Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

BREIMENを迎え12月に自主企画を開催

ポスト・トリップホップバンドTAMIW、新シングル『Eyes on Me』リリース

2022.11.09 12:00

2022.11.09 12:00

全ての画像・動画を見る(全3点)

稀有な音楽性を放ち、国内外で高い評価を集めている“ポスト・トリップホップバンド”TAMIWが、新シングル『Eyes on Me』を本日11月9日(水)にデジタルリリースした。

昨年「FUJI ROCK FESTIVAL ROOKIE A GO GO」に選出、今年2月には初のEP『Floating Girls』をリリースし、9月に開催した東京での初自主企画を成功に収めたTAMIW。12月6日(火)にはBREIMENを迎えての自主企画「PIA CERE」を渋谷WWWで開催する。

新曲「Eyes on Me」はボーカルtamiが初めてのラップに挑戦し、「理解されたいと日々を生きる主人公の葛藤」をテーマに掲げラップと歌で表現した楽曲。これまでのTAMIWを知る人には新鮮かつセンセーショナルに、初めてのリスナーには刺激的に響くであろう作品に仕上がっているとのこと。

なお、12月6日開催予定の自主企画「PIA CERE」のチケットは現在発売中。

TAMIW tami コメント
本当の自分をわかってほしいという気持ちと本当の自分をわかってくれる人なんていないという気持ちはいつでも混在していて、反省したり、涙を流したりを日々繰り返して、上がったり下がったりする自分の気持ちと付き合いながら生きていくものなのかなと思っています。やまない雨はないと言いますが、実際は雨は降ったりやんだりを繰り返すし、降られるたびにあわあわしながらも強く生きていけたらいいのにという葛藤の曲です。

全ての画像・動画を見る(全3点)


作品情報

『Eyes on Me』

『Eyes on Me』ジャケット

『Eyes on Me』ジャケット

『Eyes on Me』

2022年11月9日(水)リリース
Label:Bigfish Sounds

購入はこちら

イベント情報

TAMIW presents “PIACERE”

TAMIW presents “PIACERE”

2022年12月6日(火)渋谷WWW
OPEN 18:30 / START 19:00
チケット:ADV ¥3,500 / DOOR ¥4,000(いづれも+1drink)
出演:TAMIW / BREIMEN

TAMIW presents “PIACERE”

2018年、Vo. tamiを中心に結成されたポスト・トリップホップバンド。
同年に1stアルバム『flower vases』をリリース。2019年に20公演のアメリカツアーを敢行。
翌2020年には2ndアルバム『future exercise』を発表。なお、この2ndアルバム以降の作品は
バンドが運営する大阪堺寺院内のスタジオ「日本のブリストル=Hidden Place」で制作されている。
2021年、”Lights”、”PurePsychoGirl”の2枚のシングルをリリース。「FUJI ROCK FESTIVAL’21
ROOKIE A GO GO」の選出などでも話題を集めた。
2022年2月25日、初のEP『Floating Girls』をデジタルリリース。
9月7日、DVD付のスペシャルエディションとし『Floating Girls』を全国流通盤として再リリース。
バンドフォーマットながらサンプリングやアナログシンセを駆使したサウンドはベースミュージック、
ヒップホップを経由したエレクトロニックなトラックを基調とし、絶妙なバランス感覚でオルタナティ
ヴミュージックをつくりあげている。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 世界のネオアコファンを魅了する彼らの最も明るく新鮮な一枚 ベル・アンド・セバスチャンが新オリジナルアルバム『Late Developers』を緊急リリース

    2023.01.10 12:00

    世界中のネオアコ~インディー・ファンを魅了し続けるバンド、ベル・アンド・セバスチャンが通算11作目となるニュー・オリジナル・アルバム『Late Developers』を今週末1月13日(金)にサプライズ・リリースすることを発表。先行シングル「I Don’t Know What You See In Me」を公開した。 今作『Late Developers』は、1999年の『Fold Your Hands Child』以来初めて地元グラスゴーでレコーディングされた前作『A Bit of Previous』のセッションで同時に録音され、前作の姉妹作という位置付けの作品。 ウー・オウ(W<a href="https://bezzy.jp/2023/01/16639/">…

    #Belle and Sebastian#ベル・アンド・セバスチャン

  • 初回特典は当日撮影された写真のポストカード Creepy Nuts、15000人が目撃した「オールナイトニッポン」55周年記念イベントを映像作品化

    2023.01.31 02:00

    Creepy Nutsが、昨年10月に東京国際フォーラムホールにて開催したラジオ番組イベント「Creepy Nutsのオールナイトニッポン『THE LIVE 2022』~オレらのRootsはあくまでラジオだとは言っ・て・お・き・たい ぜ!~」の模様を収録したDVD/Blu-rayを3月1日(水)に発売することを発表した。 本イベントは、Creepy Nutsがレギュラー出演するニッポン放送のラジオ番組『Creepy Nutsのオールナイトニッポン』シリーズ5周年に加えて、ニッポン放送「オールナイトニッポン」55周年記念日当日に行われた公演で、チケットは発売開始後に即完売となった。観客動員数は、<a href="https://bezzy.jp/2023/01/18147/">…

    #Creepy Nuts

  • 初アルバム『NEW BORN GHOST』取扱店が15店舗に拡大 Tele、心に寄り添うミディアムナンバー「鯨の子」2月15日配信リリース

    2023.02.06 20:00

    谷口喜多朗によるソロプロジェクトTeleが、2月15日に新曲「鯨の子」をリリースする。 昨年6月1日にリリースした初アルバム『NEW BORN GHOST』が各所で反響を呼び、ニューミュージックシーンより高い注目度を集めているTele。今年1月にはSpotifyが毎年新進気鋭・国内アーティストをピックアップする名物セレクション「RADAR:Early Noise 2023」に選出された。また、2月に東阪にて行うワンマンライブ「nai ma ze」は即日ソールドアウトさせている。 今作はTeleらしい言葉の数々を優しく語りかけるような歌声がそっと心に寄り添ってくれるミディアムナンバー。音源は来週<a href="https://bezzy.jp/2023/02/18702/">…

    #Tele

  • STAYC Japan Debut!! 特集 セウン、ユン、ジェイ──“妹”チームが天真爛漫に語るメンバー愛と日本愛

    第3回 2023.01.17 18:00

    昨年11月にシングル『POPPY』で待望の日本デビューを果たした6人組K-POPガールズグループ、STAYCの魅力をたっぷりとお届けするこの特集。その第2弾と第3弾では、『POPPY』発売の瞬間を日本で迎えるために来日した彼女たちを3人ずつに分け、一人ひとりにじっくりとショーケースの思い出や今後の意気込みを聞いてきました。前記事のお姉さんチームに続き、今回はセウン・ユン・ジェイの妹チーム。お姉さんチームより少し(だいぶ?)キャピキャピした雰囲気をお楽しみください! お姉さんたちは言わなくてもわかってくれる ──お姉さんチームに続いて、3対3に分かれて、一人ひとりにフォーカスするインタビューをし<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17058/">…

    #STAYC#インタビュー

  • 「あんなに音を重ねる必要がなかった」とコメント クイーンのブライアン・メイがデビューアルバムのサウンドに納得いっていなかったと明かす

    2023.01.20 18:15

    1973年にリリースされたクイーンのデビューアルバム『Queen』。イギリスとアメリカでヒットし、全米で50万枚を売り上げた当アルバムであるが、ギタリストのブライアン・メイは、アルバムのサウンドに納得がいっていなかったと明かしている。 Total Guitar誌のインタビューに登場したブライアン・メイは、プロデューサーのロイ・トーマス・ベイカーと『Queen』を制作しているときの経験について以下のように語っている。 「ロイ・トーマス・ベイカーに“ロイ、これは私たちが求めているサウンドじゃない!”って伝えたのを覚えている。でも彼は“心配しないで、ミキシングで全部直るから”って言われたんだ。でもそ<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17535/">…

    #Queen#クイーン#ブライアン・メイ

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube