Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

すでに他アーティストの作品にギターで参加していると明かす

リル・ウェインがギターを弾きはじめたきっかけを語る

2022.11.15 18:15

By Megan Elice Meadows - IMG_0534, CC BY-SA 2.0

2022.11.15 18:15

全ての画像・動画を見る(全2点)

2010年にリリースされたリル・ウェインのロックアルバム『Rebirth』。トップラッパーとしてヒップホップ業界で非常に高く評価されているリル・ウェインであるが、彼はスケートボードやギターを嗜んでいることでも知られている。そんな彼がギターを弾きはじめたきっかけを語っている。

Rolling Stone誌のインタビューに登場したリル・ウェインは、バードマンとのコラボアルバム『Like Father, Like Son』に収録されているヒット曲「Leather So Soft」のミュージックビデオのためにギターを弾き始めたようだ。彼は以下のように語っている。

「バードマンとのコラボアルバムに収録されている“Leather So Soft”のMVの企画を書いたんだ。あの曲には一度聴いたら忘れられないギターのリフが入っていて、企画書に俺がギターを弾くって書いたら、弾いてるように見える感じにするのか?とか、ギターを背中に背負うのか?って聞かれた(笑)
みんな知っていると思うけど、俺は何かを始めると、上手くなれるように没頭する。3〜4本の弦でプレイすることを学んだ後、カントリー・ミュージック・アワードでキッド・ロックと演奏していたよ。何をやっているのかよくわかってなかったけど」

また、彼は今でも頻繁にギターを弾いているらしく、他のアーティストの楽曲でもギターを弾くことがあるという。彼は「今では他のアーティストのアルバムの後ろを見れば、プロダクションにD. Carter(ウェインの本名)って書いてあるよ。アルバムにウェイン参加していなかったけど?って思うかもしれないけど、参加しているんだ」と他のアーティストのプロダクションに参加していると明かす。

全ての画像・動画を見る(全2点)


リル・ウェイン

アーティスト情報

リル・ウェイン(Lil Wayne、本名: ドウェイン・マイケル・カーター・ジュニア、1982年9月27日 - )は、アメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズ出身のラッパー。「生きている中で最高のラッパー」を自称し、Weezy/ウィージー,Tunechi/トゥーンチの愛称でも呼ばれる。
11歳の時キャッシュマネーレコードのオーナー、バードマン、兄スリムと出会う。留守電に自分のラップを何度も残したのがきっかけでキャッシュマネーレコードと11歳の時に契約する。1997年に14歳でホットボーイズ(2001年に活動を休止)の一員としてラッパーのキャリアをスタートし、現在もキャッシュマネーレコードに所属している。1999年のソロデビュー以後、数々のミックステープ、客演で活躍。アメリカではアルバム以上に注目されるのが毎年彼がリリースする無料のミックステープである。

2008年には、シングル「ロリポップ」が全米総合シングルチャートBillboard Hot 100で1位を獲得。同年リリースのスタジオ・アルバム『カーターIII』は全米で300万枚以上を売り上げる大ヒットとなり、アルバムはRIAAよりトリプル・プラチナムに認定された。2009年の第51回グラミー賞では、8部門でノミネートを受け、最優秀ラップ・ソロ・パフォーマンス賞、最優秀ラップ・ソング賞、最優秀ラップ・アルバム賞、最優秀ラップコラボレーション賞の4部門を受賞。
(引用)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%B3

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube