Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

前澤友作氏の月周回旅行の同乗者として選ばれる

民間人初の月旅行クルーに選ばれたスティーヴ・アオキ、宇宙で達成したい目標を語る

2022.12.13 18:20

Meet the dearMoon Crew - Steve Aoki | スティーブ・アオキ

2022.12.13 18:20

全ての画像・動画を見る(全1点)

世界最高峰のDJとして知られているスティーヴ・アオキが、初の民間人の月旅行クルーに選ばれた。

衣料通販サイトZOZOの創業者で実業家の前澤友作氏のdearMoon Projectの一員として選ばれたスティーヴ・アオキ。彼は、イーロン・マスクのSpaceXが2023年に予定している月への周回旅行の最初のクルーの一員としてプロジェクトに参加するという。前澤友作氏は2018年に月周回旅行の全座席を買い取り、同乗者を募集していた。スティーヴ・アオキはdearMoon ProjectがYouTubeに公開した動画にて、以下のようにコメントしている。

「私は、小さい頃からずっと宇宙に行きたいと思っていた。何十年間も、月に行くことを夢見ていた。私のエネルギーとバイタリティは、人々とつながるパッションからきている。音楽がもたらす喜び以上に、人々をつなげるものはないんだ。それが私の全てにとってのエンジンなんだ。

もちろん月に行くことへの恐怖はある。でもこの機会を逃すわけにはいかないんだ。私の魂がこのプロジェクトに参加することを懇願し、求めている。だからリスクを取るし、コミットもしている。宇宙で達成したい目標はいくつかあって、その一つは月を周回しながらDJをすることだ。そして曲を作りたい。あまり多くの機材はいらないから、パソコンとヘッドホン、もしかしたらmidiキーボードやギターを持っていくかもしれない。それが1曲になるのか、アルバムになるのかわからないけど、そのときの体験に舵を取ってもらって様々な方法でクリエイトしたいと思う」

動画内では、前澤友作氏に選ばれたと報告を受けた瞬間の映像も収録されており、彼の驚きを見ることができる。アーティストとしては、他にもBIGBANGのT.O.Pなどの人材が選ばれている。

スティーヴ・アオキ

アーティスト情報

・マイアミ生まれ/カルフォルニア育ちのDJ/プロデューサー
・2012年1月にアルバム『ワンダーランド』でデビュー
・2014年9月にリリースした2ndアルバム『ネオン・フューチャー Part.1』が全米ダンス・チャート1位獲得
・2015年5月にリリースした3rdアルバム『ネオン・フューチャー Part.2』が全米ダンス・チャート2位獲得
・2015年9月一般ユーザーからの投票によってトップDJを決める「America’s Best DJ 2015」で1位に輝く
・2016年12月にリリースしたワン・ダイレクションのメンバーであるルイ・トムリンソン参加シングル「ジャスト・ホールド・オン」が日本を含め50カ国以上のiTunesにおいて即日1位獲得
・米『フォーブス』誌が毎年発表する「世界DJ長者番付」では3年連続トップ5にランクイン(最高位は’15年4位)
・英人気クラブ/DJ雑誌『DJ MAG』の「世界人気DJランキング」で6年連続トップ10入り
・2017年7月に新プロジェクト始動&4thアルバム『コロニー』をリリース
・2018年10月にリリースしたシングル「ウェイスト・イット・オン・ミー feat. BTS」が国内iTunesダンス・チャート1位獲得
・2018年11月に5thアルバム『ネオン・フューチャー Part.3』をリリース
・2018年12月に東京にて一夜限りの単独ライヴを開催
・2019年9月に<ULTRA JAPAN 2019>出演
・2020年4月に4thアルバム『ネオン・フューチャー Part.4』をリリース

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 県警広報職員の主人公が巨大な闇に立ち向かう成長譚 杉咲花主演『朽ちないサクラ』6月21日公開 柚月裕子による同名小説を実写映画化

    2024.02.03 08:00

    小説『朽ちないサクラ』(徳間文庫)が主演・杉咲花にて実写映画化され、2024年6月21日(金)よりTOHOシネマズ日比谷他全国にて劇場公開されることが決定した。 原作は「孤狼の血」「佐方貞人」「合理的にあり得ない」など、数々のシリーズが映像化されている大藪春彦賞作家・柚月裕子の「サクラ」シリーズのはじまりとなる同名小説。発行部数は続編の『月下のサクラ』と合わせて累計27万部を刊行している。主人公は本来捜査する立場にない県警の広報職員で、親友の変死事件の謎を独自に調査していく中で、事件の真相と次第に浮かび上がる“公安警察“の存在に迫っていく。 杉咲花が演じる主人公は、26歳の県警広報職員・森口泉<a href="https://bezzy.jp/2024/02/39993/">…

    #原廣利#朽ちないサクラ#杉咲花#柚月裕子

  • feat.参加したKREVA、Furui Rihoのコメントも到着 三浦大知、新たな音像に挑戦した7年ぶりオリジナルアルバム『OVER』リリース

    2024.02.13 20:30

    三浦大知が、7年ぶりとなるオリジナルアルバム『OVER』を2月14日(水)にリリースする。 今作はタイトル通り今の三浦大知を超え、様々な垣根を“OVER”した内容となっており、新たな音像に挑戦した作品。先日行われた第66回グラミー賞に日本人女性で初めてノミネート作品に参加したプロデューサーとなった旧友・TOMOKO IDAを迎え制作、昨年末多くの地上波番組でパフォーマンスされた「能動」、日本テレビ系「DayDay.」2024年1月エンディングテーマでファルセットを使い歌い上げる「Sheep」、1週間にわたり毎日限られた1時間のみ無音バージョンのMVを公開し話題を呼んだ「 Pixelated W<a href="https://bezzy.jp/2024/02/40517/">…

    #Furui Riho#KREVA#三浦大知

  • 先行配信も決定「声が乗った時、曲が大化けした」 柏木ひなたの初アルバム『1/24』収録曲解禁、表題曲「踊りましょ」は川谷絵音プロデュース

    2024.02.28 20:00

    柏木ひなたが、3月27日(水)にリリースする1stアルバム『1/24』の楽曲情報を解禁した。 今作のアルバムタイトルには「24年間生きてきた中でソロアーティストとして駆け抜けた1年間を詰め込んだ作品」という意味が込められており、新曲5曲とこれまでリリースされたEP2作に収録の10曲を加えた全15曲が収録。表題曲「踊りましょ」は、私立恵比寿中学在籍時から親交が深い川谷絵音(indigo la End/ゲスの極み乙女/ジェニーハイ/ichikoro/礼賛)がプロデュースした楽曲で、3月6日(水)に先行配信リリースされることも決定した。 昨年には柏木が川谷の手掛けた舞台にゲスト出演するなど普段から交<a href="https://bezzy.jp/2024/02/41083/">…

    #川谷絵音#柏木ひなた

  • 虚像のような現代人が人間らしさを取り戻すビデオに にしな、全編iPhoneで撮影した「bugs」MV公開 不器用なロボットや”コピーにしな”と踊る

    2024.02.01 21:00

    シンガーソングライター・にしなが、本日配信リリースした新曲「bugs」のミュージックビデオを公開した。 「bugs」は、気を抜けばスマホやSNSに支配されかねない時代を生きるリスナーに一緒に踊ろうと呼びかけ、みんなで踊ることでこの混沌とした現実を乗り越えていけるかもしれないという、微かでも確かな希望を感じさせてくれるような楽曲。にしなはこれまでも弾き語りやバンドというスタイルに囚われることなく、自由なマインドと果敢な冒険心をもって自らの新しい可能性を切り開き続けてきたが、今作でも新たな響きを放っている。 ミュージックビデオは無機質な空間の中ですべてのカットをiPhoneで撮影。完璧ではないロボ<a href="https://bezzy.jp/2024/02/39985/">…

    #にしな

  • 初回限定盤DVDは2021年中野サンプラザ公演の映像 AJICOが3年ぶりEP『ラヴの元型』発表、浅井健一メインボーカル曲含む全6曲収録

    2024.02.02 18:00

    浅井健一とUAが中心に結成されたAJICOが、約3年ぶりの新作EP『ラヴの元型』を3月13日(水)にリリースすることが決定した。 今作にはEPのタイトルにもなっている「ラヴの元型」のほか、「キティ」「言葉が主役にならない」など全6曲を収録。前作『接続』では全ての曲でUAがメインボーカルをとっていたが、今作では浅井健一がメインボーカルを務める楽曲も収録予定で、20年ぶりのリリースであった前作からさらなる進化を遂げた最新のAJICOが詰まった内容となっている。 さらに、初回限定盤には2021年に実施された「Tour 接続」より東京・中野サンプラザホール公演の模様を収録。2000年の結成当初にリリー<a href="https://bezzy.jp/2024/02/40025/">…

    #AJICO#UA#浅井健一

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube