Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

ハッカーが1500曲以上保持していると明かされる

故ジュース・ワールドの新曲「In My Head」のMVが公開 流出を防ぐために講じられた策とは?

2022.10.31 19:30

By Lexiou WesCudi - Juice WRLD - Les Ardentes 2019, CC BY-SA 2.0

2022.10.31 19:30

全ての画像・動画を見る(全2点)

2019年に21歳という若さで亡くなった人気ラッパーJuice WRLD(ジュース・ワールド)。彼は亡くなった後も、2020年には2番目に再生されたアーティストとなり、今でも多くの音楽ファンに愛されている。彼は生前に1000曲ほどの未公開楽曲を完成させていたとも報じられており、亡くなってからも多くの楽曲がリリースされているが、この度新曲「In My Head」がリリースされた。

今まで100以上の楽曲がハッカーたちによって流出しているジュース・ワールドであるが、彼が所属していたレーベル〈Grade A Productions〉のLil Bibbyは、流出を防ぐためにとある工夫をしたと明かしている。10月26日に楽曲のティーザーをSNSに投稿したLil Bibbyは、すでにハッカーたちが1500曲ほどの未公開楽曲を保持しているなか、リリース直前に流出されないために全く違う曲名で告知をしたと明かしている。正しくは「In My Head」という楽曲であるが、タイトルを明かしてしまうと楽曲ファイルを保持しているハッカーたちによって先にインターネットにアップロードされてしまうため、「Rush Hour」という存在しないタイトルで告知をしていたようだ。

彼はインスタグラムで「この曲は“In My Head”だ。フラッシュドライブで車でずっと聴いている。もう流出はしない!!この曲はハッカーたちに先回りして世に流出されないように、“Rush Hour”というコードネームを使用していた。本当は“In My Head”という曲だ」とコメントしている。

ジュース・ワールドの楽曲は今までに多数流出しており、今年リリースされた「Cigarretes」なども2018年にリークしていた。先週、カニエ・ウェストやエド・シーランなどの楽曲を不正に入手し、販売していた23歳のハッカーに18ヵ月有罪判決が下ったいうニュースも話題になっていた。

全ての画像・動画を見る(全2点)


ジュース・ワールド

アーティスト情報

本名ジャレッド・アンソニー・ヒギンズ。米シカゴ出身のラッパー兼シンガー・ソングライター。2015年にSoundCloudに音源を投稿し始め、音楽活動を開始。2017年6月に発表したEP『999』に収録されていた「Lucid Dreams(ルーシッド・ドリームズ)」が話題となり、新人アーティストにして全米シングルチャート2位まで上り詰め、R&B/Hip-Hopチャートでは堂々の1位に。同年12月に発表したEP『Nothing Different (ナッシング・ディファレント)』に収録されていた「All Girls Are The Same(オール・ガールズ・アー・ザ・セイム)」は米人気HIP HOPブログやメディア<Lyrical Lemonade>などに取り上げられ、これをきっかけにInterscope Recordsと契約。

2018年5月にデビューアルバム『Goodbye & Good Riddance(グッドバイ&グッド・リデンス)』をリリース。全米アルバム・チャート4位にランクインし、正式にシングルとしてリリースされた「Lucid Dreams」は全米3位、全英10位にランクイン。今なお最もストリームされる楽曲の一つなり、ロング・ヒットを続けている。同曲を引っ提げ、「HIP HOP DNA: THE LIVE VOL.1」に出演するために貴重な初来日公演を果たす。

翌年の2019年にセカンド・アルバム『Death Race for Love(デス・レイス・フォー・ラヴ)』を発売。全米アルバムチャートにて初登場1位を記録し、アメリカでは50万枚以上の売り上げを記録し、ゴールド・ディスク認定を受ける。2019年12月8日にシカゴ・ミッドウェイ国際空港で心肺停止のような状態に陥り、アドヴォケイト・キリスト病院で死去。21歳没。

生前に制作した未発表曲はおよそ1000曲以上にも及ぶと生前に行ったインタビューで語っており、2020年7月10日に死後初、サード・アルバムにあたる『Legends Never Die(レジェンズ・ネヴァー・ダイ)』が所属レーベルより発表される。“ジュースが制作していた音楽を象徴している作品”というコメントともに解禁された同作品には、ホールジー、マシュメロ、トリッピー・レッドなど名立たるゲストアーティストらが参加しており、大きな注目を集めた作品となる。

(引用)https://www.universal-music.co.jp/juice-wrld/biography/

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • フィオナ役解禁を知らせるPVも公開 佐倉綾音が『SPY×FAMILY』女性諜報員・夜帳ことフィオナ・フロスト役に決定

    2022.11.19 23:30

    本日放送されたTVアニメ『SPY×FAMILY』第2クールのMISSION:20「総合病院を調査せよ/難解な暗号を解読せよ」にて、主人公・ロイド・フォージャーの同僚諜報員「夜帳(とばり)」ことフィオナ・フロストのキャストを佐倉綾音が務めることが発表された。 集英社『少年ジャンプ+』にて2019年3月より連載がはじまり、数々のマンガ賞を受賞、最新コミックス10巻までのシリーズ累計発行部数が2,700万部を突破している人気マンガ『SPY×FAMILY』(遠藤達哉・著)。 フィオナ・フロストは西国(WI)情報局(SE)に所属する諜報員(エージェント)で、暗号名(コードネーム)は夜帳。感情を一切表に出<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13710/">…

    #SPY×FAMILY#佐倉綾音

  • 中居正広から引き継いだ役をどう演じるのか 高杉真宙が気弱なサラリーマンから一人前の金融屋に『ナニワ金融道』場面写真公開

    2022.11.18 12:00

    11月25日(金)から全3話3週連続公開される『ナニワ金融道』から場面写真が公開された。 1990年から1997年まで「モーニング」(講談社)で連載され、1992年講談社漫画賞、1998年手塚治虫文化賞マンガ優秀賞受賞の大阪を舞台に金融のダークサイドを描くマンガの金字塔として、今なお熱烈なファンがいる「ナニワ金融道」。主演を高杉真宙が務め、共演に加藤雅也、赤井英和、宇崎竜童らが出演。全3話からなる本作は、11月25日(金)に第一話 『ナニワ金融道〜灰原、帝国金融の門を叩く!〜』が、12月2日(金)に第二話『ナニワ金融道〜銭と泪と権利と女〜』が、12月9日(金)が第三話『ナニワ金融道〜大蛇市マネ<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13545/">…

    #ナニワ金融道#加藤雅也#宇崎竜童#高杉真宙

  • 初回盤には日比谷野音&Zepp Yokohamaライブ映像 PassCode、1年ぶりEP『REVERBERATE ep.』リリース決定

    2022.11.11 19:00

    ロックファンからアイドルファンまで幅広い支持を得る4人グループ、PassCodeが約1年ぶりのEP『REVERBERATE ep.』を2022年12月21日(水)にリリースすることを発表した。 今年2月に自身初となる日本武道館公演を完全ソールドアウトさせ、国内シーンでも存在感を放つラウドクイーンへと成長を遂げたPassCode。 同作のタイトルであるREVERBERATEという単語には「反響する」「鳴り響く」という意味があり、“世界中にPassCodeの音楽を響き渡らせる”という思いが今作には込められている。全て新曲の全4曲が収録され、2022年5月に初披露され夏のライブツアーでも鮮烈な印象を<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13022/">…

    #PassCode

  • 新作ミニアルバム『ZERO』を11月23日リリース Sano ibukiが立ち返る“ゼロ”地点、覚悟が生んだ原点回帰作

    2022.11.23 17:00

    2019年のメジャーデビュー以降、映画、ドラマ、アニメ、CMなど様々なタイアップソングを書き下ろし、その作品との高い親和性に定評を集めているシンガーソングライター・Sano ibuki。彼が6曲入りミニアルバム『ZERO』を完成させた。 今作は一つひとつ楽曲制作にじっくりと向き合ったうえで生まれた楽曲たちがコンパイルされている。過去作『STORY TELLER』と『BREATH』のように、コンセプトやプロットを綿密に立て、明確なテーマに向かって制作を進めた制作とは異なりながらも、バリエーション豊かな作品に仕上がった。彼にとって原点回帰的な作り方で生まれ、「常に自分は出発点に立っている」という覚<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13793/">…

    #Sano ibuki#インタビュー

  • 岩合光昭、坂本美雨、三四郎の相田周二らのコメントも到着 映画『ルイス・ウェイン』“夫婦とネコの散歩道”を映した特別映像が公開

    2022.11.22 11:00

    12月1日(木)より公開予定のベネディクト・カンバーバッチ主演映画『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』から特別映像と推薦コメントが公開された。 本作は19世紀末から20世紀にかけてイギリスで大人気を博した伝説のネコ画家ルイス・ウェインの人生を描いたイギリス映画。大人気イラストレーターであった彼は当時、ネズミ退治役として軽く見られるか、不吉な存在として恐れられていたネコの魅力を最初に“発見”した“ネコ画家”だ。不朽の名作『吾輩は猫である』に登場する、絵葉書の作者だとも言われている。日本が誇る文豪・夏目漱石にインスピレーションを与え、SFの巨匠H・G・ウェルズからも、「ルイス・ウェインは独自の<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13798/">…

    #アンドレア・ライズボロー#ウィル・シャープ#クレア・フォイ#ベネディクト・カンバーバッチ#ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube