Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

病を患う母のために奔走する物語

中井友望が初主演、“JK散歩”の世界を描く『サーチライト-遊星散歩-』特報&場面写真公開

2022.11.07 18:00

©2023 「サーチライト-遊星散歩-」製作委員会

2022.11.07 18:00

全ての画像・動画を見る(全8点)

『餓鬼が笑う』『the believers ビリーバーズ』らを手がけた平波亘監督の最新作で、2023年劇場公開予定の映画『サーチライト-遊星散歩-』のティザービジュアル、特報、場面写真が解禁された。

2022年12月3日から開催される音楽と映画の祭典「MOOSIC LAB 2023」での先行上映と、12月2日〜4日に開催される第28回函館港イルミナシオン映画祭でのワールドプレミア上映が決定している本作。

『サーチライト-遊星散歩-』は、一見普通の女子高生である内田果歩が、病を患った母・貴子との暮らしを守るために奔走する物語。大家族を養うためにバイト生活を送る同級生の輝之はそんな果歩の事情を知って気にかけるが、果歩はやがて禁断の「JK散歩」の世界に足を踏み入れていく……。そんな果歩が駆け抜ける街の空をサーチライトの光が射す。それは未来が見えない境遇の少女の道筋を照らす光なのか、それとも……。

主人公・果歩を演じるのは中井友望。ミス iD2019でグランプリを獲得以降、昨年は立て続けに出演作が公開となり、来年2月には東京国際映画祭・アジアの未来部門に出品された『少女は卒業しない』の公開も控えるなど、女優として活動の場を広げている。輝之役に若手実力派の山脇辰哉、母・貴子役に映像や演劇で確固たるキャリアを築く安藤聖。果歩をJK 散歩の世界へ誘う花先輩役にグラビアアイドルとして絶大な人気を誇る都丸紗也華。果歩と“お散歩”するサラリーマン・長谷川役を個性派の山中崇が演じて映画に奥行きを与える。他出演者に西本まりん、詩野、水間ロン、安楽涼など、多彩な顔ぶれが物語を彩る。

解禁されたビジュアルでは、果歩が何かを見上げているような印象的な表情が切り取られている。それは本編で象徴的に描かれる街の上空を照らすサーチライトなのか、それとも更にその先を見据えた少女の厳かな決意なのか……。そして同じく解禁された特報では、果歩が輝之に「あんたなんか家族じゃない」と言い放つシビアな展開から始まり、果歩が貴子とサーチライトについて語り合うシーンや、全力で駆ける果歩、泣き崩れる輝之、そしてギターを奏でる謎の男・4番さんの姿などが、合田口洸のエモーショナルな音楽に乗せて綴られている。

https://youtu.be/1UM8ELCdrFU
『サーチライト-遊星散歩-』特報

場面写真では花先輩とJKカフェで働く果歩や、新聞配達に勤しむ輝之、同級生の舞や奈々子、散らかった部屋の貴子、果歩と“お散歩”する長谷川の姿などが初公開された。
本作を手がけた平波監督からのコメントも届いている。

平波亘監督からのコメント
映画『サーチライト-遊星散歩-』のビジュアルと特報、場面写真を公開します。この作品は、病を患った母親との暮らしを守ろうと孤軍奮闘する女子高生・果歩の物語です。「目の前にある 当たり前のような小さな幸せを守りたい」そんなささやかな願いすら打ち砕かれてしまう世界線で、時に塞ぎ込み、叫び、疾走する10代たちの姿を描きました。その姿が愚かで滑稽に映っていたとしても、僕はずっと彼らの味方でありたい、寄り添い続けたいという思いでこの映画を創りました。中井友望さんをはじめ、本当に 素敵な俳優陣が登場人物たちに息吹を与えてくれた『サーチライト-遊星散歩-』という映画が、たくさんの人に見つけてもらえることを願っています。

全ての画像・動画を見る(全8点)


作品情報

サーチライト -遊星散歩-

©2023 「サーチライト-遊星散歩-」製作委員会

©2023 「サーチライト-遊星散歩-」製作委員会

サーチライト -遊星散歩-

2023年劇場公開予定
配給:SPOTTED PRODUCTIONS/制作:800 LIES PRODUCTION/2022/93分/ビスタ/カラー/5.1ch
©2023 「サーチライト-遊星散歩-」製作委員会

スタッフ&キャスト

出演:中井友望、山脇辰哉、合田口洸、都丸紗也華、西本まりん、詩野、安楽涼、水間ロン、大沢真一郎、橋野純平、安藤聖、山中崇
監督:平波亘
音楽・主題歌:合田口洸、Joseph Gen
企画・脚本:小野周子/ラインプロデューサー:石川真吾/撮影:関将史/録音:篠崎有矢/美術:岩崎未来/スタイリスト:小宮山芽以/ヘアメイク:河本花葉/助監督:工藤渉/編集:村松正浩/VFX:萩原嘉人/スチール:柴崎まどか/企画協力:直井卓俊

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 過去には「Paranoid Android」も“マリオカバー” レディオヘッド『In Rainbows』を『スーパーマリオ64』の音色でカバーした動画が話題に

    2023.01.24 18:15

    2007年にリリースされたレディオヘッド7枚目のアルバム『In Rainbows』。今年の2月24日に日本独自企画の高音質CD2枚組仕様で復刻販売されることが発表され話題となっているが、同アルバムをNINTENDO 64の音だけで“カバー“した者が現れた。 YouTubeにて数々のカバー曲を投稿しているクリエイターのon4word氏。今回は『スーパーマリオ64』のサウンドフォント(音色データ)を使用し、レディオヘッドの『In Rainbows』をカバーした動画を投稿しており、ファンから称賛の声が挙がっている。on4word氏は、『In Rainbows』の収録曲を全てカバーしており、楽曲「Fa<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17783/">…

    #Radiohead#スーパーマリオ64#レディオヘッド

  • 未発表の弾き語り音源がチケット特典に 蒼山幸子、初の弾き語りワンマン「気まぐれ弾き語り紀行〜春の嵐編〜」3月に開催

    2023.01.19 18:00

    2019年7月のねごと解散後、同年11月よりソロ活動を始動させた蒼山幸子が、3月にワンマンライブ「気まぐれ弾き語り紀行〜春の嵐編〜」を開催することを発表した。 蒼山はこれまで弾き語りでもイベントや学園祭ライブなどに数多く出演してきたが、単独での弾き語り公演は今回が初となる。会場は3月12日(日)に兵庫・神戸 クラブ月世界、3月19日(日)に東京・晴れたら空に豆まいてにて行われる。 さらに本公演のチケットには、未発表の弾き語り音源が1曲収録されたお土産CDが付くとのこと。現在オフィシャルモバイルサイトにて最速先行予約受付を行っている。

    #蒼山幸子

  • TikTokに最適な曲を求めるレーベルに対してコメント マック・デマルコがTikTokが音楽業界にもたらす影響について“憂鬱になる”と語る

    2023.01.23 20:00

    1月20日にニューアルバム『Five Easy Hot Dogs』をリリースしたカナダ出身のシンガーソングライター、マック・デマルコ。2018年の「FUJI ROCK FESTIVAL」ではレッドマーキーのヘッドライナーを務めた彼が、Variety誌のインタビューに登場した。 彼はインタビュー内で、レーベルがアーティストにTikTokに適した楽曲を作るように指示していることについて聞かれた際に、以下のように答えている。 「憂鬱になるよ。問題は、アーティストが自分が演じないといけない役に滑り込んでしまうことだ。“こういうことをやらないと…”って。でも本当は別にやらなくてもいい。でもも<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17740/">…

    #Mac DeMarco#マック・デマルコ

  • 3つの数字の意味は「ショーを体験すれば分かる」 星屑スキャット、4都市巡るツアー「023」開催発表

    2023.01.23 12:00

    ミッツ・マングローブ、ギャランティーク和恵、メイリー・ムーの3人からなる音楽ユニット星屑スキャットが、5月14日の大阪公演を皮切りに、東京、名古屋、福岡と4都市5公演を巡るツアー「023」の開催を発表した。 2022年末に竹内まりや作詞作曲の「駅」と、中森明菜の「TATTOO」をカバーした両A面カバーシングル『駅/TATTOO』をリリースした星屑スキャット。 このたび公開されたレトロポップなツアービジュアルにはツアータイトルになっている3つの数字が描かれており、その数字が何を意味しているかに対しメンバーは「ショーを体験すれば分かる」とはぐらかしつつも不敵な笑みを浮かべているとのこと。 結成18<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17704/">…

    #星屑スキャット

  • ドラマ『あなたは私におとされたい』インタビュー 村井良大が見据える俳優としての在り方 34歳の今感じる“変化”とは

    2/2 2023.01.19 17:00

    2023年1月よりMBS 毎日放送「ドラマ特区」で放送中の不倫サスペンスドラマ『あなたは私におとされたい』。 本作で、先にインタビューを公開した鶴嶋乃愛と共にダブル主演を務めるのが俳優・村井良大。宇垣美里演じる妻・夏菜がいながら鶴嶋演じる若い女性部下・ノアにグイグイと迫られる、なんとも羨ましくも(!?)困った役を演じている。これまでも映像、ストレートプレイ、ミュージカルと幅広く活躍している彼が「落ちそうで落ちない役」を演じるにあたり求められた繊細なアプローチや、キャリアを重ねた“今”思うことを聞いた。 既婚者の役がちょっとずつ増えてきた ──今回のドラマ出演のオファーが来たときの感想は。 不倫<a href="https://bezzy.jp/2023/01/16816/">…

    #あなたは私におとされたい#インタビュー#村井良大

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube