Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

羽佐間道夫、山寺宏一、黒柳徹子もチャップリン愛を熱烈に語る

映画祭「フォーエバー・チャップリン」に松本幸四郎、石丸幹二、松山ケンイチら著名人がコメント

2022.10.27 17:05

©Roy Export SAS

2022.10.27 17:05

全ての画像・動画を見る(全18点)

チャールズ・チャップリン没後45年にあたる2022年、11月3日(木・祝)より全国順次公開される「フォーエバー・チャップリン 〜チャールズ・チャップリン映画祭〜」へのコメントが到着した。

『フォーエバー・チャップリン ~チャールズ・チャップリン映画祭~』予告編

この度到着したコメント寄稿者には、『街の灯』を原作にした歌舞伎作品『蝙蝠の安さん』で主人公を演じた松本幸四郎、『ライムライト』を舞台化した音楽劇『ライムライト』で初演・再演共に主演を務めた石丸幹二、数多くの名作に出演し、日本映画界を牽引する演技派俳優・松山ケンイチ、多くのチャップリン作品で吹き替えを担当するだけでなく、チャップリンの無声映画に声優が生で吹き替えをするイベント・声優口演を15年以上にわたり企画している羽佐間道夫、『独裁者』で主人公の吹き替えを担当し映画史に刻まれる伝説の演説シーンを熱演した山寺宏一、そして日本チャップリン協会名誉会長も務める黒柳徹子ら豪華6名の各界のプロフェッショナルたちが名を連ねた。

また、入場者プレゼントとしてここでしか手に入らない海外版アートを使用した非売品ポストカード10種類が先着でプレゼントされることが決定。角川シネマ有楽町では開催初日より4日間限定で、各上映回で長編上映作品の海外版アートを使用したポストカード(各上映回1種類配布・全10種類)を先着でプレゼントする。
※角川シネマ有楽町以外の劇場での配布については、公式HP・劇場HPにて順次発表

到着したコメントの全文は以下の通り。

著名人コメント

十代目 松本幸四郎(歌舞伎役者)
チャップリン生誕130年にあたる2019年に「街の灯」が歌舞伎化された「蝙蝠の安さん」をチャールズ家、大野裕之様の多大なご協力により国立劇場で上演しました。僕の夢が叶った極上の幸せの時間でした。チャップリンの作品は子供の頃から楽しませていただいていますが、チャップリンの上品な愛嬌と鍛え上げられた肉体表現に笑い、驚き、そして登場人物の繊細な心の機微に感動を受け続けています。人の心を豊かにする娯楽であり芸術であり、人にとって大事な“人らしく生きる人々”が描かれている作品が上映される「チャップリン映画祭」が永遠に続くことを心から願っています。

石丸幹二(俳優)
チャップリンは、僕の背中を押す。
強者に屈するな、頭をフル回転させて、知恵を絞れ、と。
チャップリンは、僕に優しいまなざしを教える。
弱い人たちの肩を抱き、共に歩むんだ、と。
チャップリンは、僕に音楽の在り方を示す。
これこそ人生と愛を表現する術だ、と。
僕の師匠、チャップリン。

松山ケンイチ(俳優)
僕がチャップリンの映画を見始めたのは22、3歳の頃だったと思います。
初めて観たのは「独裁者」だったと思います。
床屋の音楽に合わせて髭剃りをしている所がお気に入りで、計算し尽くされた演技に感動し、僕もあんな風に作り込んだ演技をしたいと頭をフル回転させながら現場に向かっていました。
「街の灯」「キッド」「黄金狂時代」「殺人狂時代」などを観ていくと、計算され尽くした演技は表面でしかない事に気付きました。その演技の中身の奥底には、人に対する愛と、この世界に対する敬意があるように思えました。計算し尽くした演技を目指していた僕は、チャップリンの表面しか見えていませんでした。出てくる表現の素が、チャップリンという1人の人間の純粋さや優しさなんだと考えるようになり、計算された演技の前に自分自身が社会に何を見て、人とどう過ごすかを大事にするようになりました。人との出会いは自分の人生を変える程の力を持っていますが、映画も同じように大きな力を持っています。チャップリンの作品は僕にとって人生の教科書です。

羽佐間道夫(声優口演を続ける代表)
私はチャップリン映画の集大成こそ「ライムライト」だと思っている!
此処では彼の至芸が全て観られる!
貧しさ、成功、恋があって、友との友情が掘り起こされ、ライムライトの中に照らし出され、そして静かに人生のエンディングが奏でられる。どうぞ、全てのチャップリン映画の最後に観てください。痺れますよ!!

山寺宏一(声優)
大傑作と言われる『独裁者』で、初めてサイレントではないチャップリン作品の吹き替えを担当し、更に作品の素晴らしさとチャップリンの演技の凄まじさを痛感しました。
チャップリンにとって本作は初の本格的トーキー作品であり「声によって自分が平方な役者になってしまう」と発言したそうですが、とんでもない!その豊かな表現力、絶妙な台詞回しが圧巻で、持ち前の肉体表現と合わせ天才以外の何者でもないと改めて感じました。
特に名シーンとして有名な最後のスピーチは、役や演技を超え、チャップリン自身が世界に向けた命がけのメッセージですから、こんなに難しいシーンはありません。説得力にも力強さにも圧倒されました。頬をつたい、シャツに染みていく汗がリアル!
この映画が当時大ヒットしたという事は、人々は間違いに気づき、世界は良い方向に進むかと思いきや、80年以上経った今でも悲惨な戦争や侵略が行われています。ゼレンスキー大統領が「新たなチャップリンが必要」と言ったのも頷けます。今こそ、今だからこそ、人類全てが観るべき感じるべき映画なのではないでしょうか。

黒柳徹子(女優・ユニセフ親善大使・日本チャップリン協会名誉会長)
私は子どものときから、チャップリンのファンだった。父が買ってくれた小さい映写機に、チャップリンのモダンタイムスみたいな短編集の切れ切れのフィルムをかけて、毎日見ては、笑っていた。チャップリンが亡くなって45周年になるとは思わなかった。
今回、前から見たかった「サーカス」を見ることが出来た。スタントなしの全部、チャップリンがやったという綱渡りなど、特に噂に聞いていた綱渡り中に猿が何匹もチャップリンの顔のあたりにまとわりつくシーンは、笑いながら感動した。まとわりついて、尻尾をチャップリンの口のあたりにつっこむ瞬間を撮るために、完璧主義のチャップリンは、お客さんを入れて、何日間も撮り直したと聞いていたから。靴を履いての綱渡りだけでも大変なのに、それだけじゃ気に入らないチャップリンの魂がみられる。笑いながら、涙がたまる。
チャップリンは、どの映画もおすすめだけど、「サーカス」は、特におすすめします。

全ての画像・動画を見る(全18点)


作品情報

「フォーエバー・チャップリン」〜チャールズ・チャップリン映画祭〜

©Roy Export SAS

©Roy Export SAS

「フォーエバー・チャップリン」〜チャールズ・チャップリン映画祭〜

11月3日(木・祝)から東京・角川シネマ有楽町、福岡・中洲大洋映画劇場、
11月4日(金)から名古屋・名演小劇場他 順次公開
12月30日(金)から大阪・シネ・リーブル梅田
12月から広島・八丁座他、順次公開

配給:KADOKAWAs

公式サイトはこちら

上映作品

『キッド』(1921年)サイレント(無声映画) ※4K上映

『巴里の女性』(1923年)サイレント(無声映画)

『黄金狂時代』(1925年)サイレント(無声映画)+ナレーション

『サーカス』(1928年)サイレント(無声映画) ※4K上映

『街の灯』(1931年)サイレント(無声映画)

『モダン・タイムス』(1936年)サイレント(無声映画)

『独裁者』(1940年)

『殺人狂時代』(1947年)

『ライムライト』(1952年)

『ニューヨークの王様』(1957年)

【短編】

『チャップリン・レヴュー』(1959年)

『一日の行楽』(1919年)※『サーカス』と併映

『サニーサイド』(1919年)※『キッド』と併映

『のらくら』(1921年)※『巴里の女性』と併映

『給料日』(1922年)※『黄金狂時代』と併映

 

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 過去にはビョークの楽曲もサンプリングする トラヴィス・スコットがビョークを「最も大きなインスピレーション」と語る

    2022.11.18 20:30

    今年の8月に待望のニュー・アルバム『Utopia』が完成間近だと明かしたトラヴィス・スコット。昨年の11月に起こった「Astroworld Festival」の死亡事故を受けて、『Utopia』関連のプロモーションやライブ活動を数ヶ月間休止していた彼であるが、この度ビョークを「最も大きなインスピレーション」と称賛したことが話題になっている。 チリで行われた「Primavera Sound Festival」に出演したトラヴィス・スコット。彼はライブセットのMCで、同日に出演していたビョークに対して以下のようにコメントしている。 「今日は俺が全世界で最も好きなアーティストのひとりであるビョークが<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13668/">…

    #Björk#Travis Scott#トラヴィス・スコット#ビョーク

  • 映画賞を思わせる意味深なポスター&予告編が解禁 超一流の映画人たちが全力で小競り合う 『コンペティション』3月17日公開決定

    2022.11.25 11:00

    スペインを代表する俳優ペネロペ・クルスとアントニオ・バンデラスが母国の映画で共演を果たす映画『コンペティション』が、2023年3月17日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほかにて全国公開されることが決定した。 本作は、現代映画界を爽やかに皮肉った業界風刺エンターテイメント作品。誰もが憧れる華やかな映画業界の裏側で本当に繰り広げられているかもしれない、天才監督と人気俳優2人の三つ巴の戦いを描いている。 『ル・コルビュジエの家』『笑う故郷』など、スタイリッシュな映像とシニカルなユーモアで構築された独自の世界観を誇る映像作家ガストン・ドゥプラットとマリアノ・コーンの二人が監<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13969/">…

    #アントニオ・バンデラス#コンペティション#ペネロペ・クルス

  • すでに他アーティストの作品にギターで参加していると明かす リル・ウェインがギターを弾きはじめたきっかけを語る

    2022.11.15 18:15

    2010年にリリースされたリル・ウェインのロックアルバム『Rebirth』。トップラッパーとしてヒップホップ業界で非常に高く評価されているリル・ウェインであるが、彼はスケートボードやギターを嗜んでいることでも知られている。そんな彼がギターを弾きはじめたきっかけを語っている。 Rolling Stone誌のインタビューに登場したリル・ウェインは、バードマンとのコラボアルバム『Like Father, Like Son』に収録されているヒット曲「Leather So Soft」のミュージックビデオのためにギターを弾き始めたようだ。彼は以下のように語っている。 「バードマンとのコラボアルバムに収録さ<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13307/">…

    #Lil Wayne#リル・ウェイン

  • Curly Giraffeらとの演奏シーンを中心とした映像作品 藤原さくら「まばたき」MV公開、映画監督・松本花奈がディレクション

    2022.11.09 12:00

    藤原さくらが、本日11月9日に約2年ぶりにフィジカルリリースしたシングルEP『まばたき』より表題曲「まばたき」のミュージックビデオを公開した。 シンガーソングライターとしてはもちろん、現在オンエア中のTVドラマ『束の間一花』にヒロイン役として出演するなど、多彩な活動を行なっている藤原さくら。 同曲は、ABEMA『恋愛ドラマな恋がしたい in NEW YORK』の主題歌。MVは、レコーディングに参加したプロデューサーのCurly Giraffe(高桑圭 / Ba)、山本達久(Dr)、名越由紀夫(Gt)と藤原さくらによるゆったりとした演奏シーンを中心とした美しい映像が印象的な作品となっており、ディ<a href="https://bezzy.jp/2022/11/12760/">…

    #藤原さくら

  • 結成10周年のアートワークを担当した太田好治が撮影 乃木坂46が新アーティスト写真公開、スカイツリーを舞台に東京の夜景を背負う

    2022.11.29 12:00

    31stシングル『ここにはないもの』を12月7日(水)にリリースする乃木坂46が、選抜メンバーの最新アーティスト写真を公開した。 本作は年内いっぱいでグループを卒業する齋藤飛鳥が5度目のセンターを担う、これまでの約11年間が詰まった31枚目のシングル。 公開されたアーティスト写真は乃木坂46結成10周年のスペシャルアートワークを撮影した太田好治がカメラマンを担当。齋藤飛鳥のラストシングルという事もあり、これまでの歩みと次なるステージ、その両方を感じられるビジュアルをコンセプトに制作された。 東京スカイツリーをシンメトリーの空間に演出することで、グループの後方に希望の道が続いているような視覚効果<a href="https://bezzy.jp/2022/11/14299/">…

    #乃木坂46#齋藤飛鳥

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube