Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

“安楽死”をテーマにした涙とユーモアに溢れる作品

フランソワ・オゾン監督最新作『すべてうまくいきますように』2月3日公開決定

2022.11.07 14:00

© 2020 MANDARIN PRODUCTION – FOZ – France 2 CINEMA – PLAYTIME PRODUCTION – SCOPE PICTURES

2022.11.07 14:00

全ての画像・動画を見る(全1点)

フランソワ・オゾン監督の新作「Tout s’est bien passé(英題:Everything Went Fine)が、『すべてうまくいきますように』の邦題で2月3日(金)より全国公開されることが決定した。

本作は監督がフランスの国民的俳優ソフィー・マルソーと初タッグを組み、”安楽死”を巡る父娘の葛藤を描いたフランス映画。『スイミング・プール』(2003年)の脚本家エマニュエル・ベルンエイムの自伝的小説を基に、安楽死を望む父親に振り回される娘の葛藤を描いたドラマだ。

監督は、『まぼろし』(2000年)や『8人の女たち』(2002年)、『Summer of 85』(2020年)など、新作を発表するたびに異なるテーマで観る者を圧倒してきた、フランス映画界の名匠オゾン。すべての人にいつか必ず訪れる”死”をテーマにしながらも、ユーモアを忘れない会話劇とスタイリッシュな映像で、家族の愛とは何か、人生とは何かを軽やかに問いかける、涙と笑いあふれる感動のドラマを完成させた。

芸術や美食を楽しみ、ユーモアと好奇心にあふれ、何より生きることを愛していた85歳の父アンドレが突然、安楽死を願う。脳卒中で倒れたことによって、身体の自由がきかなくなったという現実が受け入れられず、人生を終わらせるのを手伝ってほしいと娘のエマニュエルに頼んだのだ。小説家のエマニュエルは妹のパスカルと、父の気が変わることを望みながらも、スイスの合法的に安楽死を支援する協会とコンタクトをとる。一方で、リハビリが功を奏し日に日に回復する父は、孫の演奏会やお気に入りのレストランへ出かけ、生きる喜びを取り戻したかのように見えた。だが、父はまるで楽しい旅行の日を決めるかのように、娘たちにその日を告げる。娘たちは戸惑い葛藤しながらも、父と真正面から向き合おうとする──。

主演は、『ラ・ブーム』(1980年)の世界的大ヒットでスーパーアイドルとなり、今なおフランスの国民的俳優として愛され続けるソフィー・マルソー。本音しか言わない父の言動に時には傷つきながらも、父を人として敬愛する娘・エマニュエル役を情感豊かに演じた。深刻な時にも父から受け継いだユーモアを忘れないエマニュエルの愛らしさが、マルソーの魅力でより一層引き立つ。父のアンドレには、フランソワ・トリュフォー監督の『私のように美しい娘』(1972年)やエリック・ロメール監督の『美しき結婚』(1982年)で知られる、フランス映画の重鎮、アンドレ・デュソリエ。毒舌、頑固、ワガママ、いじわる、そのすべてのマイナスカードを魅力へと変貌させるアンドレというキャラクターを見事に体現している。母のクロードには、『さざなみ』(2015年)でアカデミー賞にノミネートされたシャーロット・ランプリング。オゾン監督とは、『まぼろし』、『スイミング・プール』、『17 歳』(2013年)でタッグを組み、作品に深みと品格を与えてきた。

妹のパスカルには、『17歳』でセザール賞にノミネートされたジェラルディーヌ・ペラス。父と姉の絆に複雑な想いを抱き嫉妬することもあるが、こうと決めたら真っ直ぐな姉を慕う健気な妹を演じ、美しい姉妹愛で観る者を癒してくれる。さらに、ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー監督の『ペトラ・フォン・カントの苦い涙』(1972年)や『マリア・ブラウンの結婚』(1979年)で知られるドイツ人俳優ハンナ・シグラが、安楽死を支援する協会から派遣されてくる、怪しげなスイス人女性を演じている。

最期の日を決めた父と娘たちの前に、愛や倫理、法律や宗教など様々な理由から反対する者たちが立ちはだかる。果たして父は決行するのか、考えを変えるのか、誰かが止めるのか、あるいは安楽死を禁ずるフランスの法律に止められるのか。サスペンスフルなストーリーテリングを得意とするオゾンが、緊迫感に満ちた展開の先に用意した、想像を裏切る結末とは。

全ての画像・動画を見る(全1点)


作品情報

すべてうまくいきますように

すべてうまくいきますように

2月3日(金) ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、Bunkamura ル・シネマ 他公開

2021│フランス・ベルギー│フランス語・ドイツ語・英語│113分│カラー│アメリカンビスタ│5.1ch│原題:Tout s'est bien passé│字幕翻訳:松浦美奈│映倫区分:G
提供:木下グループ 配給:キノフィルムズ

公式サイトはこちら

スタッフ&キャスト

監督・脚本:フランソワ・オゾン
出演:ソフィー・マルソー、アンドレ・デュソリエ、ジェラルディーヌ・ペラス、シャーロット・ランプリング、ハンナ・シグラ、エリック・カラヴァカ、グレゴリー・ガドゥボワ

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 1stソロアルバム『The Chronic』も含まれる見込み ドクター・ドレーが自身の音楽カタログと音楽資産を260億円以上で売却すると報じられる

    2023.01.13 19:45

    スヌープ・ドッグやエミネ​​ムなどのアイコニックなアーティストを発掘し、ヒップホップのサウンドの歴史を何度も変えた名プロデューサーであるドクター・ドレー。35年以上のキャリアを持ったベテランであるが、ソロのカタログの一部と自身の音楽資産を売却すると報じられている。 BillboardやVariety誌の報道によると、ドクター・ドレーは自身の音楽カタログと音楽資産を〈Universal Music Group〉と〈Shamrock Holdings〉に2億ドル(約260億円)〜2.5億ドル(約321億円)の間で売却するようだ。〈Shamrock Holdings〉が買収した音楽資産には、ドクター<a href="https://bezzy.jp/2023/01/16961/">…

    #Dr. Dre#The Chronic#ドクター・ドレー

  • 10代当時の自己嫌悪について明かす ビリー・アイリッシュ、腰の怪我がいかに精神に支障をきたしたかを語る

    2023.01.06 19:30

    先月21歳になったビリー・アイリッシュが、Vogueのインタビューにて自身の怪我がメンタルに与えた影響を明かした。 ビリー・アイリッシュは13歳の頃に腰に怪我をしたことがきっかけで、精神にも影響を及ぼしたと語っている。彼女は後に過剰運動<hypermobility>症候群と診断されたと明かしており、「自分のことを嫌いな状態で10代を過ごした」と発言している。また、「その自己嫌悪の多くは自分の体に対する怒りから来ていて、体が私に与えた痛みに対して怒っていた。そのせいで多くのものを失ったことにも怒っていた」ともコメントしている。 彼女は2015年にリリースされたデビューシングル「Ocean Eye<a href="https://bezzy.jp/2023/01/16505/">…

    #Billie Eilish#ビリー・アイリッシュ

  • RMが「全世界のARMYへ新年のプレゼント」と語りかける 2月1日全世界公開『BTS: Yet To Come in Cinemas』メンバーコメント映像が到着

    2023.01.11 09:00

    2⽉1⽇(⽔)より全世界公開される映画『BTS: Yet To Come in Cinemas』から、BTSメンバーのコメント映像とステージ写真が公開された。 本作では、世界229ヶ国/地域のARMYたちを熱狂させたコンサート『BTS<Yet to Come> in BUSAN』の圧倒的なパフォーマンスと歓声に包まれた現場のすべての瞬間を記録し映像化。コンサートの⽣中継では使⽤しなかった「シネマティック専⽤カメラ14台」を総動員し、超近接ショット、フルショットをはじめとする多彩なアングルで撮影されたBTSメンバーの姿を見ることができる。劇場での上映は2D版に加え、正⾯スクリーンと2<a href="https://bezzy.jp/2023/01/16714/">…

    #BTS#BTS: Yet To Come in Cinemas

  • Dimmu Borgirなどのバンドを称賛 ニコラス・ケイジがノルウェイのブラックメタルへの愛を語る

    2023.01.26 19:15

    カリフォルニア州出身のハリウッド俳優ニコラス・ケイジ。1995年の『リービング・ラスベガス』では、アカデミー賞、ゴールデングローブ賞、全米映画俳優組合賞などで主演男優賞を受賞した有名俳優であるが、メタルファンであることが知られている。 米Metal Hammerのインタビューに出演したニコラス・ケイジは、元からメタルファンであったが、息子の影響でブラックメタルにハマったと発言している。 「ウェストン(息子)の影響でノルウェイでとても人気なブラックメタルにハマったんだ。ブラックメタルは1990年代初頭の教会を燃やしたりする事件で評判は悪いと思われるけど、音楽そのものはクラシカルから来ているんだ!<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17948/">…

    #Dimmu Borgir#ディム・ボルギル#ニコラス・ケイジ#ブラックメタル

  • チケット代は2,600円 ELLEGARDEN、全国のライブハウス巡るワンマンツアー開催

    2023.01.11 18:00

    ELLEGARDENが、昨年12月21日(水)にリリースしたフルアルバム『The End of Yesterday』を引っ提げて全国のライブハウスを巡るワンマンツアー「The End of Yesterday Tour 2023」の開催を発表した。 2006年にリリースされた5thアルバム『ELEVEN FIRE CRACKERS』以来、16年ぶりのリリースとなったアルバム『The End of Yesterday』。9月9日に先行配信された新曲「Mountain Top」、10月31日に配信された「Strawberry Margarita」を含む全11曲が収録されている。 ツアーは3月5日(<a href="https://bezzy.jp/2023/01/16768/">…

    #ELLEGARDEN

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube