Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

2018年「アルペジオ」の手法を推し進めたもの、と説明

小沢健二『東大900番講堂講義 ep』配信スタート、新曲「Noize」ボーカルはGEZANマヒト

2024.01.12 12:00

2024.01.12 12:00

全ての画像・動画を見る(全4点)

小沢健二が、新曲「Noize」を含むEP音源『東大900番講堂講義 ep』を本日1月12日(金)より各サブスクリプションサービスで配信リリースした。

「Noize」は小沢のオフィシャルサイト上で1月2日から公開されていた楽曲だが、メインボーカルを務めているのは小沢本人ではなく、ロックバンド・GEZANのフロントマンとしても知られるマヒトゥ・ザ・ピーポー。何も知らずに曲を聴いたファンは明らかに小沢のものではない歌声に驚き、SNSを中心に「いったい誰が歌っているのか?」と推測が重ねられていた。

小沢は「Noize」においてコーラスとギター、ホイッスルの演奏を担当。ソロアーティスト名義の楽曲を別のアーティストが歌うというスタイルを選んだ理由について彼は、「Noize」と2018年リリースの「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」がともに自身の学生時代の感情をモチーフにした楽曲であることを踏まえ、今回のマヒトゥ・ザ・ピーポーの起用は「アルペジオ」のラップパートに二階堂ふみと吉沢亮が参加した手法を推し進めたものだと説明している。

「そういう自伝的な歌詞が『アルペジオ』と『Noize』なのですが、それを今の自分が歌うのはどうも合わない気がして、録音で世界を作れるならば、他の人のほうが良くない?映画監督が自伝的な作品を撮る時、自分役を俳優さんにお願いしない?みたいな発想で『アルペジオ』で初めて、二階堂ふみさんと吉沢亮さんに自分の声をお願いするという暴挙に出ました。この『俳優型』には手法的な突破感?ブレイクスルー?があって、『Noize』ではさらにラディカルな形になっています」(小沢健二 / 2024年1月5日更新のSNSより)

小沢は昨年9月に母校の東京大学で学生たちを前に講義を行っており、「Noize」はその講義で披露される“劇中歌”として制作された楽曲だという。彼はこの曲の成り立ちについて「東大での講義を若い頃のぼく(『LIFE』期のオザケンも含めて)が受講して、部屋に帰って書いた」設定の曲であると語っている。今回は同じく講義で演奏した既存曲「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」と「いちょう並木のセレナーデ」が、「River Suite 川の組曲」として演奏された2022年のライブ音源とあわせてEPの形でリリースされる。

なお小沢は東名阪ツアー「Monochromatique モノクロマティック」を2024年5月に実施する。このライブでは今年30周年となる記念碑的アルバム『LIFE』などの楽曲に加えて、小沢自身の歌唱による『Noize』の披露も予定されている。

全ての画像・動画を見る(全4点)

作品情報

小沢健二 EP『東大900番講堂講義 ep』

小沢健二『東大900番講堂講義 ep』ジャケット

小沢健二『東大900番講堂講義 ep』ジャケット

小沢健二 EP『東大900番講堂講義 ep』

2024年1月12日(金) 配信リリース

収録曲

01. Noize
02. River Suite 川の組曲 アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先) / いちょう並木のセレナーデ 東京ガーデンシアター Live 2022

イベント情報

 小沢健二「Monochromatique モノクロマティック」‘24ツアー

小沢健二「Monochromatique モノクロマティック」‘24ツアー

2024年
5月1日(水)愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
開場17:30/開演18:30

5月4日(土) 大阪・大阪国際会議場メインホール(グランキューブ大阪)
5月5日(日) 大阪・大阪国際会議場メインホール(グランキューブ大阪)
開場16:30 / 開演17:30

5月8日(水)東京・NHKホール
5月9日(木) 東京・NHKホール
開場17:30/開演18:30

 小沢健二「Monochromatique モノクロマティック」‘24ツアー

※6歳以上有料

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 新曲「Noize」もオフィシャルサイトで公開 小沢健二が2年ぶりホールツアーを5月開催、光と陰のみの演出で全席に“ひみつの小道具”も

    2024.01.01 20:00

    小沢健二が、2024年5月に東名阪会場をまわるツアー「Monochromatique モノクロマティック」の開催を発表した。 本ツアーでは、5月1日の名古屋国際会議場センチュリーホールを皮切りに、グランキューブ大阪、NHKホールと、いずれもキャパ3,000人前後のコンサートホールにて3都市計5公演を実施。タイトル通りあえてステージ照明に色を使わずモノトーンの光と陰のみを用いた演出で行われる予定で、小沢はツアー特設ページに長文を掲載しており「白から黒までの色の中だと、歌詞や演奏はよりはっきり聴こえる気がする」とコメントしている。 演奏曲については2024年が2ndアルバム『LIFE』の発表から3<a href="https://bezzy.jp/2024/01/38608/">…

    #小沢健二

  • 「この本は密室型アトラクション」と小沢本人はコメント 小沢健二「東大900番講堂講義」音声の有料配信が決定 教科書の受注販売がスタート

    2023.10.25 20:00

    小沢健二が「東大900番講堂講義」の音声を2024年1月1日に配信することが決定し、先駆けて講義で使用する教科書の受注販売受付が本日10月25日からスタートした。 小沢は去る9月30日、母校の東京大学駒場キャンパス900番講堂において、集まった受講生を相手に3時間強におよぶ講義を実施した。当日は膨大な参考文献や図表の入った教科書を用いながら多岐にわたるテーマが掘り下げられ、受講者からは「世界の見え方が変わった」「オザケンの頭の中を覗けた気がする」といった感想が届くなど、刺激に満ちた内容が展開。小沢は青いウサギの仮面をつけ、講義中にはギター弾き語りで「いちょう並木のセレナーデ」「アルペジオ」など<a href="https://bezzy.jp/2023/10/35057/">…

    #小沢健二

  • 前夜祭から乗り込んだ庄村聡泰が観たライブを凝縮して解説 フジロック総括1万5000字レポート(前編) 体がいくつあっても足りなかった初日〜2日目夜

    2023.09.06 17:30

    (取材・文/庄村聡泰) こういうことがあるからさ、やっぱり可能な限り前夜祭からおっ始める方がいいんだよと思う。というわけで今年も前夜祭からの参加となったFUJI ROCK FESTIVAL ‘23である。フジロッカーたちの憩いの場となるオアシスとRED MARQUEEが今年も前夜祭のみ入場無料で開放。フードとドリンク、そして中央に組まれたやぐらでの苗場音頭に大道芸。からの開催を祝しての打ち上げ花火、当日に演者が公表されるRED MARQUEEでのライブ(こちらも前夜祭のみ無料)が楽しめる。今年は事前記事にて推しまくったインドのフュージョンバンド、JATAYUが前夜祭にも出演という俺得に加え沖縄<a href="https://bezzy.jp/2023/09/31979/">…

    #FUJI ROCK FESTIVAL#フジロック#ライブレポート

  • オタズネモノ by 庄村聡泰 創造力は深化に宿る、LAUSBUBの源流探検

    #6 2023.09.11 19:00

    どうも読者の皆々様方「オタズネモノ」こと庄村聡泰にございます。当コラム第6回目にご登場いただきましたのは、北海道は札幌発のニューウェイヴ・テクノポップバンドLAUSBUB。一聴して強烈に匂い立つその音楽愛を深掘りしたところ、またなかなかにマニアックな用語が飛び交う内容と相成りまして、超楽しかったんですけど読者様がついて来れるか不安です(笑)。 出会いのきっかけや部活のお話、名を轟かすきっかけとなった「SCHOOL OF LOCK!」の話題、そして今年リリースの筆者がとってもツボった「80+1 Hardy Ones」で印象的なギターの「カーン(通称ヘッドピーンと呼ばれる奏法)」や「Michi-t<a href="https://bezzy.jp/2023/09/32048/">…

    #LAUSBUB#インタビュー#オタズネモノ#庄村聡泰

  • 16年ぶりに”屋根の上”へと帰ってくる 木村カエラがGEZANマヒトとのコラボ曲MVプレミア公開、『saku saku』一夜限りの復活も

    2022.07.25 10:00

    木村カエラが、“tvk開局50周年ソング”として書き下ろした最新曲「Color Me feat.マヒトゥ・ザ・ピーポー」のMVを、7月27日(水)0時にプレミア公開する。 GEZANのマヒトゥ・ザ・ピーポーを迎えてtvkの50周年を記念し制作された本作は、「Color Me」というタイトルの通り、誰かと一緒にいることで鮮やかな色を重ね今までと違う世界が見られるというメッセージが込められた楽曲。2003年から2006年までtvk『saku saku』の番組MCを担当し、番組企画をきっかけに作成した楽曲「Level 42」でメジャーデビューを果たした木村カエラだからこそ書ける、tvkの開局50周年<a href="https://bezzy.jp/2022/07/4350/">…

    #ママヒトゥ・ザ・ピーポー#木村カエラ

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube