Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

7万人の観客と1億人以上のTV視聴者が見守った舞台を再現

映画『ホイットニー・ヒューストン』 スーパーボウルでの伝説の国家独唱シーン公開

2022.12.21 17:00

2022.12.21 17:00

全ての画像・動画を見る(全2点)

12⽉23⽇(⾦)よりTOHOシネマズ⽇⽐⾕ほかにて全国公開される映画『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』から、本編特別映像が公開された。

伝説の歌姫ホイットニー・ヒューストンの没後10年を迎えた今年、彼女の半生を『ボヘミアン・ラプソディ』の脚本家が映画化。ヒューストンはビートルズの記録を破り、シングル「Saving All My Love For You」以降7曲連続で全米シングル・チャート1位を獲得。アルバムやシングルなどこれまでのトータル・セールスは2億枚を超え、さらにグラミー賞6冠など400を超える受賞歴はギネス世界記録に認定、音楽史に残る大偉業を成し遂げた。本作はそんな彼女の、ジャンルも人種も超えたグレイテストソング誕生の瞬間や、「歌いたい曲を、自分らしく歌う」ことに命を燃やした栄光の半生を数々のNo.1ヒットソングとともに臨場感たっぷりに描いている。 

今回公開された本編特別映像は、頂点を極めたアーティストしか上がることが許されない舞台、アメリカの最大の人気スポーツイベントであるスーパーボウルで、ヒューストンがアメリカ国歌「星条旗よ 永遠なれ (The Star-Spangled Banner)」を歌い上げるシーンを切り取ったもの。“湾岸戦争が始まって10日目”という全米中が戦時下の緊張感に溢れる中、1991年に開催された本イベント。いつものゴージャスなステージ衣装とは違い、白いヘアバンドにトレーニングウェアという衣装で登場したヒューストンが、大勢の警護に取り囲まれながらスタジアムの舞台に向かう。そして、ずらり並んだ軍人、はためく星条旗、会場に詰めかけた7万人以上の観客たち、1億人以上がTVの生中継で見守る中、自身の歌唱の魅力をさらに引き立たせるように一音一音をたっぷりと息を吸いながら、未だ「伝説の中の伝説」とも語り継がれる圧倒的な歌声を披露した。

その歌声は全米で感動を呼び、スーパーボウル当日はもちろん、イベント後に発売された本音源を収めたシングルレコードは発売からわずか8日目で75万枚のセールスを記録。ヒューストンが所属するアリアスタレコード史上最速で売れたレコードとしてその名を残し、文字通り「全米を震わせた歌声」となった。 マイケル・ジャクソン、ローリングストーンズ、プリンス、マライア・キャリー、マドンナ、レディー・ガガなど、これまで錚々たる面々が同じ舞台でパフォーマンスしてきたが、その50年以上続くスーパーボウルの歴史の中でも未だ各メディアが「歴代1位」と絶賛する舞台を再現したシーンとなっている。

本編映像<スーパーボウル 国家独唱> 映画『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』 12月23日(金)全国の映画館にて公開

全ての画像・動画を見る(全2点)

作品情報

ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY

映画『ホイットニー・ヒューストン』ポスター

映画『ホイットニー・ヒューストン』ポスター

ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY

2022年12月23日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国の映画館にて公開

どんなジャンルにも縛られないグレイテスト・ソングを作ったふたりの天才、歌手であり俳優であったホイットニー・ヒューストンと名音楽プロデューサーのクライヴ・デイヴィス、2つのずば抜けた才能が数々のNO.1ヒットソングを世に送り出し続け、世界を魅了していく物語

詳細はこちら

スタッフ&キャスト

US公開日:12月23日予定
原題:I WANNA DANCE WITH SOMEBODY
監督:ケイシー・シモンズ 脚本:アンソニー・マクカーテン 出演:ナオミ・アッキー、ステンリー・トゥッチ、アシュトン・サンダース

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • “夏合宿編”ではオールバックや白塗り限定ライブも BiSメンバーが企画・運営する「自給自足LiVE」追加公演発表、初開催の名古屋含む全7公演

    2024.05.25 22:00

    BiSが、4月に初開催した「自給自足LiVE-vol.1-」の追加公演として東京・名古屋3公演と“夏合宿編”と題した限定ライブ4公演の開催を発表した。 本日5月25日(土)に神奈川・F.A.D YOKOHAMAにて関東ツアー「We Gotta Go BiS TOUR」の横浜公演を行ったBiS。「自給自足LiVE」は会場ブッキングを始め企画・運営・パフォーマンス全てをBiSメンバーが行うライブで、4月24日に初ライブ「自給自足LiVE-vol.1-」を東京・中野heavysick ZEROにて開催していた。 追加公演の会場は6月24日(月)の「自給自足LiVE-vol.2-」が東京・下北沢WAV<a href="https://bezzy.jp/2024/05/44890/">…

    #BiS

  • “音楽”を追求し続けるKroiらしさが詰まった1曲に Kroi新曲「Amber」配信スタート、3rdアルバムリリースに向けて新アーティスト写真も公開

    2024.05.29 00:00

    Kroiが、6月19日(水)にリリースする3rdアルバム『Unspoiled』から新曲「Amber」の先行配信をスタートさせた。 ダイドーブレンドのTVCMにも採用された新曲「Amber」は、“音楽”を追求し続けるKroiらしさが詰まった1曲。「好きに、まっすぐ。」というダイドーブレンドのブランドメッセージをKroiの目線から解釈した楽曲は、CMで採用されている情熱的でポップなパートに加え、彼らの真骨頂でもあるラップパートやそれぞれの楽器が引き立つようなフレーズなど、直近のアニメタイアップ楽曲とはまた違った顔を見せている。 併せてアルバムリリースに向けた新アーティスト写真も公開。Kroiの新境<a href="https://bezzy.jp/2024/05/45034/">…

    #Kroi

  • 転売ヤーに縋りつくバンドマンの興奮と欲望を描く 尾崎世界観3年半ぶりの中篇小説『転の声』が第171回芥川賞候補に、7月11日単行本発売

    2024.06.13 05:00

    クリープハイプ尾崎世界観による小説『転の声』が、第171回芥川賞候補作に選出された。 第164回芥川賞候補作となった『母影』以来、尾崎世界観にとって3年半ぶりの中篇小説(約230枚)となる『転の声』。「文學界 2024年6月号」掲載時から話題を集め、7月11日(木)には同作を収録した単行本『転の声』が文藝春秋から発売される。 舞台はライブチケットの転売が今よりも市民権を得ている社会。ロックバンドのフロントマン・以内右手は、長引く喉の不調が招く不安に追い詰められ、とうとうカリスマ“転売ヤー”に縋りついてしまう。 「俺を転売してくれませんか」と自分たちのチケットに“プレミア”が付いていく。高額取引<a href="https://bezzy.jp/2024/06/45812/">…

    #クリープハイプ#尾崎世界観

  • 架乃ゆらの二日月 はじめまして、架乃ゆらです

    #1 2024.06.13 18:00

    映画『僕の月はきたない』が6月15日に公開されるのを記念して、ヒロインを演じた架乃ゆらの本人執筆による期間限定コラムがスタート! その名も「架乃ゆらの二日月」。この夏から人生の新たなスタートを迎える彼女の、「これからまた満ちていくぞ!」という決意と夢が込められた本人命名タイトルです。第1回はまず自己紹介を兼ねてこれまでと現在地、そしてサブカル感強めな趣味の話も。夏まで毎回ボリュームたっぷりにお届けします。 演じる楽しさを知った中学時代の話 Bezzy読者の皆様初めまして。架乃ゆらと申します。 まずは自己紹介をさせていただきます。もしかしたら「架乃ゆら」という名前をどこかで見たこと聞いたことがあ<a href="https://bezzy.jp/2024/06/45562/">…

    #架乃ゆら#架乃ゆらの二日月

  • 当初はクインシー・ジョーンズの曲になる予定だった ウィル・スミスが俳優デビュー作でテーマ曲も担当した経緯を明かす

    2024.06.07 19:20

    1986年にDJジャジー・ジェフ&ザ・フレッシュ・プリンスのラッパーとしてデビューし、1990年にシットコム『ベルエアのフレッシュ・プリンス』で俳優に転向したウィル・スミス。このドラマはマイケル・ジャクソンの『Off The Wall』『Thriller』『Bad』などを手掛けた音楽界のレジェンド、クインシー・ジョーンズがプロデューサーを務めており、ウィル・スミスのキャリアを大幅に飛躍させた作品となった。 主演だけではなくテーマ曲もウィル・スミスが担当した同ドラマだが、当初はクインシー・ジョーンズが制作した曲がテーマになる予定だったようだ。先日アメリカのラジオ番組Hot 97に出演したウィル・<a href="https://bezzy.jp/2024/06/45500/">…

    #Will Smith#ウィル・スミス#クインシー・ジョーンズ

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube