Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

ジャ・ルールとビーフしていた当時について語る

50セント、敵対するジャ・ルールと関わっているという理由で1億円以上の契約オファーを断る

2022.12.19 20:15

By Alex Const - originally posted to Flickr as 50 cent,CC BY 2.0

2022.12.19 20:15

全ての画像・動画を見る(全2点)

エミネムのレーベル〈Shady Records〉から2003年にデビューしたラッパー、50セント。1stアルバム『Get Rich Or Die Tryin’』は全米で900万枚を超える大ヒットとなり、アメリカで最も売れたヒップホップアルバムの10位にランクインしている。50セントはデビュー前からジャ・ルールと、彼が所属するレーベル〈Murder inc.〉と激しくビーフしており、多くのヒップホップファンからはジャ・ルールのキャリアを終わらせたラッパーと言われている。そんな50セントがジャ・ルールとビーフしていた当時について語った。

ジャーナリストBrian J. Robertsとのインタビューに出演した50セント。彼は以前〈ユニバーサル・ミュージック〉から130万ドルのオファーをされたが、ジャ・ルールと直接関わっている会社という理由で断ったと明かしている。

「ジャ・ルールや〈Murder inc.〉と直接関わりがある人とはビジネスをやらないようにしていた。ユニバーサルから、Gユニットとソロアルバムを制作するのに130万ドルのオファーをされたんだけど、断ったんだ。メンバーのトニー・イェイヨーにはその決断が理解ができなかったようで、“は?130万ドルでなんでやらないんだ?宝くじに当たって券を放棄するようなものだぞ”と言われたけど、“これはユニバーサルのシステムだから、正しい契約ではない”って言ったんだ。デフ・ジャムとジャ・ルールたちはもうこのシステムから金を稼いでるし、レーベルに影響を及ぼして私のやっていることの邪魔をする可能性があるからな」

ジャ・ルールが所属していた〈Murder inc.〉はユニバーサル・ミュージック傘下であったため、契約のオファーを断ったと明かした50セント。以前〈Murder inc.〉のアーヴ・ゴッティは、「エミネムとドクター・ドレーの懐に落ちるまで、業界から50セントをブロックしていた」と述べており、その発言に対して50セントは「このダサいやつらは自分のことを努力するのではなく、人を落とすことに時間を費やした。今のあいつらを見てみろよ。終わってるぜ」と、今は活躍していないジャ・ルールとアーヴ・ゴッティに対して辛辣なコメントしていた。

全ての画像・動画を見る(全2点)


50セント(50 Cent 読み:フィフティー・セント、本名:Curtis James Jackson III(カーティス・ジェームズ・ジャクソン3世)、1975年7月6日 - )は、アメリカ合衆国のヒップホップMC、俳優、企業家、エグゼクティブプロデューサー、プロボクシングプロモーターである。

ソロMCとしても活動するが、Gユニットの一員でもある。ニューヨーク州ニューヨーク市クイーンズ区ジャマイカ地区出身。左利き。

50セントというMCネームは、1980年代にニューヨークのブルックリン界隈で30人あまりを殺害し、たった50セントでさえも奪ったとされる実在のギャング、ケルビン“50セント”マーティン(Kelvin "50 Cent" Martin)に由来する。

これまでに、グラミー賞を1回受賞している。

(引用)https://ja.wikipedia.org/wiki/50%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%88

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 新田たつおによる不朽の名作が令和に復活 『静かなるドン』が伊藤健太郎主演で映画化、今春公開へ

    2023.01.20 09:00

    映画『静かなるドン』が2023年春に全4話・2週連続で公開されることが発表された。 原作は「週刊漫画サンデー」にて1988年〜2013年まで連載され、累計発行部数4500万部突破の新田たつおによる同名コミック。高杉真宙主演の『ナニワ金融道』に続く「令和アウトローレーベル」第二弾作品として公開される。 関東最大規模の暴力団新鮮組のひとり息子近藤静也。けれど、彼は「ヤクザなんて嫌い、カタギとして平和に生きたい」と願い、デザイン会社で働き、イマドキの草食系男子として生きている。仕事ができないと怒られながらも、同僚の秋野さんに淡い恋心を抱き、普通に働く毎日。それが静也の幸せ。しかし、そんな静也の生活が<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17461/">…

    #伊藤健太郎#山口健人#新田たつお#本宮泰風#静かなるドン

  • ボーカル、ピアノ、ギターの最小編成で7都市のZepp巡る ずっと真夜中でいいのに。活動5年祝うアコースティックツアー「元素どろ団子TOUR」開催決定

    2023.01.14 21:00

    活動5年を迎えるずっと真夜中でいいのに。が、全国7都市全14公演を行うZeppツアー「活動5年プレミアム『元素どろ団子TOUR』」の開催を発表した。 本公演はZUTOMAYO PREMIUM会員限定の公演となっており、全席指定でライブ時間は60分を予定。ボーカル、ピアノ、ギターのみの過去最小編成でのアコースティックなライブとなる。 現在チケットの先行予約が1月22日(日)23時59分まで行われている。公演スケジュールは以下の通り。 活動5年プレミアム「元素どろ団子TOUR」スケジュール4月20日(木)KT Zepp Yokohama4月21日(金)KT Zepp Yokohama4月27日(木<a href="https://bezzy.jp/2023/01/16996/">…

    #ずっと真夜中でいいのに。

  • レッチリ、メタリカ、アデルなどもプロデュース 大御所音楽プロデューサーのリック・ルービンが「音楽について何も知らない」と語る

    2023.01.19 20:30

    ビースティ・ボーイズやRun-D.M.C.などのヒップホップアーティストだけではなく、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、スレイヤー、システム・オブ・ア・ダウンなどのロックバンドも手がけた大御所プロデューサー、リック・ルービン。〈デフ・ジャム・レコード〉の創設者であり、タイム誌に世界で最も影響力のある100人に選ばれたプロデューサーであるが、「音楽について何もしらない」と語っている。 アメリカCBSテレビが放送する番組『60 Minutes』のインタビューに出演したリック・ルービンは、「なにか楽器を演奏できたりはしますか?」と聞かれた際に、「ほぼ何も弾けない」と答え、「サウンドボードの操作はでき<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17510/">…

    #スレイヤー#ビースティ・ボーイズ#メタリカ#リック・ルービン

  • ティーポットなど多彩な特典ラインナップ画像が公開 レディオヘッドの7thアルバム『In Rainbows』が高音質CD2枚組で復刻

    2023.01.19 18:00

    レディオヘッド通算7作目にしてゼロ年代ロックの金字塔『In Rainbows』が、ボーナス・ディスクを追加した日本独自企画高音質CD2枚組仕様で2月24日(金)に復刻されることが決定した。 レディオヘッドのメンバーであるトム・ヨークとジョニー・グリーンウッドによるザ・スマイルの活躍も記憶に新しい中、2022年に発売15周年を迎えた本作。当時4年の沈黙を経てインディーに移籍後いきなり投げ銭制で配信リリースという物議を呼んだ問題作である一方、音楽的にもミニマルで成熟を見せ始め、そのキャリアにおいても屈指の傑作として新旧リスナーの間で高い評価を獲得した人気作だ。 追って一般発売されたフィジカル版は全<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17478/">…

    #Radiohead#レディオヘッド

  • 3つの数字の意味は「ショーを体験すれば分かる」 星屑スキャット、4都市巡るツアー「023」開催発表

    2023.01.23 12:00

    ミッツ・マングローブ、ギャランティーク和恵、メイリー・ムーの3人からなる音楽ユニット星屑スキャットが、5月14日の大阪公演を皮切りに、東京、名古屋、福岡と4都市5公演を巡るツアー「023」の開催を発表した。 2022年末に竹内まりや作詞作曲の「駅」と、中森明菜の「TATTOO」をカバーした両A面カバーシングル『駅/TATTOO』をリリースした星屑スキャット。 このたび公開されたレトロポップなツアービジュアルにはツアータイトルになっている3つの数字が描かれており、その数字が何を意味しているかに対しメンバーは「ショーを体験すれば分かる」とはぐらかしつつも不敵な笑みを浮かべているとのこと。 結成18<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17704/">…

    #星屑スキャット

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube