Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

11月11日にはTikTok LIVEを開催

ヤングスキニー、TikTokとSpotifyの共同企画「Buzz Tracker」に選出

2022.11.01 12:00

2022.11.01 12:00

全ての画像・動画を見る(全3点)

平均年齢20歳の4ピースバンド”ヤングスキニー“が、ショートムービープラットフォーム「TikTok」とオーディオストリーミングサービス「Spotify」が共同でアーティストを応援するプログラム「Buzz Tracker」のMonthly Artist第8弾に決定した。

矛盾だらけな日常を歌う新曲「本当はね、」がストリーミングチャートの上位に続々とランクインし、YouTubeでMVの視聴回数も100万回を突破、来年2月にビクターエンタテインメント内SPEEDSTAR RECORDSよりメジャーデビューが決定しているヤングスキニー。

Buzz Trackerは、”Buzz(バズ・流行り)”+”Track(楽曲・追跡する)”を掛け合わせた造語で、TikTok JapanとSpotify Japanが両プラットフォームの特性を生かし毎月1組の「Monthly Artist」を共同で応援する企画。TikTokでは特設サイトやアプリ内バナー等を通じてアーティストの魅力を多角的に掘り下げ、Spotifyでは音楽とトークを一緒に楽しめる独自機能「Music+Talk」を活用したオリジナル・コンテンツとのTikTok連動展開などBuzz Trackerならではの様々な企画も行われる。

本企画のローンチに合わせて、今後ヤングスキニーのTikTokアカウントではパフォーマンス投稿やメンバーの日常が垣間見れるような投稿など様々な投稿が行われる予定。11月11日(金)20時からは、ヤングスキニーのアカウントからTikTok LIVEも実施される。

かやゆー(Gt.Vo)コメント
こんにちは! ヤングスキニーのかやゆー(Gt.Vo)です。
この度は「Buzz Tracker」に選んでいただき、本当にありがとうございます。

「本当はね、」は、どこまでも一途で純粋すぎる女の子の気持ちを歌に乗せました。
さらに、今までのヤングスキニーの曲の中でも、1番可愛らしくてポップな曲になってます!
Spotifyでたくさん聴いていただき、TikTokではダンス動画や日常Vlogなど様々な使い方ができますので、ぜひ投稿してください!
この機会に、ヤングスキニー の他の楽曲もたくさん聴いて、投稿してくれると嬉しいです。

これからも応援よろしくお願いします!

ヤングスキニー – 本当はね、【Official Music Video】

全ての画像・動画を見る(全3点)


作品情報

Digital Single「本当はね、」

『本当はね、』ジャケット

『本当はね、』ジャケット

Digital Single「本当はね、」

2022年10月5日(水)リリース

配信はこちら

会場限定盤2nd Single『本当はね、』

『本当はね、』ジャケット

『本当はね、』ジャケット

会場限定盤2nd Single『本当はね、』

2022年10月8日(土)リリース
¥1,000(税込)/NCS-3013

購入者特典:
メンバー女装トレーディングカード ※ランダム

配信はこちら

収録曲

1.本当はね、
2.ヒモと愛 demo

ヤングスキニー

アーティスト情報

かやゆー(Vo&Gt)、ゴンザレス(Gt)、りょうと(Ba)、しおん(Dr)
東京発、平均年齢20歳の4 ピースバンド。嘘だらけで、矛盾だらけな日常の歌を歌う。

TikTokやYouTubeでシンガーソングライターとして活動していたかやゆーが中心となって2020年8月に結成。
2021年2月に「世界が僕を嫌いになっても」のMVを公開するとSNSを中心に反響を呼びTikTokで楽曲を使用した動画が急増、現在MVの再生回数は100万回を突破。
同年5月には1stミニアルバム「嘘だらけの日常の中で」、12⽉15⽇には バンド初の全国流通となる2nd mini album「演じるくらいなら、ありのままでいいけどね」をリリース。
今年2月19日に初のワンマンライブ「1stワンマンライブ〜バンド、バイトばっかで〜」を渋谷Milkywayで開催し、キャパに対し10倍以上の応募がありSOLD OUT。
5月18日に1st Single「東京」をリリース。5月、7月に開催した東阪ツアー「"老いてもヤングスキニーツアーvol.1”ここからはじまる編」もSOLD OUT。8月10日に江沼郁弥(ex.plenty)プロデュースによる「コインランドリー」を配信リリース。10月5日に「本当はね、」(TBS「王様のブランチ」10月度エンディングテーマ)をリリースし、各ストリーミングチャートの上位にランクイン、TikTokでは楽曲を使用した投稿が急増し、MVの再生回数は2週間で100万回を突破。10月にはバンド初となる東名阪ワンマンツアー「保証はないけどあなたを幸せにできる気がするワンマンツアー」の開催、全公演即日SOLD OUT。
2023年2月にビクターエンタテインメント内SPEEDSTAR RECORDSよりメジャーデビュー決定を発表。

若者のリアルな思いを描く等身大の歌詞でティーンズから支持を受けるロックバンド。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • あなたに届けたい音と薬。 嘘と謝罪

    #5 2022.11.14 12:00

    おはようございます。こんにちは。こんばんは。三浦ジュンです。 早速ですが、つい最近「嘘」をつきました。 嘘をつくつもりはありませんでしたが、僕が約束を守れなくて、結果「嘘をついた」ことになってしまいました。 どんな嘘かというと…… ・・・ 10月31日(月)にBezzy編集長の小島くんからLINEが届きました。 「お疲れ様です!次回コラム、大体いつ頃あげられそうか目安ってあったりしますか?急かすつもりではなく(笑)編成の都合上大体いつ頃か分かるとありがたく、よろしくお願いいたします!」 いつも20日くらいには送っていたのに、今月は送れていませんでした。すでに原稿は8割くらい書きあげていたので、<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13170/">…

    #あいみょん#あなたに届けたい音と薬。#三浦ジュン

  • 映画『もっと超越した所へ。』主題歌のライブ映像 aiko、ファンクラブ限定ツアーZepp Haneda公演より「果てしない二人」映像公開

    2022.11.12 20:00

    aikoが、今年8月より開催したツアー「Love Like Rock Limited vol.2」の10月11日(火)Zepp Haneda公演より「果てしない二人」のライブ映像を公開した。 同ツアーは2007年に開催されたファンクラブ「Baby Peenats」会員限定ツアー「Love Like Rock Limited for Baby Peenats Members」と同シリーズの約15年ぶりの会員限定ツアー。10月11日・12日とZepp Hanedaでライブを行い12日にツアーファイナルを迎える予定だったが、Zepp Nagoya公演、Zepp Fukuoka公演、Zepp Osak<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13116/">…

    #aiko#もっと超越した所へ。

  • 歌いながら倒れたファンを助けるように指示 The 1975のマット・ヒーリィ、ライブでメロディに乗せてセキュリティガードを叱る

    2022.11.28 19:00

    10月14日にニュー・アルバム『Being Funny In A Foreign Language』をリリースし、2023年には日本ツアーを開催することも話題になっているThe 1975。フロントマンのマット・ヒーリィがライブでセキュリティガードに歌いながら怒っている動画が話題になっている。 アリゾナ州フェニックス公演で、「I Like America & America Likes Me」を披露したThe 1975。音源のようにオートチューンをかけた状態で歌を披露していたがマット・ヒーリィは、ステージから倒れている観客を見つけたようだ。彼は歌の途中に、楽曲のメロディに乗せて、「誰かが<a href="https://bezzy.jp/2022/11/14294/">…

    #The 1975#マット・ヒーリィ

  • 1998年以来上演されていない二人芝居 三谷幸喜伝説の舞台『笑の大学』、内野聖陽&瀬戸康史を迎え四半世紀ぶりに上演決定

    2022.11.10 04:00

    三谷幸喜による二人芝居『笑の大学』が、2023年2月8日(水)よりPARCO劇場にて上演されることが決定。東京を皮切りに、3月4月と新潟、長野、大阪、福岡、宮城、兵庫、沖縄と巡演することが発表された。 同作はファンの中でも特に人気の高い作品であるにも関わらず、1998年以来1度も日本で公演が行われてこなかった舞台。来年2023年にPARCO劇場が50周年を迎えるにあたり開催されるPARCO劇場開場50周年記念シリーズとして、四半世紀ぶりに蘇る。 1994年よりほぼ毎年PARCO劇場をホームグラウンドに数々の名作を発表してきた三谷幸喜。40周年記念公演では『ホロヴィッツとの対話』『国民の映画』、<a href="https://bezzy.jp/2022/11/12819/">…

    #三谷幸喜#内野聖陽#瀬戸康史#笑の大学

  • “Spotify まとめ”の2022年版が登場 今年Spotifyで最も2Pacを聴いた人は? ドレイクが全2Pacリスナーのトップ7%に入ったと明かす

    2022.12.02 20:00

    1996年に25歳という若さで亡くなった伝説的なラッパー2Pac。社会的なメッセージを込めたリリックで世界中のファンの心を掴み、ロックの殿堂入りを果たした初のラッパーとなった。今でも多くの人に聴かれるレジェンドであるが、ドレイクが彼のトップリスナーのひとりであることを明かした。 Spotifyが毎年年末に公開している「Spotify Wrapped」。ユーザーの1年間の音楽視聴歴をまとめた機能であるが、ドレイクは今年2Pacの音楽を246分聴いたと明かしている。ドレイクは全2Pacリスナーの93%より2Pacの音楽を聴いており、彼は全く違うスタイルのヒップホップをやっているが、2Pacの大ファ<a href="https://bezzy.jp/2022/12/14663/">…

    #2Pac#Drake#ドレイク

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube