Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

最新予告とSuperfly、竹野内豊のコメント到着

Superflyの新曲「Farewell」が竹野内豊主演映画『イチケイのカラス』主題歌に決定

2022.11.28 05:00

2022.11.28 05:00

全ての画像・動画を見る(全3点)

Superflyの新曲「Farewell」が、2023年1月13日(金)より公開される映画『イチケイのカラス』の主題歌に決定した。

『イチケイのカラス』は、講談社「モーニング」で連載された同名コミックが原作で2021年4月にフジテレビ系列月曜9時枠にて連続ドラマ化。東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)を舞台とする日本の民放連続ドラマ史上初めて刑事裁判官を主人公にした新しい切り口と真実をつかもうとする中で見える切ない人間ドラマが視聴者の心を掴み、平均世帯視聴率12.6%と令和“月9″No.1の高視聴率を獲得した。

その映画版でメガホンをとるのは大ヒット映画『コンフィデンスマンJP』シリーズはじめ、数々のヒット作をコミカルかつ心温まるヒューマンストーリーで手掛ける田中亮監督、脚本は映画『プラチナデータ』やドラマ『絶対零度』シリーズを手掛ける浜田秀哉がドラマから引き続きタッグを組む。

「Farewell」は映画のために書き下ろした楽曲で、荘厳なゴスペルとドラマティックなストリングス、そしてエモーショナルな歌声が織りなす心を揺さぶる感動的なビッグバラードに仕上がっているとのこと。あわせて、主題歌をのせた映画の最新予告映像もYouTubeにて公開された。

なおSuperflyは、2023年6月より全国9ヵ所13公演に及ぶアリーナツアーを開催。Superflyがアリーナツアーを開催するのは、2019年9月~12月まで全国10ヵ所15公演で開催したアリーナツアー「Superfly Arena Tour 2019 “0”」以来、およそ3年9ヵ月ぶりとなる。

Superfly コメント
映画主題歌としては初めて、叶わぬ想いをモチーフにした曲を書き下ろさせていただきました。
叶いはしなかった想いだけど、”大切な人を想う”その気持ちを抱けたことを大事にしたいなと思い、そんな気持ちが昇華されるような祈りの曲をつくりました。
どうか映画と一緒に楽しんでいただけたらと思います。

竹野内豊 コメント
Superflyの越智志帆さんとお会いしたのは13年前。当時、私が参加していたドラマの打ち上げ会場に来てくださり、スタッフの労をあのパワフルな歌声で吹き飛ばしてくださった。
今回、「映画イチケイのカラス」の主題歌で再びご縁があり大変光栄に思います。
この混沌とした時代の中、生きていれば色々な試練に直面し、それを乗り越えるため時に立ち止まり考える…

誰もが思い当たる事があるのではないでしょうか。

失敗を恐れ、一歩踏み出す勇気が出ない、そんな時に、Superflyさんの優しくて強い歌声に、そっと背中を押してもらえると思います。

田中亮監督 コメント
主題歌を受け取って初めて映像に重ね合わせた時、今作に必要な最後のピースがカチッとハマる音が聞こえました。映画イチケイのカラスが目指していた高みについに辿り着けた瞬間でした。
サビの力強くのびやかなメロディーは、「国家権力」という大いなる壁に立ち向かうみちおに戦う勇気を与えてくれています。優しく紡いだ歌詞のひとつひとつが坂間の心情に寄り添うように歌い上げられて、観客の皆さんの感情を大きく揺さぶるはずです。
素敵な曲を作って下さったSuperflyさんに本当に感謝します!
映画館を出たあと、「もう一度笑えますように」「明日を生きよう」などの歌詞の意味を噛み締めながら、映画の住人たちの未来に思いを馳せてもらえると嬉しいです。

全ての画像・動画を見る(全3点)


作品情報

イチケイのカラス

©︎浅見理都/講談社 ©︎2023 フジテレビジョン 東宝 研音 講談社 FNS27社

©︎浅見理都/講談社 ©︎2023 フジテレビジョン 東宝 研音 講談社 FNS27社

イチケイのカラス

2023年1月13日(金)全国東宝系にて公開
配給:東宝

公式サイトはこちら

スタッフ&キャスト

出演:竹野内豊 黒木華
斎藤工 山崎育三郎 柄本時生 西野七瀬 田中みな実
桜井ユキ 水谷果穂 / 平山祐介 津田健次郎 八木勇征
尾上菊之助 宮藤官九郎
吉田羊 向井理 小日向文世
原作:浅見理都「イチケイのカラス」(講談社モーニングKC刊)
監督:田中亮
音楽:服部隆之
脚本:浜田秀哉
製作:映画「イチケイのカラス」製作委員会
©浅見理都/講談社
©2023 フジテレビジョン 東宝 研音 講談社 FNS27社

イベント情報

Superfly Arena Tour 2023

Superfly Arena Tour 2023

2023年6月17日(土) 横浜アリーナ
2023年6月18日(日) 横浜アリーナ
2023年7月1日(土) 新潟・朱鷺メッセ
2023年7月8日(土) ポートメッセなごや 第1展示館
2023年8月11日(金・祝) 仙台・セキスイハイムスーパーアリーナ
2023年8月19日(土) 広島グリーンアリーナ
2023年8月26日(土) 福岡国際センター
2023年8月27日(日) 福岡国際センター
2023年9月2日(土) 愛媛武道館
2023年9月3日(日) 愛媛武道館 
2023年9月23日(土) 札幌・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
2023年9月30日(土) 丸善インテックアリーナ大阪
2023年10月1日(日) 丸善インテックアリーナ大阪

Superfly Arena Tour 2023

越智志帆によるソロプロジェクト。
1984年2月25日生まれ、愛媛県出身。

2007年にシングル『ハロー・ハロー』でデビュー。
翌年には1stアルバム『Superfly』をリリースし、オリコンアルバムランキング1位を記録。以降、オリジナルアルバム及びベストアルバム計6作品でオリコンアルバムランキング1位を獲得。

デビュー当初からライブパフォーマンスへの評価も高く、2009年にはニューヨーク郊外で行われたウッドストック40周年ライブに日本人として唯一出演し、ジャニス・ジョップリンがかつて在籍したBig Brother & The Holding Companyと共演。

2008年『愛をこめて花束を』が大ヒット。
その後も『Alright!!(2009)』『タマシイレボリューション(2010)』『輝く月のように(2012)』『Beautiful(2015)』『Ambitious(2019)』『覚醒(2019)』等数々のドラマや映画主題歌を歌いヒット曲を生み出す。

2019年11月、NHK連続テレビ小説の主題歌「フレア」をリリース。
同年秋には自身最大規模となる全国10箇所15公演のアリーナツアー「Superfly Arena Tour 2019 “0”」を敢行し、全公演完売で11万人を動員。

2020年1月には、ほぼすべての曲の作詞作曲を越智志帆自らが手がけた6thアルバム『0』をリリース。
また、コロナ禍においては、リモートで制作した楽曲「Together」のリリースや、初の連載エッセイ「ウタのタネ」(新潮社運営「考える人」)を開始。11月に開催された初のオンラインライブ「Superfly Live at Studio "Sing Together"」は大盛況を収め、大晦日には4年連続5度目の「NHK紅白歌合戦」に出場。東京フィルハーモニー交響楽団との共演で「愛をこめて花束を」を歌唱した。

2021年8月にYouTubeで公開された「Superfly Online Live "うぶ声"」では、神秘的な洞窟内でのアカペラ披露の他、未完成の新曲「Voice」を発表。
2022年4月4日のデビュー15周年記念日にデジタルシングルとしてリリースを迎えた『Voice』は、“不安な世の中だからこそ自分の気持ちを声に出していく”ことの大切さが表現されており、重厚なコーラスとダンサブルなサウンドのアレンジが加わってSuperflyの節目の幕開けにふさわしい一曲となった。

また、4月スタートのフジテレビ系新番組「ポップUP!」のテーマソングに新曲「Love & Peace Again!」が決定。
2022年5月にはボートレース2022新CMシリーズ「アイ アム ア ボートレーサー」の主題歌である、デジタルシングル『ダイナマイト』をリリース。疾走感のあるメロディと迫力のあるバンドサウンドに、志帆の突き抜けるボーカルが印象的な楽曲だ。

シンガーソングライターとしてのオリジナリティ溢れる音楽性、圧倒的なボーカルとライブパフォーマンスには定評があり、デビュー16年目を迎えてもなお進化を止めずに表現の幅を拡げ続けているアーティストである。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 映像版ベストアルバム的作品の一部が明らかに 星野源の6年間を映像で振り返る、来月リリースMV集第2弾のトレーラー公開

    2023.01.26 18:00

    星野源が、2月15日に発売するMUSIC VIDEO集第2弾『MUSIC VIDEO TOUR 2 2017-2022』のトレーラー映像を公開した。 1月27日(金)と28日(土)に久々の有観客イベント「Gen Hoshino Presents “Reassembly”」を横浜アリーナで開催する星野源。3月18日には幕張メッセで開催される音楽フェス「LIVE the SPEEDSTAR」へ出演することも先日サプライズ発表された。 今作は2017年にリリースし大ヒットを記録したMUSIC VIDEO集『MUSIC VIDEO TOUR 2010-2017』に続く第2弾の映像作品で、2017年にリ<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17939/">…

  • 社会性のない4兄妹の向かう先とは 森田想が「実家を売ろう」と言い放つ 映画『わたしの見ている世界が全て』予告編公開

    2023.02.03 12:00

    3月31日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、アップリンク吉祥寺ほかにて全国公開される映画『わたしの見ている世界が全て』から予告編が公開された。 本作は、自分一人の力で生きてきたつもりの主人公・遥風(はるか)が、母の死をきっかけに再会した兄弟との交流を通じて大切なものに気づいていく物語。「個人の力で生きていくこと」がもてはやされる時代の中で、“失われつつある大事な心”を描いた社会風刺エンタテインメントとなっている。 遥風は家族と価値観が合わず、大学進学を機に実家を飛び出し、ベンチャー企業で活躍していた。しかし、目標達成のためには手段を選ばない性格が災いし、パワハラを理由に退職に追い込まれる<a href="https://bezzy.jp/2023/02/18419/">…

    #わたしの見ている世界が全て#中崎敏#中村映里子#佐近圭太郎#森田想#熊野善啓

  • 庄村聡泰が全31組から注目株を紹介 フジロック第一弾発表、早くも特報級ラインナップが顔を揃える

    2023.02.03 18:55

    見ましたか…? ですよね…! いかがでしたか…? ですよね!! 寒々しい空模様を割って降り注ぐ光のように、「FUJI ROCK FESTIVAL ’23」第一弾ラインナップの報せが届いた。 これは朗報であると同時に特報とも言えるかもしれない。3日間のヘッドライナー、そのほか充実が過ぎるアクトの数々……その数総計31組。ありがたいの一言に尽きる。 まずはいきなりのFOO FIGHTERSである。昨年のあまりに大きな訃報を経て、12月31日にバンドの存続が公式に発表されたばかりである彼ら。まさかこんなにも早く日本でライブが観れるとは。しかもフジロックのヘッドライナーとして。バンドの継続<a href="https://bezzy.jp/2023/02/18570/">…

    #FUJI ROCK FESTIVAL#フジロック

  • 4人のボーカルが混然一体となる渾身のバラード CHEMISTRY×Da-iCEの初コラボシングル『スパロウズ』3月リリース決定

    2023.02.02 04:00

    CHEMISTRYが、3月8日に発売する約3年半ぶりのシングルでDa-iCEのボーカリスト大野雄大、花村想太と初めてコラボレーションすることが発表された。 2021年にサブスクの総再生回数が1億5,000万回を超えた大ヒット曲「CITRUS」で第63回日本レコード大賞で大賞を受賞したことも記憶に新しい男性5人組アーティストDa-iCEから、4オクターブのツインボーカル大野雄大、花村想太を迎えた楽曲のタイトルは「スパロウズ」。 トータルプロデュースと作詞は松尾潔が担い、作曲はDa-iCEメンバーも愛してやまないというCHEMISTRY初期の代表作バラード「You Go Your Way」を手がけ<a href="https://bezzy.jp/2023/02/18394/">…

    #CHEMISTRY#Da-iCE

  • ツアー『GO WEST.YOUNGMAN』を完走 The Birthday、『THE FIRST SLAM DUNK』OP主題歌「LOVE ROCKETS」ライブ映像公開

    2023.01.08 20:00

    The Birthdayが、公開中の映画『THE FIRST SLAM DUNK』のオープニング主題歌「LOVE ROCKETS」のライブ映像をYouTubeで公開した。 この映像は『THE FIRST SLAM DUNK』公開後初披露されたTOUR『GO WEST.YOUNGMAN』の2022年12月8日中野サンプラザホールでのライブをメインに、同ツアーでのパフォーマンスで構成。The Birthdayの真骨頂である圧倒的ライブを堪能できる映像となっている。 The Birthdayは、本日1月8日に開催したサッポロファクトリーホールでの振替公演にて2022年11月からスタートしていたこのツ<a href="https://bezzy.jp/2023/01/16581/">…

    #The Birthday#THE FIRST SLAM DUNK

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube