さを感じ、震えてもいます。今までに無い大きな挑戦です。プレッシャーをエネルギーに変え、舞台の上では何者にでもなれるし、どこまででもいけるんだ!その飛躍力を信じ、ただただ突き進みたいと思います。

ウエンツ瑛士
まずこの様に素晴らしい方々とご一緒出来る事が何より嬉しいです。台本を読んでもなかなか見えてこないシーンなどが、どの様に立ち上がっていくのか。興味をそそられると同時にしっかり食らいついていこうという決意で溢れています。考え尽くして、感じ尽くして、全身で表現をする。そして今までの自分に安住せず、不恰好でも曝け出してそこも皆様が楽しんでもらえる要因の一つになるように出来たらと思ってます。と半年前から気合いが入りまくってますが、暑い夏になる事間違いなしです。それまで日々をしっかり積み重ねて、皆様と劇場でお会い出来る日を楽しみにしています。

河内大和
今から稽古も本番も本当に楽しみです!この壮大な自然と人間の物語が、今のこの時代に、どんなふうにPARCO劇場に立ち上がっていくのか!この戯曲は、オーランドーの人生の大風景画、ファンタジーでありながら刺すようにリアル、すべての言葉が煌めいて感じられます。演出の栗山さんとは今年の始めにご一緒させていただいたのですが、本当に演出が魔法のようで、見えない大きな力に導かれるように、いつの間にかとんでもない作品に仕上がっていきます。共演者の皆様も尊敬する素敵な方たちばかりなので、きっと演劇にしかできない想像力の愉しさと人間力に溢れた作品になるのではないかと、ものすごくワクワクしています。

谷田歩
とにかく出突っ張りのオーランドが大変だろう。
そしてそれと共にコロコロ変わる沢山の相手役を、たった4人の男が受け持つ。
骨が折れる芝居になるなと、覚悟している。
僕にとっては初めましての方も居れば、縁多い人も居る。
詩的な台詞が多いこの美しい物語を、キャストと栗山さんでどの様に仕上げて行くのかとても楽しみ。
苦労するのは間違いないけど、絶対に面白い作品になる事を今から確信しています。

山崎一
「オーランド」という作品は不思議な作品です。男性として生まれ、そのあと女性に生まれ変わって数百年生きてる人の話ですからね。性別だとか、ものの価値観がひっくり返ってしまうような面白さがありますよね。
時間と場所がどんどん変わって行く。だから作り手としては大変ですよね、多分。(笑)
でも、だからこそ舞台でやる意味もまたあるんでしょうね、この作品は。いまからワクワク、ドキドキが止まりません。
だってこれだけたくさんの人が出てくるのにわずか5人でやるのですから!
あ、宮沢りえさんはオーランドだけなので、4人ですね!(笑)どうぞ皆様、お楽しみに!

作品情報

PARCO PRODUCE 2024 舞台『オーランド』

舞台『オーランド』キャスト

舞台『オーランド』キャスト

PARCO PRODUCE 2024 舞台『オーランド』

埼玉公演/2024年6月29日(土)~30日(日) 彩の国さいたま芸術劇場大ホール
東京公演/2024年7月5日(金)~28日(日) PARCO劇場
愛知公演/2024年8月2日(金)~4日(日) 穂の国とよはし芸術劇場PLAT主ホール
兵庫公演/2024年8月8日(木)~11日(日) 兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール
福岡公演/2024年8月16日(金)~18日(日) キャナルシティ劇場

公式サイトはこちら

スタッフ&キャスト

原作:ヴァージニア・ウルフ
翻案:岩切正一郎
演出:栗山民也
出演:宮沢りえ、ウエンツ瑛士、河内大和、谷田歩、山崎一

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube