Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

1分間に65単語をタイプしていたと述べる

スヌープ・ドッグ、ラップを始めた頃はタイプライターで歌詞を書いていたと明かす

2022.12.13 19:00

Snoop Dogg in the Trap With Karlous Miller, Dc Young Fly, Chico Bean and Clayton English

2022.12.13 19:00

全ての画像・動画を見る(全2点)

1993年にリリースされたデビューアルバム『Doggystyle』が世界で1,000万枚以上のセールスを記録し、一躍大スターになったスヌープ・ドッグ。1992年にリリースされたドクター・ドレーの「Deep Cover」に参加したことによってラッパーとしてデビューした彼であるが、ラップを始めた頃はタイプライターでリリックを書いていたようだ。

インタビュー番組「The 85 South Comedy Show」に出演したスヌープ・ドッグ。彼はGファンクグループThe Dove Shackのメンバー2Scoopsからタイプライターを借りてリリックを書いていたと語っている。

「あいつらは俺にとってのホーミーだ。俺がラップを書き始めたとき2Scoopsは既にグループに入ってて、俺は彼のタイプライターを借りていた。もともと紙にリリックを書いていたんだけど、いつも失くしてしまうし、彼はタイプライターと紙を整理整頓していた。だから“俺のリリックもタイプさせてくれ”って頼んでいた。俺は1分間で65単語もタイプできていた」

自身で紙に書くと紛失してしまうため、整理整頓するために2Scoopsのタイプライターを使用していたと明かしたスヌープ・ドッグ。彼はなかなかのタイピングスキルを持っていたようで、中学校のときにそのスキルを得たようだ。

「白人が通うような中学校で、タイピングの授業があったんだ。木材の授業とか金属加工のクラスとか、タイピングとか家庭科とか、みんなとは違う授業を取っていた。仲間と一緒に授業を取って授業に集中しないで、後で母さんに怒られるのが嫌だったからね」

全ての画像・動画を見る(全2点)


スヌープ・ドッグ

アーティスト情報

1972年LAはロング・ビーチ生まれ。ギャングの一員として荒涼とした幼少期を過ごしてきたスヌープ・ドッグ(当時スヌープ・ドギー・ドッグ)が、ラッ プに専念しようと91年にネイト・ドッグ、ウォーレン・Gと共にクリーク213を結成。西海岸の首領(ドン)=ドクター・ドレーに見出され92年「ディープ・カヴァー」でレコード・デビューを果たす。その後、ドクター・ドレーの歴史的ソロ・アルバム『クロニック』に大々的にフィーチャーされ、大きな注目を 集める。全編ドクター・ドレーの制作のもと、彼のインタースコープ傘下のレーベル=デス・ロウから満を持してリリースされたデビュー・アルバム『ドギー・ スタイル』(’93)は西海岸のギャングの生き様をリアルに描き、強烈な世界観を提示、驚異的な大ヒットを記録。瞬く間にアメリカを代表するラッパーとな る。その後、名前をスヌープ・ドギー・ドッグからスヌープ・ドッグに変更するもレーベル内の紛争に巻き込まれEMI傘下のノー・リミット・レーベルに移籍、多数のプロデューサー/ラッパーたちとの交流を深めながらコンスタントにアルバムをリリースし、常にシーンのトップ街道を突き進む。特にファレル・ ウィリアムスとのコラボレーション・アルバム『Paid tha Cost to Be da Bo$$』発表後の突き抜け具合は、目を見張るモノがある。再びインタースコープ傘下のゲフィン・レーベルに移籍後も、『R&G(リズム&ギャングス タ):ザ・マスターピース』と06年末の『ダ・ブルー・カーペット・トリートメント』と壮大なスケールのアルバムを立て続けに発表。唯一無二のヴォイスと フロウのラップ・スタイルはすでに孤高の粋にすら入っている。また音楽活動での後進の育成はもちろん、自身のバスケット・ボール・チームを通じた地域社会 の活性化、ハリウッド界への進出なども精力的に行い、その発言、行動には大きな注目が常に集まっている。

(引用)https://www.universal-music.co.jp/snoop-dogg/biography/

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • RAN、REIKOらのインタビュー軸に想いが描かれる BMSG新ボーイズグループMAZZEL、誕生までのドキュメンタリーがYouTubeで配信開始

    2023.01.13 21:30

    2023年春にデビュー予定の8人組ボーイズグループMAZZEL(マーゼル)の誕生までを追った新感覚オーディションドキュメンタリー番組『MISSIONx2(ミッション・ミッション)』が、本日1月13日(金)にBMSG YouTube公式チャンネルで配信スタートした。 SKY-HI率いるマネジメント/レーベルのBMSGが、2021年に開催しBE:FIRSTを輩出したオーディション番組『THE FIRST』に続き、2つ目のボーイズグループを誕生させるべく始動させた「BMSG 2nd Group Project」。 2022年11月22日に実施された「BMSG記者会見」にて同社の代表取締役CEOである<a href="https://bezzy.jp/2023/01/16892/">…

    #MAZZEL

  • 35歳の誕生日に2022年を振り返る スクリレックスが音楽活動を休止していた理由を明かす 「人生の目的を失っていた」

    2023.01.17 17:45

    今月に新曲「Rumble」と「Way Back」を公開した世界的人気DJ/プロデューサーのスクリレックスが、しばらく音楽活動から遠ざかっていた理由を明かした。 1月15日に35歳の誕生日を迎えたスクリレックスは、Twitterにて2022年を以下のように振り返っている。 「2022年は人生で最も大変な年だった。多くの人にとってもそうだったかもしれない。前に進むドライブがない状態で、人生の目的を失っていた。母親がLollapaloozaツアーの2日目に亡くなり、それを乗り越えられないでいた。痛みを飲み込み、進み続けた。みんな私が消えた理由を聞くけど、私にとって2022年は転機で、自分のプロジェク<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17232/">…

    #Skrillex#スクリレックス

  • 憧れの人に会い「意気消沈した」とコメント ファットボーイ・スリムがデヴィッド・ボウイと会って後悔したことを明かす

    2023.01.27 19:15

    イギリスのDJ/ミュージシャンであるノーマン・クックの音楽プロジェクト、ファットボーイ・スリム。「Praise You」や「Weapon of Choice」などのヒット曲で知られる彼であるが、デヴィッド・ボウイとの邂逅について語っている。 イギリスのブライトンビーチハウスで行われたイベントに出演したファットボーイ・スリムは、「ファンは自分の好きなアーティストに会うべきか?」という質問に「あー、ほとんどの場合は会うべきだと思う」と答えている。さらに「会って後悔をした人はいますか?」と聞かれた際に、彼はデヴィッド・ボウイの名前を挙げている。彼はデヴィッド・ボウイのプライベートライブの打ち上げに参<a href="https://bezzy.jp/2023/01/18044/">…

    #Fatboy Slim#デヴィッド・ボウイ#ファットボーイ・スリム

  • 第一弾は2月1日配信「好きなものは手のひらの中」 3人組ロックバンドConton Candy、2月から3ヵ月連続で新曲配信

    2023.01.25 20:00

    出演したフェスやイベントで入場規制が連発中の3人組ロックバンド“Conton Candy”が、2月から3ヵ月連続で新曲を配信リリースすることを発表した。第一弾楽曲として「好きなものは手のひらの中」を2月1日(水)にリリースする。 「辛いことがあった」「ずっと前から楽しみにしてた」「初めてだけど見に行ってみようかな」、そんな色々な想いを抱えながらライブハウスに来てくれるファンの事を思い浮かべて書いたという本楽曲は、Conton Candyらしい疾走感溢れる等身大のライブロックチューンとなっている。 音源に先んじて解禁されたジャケットビジュアルは、“好きなもの”にまつわる写真のコラージュが手のひら<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17889/">…

    #conton candy

  • 7年に及ぶ闘争と挑戦を記録した緊迫感溢れる映像に 東出昌⼤&三浦貴⼤が理不尽な逮捕や偏見と戦う 映画『Winny』予告映像公開

    2023.02.01 07:00

    3月10日(金)より全国公開される東出昌⼤と三浦貴⼤のW主演映画『Winny』から予告映像が公開された。 自主映画『Noise ノイズ』(2019年)や『ぜんぶ、ボクのせい』(2022年)で知られる若手監督の松本優作がメガホンをとった本作は、2018年に開催された「ホリエモン万博 CAMPFIR 映画祭」の“映画企画クラファン大会”でグランプリに輝いたことが起点となり制作された。企画考案者はスマートキャンプやHIRAC FUNDを立ち上げ、現在Web3・NFT領域で新たにNFIGUREを起業した古橋智史。以前から日本のテクノロジー発展に寄与したいという思いを持っていた古橋が、「出る杭が打たれな<a href="https://bezzy.jp/2023/02/18224/">…

    #Winny#三浦貴大#東出昌大#松本優作

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube