Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

14年ぶり岡山&仙台含めた全27公演に

ゆず、全国ホールツアー「YUZU TOUR 2023 Rita」追加公演を発表

2022.12.22 18:00

2022.12.22 18:00

全ての画像・動画を見る(全1点)

デビュー25周年を迎えた2人組アーティスト・ゆずが、2023年5月より開催する全国ホールツアー「YUZU TOUR 2023 Rita」の追加公演を発表した。

同ツアーは、2023年5月21日(日)の神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホールを皮切りに、7月30日(日)の山口・KDDI 維新ホールまで巡る全国ツアー。約12年ぶりとなる沖縄公演や約13年ぶりの秋田公演をはじめ、近年のツアーでは訪れていなかった地域でもライブが開催される。

今回追加公演が発表されたのは、6⽉14⽇(⽔)15⽇(⽊)の岡⼭市⺠会館、7⽉18⽇(⽕)の宮城・仙台サンプラザホールの計3公演。岡⼭県でのライブは2009年開催のアリーナツアー「YUZU ARENA TOUR 2009-2010 FURUSATO」における岡⼭市総合⽂化体育館公演以来約14年ぶりとなる。ゆずは今回の追加公演を含め全国19カ所27公演を実施。本⽇よりファンクラブ「ゆずの輪」会員先⾏でチケット受付がスタートしている。

なお、ゆずは12⽉23⽇(⾦)にテレビ朝⽇系「ミュージックステーション ウルトラ SUPER LIVE」で「ALWAYS with you」をテレビ初披露。12⽉30⽇(⾦)にはTBS系「第64回 輝く!⽇本レコード⼤賞」にて「栄光の架橋」「虹」「君を想う」のSPメドレーを披露し、12⽉31⽇(⼟)には「第73回NHK紅⽩歌合戦」にて代表曲「夏⾊」を歌唱する。

全ての画像・動画を見る(全1点)


イベント情報

YUZU TOUR 2023 Rita

YUZU TOUR 2023 Rita

2023年5月21日(日)パシフィコ横浜 国立大ホール
2023年5月22日(月)パシフィコ横浜 国立大ホール
2023年5月27日(土)那覇文化芸術劇場なはーと 大劇場
2023年6月1日(木)フェスティバルホール
2023年6年2日(金)フェスティバルホール
2023年6月6日(火)名古屋国際会議場センチュリーホール
2023年6月7日(水)名古屋国際会議場センチュリーホール
2023年6月10日(土)新潟県⺠会館 大ホール
2023年6月11日(日)新潟県⺠会館 大ホール
2023年6月14日(⽔) 岡⼭市⺠会館 ※追加公演
2023年6月15日(⽊) 岡⼭市⺠会館 ※追加公演
2023年6月19日(月)札幌文化芸術劇場 hitaru
2023年6月20日(火)札幌文化芸術劇場 hitaru
2023年6月24日(土)滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール 大ホール
2023年6月25日(日)和歌山県⺠文化会館 大ホール(和歌山)
2023年6月28日(水)松山市⺠会館 大ホール
2023年7月1日(土)金沢歌劇座
2023年7月2日(日)ホクト文化ホール 大ホール
2023年7月8日(土)水戶市⺠会館 大ホール
2023年7月9日(日)水戶市⺠会館 大ホール
2023年7月17日(月・祝)あきた芸術劇場ミルハス 大ホール
2023年7月18日(⽕) 仙台サンプラザホール ※追加公演
2023年7月22日(土)静岡市⺠文化会館 大ホール
2023年7月23日(日)静岡市⺠文化会館 大ホール
2023年7月27日(木)⻑崎ブリックホール
2023年7月29日(土)熊本城ホール メインホール
2023年7月30日(日)KDDI維新ホール

YUZU TOUR 2023 Rita

北川悠仁、岩沢厚治により1996年3月結成。

横浜・伊勢佐木町で路上ライブを行うようになる。
1997年10月、1st Mini Album『ゆずの素』をリリース。
万人を引きつけるキャッチーなメロディーと独特なハーモニー、飾らない共感性の高い歌詞が評判を呼び、翌98年6月にリリースした1st Single『夏色』で脚光を浴び、7月リリースの1st Album『ゆず一家』で一躍全国区となる。8月30日に行われた最後の路上ライブには、台風が接近する中およそ7,000人ものファンを集め、路上ライブが社会現象となるきっかけとなった。

その後、ライブはホールクラスからアリーナクラスへとステージを上げ、2001年には初の東京ドーム公演を行う。2005年7月23・24日には、ゆず史上過去最高のキャパとなる日産スタジアムで「YUZU STADIUM 2005 GO HOME」を行う。2007年にはCDデビュー10周年を迎え、10月に記念アルバム『ゆずのね1997-2007』をリリース、10周年感謝祭ライブを行う(全9公演)。

その後も精力的に活動を続けながら、15周年の2012年には、アニバーサリーイヤーを象徴する「ゆず15周年感謝祭 ドーム公演 YUZU YOU」を大成功に収め、同年10月には地元・横浜にて初の展覧会「ゆず展~15th Anniversary Exhibition~」を開催し、およそ2万人を動員。2013年に11枚目のオリジナルアルバム『LAND』を発売し、「第55回 輝く!日本レコード大賞」最優秀アルバム賞に選出。翌2014年、12枚目のオリジナルアルバム『新世界』を発売。

2015年の8月15・16日には、単独有料ライブとしてはおよそ15年ぶりとなる横浜スタジアムでの弾き語りライブ<二人参客>を開催。2日間で約6万人を動員する。9月9日には約14年ぶりとなるライブアルバム『二人参客 2015.8.15〜緑の日〜』『二人参客 2015.8.16〜黄色の日〜』を2枚同時リリースし、オリコン週間アルバムランキングで初登場1、2位独占の快挙を達成する。

2016年1月には2年ぶりとなるニューアルバム『TOWA』が発売。同7月には、自身のキャリア初となるアジアツアー<YUZU ASIA TOUR 2016 Summer NATSUIRO>を開催。台湾、香港、シンガポールで単独公演を成功に収めた。

11月26・27日の2日間、東京ドームにて<ゆず 20周年突入記念 弾き語りライブ「ゆずのみ」>を開催。2017年よりデビュー20周年イヤーに突入し、4月にオールタイムベストアルバム『ゆずイロハ1997-2017』を発売。40万枚超のロングヒットを記録する。5・6月には自身初の全国ドームツアー「YUZU 20th Anniversary DOME TOUR 2017 ゆずイロハ」を敢行し、夏には全国各地の夏フェスに多数出演し爪痕を残す。

秋には約5年ぶりとなる全国ホールツアー「YUZU HALL TOUR 2017 謳おう」を開催。
12月には20周年を記念した2大ドームライブ「LIVE FILMS ゆずのみ」、「LIVE FILMS ゆずイロハ」を同時リリースし、オリコン週間総合ミュージック映像ランキングで1位&2位を獲得。
12月22日には、毎年恒例で開催していたフリーライブ「冬至の日ライブ」ファイナルをカトレヤプラザ伊勢佐木屋上にて開催。長い歴史に終止符を打つ。
12月31日放送の『第68回NHK紅白歌合戦』では、初の大トリとして「栄光の架橋」を歌唱。アニバーサリーイヤーを華々しく締めくくった。

2018年4月には14枚目のオリジナルアルバム『BIG YELL』をリリース。そのアルバムを引っさげて、4月末より<YUZU ARENA TOUR 2018 BIG YELL>を開催。全国10カ所31公演で約33万人を動員した。2019年春には、日本音楽史上初となる弾き語りドームツアー<ゆず 弾き語りドームツアー2019 ゆずのみ〜拍手喝祭〜>を開催し、大成功に収める。

2020年.『SEIMEI』『花咲ク街』など豪華タイアップ曲を多数収録した15枚目となるオリジナルアルバム『YUZUTOWN』をリリース。さらなる音楽の可能性を追求しながら、シーンの第一線で活動中!

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 名古屋芸術大学で撮影された疾走感溢れる映像 SIX LOUNGE、TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』最新EDテーマ「キタカゼ」MV公開

    2023.01.14 22:00

    大分発のロックバンド、SIX LOUNGEが新曲「キタカゼ」のMusic Videoを公開した。 本楽曲は1月7日(土)から放送がスタートしたTVアニメ『僕のヒーローアカデミア』6期第2クールのエンディングテーマとなっており、先行配信が1月8日にスタート。疾走感溢れるロックサウンドに躓きながらも前を向く力強い歌詞が注目されていた。 Music Videoは「キタカゼ」のタイトルにリンクするように向かい風を受けながら演奏をするメンバーの周囲を巡る激しいカメラワークが施され、疾走感をさらに引き立てる印象的な映像表現が加えられている。 撮影は全て名古屋芸術大学の構内で行われ、光の差し込む屋内での演奏<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17025/">…

    #SIX LOUNGE#僕のヒーローアカデミア

  • 健康上の理由でツアーの全日程をキャンセル オジー・オズボーンがツアーを引退すると発表 ファンから感謝の声が集まる

    2023.02.02 18:20

    1969年にブラック・サバスのボーカリストとしてデビューして以来、世界中のハードロック/メタルファンを魅了してきたオジー・オズボーンが、今年開催予定であったジューダス・プリーストとのツアーをキャンセルし、ツアーを引退すると発表した。 オジー・オズボーンは自身の公式SNSアカウントで、以下のように声明を発表した。 「こんな感じで自分のツアー人生が終わるとは思っていなかった。これは根強く応援してくれるファンに今まで伝えてきたことのなかで、最も難しいことだ。みんな知っている通り、4年前の2月に大きな事故に巻き込まれて、脊髄を損傷してしまった。私の唯一の目的は、ステージに戻ることだった。歌うことは問題<a href="https://bezzy.jp/2023/02/18411/">…

    #Ozzy Osbourne#オジー・オズボーン

  • Yahoo!ノンフィクション本大賞作品をドキュメンタリー化 全盲の鑑賞者を取り巻く20年を追う 『目の見えない白鳥さん、アートを見にいく』2月16日公開

    2023.01.14 09:00

    「2022年 Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」を受賞した川内有緒による『目の見えない白鳥さんとアートを見にいく』。本書を原案としたドキュメンタリー映画『目の見えない白鳥さん、アートを見にいく』が2月16日より全国劇場にて順次公開されることが決定した。 2019年の初頭、本作共同監督でありノンフィクション作家の川内が、友人のアートエデュケーターである佐藤麻衣子の紹介で白鳥さんと出会った。「白鳥さんと一緒に見るとほんとに楽しいよ! 一緒に展覧会を見にいかない?」という言葉に誘われて美術館に行くと、想像を超えた体験が待っていた。白鳥さんは、目が見えない。そんな彼とアートを「見<a href="https://bezzy.jp/2023/01/16975/">…

    #三好大輔#川内有緒#目の見えない白鳥さん、アートを見にいく

  • 家族を実家から追い出そうとする主人公を描く 森田想主演映画『わたしの見ている世界が全て』3月31日公開決定

    2023.01.18 17:00

    森田想主演の映画『わたしの見ている世界が全て』の公開日が3月31日に決定し、ポスタービジュアルと場面写真が公開された。 本作は、自分一人の力で生きてきたつもりの主人公・遥風が、母の死をきっかけに再会した兄弟との交流を通じて、大切なものに気づいていく物語。「個人の力で生きていくこと」がもてはやされる時代の中で、“失われつつある大事な心”を描いた社会風刺エンタテインメントとなっている。 遥風(はるか)は家族と価値観が合わず、大学進学を機に実家を飛び出し、ベンチャー企業で活躍していた。しかし、目標達成のためには手段を選ばない性格が災いし、パワハラを理由に退職に追い込まれる。復讐心に燃える遥風は、自ら<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17308/">…

    #中崎敏#中村映里子#佐近圭太郎#森田想#熊野善啓#私の見ている世界が全て

  • STAYC Japan Debut!! 特集 日本に来たらここに就職希望!? STAYCはじめての飴細工体験

    第4回 2023.01.24 18:00

    昨年11月に待望の日本デビューを果たした6人組K-POPガールズグループ、STAYCの魅力を1ヵ月にわたりお届けしてきたこちらの特集もいよいよ4回目。日本デビュー特集としてはラストとなる今回は、来日中大忙しの6人に限られた時間でも日本らしい文化を楽しんでもらいたい!との思いで浅草ロケを敢行。日本デビューシングル「POPPY」では動物の耳をイメージしたダンスを取り入れ、デビューショーケースでは「ケーキ大好き!」と公言するくらいスイーツ好きな彼女たちに、スイーツで動物を作れる飴細工を体験してもらいました。 今回訪れたのは、浅草の「飴細工 アメシン」。通常の初心者向けの教室ではうさぎを作るところ、今<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17695/">…

    #STAYC#インタビュー

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube