Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

洋画の吹き替えを務めるのは『シンデレラ』以来2回目

高畑充希が吹き替え版「バービー」に 憧れのグレタ・ガーウィグ監督作で主人公の声を担当

2023.07.06 07:00

©2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

2023.07.06 07:00

全ての画像・動画を見る(全3点)

8月11日(金)に全国公開される映画『バービー』の日本語吹き替え版声優として、高畑充希が主人公・バービー役に決定したことが発表された。

本作は、完璧でハッピーな毎日が続く「夢」のようなバービーランドで暮らすバービーとケンが、ある日完璧とは程遠い“人間世界〈リアルワールド〉”に迷い込み、本当に大切なものを見つけるドリームファンタジー。

バービーを演じるのは、『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』のマーゴット・ロビー。ケンを演じるのは、『ラ・ラ・ランド』でアカデミー主演男優賞にノミネートされた、ライアン・ゴズリング。監督は『レディ・バード』でアカデミー監督賞・脚本賞にノミネートされたグレタ・ガーウィグが務める。

バービー役の吹き替えを務める高畑充希 ©2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

高畑が洋画作品で吹き替えを担当するのは『シンデレラ』(2015年)以来2回目。様々な舞台やミュージカル、映画、ドラマで見せる演技力に加えて、かねてより本作の監督であるガーウィグが手掛けた『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』(2019年)がお気に入りだと公言してきたこともあり、映画『バービー』の持つ世界観を余すことなく表現できる唯一無二のキャストとしてバービー役をオファーされた。

そして、本国によるオーディションを経て正式にキャスティングが実現。ワーナー・ブラザースの米国本社の担当者は「(ボイステストでの)充希の声は素晴らしく、バービーの雰囲気にぴったりだった。完成した作品を見るのが今から楽しみだ」と大きな期待を寄せている。『シンデレラ』でも高畑を演出した、本作の日本語吹き替え演出担当の鍛治谷功も「8年前と変わらず、静かに役と向き合いつつも一瞬にして役をものにする鋭い感性をお持ちの方だと改めて思いました。不幸なシンデレラからスーパーハッピーなバービーへ思えば真逆の役柄ですが、今回も素晴らしい仕上がりになっていると思います。ちなみに私もグレタ・ガーウィグ監督のファンですが、そこに高畑さんが出演するのは一映画ファンとしてワクワクしますね!」と、高畑の演技に確かな手応えを感じていることを明かした。

バービー役の吹き替えを務める高畑充希 ©2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

高畑充希からコメントも到着している。

──オファーを聞いた時の感想と、ガーウィグ監督作品の魅力について

グレタ・ガーウィグ監督の作品が大好きで、手掛けた作品を拝見していたので、今回吹き替えキャストのオファーを頂いた時はすごく心躍りました。グレタ監督の映画は、どんなテイストの作品でも登場人物がすごくチャーミングで、女性らしいドライさやユーモアの加減もすごく素敵だし、映像もとても綺麗です。そんな彼女が“バービー”の映画を撮ることにまずびっくりして、映画館で観たい!と思っていた映画だったので、テンションが上がりました。一足先に映画も観させていただいたのですが、バービーという題材ですがキラキラした要素だけでなく「男女とは?」「生きるとは?」というところまで描かれていて、さすがだなと思いました。

──アフレコを振り返って、バービー役を演じる上で意識した点について

かつて子供の頃夢中で遊んでいたバービーを、大人になって自分が声で演じるとは考えてもみなかったので、すごく不思議な感覚です。アフレコをするのは数年ぶりだったのでめちゃくちゃ緊張しましたが、『バービー』は映画自体がすごく面白かったので、声を吹き込みつつ笑いながら観てしまいました。本作でのバービーは、みなさんが想像する、笑顔でキラキラしたイメージに加えて、気持ちが沈んだりダメダメになったり、ある意味でとても人間らしい、いろんな面が現れるキャラクターです。今回はそんなバービーのいろんな姿を演じられるように心がけました。実際に演じてみてすごく楽しかったです。

──マーゴット・ロビーのバービー役について

バービーを演じたマーゴット・ロビーは、いろんな作品で拝見していたのですが、本作もチャーミングで素晴らしかったです!劇中でバービーが箱に入るシーンがあるんですが、マーゴットがバービーにしか見えなくて、こんなに“実写化”が似合う方がい るんだなと思いました。バービーがどんどん変化していく様も素晴らしかったです。

──本作を観るとどんな気持ちになるか

バービーたちが住むバービーランドはとにかく可愛くて、キャラクターたちが次から次へと素敵なファッションに着替えていくところを見ると思わずショッピングに行きたくなるし、圧倒的にオシャレしたくなると思います。そうしてポップな気持ちになったかと思えば、一転して切ない気持ちにもなるし、ラストにはなんだか観ている側も強くなれたような気がしました。昔自分で持っていたり、お子さんが小さい頃遊んでいたりしたバービーを、もう一度箱から出したくなるような素敵な作品だなと思いました。

全ての画像・動画を見る(全3点)

作品情報

バービー

©2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

©2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

バービー

2023年8月11日(金)全国公開
2023年10月25日(水)デジタル配信/11月22日(水)ブルーレイ&DVD発売
配給:ワーナー・ブラザース映画

公式サイトはこちら

スタッフ&キャスト

出演:マーゴット・ロビー、ライアン・ゴズリング、シム・リウ、デュア・リパ、ヘレン・ミレン
監督・脚本:グレタ・ガーウィグ
脚本:ノア・バームバック
プロデューサー:デヴィッド・ヘイマン

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 実在した女優・長谷川泰子役で愛に狂う新境地を拓く 広瀬すず主演、田中陽造による“幻の脚本”を根岸吉太郎が映画化『ゆきてかへらぬ』来年2月公開

    2024.06.26 07:00

    広瀬すず主演映画『ゆきてかへらぬ』の公開が2025年2月に決定し、場面写真と主演・監督・脚本家のコメントが到着した。 大正時代が舞台の本作は、実在した女優の長谷川泰子、詩人の中原中也、評論家の小林秀雄という男女3人による出口のない三角関係と壮絶な青春を描いた作品。まだ芽の出ない女優・長谷川泰子は、のちに不世出の天才詩人と呼ばれることになる青年・中原中也と出逢う。どこか虚勢を張り合うふたりは互いに惹かれ、一緒に暮らしはじめる。その後東京に引っ越したふたりの元を、中也の友人で、のちに日本を代表することになる文芸評論家・小林秀雄が訪ねる。偶然ともいえるその出逢いが、やがて3人の運命を狂わせていく。 <a href="https://bezzy.jp/2024/06/46297/">…

    #ゆきてかへらぬ#小林秀雄#広瀬すず#根岸吉太郎

  • 全20曲には歌唱にアイナ・ジ・エンド迎えた新曲も 米津玄師の新アルバム『LOST CORNER』トラックリスト&ジャケット公開、商品詳細も明らかに

    2024.06.28 17:00

    米津玄師が、8月21日(水)にリリースする6thアルバム『LOST CORNER』(読み:ロストコーナー)のジャケットとトラックリストを公開した。 今作に収録されるトラックは全20曲。今期NHK連続テレビ小説『虎に翼』の主題歌「さよーならまたいつか!」、今夏公開の映画『ラストマイル』主題歌「がらくた」、アカデミー賞長編アニメーション賞を受賞したスタジオジブリ宮﨑駿監督作品『君たちはどう生きるか』主題歌「地球儀」、映画『シン・ウルトラマン』主題歌「M八七」、ゲーム『FINAL FANTASY XVI』テーマソング「月を見ていた」、アメリカレコード協会(RIAA)より日本語楽曲として史上初のゴール<a href="https://bezzy.jp/2024/06/46521/">…

    #アイナ・ジ・エンド#米津玄師

  • 鏡を用いた演出で強さと儚さを表現 ano、尾崎世界観&ケンモチヒデフミが参加した新曲シングルのジャケット&新アー写公開

    2024.06.30 18:00

    anoが、8月21日(水)にリリースするニューシングル『愛してる、なんてね。』のジャケットと新アーティスト写真を公開した。 2020年9月に「ano」としてソロ音楽活動を開始した「あの」。5ヵ月ぶりのシングルとなる今作のジャケットデザインとアーティスト写真では、鏡を用いた演出を取り入れ、強さと儚さを兼ね備えたアートワークとなっている。 新曲「愛してる、なんてね。」は作詞をあのが手掛け、作曲は「普変」を手掛けたクリープハイプ尾崎世界観、編曲は「スマイルあげない」を手掛けたケンモチヒデフミが担当。あのが手掛ける胸をギュッと締め付けられるようなリリックに、尾崎世界観のキャッチーなメロディライン、ケン<a href="https://bezzy.jp/2024/06/46627/">…

    #ano

  • ブレイキンにひたむきな主人公と彼を見守る登場人物を紹介 ワン・イーボーが仲間に迎えられ笑顔を見せる、最新主演映画『熱烈』新場面写真5点解禁

    2024.07.02 09:00

    日本でも人気急上昇中のワン・イーボーが主演を務める映画『熱烈』から新場面写真5点が解禁された。 本作はブレイキン全国大会でトップを目指すひたむきな青年が、挫折しながらも夢に向かって突き進む純度100%の青春感動物語。2019年放送のドラマ『陳情令』でブレイクしたワン・イーボー(王一博)は、5月3日にトニー・レオンとW主演の『無名』、6月28日に『ボーン・トゥ・フライ』が公開されており、本作で2024年に連続公開される主演3作品のラストを飾る。 ワン・イーボー演じる主人公のチェン・シュオは、仕事を掛け持ちしながら、ひたむきにプロダンサーを目指している青年。ある日チェンは、ブレイキンのプロチーム「<a href="https://bezzy.jp/2024/07/46698/">…

    #ワン・イーボー#熱烈

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube