Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

トップ10のうち約半数が昨年以前の曲に

Apple Musicが今年最も再生された楽曲を公開 ヒップホップ曲がトップ100の3割を占める

2022.11.30 17:15

The Kid Laroi「Stay」

2022.11.30 17:15

全ての画像・動画を見る(全5点)

Apple Musicが2022年にプラットフォーム上で最も聴かれた楽曲を公開した。

Apple Music上で今年最も再生回数が多かった楽曲はザ・キッド・ラロイとジャスティン・ビーバーの「Stay」。当楽曲は2021年の6月にリリースされたザ・キッド・ラロイのミックステープ『F*ck Love 3: Over You』に収録されており、4週連続でBillboard Hot 100の首位をキープしていた。

続いてハリー・スタイルズが今年の3月にリリースしたアルバム『Harry’s Style』に収録されている「As It Was」が2位にランクイン。そしてアトランタ出身のラッパー・フューチャーの「WAIT FOR U」が3位に。「WAIT FOR U」にはトロントのスーパースター・ドレイクと、ナイジェリアのシンガーTemsが参加している。

4位がコダック・ブラックの「Super Gremlin」、そして5位がアデルの「Easy On Me」となっており、その後グラス・アニマルズ「Heat Waves」、エルトン・ジョン&デュア・リパの「Cold Heart (PNAU Remix)」、ジャック・ハーロウの「First Class」が続いている。また、日本からはマカロニえんぴつの「なんでもないよ、」とSaucy Dogの「Cinderella Boy」が21位と22位にランクインしている。

グローバルトップ100におけるジャンルの内訳としては、ヒップホップが32曲、ポップスが23曲、R&B/ソウルが11曲となっており、トップ10のうち約半数が2022年より前にリリースされた楽曲である。さらにトップ100のうち、21曲が英語ではない言語で歌唱されている。

全ての画像・動画を見る(全5点)


ザ・キッド・ラロイ

アーティスト情報

ザ・キッド・ラロイ(The Kid Laroi、本名:Charlton Kenneth Jeffrey Howard、2003年8月17日 - )は、オーストラリアニューサウスウェールズ州ウォータールー出身のラッパー、歌手、ソングライター、ヒップホップミュージシャン、音楽プロデューサー。

キッド・ラロイはオーストラリア先住民の一人であり、アーティスト名「ラロイ」の由来となったカミラロイ族出身である。ニューサウスウェールズ州ウォータールーで生まれたラロイは、オーストラリアでのツアー中に師弟関係だった故ジュース・ワールドに実力を認められ、共同生活をしていた。ジュース・ワールドを発掘したLil BibbyのグレードAプロダクションとコロムビア・レコードとレコード契約を交わし、シングル「Let Her Go」でオーストラリア国外で知られるようになった。また、2020年にジュース・ワールドをフィーチャーした楽曲「Go」がBillboard Hot 100で52位でチャート入りし、さらに人気を博した。ラロイのデビューミックステープ『F*ck Love』(2020年)は、オーストラリアのARIAチャートで1位を記録し、オーストラリア最年少のソロアーティストとしてトップに躍り出た。米Billboard 200では3位を記録した。そして、ジャスティン・ビーバーが客演した「Stay」はUS Billboard Hot 100で1位を記録した。

(引用)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%AD%E3%82%A4

フューチャー

アーティスト情報

フューチャー (英 : Future、1983年11月20日 - )とは、アメリカ合衆国ジョージア州出身のラッパーである。本名はネイバディウス・ウィルバーン(Nayvadius Wilburn)。6枚のアルバム及びミックステープが全米1位を獲得するなどアメリカのヒップホップシーンを代表する存在として君臨している。

(引用)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC_(%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%91%E3%83%BC)

カナダ、トロント出身、31歳。俳優としてカナダの人気ドラマ『デグラッシ ネクスト・クラス』に出演し、人気を確立。2006年以降ミックステープ等をリリースし、本格的に音楽活動を開始。2010年にデビュー・アルバム『サンク・ミー・レイター』をリリースし、いきなり全米チャート1位を獲得。以降ミックステープも含め、アルバムが8作連続で全米1位を獲得する。過去に3度のグラミー賞を受賞するものの、2017年は作品をグラミー賞の選考にエントリーしないなどで話題に。ドレイクの総資産は100億円を超え、音楽以外にアパレル等も手がける。
最新アルバム『スコーピオン』は全米4週連続1位を記録し、89の国と地域のiTunesで1位を獲得。アルバムは発売から1週間で10億回以上再生されるなど、ストリーミング史上初の記録を達成している。さらに『スコーピオン』のリリースによって、ドレイクの参加楽曲27曲が同時に全米チャートTOP100にランクインし、チャート全体の約3分の1を占めるなど、米シングル・チャート59年の歴史上初となる前人未到の偉業を達成。うちTOP10に7曲が同時ランクインし、ザ・ビートルズを超える新記録も達成している。

(引用)https://www.universal-music.co.jp/drake/

グラス・アニマルズ

アーティスト情報

英オックスフォードにて2010年に結成。シンガーソングライターでプロデューサーのデイヴ・ベイリーと、彼の幼い頃からの友人である、ドリュー・マクファーレン、エドモンド・アーウィン・シンガー、ジョー・シーワードの4人で構成される。デビュー・アルバム『Zaba』は45万枚の売り上げを記録し、セカンド・アルバム『How to Be a Human Being』で全英23位を獲得。

3作目となるスタジオ・アルバム『ドリームランド(Dreamland)』を8月7日(金)にリリース予定。フロントマン兼プロデューサーのデイヴ・ベイリーによると、「夢の国」と名付けられたこのアルバムは、「人生のノスタルジックな回顧録」。2018年にバンドのドラマー、ジョー・シーワードが恐ろしい自転車事故に遭い、彼が生死をさまよった時に抱えた感情を含め、デイヴの個人的な経験を元にした楽曲が収録されている。

「このアルバムには、僕の人生の中で最も混乱した多くの瞬間が反映されている。幼い頃の最初の思い出から、現在までの、成長の記録のようなもの。…実際、どの経験も非常にエキサイティングなものだよね。だから人生は、僕らにイエスかノーの2択の質問を投げかけてくるんだ。でも、世界はそれよりもずっと面白くてカラフルな場所。流動的で不確かな所なんだ」ーーデイヴ・ベイリー

(引用)https://www.universal-music.co.jp/glass-animals/biography/

今世紀を代表するシンガー・ソングライター、アデル。本名アデル・ローリー・ブルー・アドキンス、1988年イギリス生まれ。2008年のデビュー・アルバム『19』でグラミー賞<最優秀新人賞>と<最優秀女性ポップ・ヴォーカル・パフォ—マンス賞>の2部門を受賞し出色した才能が世界中で認知される。続くセカンド・アルバム『21』は19カ国で1位を獲得し全世界で3,100万枚を販売、今世紀最大のセールスを記録。全米アルバムチャートでは発売以来39週連続でトップ5位以内を記録し歴代1位になるという記録を樹立、ギネス記録に認定された。さらに2012年第54回グラミー賞に主要3部門を含む6部門でノミネートされ、すべての賞を受賞している。2015年発表のサード・アルバム『25』でもグラミー賞の計5部門を受賞し、史上初めて主要4部門のうち3部門を2度も制覇した世界最高峰のアーティスト。約6年ぶりに4枚目となる待望の新作『30』の発表に至る。

ハリー・スタイルズ

アーティスト情報

英出身の1994年2月1日生まれ(現在28歳)。
2010年、英人気組『Xファクター』でワン・ダイレクションを結成し、2011年にデビュー。トータル・セールス7,000万を超える史上最大のグループの一員として数々の1位と記録を打ち立て、2015年2-3月には脅威の20万人を動員したジャパン・ツアーを敢行。
2015年11月にリリースされた1Dとしての5作目『メイド・イン・ザ・A.M.』の直後の2016年3月、1Dの一時活動休止が報じられた。
2016年6月には米名門レーベル米コロンビア・レコードとのソロ・アーティスト契約が報じられる。
2017年4月7日、待望のソロ・デビュー・シングル「サイン・オブ・ザ・タイムズ」をリリースし、公開即日に84カ国のiTunesチャートで1位を獲得。
世界待望のソロ・デビュー・アルバム『ハリー・スタイルズ』が5月にリリースされ、米・英始め世界55カ国以上で1位を記録した。
同年9月には初の出演映画『ダンケルク』が日本でも全国公開され大ヒットに。世界60ヵ国以上で初登場NO.1、興行収入は5億ドルを突破。
2017年12月には初の単独公演がソールドアウト。2018年5月にはソロとして2度目の来日を果たし、神戸ワールド記念ホールと幕張メッセで公演を敢行。
2019年12月13日、セカンド・アルバム『ファイン・ライン』をリリースし、全米ほか20ヵ国以上で1位を記録。全米では初週でアルバム約47万8千枚相当のセールスを売り上げ、1991年にニールセン・ミュージックが集計を開始して以来、UK出身ソロ男性アーティストとしては過去最多週間売上枚数を記録。
2020年8月、シングル「ウォーターメロン・シュガー」で自身初の全米シングル・チャート1位を獲得。
2021年3月、シングル「ウォーターメロン・シュガー」が第63回グラミー賞で<最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス>賞を受賞
2022年4月、シングル「アズ・イット・ワズ」をリリースし、全米チャート9週1位、全英チャート10週1位を記録。同月<コーチェラ・フェスティバル>初登場にしてヘッドライナーに大抜擢。
2022年5月、三作目アルバム『ハリーズ・ハウス』をリリース。全米、全英含む各国で初登場1位を獲得。アメリカ、UKでの2022年最多初週セールスを記録し、全米では<デビューから3作連続で全米チャート初登場1位を記録した、初のUK出身男性ソロ・アーティスト>という歴史的界快挙を達成。
2022年6月、YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」へ出演し、「Boyfriends」パフォーマンスを披露。
2022年、大規模ワールド・ツアー<LOVE ON TOUR 2022>を敢行。ニューヨーク/マディソン・スクエア・ガーデン15連続公演を完走するという歴史的快挙を達成

(引用)https://www.sonymusic.co.jp/artist/harrystyles/profile/

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • STAYC Japan Debut!! 特集 日本に来たらここに就職希望!? STAYCはじめての飴細工体験

    第4回 2023.01.24 18:00

    昨年11月に待望の日本デビューを果たした6人組K-POPガールズグループ、STAYCの魅力を1ヵ月にわたりお届けしてきたこちらの特集もいよいよ4回目。日本デビュー特集としてはラストとなる今回は、来日中大忙しの6人に限られた時間でも日本らしい文化を楽しんでもらいたい!との思いで浅草ロケを敢行。日本デビューシングル「POPPY」では動物の耳をイメージしたダンスを取り入れ、デビューショーケースでは「ケーキ大好き!」と公言するくらいスイーツ好きな彼女たちに、スイーツで動物を作れる飴細工を体験してもらいました。 今回訪れたのは、浅草の「飴細工 アメシン」。通常の初心者向けの教室ではうさぎを作るところ、今<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17695/">…

    #STAYC#インタビュー

  • 人生の全てをぶつけるようなライブをしたと語る KISSの初ライブから50年、メンバーが観客4人の初ライブを振り返る

    2023.02.01 19:30

    世界で1億1000万枚以上のセールスを記録する伝説的なロックバンド、KISSの初ライブから50年が経った。 KISSは50年前の1973年1月30日にニューヨークのPopcorn Club(現:Coventry)にて初ライブを行った。当時、Wicked Lesterを辞めたポール・スタンレーとジーン・シモンズは、ピーター・クリスとエース・フレーリーを採用し、「今までにステージで見たことがないバンドをやる」という目標の元でKISSは結成された。当時、最初のマネージャーはKISSの音楽を「今まで聴いたなかで最もクソな音楽」だと思ったようで、マネージャーを辞めていた。そのため、ジーン・シモンズがライ<a href="https://bezzy.jp/2023/02/18339/">…

    #Kiss#キッス

  • 世界のネオアコファンを魅了する彼らの最も明るく新鮮な一枚 ベル・アンド・セバスチャンが新オリジナルアルバム『Late Developers』を緊急リリース

    2023.01.10 12:00

    世界中のネオアコ~インディー・ファンを魅了し続けるバンド、ベル・アンド・セバスチャンが通算11作目となるニュー・オリジナル・アルバム『Late Developers』を今週末1月13日(金)にサプライズ・リリースすることを発表。先行シングル「I Don’t Know What You See In Me」を公開した。 今作『Late Developers』は、1999年の『Fold Your Hands Child』以来初めて地元グラスゴーでレコーディングされた前作『A Bit of Previous』のセッションで同時に録音され、前作の姉妹作という位置付けの作品。 ウー・オウ(W<a href="https://bezzy.jp/2023/01/16639/">…

    #Belle and Sebastian#ベル・アンド・セバスチャン

  • 次のライブは“BLACK NIGHT”と“CLEAR NIGHT” BABYMETAL、復活ライブ映像で構成した「METAL KINGDOM」MV公開

    2023.02.03 21:00

    BABYMETALが、3月24日(金)に世界同時リリースする初のコンセプトアルバム『THE OTHER ONE』より1月に先行配信リリースした「METAL KINGDOM」のミュージックビデオをYouTubeチャンネルで公開した。 公開されたMVには、1月28日(土)と29日(日)に千葉・幕張メッセ国際展示場にて開催された約1年9ヵ月ぶりの復活ライブ「BABYMETAL RETURNS – THE OTHER ONE -」の模様が収められており、現時点で最新のライブ映像で構成されている。3月24日(金)に世界同時リリースとなる初のコンセプトアルバム『THE OTHER ONE』に収<a href="https://bezzy.jp/2023/02/18548/">…

    #BABYMETAL

  • “メタル・ゴッド”としての評判を考慮した決断 ジューダス・プリーストが全英1位を獲れそうな曲をお蔵入りにした理由とは?

    2023.01.31 19:00

    世界的に最も知名度が高いメタルバンドの一つであり、ボーカリストのロブ・ハルフォードが「メタル・ゴッド」という愛称でも知られているバンド、ジューダス・プリースト。レザー・ジャケットにスタッズという“メタルのイメージ”のパイオニア的な存在でもあり、メタルを象徴するバンドであるが、ポップな曲をリリースしないように気をつけていたようだ。 数々の大ヒット曲を手がけてきたソングライター/プロデューサー・チームであるストック・エイトキン・ウォーターマン(通称:SAW)のピート・ウォーターマンは、過去にジューダス・プリーストと仕事をしたときのことをNMEに語っている。彼はジューダス・プリーストと、ソウルグルー<a href="https://bezzy.jp/2023/01/18285/">…

    #ジューダス・プリースト#ストック・エイトキン・ウォーターマン#ロブ・ハルフォード

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube