Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

7年ぶりアルバムのトラックリストも公開

メタリカが新アルバム『72 Seasons』を発表、新曲「Lux Æterna」のMVも公開

2022.11.29 19:10

Metallica

2022.11.29 19:10

全ての画像・動画を見る(全2点)

2016年に『Hardwired…To Self Destruct』をリリースして以来アルバムをリリースしていなかったメタリカが、12枚目となるニュー・アルバム『72 Seasons』を発表した。また、アルバムの発表に伴い1stシングル「Lux Æterna」のミュージック・ビデオを公開した。

『72 Seasons』は2023年4月14日にリリースされる予定であり、メンバーのジェイムズ・ヘットフィールド、ラーズ・ウルリッヒ、そしてメタリカの過去作やスリップノット、システム・オブ・ア・ダウンなどのアーティストを手掛けたグレッグ・フィデルマンがプロデュースを務めている。また、デザインはメタリカの『Death Magnetics』や『Hardwired…To Self Destruct』を手掛けたDavid Turnerが担当。

また、メタリカは2023年と2024年に世界ツアーも発表しているが、現在日本公演の予定は発表されていない。今年の夏には、メタリカの名曲「Master Of Puppets」が『ストレンジャー・シングス』にて使用されたことにより、米国内でのストリーミングが400%近く上昇し、Spotify Global Chartのトップ30入りしていたことが話題になっていた。そんな彼らの7年ぶりのアルバムとなる『72 Seasons』のトラックリストは以下の通り。

1. 72 Seasons
2. Shadows Follow
3. Screaming Suicide
4. Sleepwalk My Life Away
5. You Must Burn!
6. Lux Æterna
7. Crown of Barbed Wire
8. Chasing Light
9. If Darkness Had a Son
10. Too Far Gone?
11. Room of Mirrors
12. Inamorata

全ての画像・動画を見る(全2点)

作品情報

メタリカ『72 Seasons』

『72 Seasons』ジャケット

『72 Seasons』ジャケット

メタリカ『72 Seasons』

2023年4月14日(金)リリース

購入はこちら

収録内容

1. 72 Seasons
2. Shadows Follow
3. Screaming Suicide
4. Sleepwalk My Life Away
5. You Must Burn!
6. Lux Æterna
7. Crown of Barbed Wire
8. Chasing Light
9. If Darkness Had a Son
10. Too Far Gone?
11. Room of Mirrors
12. Inamorata

ジェイムズ・ヘットフィールド (James Hetfield) (Vo, G)
ラーズ・ウルリッヒ (Lars Ulrich) (Ds)
カーク・ハメット (Kirk Hammett) (G)
ロバート・トゥルヒーヨ (Robert Trujillo) (B)

メタリカは、1981年にドラマーのラーズ・ウルリッヒとギタリスト兼ヴォーカリストのジェイムズ・ヘットフィールドによって結成された。彼らは音楽史上最も大きな影響力を持ち、なおかつ商業的にも成功を収めたロック・バンドの一つである。世界中で1億2,000万枚のアルバム・セールス、25億回以上のストリーミング再生数を記録し、文字通り7大陸すべてで何百万人ものファンの前で演奏を行ってきた。マルチ・プラチナムに認定されたアルバムには1991年の『メタリカ』(原題:METALLICA/一般的にはブラック・アルバムと称されている)も含まれているが、このアルバムは全米だけで1,700万枚近く売り上げ、サウンドスキャン史上最も売れた作品となった。2016年11月にリリースされた最新アルバム『ハードワイアード…トゥ・セルフディストラクト』(原題:Hardwired…To Self-Destruct)は32カ国のアルバム・チャートで1位を獲得した。
加えて、おびただしい数の賞や名声も手中に収め、これまでに9度のグラミー賞、2度のアメリカン・ミュージック・アワード、多数のMTVビデオ・ミュージック・アワードを受賞し、2009年にはロックの殿堂入りを果たした。2013年12月には南極大陸でコンサートを行うという画期的な試みをし、1年の間に7大陸すべてで演奏を披露した初のアクトとなって、ギネスブックにその名を刻んだ。2018年には世界で最も栄誉ある音楽賞のひとつであるスウェーデンのポーラー音楽賞を受賞した。

常に“メタル”という音楽にマジックを吹き込み続け、メタルを超えて絶大なる支持を得る現在最強のメタル・バンド。これまでに11枚のオリジナル・アルバムをリリースし、クラシックとの競演、他ジャンルとの積極的融解、映画制作、フェスティヴァル開催と自身の活動全てがロック・バンドの未来及び後続バンド達の見本となってきた。次に彼らが何を行うか、その一挙手一答足が全世界の注目を集めるモンスター・バンド。

(引用)https://www.universal-music.co.jp/metallica/biography/

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 舞台裏を描いた密着映像のトレイラーも公開 Kroiの初武道館ワンマンを4分間に凝縮、ニューアルバム付属映像のダイジェスト公開

    2024.05.17 21:00

    Kroiが2024年1月に開催した日本武道館単独公演のダイジェスト映像をYouTubeで公開した。 ライブ本編の映像は6月19日(水)にリリースされる3rdアルバム『Unspoiled』のBlu-ray/DVDに収録されるもので、4分間のダイジェスト映像では自由を体現するように演奏するメンバーとそれぞれ踊るオーディエンスを映し出すことで公演を凝縮。現在U-NEXTで独占配信されている武道館公演のライブ映像とは異なる新規の映像編集が施されており、Blu-ray/DVDには副音声としてKroiメンバーと武道館公演の総合演出を務めた新保拓人による、ここでしか聞けない裏話も盛りだくさんのオーディオコメ<a href="https://bezzy.jp/2024/05/44603/">…

    #Kroi

  • 制作秘話満載の映画公式フォトブックも発売決定 映画『ブルーピリオド』再現度が話題の眞栄田郷敦、高橋文哉、板垣李光人の新場面写真解禁

    2024.06.07 18:00

    2024年8月9日(金)に公開される映画『ブルーピリオド』の新規場面写真が解禁された。 「マンガ大賞2020」を受賞した山口つばさの人気傑作漫画が眞栄田郷敦主演、萩原健太郎監督により実写映画化。脚本は「けいおん!」「ヴァイオレット・エヴァ―ガーデン」シリーズ、映画『聲の形』や現在公開中の『デッドデッドデーモンズデデデデストラクション』などを担当し、2021年に放送されたTVアニメ『ブルーピリオド』の脚本も手掛けた吉田玲子が務める。 成績優秀でまわりの空気を読みながら器用に生きてきた高校2年生で主人公の矢口八虎(眞栄田郷敦)は、どこか空虚な焦燥感を感じながら毎日を過ごしていた。そんな八虎はある日<a href="https://bezzy.jp/2024/06/45488/">…

    #ブルーピリオド#板垣李光人#眞栄田郷敦#高橋文哉

  • 前作は少し自信過剰になっていたと明かす ビリー・アイリッシュが前作と比べて新アルバムが特別な理由を語る

    2024.05.24 19:10

    5月17日に3rdアルバム『Hit Me Hard and Soft』をリリースしたビリー・アイリッシュ。同アルバムはリリース日にApple Musicアルバム・チャートにおいて日本を含む80の国と地域で1位を獲得し、Spotifyでは初日に全世界で7200万回再生された。ビリー・アイリッシュ史上最大となる記録を樹立し、過去最高傑作と評価するメディアも多いなか、ビリー・アイリッシュと兄のフィニアスが前作『Happier Than Ever』と比べて今作が特別な理由を語った。 先日、Appleが運営するラジオ放送局Apple Music 1の「Zane Lowe」に出演した2人は、前作と今作は“<a href="https://bezzy.jp/2024/05/44875/">…

    #Billie Eilish#ビリー・アイリッシュ

  • 中学の同級生・よねもとよねと共同でデザイン 岡田将生の初ブランド「IN MY DEN」始動、第1弾グッズの受注販売がスタート

    2024.06.06 12:00

    俳優の岡田将生が、アーティスト・よねもとよねと共同でクリエイティブブランド「IN MY DEN」を立ち上げた。 中学生時代の同級生で、同じバスケットボール部で共に汗を流し、お互いの進路が変わっても学生時代を共に過ごしてきた岡田とよねもと。大人になりいつか2人で何かを一緒にやりたいと思い描いていたところ、岡田が自宅に飾る絵をよねもとに依頼し、届いた虎の絵をきっかけに「IN MY DEN」誕生へと繋がったという。 「IN MY DEN」の由来について、DENには巣や洞穴という意味があるが、もう一方で書斎や趣味を楽しむ部屋という意味もある。「つい遊びにきてしまう場所、なんだか戻ってしまう場所。秘密基<a href="https://bezzy.jp/2024/06/45394/">…

    #IN MY DEN#よねもとよね#岡田将生

  • 神秘的なビジュアルでは畏敬の念も表現 XGの最新シングル「WOKE UP」MV公開、SF映画的なストーリーでメンバーはオオカミに

    2024.05.21 18:30

    HIPHOP/R&BガールズグループXGが、本日5月21日(火)にCD BOXとデジタルでリリースした5thシングル「WOKE UP」のMVをYouTubeで公開した。 5月18日(土)・19日(日)の2日間、自身初のワールドツアー「XG 1st WORLD TOUR “The first HOWL” 」大阪城ホール公演を開催したXG。完全SOLD OUTとなった大阪公演では日本開催ならではの選曲のカバー曲のほか、ラップコンテンツシリーズ「XG TAPE」やボーカルコンテンツシリーズ「XG VOX」の楽曲などを含む計22曲を歌唱した。さらにDJパートではXGALX総括プロデューサーのJAKOP<a href="https://bezzy.jp/2024/05/44757/">…

    #XG

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube